季節の移ろいに合わせて、ルームウェアも衣替え

日中はまだ暑さが残るものの、段々と日暮れが早くなり、秋めいてまいりました。秋の夜長、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏に比べて過ごしやすさを感じる秋ですが、朝晩の温度差が激しいこの季節は、”寒暖差疲労”による自律神経の乱れから、体調を崩しやすい時期でもあります。

体の状態やその日の気温に合わせて衣服を上手に調整することは、寒暖差疲労を避ける上でとても大切なことです。この時期は衣替えをするという方も多いかと思いますが、細やかな調節ができるよう、夏服も何着か残しておくなどの工夫をすると良いかと思います。

秋の夜長のおうち時間を快適に過ごすためには、ルームウェアも季節に合わせたものを選びましょう。本日は、これからの時期に重宝する秋冬アイテムをご紹介いたします。

 

1. コットンカシミヤニットブランケットケープ

パジャマやルームウェアの上からさらりと羽織れるブランケットケープは、季節の変わり目に重宝するアイテムです。

 ブランケットのように、畳むとコンパクトにまとまるため、ご旅行の際の持ち運びにも適しています。

 色は秋らしく温かみのあるベージュとダークブラウンの2色をご用意しております。

 

2. コットンカシミヤニットワンピース

コットンとカシミヤの混地は、柔らかい肌触りが特徴。ゆったりとした着心地で、足元にはスリットが入っている動きやすさも考え抜かれたデザインでありながら、上品でドレッシーな印象のワンピースルームウェアです。

 ご自宅のお洗濯機で洗えるため、お手入れも簡単。秋冬に重宝すること間違いなしの一着です。

 色は落ち着いたターコイズとベージュの2色をご用意しております。

 

3. シルクパジャマ

最高峰のやすらぎと、極上の眠りを求めるなら、やはりシルクパジャマがおすすめです。

シルクは、夏は涼しく、冬は温かく感じられる天然の機能性素材。他の生地に比べて保水量が高いため、この時期気になる静電気も起こしにくいという特性があります。

 夏の疲れをしっかり取り除く良質な睡眠をとるためにも、パジャマ選びにはこだわってみてくださいね。