• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】赤ちゃんのお風呂入れ方を教えます!入浴するのに必要なものリストも公開!! |ママデビュー編集部

【医師監修】赤ちゃんのお風呂入れ方を教えます!入浴するのに必要なものリストも公開!! |ママデビュー編集部

赤ちゃんお風呂
Baby & Kids

記事監修:高橋 孝幸(産婦人科医)

高橋 孝幸(産婦人科医)
産婦人科専門医。慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局後、慶應義塾大学医学部付属病院足利赤十字病院太田記念病院に勤務。現在は慶應義塾大学医学部博士課程に在籍し、研究に従事。
【保有資格】医師免許、日本産科婦人科学会専門医、日本医師認定産業医等

赤ちゃんって本当にかわいいですよね。でもかわいいだけではなく、大変なことももちろんあります。特に、昼夜逆転生活をされると、生活リズムが出来ている親は毎晩辛い思いをすることでしょう。
さらに、毎日の入浴も意外と大変なものです。赤ちゃんは抵抗力がないため、退院してすぐには大人と同じお風呂には入れません。赤ちゃんを一番風呂にして一緒に入るという行為も、赤ちゃんのためには良くありません。せめて1ヶ月検診が終わるまでは、赤ちゃん専用の「沐浴風呂」で赤ちゃんだけの入浴タイムを送ってください。

赤ちゃんのお風呂、「沐浴」とは?

赤ちゃんを出産後、赤ちゃんの入浴方法で「沐浴(もくよく)」と呼ばれるものを習うかと思います。沐浴は必ず必要なものですので、妊娠期間中に、沐浴ができるビニール製やプラスチック製のベビーバスを購入してください。

生まれたての赤ちゃんは、抵抗力が低いのです。したがって、大人のお風呂とは別に、ベビーバスを使用して沐浴をしてあげる必要性があります。実は、大人のお風呂はいくら綺麗に磨いたからといって、殺菌がゼロになることはありません。目に見えない細菌こそ、抵抗力の低い生まれたての赤ちゃんには害になるのです。生後間もないころに細菌感染をさせないためにも、専用のベビーバスを購入し、赤ちゃんを沐浴してあげましょう。

赤ちゃんお風呂

沐浴はいつからいつまで行うもの?

ベビーバスで沐浴を行うのは、生後すぐから1ヶ月健診までです。もちろん、それ以上入れても構いませんが、生後2ヶ月目の終わりごろにはベビーバスが小さくなり、赤ちゃんの体が隅々まで洗えなくなります。生後2ヶ月ですと、赤ちゃんは首がすわっていなくて大変だとは思いますが、遅くても生後2ヶ月半ごろまでにはベビーバスを卒業して、大人のお風呂で一緒に入れるように脳内でシミュレーションをしておきましょう。

沐浴は毎日行うもの?

赤ちゃんの肌は、実は新陳代謝がとても活発です。一見汗をかいていないように思えても、実は汗をかいていたりするものです。基本的に、生後1ヶ月頃までの赤ちゃんは外出が出来ないのですが、出来ることならば1日1回の沐浴は行って頂きたいです。
また、新生児の赤ちゃんには、1日に何度もオムツを交換することが必要です。それだけ、尿や便の量が多いのです。毎回おしり拭きで拭いてあげるとは思いますが、それだけですと汚れをしっかり落としていることにはなりません。沐浴によって、しっかりお尻の汚れを落として、オムツかぶれを防止してください。

沐浴は、1日の汚れを落とすという目的の他に、体力を消耗させ、夜にぐっすり眠ってくれるという効果も発揮します。

赤ちゃんお風呂

沐浴をする時間

沐浴をする時間は、各家庭でそれぞれ定めて大丈夫です。しかし、赤ちゃんに生活リズムを覚えさせるためにも、沐浴の開始時間は一定にしておいたほうが後々楽になるでしょう。
しかし、必ずしも、きっちり時間を定める必要性はありません。いつも沐浴をしている時間に、赤ちゃんの機嫌が悪い日もあるでしょう。その場合はいったん沐浴を諦めて、赤ちゃんの機嫌が戻ったら入れてあげましょう。

また、沐浴の所要時間は、長くて10分です。大人目線で考えてしまうと、10分はとても短いですが、新生児の赤ちゃんにとっての10分はとても長いです。10分以上沐浴をしてしまうと、赤ちゃんがのぼせてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

沐浴してはいけないタイミング

沐浴は毎日、赤ちゃんの機嫌の良いタイミングで行いましょうというお話をしましたが、沐浴をしてはいけないタイミングも存在します。

それはまず、赤ちゃんの機嫌が悪いタイミングです。赤ちゃんが大泣きしている時には、赤ちゃんが泣きやんで一旦落ち着くまで待ってあげましょう。
また、授乳後30分以内での沐浴も禁止です。授乳後30分以内に沐浴をすると、赤ちゃんがおっぱいやミルクを吐き戻してしまう可能性があります。ただ嘔吐するだけならまだ良いのですが、嘔吐したものが喉に詰まって呼吸困難に陥ってしまうケースもあります。したがって、授乳後30分以上たって、赤ちゃんの機嫌の良いタイミングで沐浴をしてあげるように心がけてください。

赤ちゃんを沐浴してはいけない日

赤ちゃんを沐浴してはいけない日も存在します。それは、発熱しているときです。一般的に、赤ちゃんの体温は大人よりも高いため、38度以下であれば、発熱していても沐浴して大丈夫です。しかし、嘔吐や下痢の症状がある場合は、その日の沐浴は控え、病院を受診しましょう。

風邪をひいている赤ちゃん

沐浴の手順

沐浴の基礎知識は付きましたでしょうか。では、今度は、どのように赤ちゃんを沐浴するのかについてご説明していきたいと思います。

①準備するもの

首のすわっていない赤ちゃんを沐浴する際、赤ちゃんの首を支える片手は完全にふさがれます。したがって、すべての行為をもう一方の手で行う必要性があります。それなので、必要なものをすべて身近にそろえてから、沐浴を開始するようにしてください。

沐浴をするにあたり必要なものをまとめてみました。
・ベビーバス(プラスチック製でもビニール製でも可)
・赤ちゃん用の石鹸やボディーソープ
・ガーゼ(2枚ほど)
・沐浴後に体を拭いてあげるためのタオル
・保湿ケア用のクリームなど
・ベビー肌着、ベビーウェア(着用しやすいように重ねておいておく)
・新しいおむつ
・へその緒の消毒液(へその緒が取れる前および取れた直後)
・耳の中を掃除する綿棒

以上が沐浴をする前に揃えておきたいものです。赤ちゃんに寒い思いをさせないためにも、ぜひ準備万端になってから沐浴を開始してください。

②沐浴を行う場所

沐浴はお湯が出る場所であればどこでも構いません。家の中でお湯が出る場所といえば、キッチンかお風呂でしょうか。

キッチンの利点は、腰を折ることなく沐浴することが可能という点です。沐浴は意外と腰が疲れます。また、赤ちゃんを水没させてはいけないと、赤ちゃんの首を支えている方の肩の筋肉を痛めるケースもあります。それらの痛みは、自分の身長とベビーバスの高さが近づけば近づくだけ緩和されます。キッチンで沐浴を行う際の欠点は、そもそもキッチンのシンクにベビーバスが入らなければ、キッチンで沐浴を行うことは不可能になるということです。
ベビーバスがキッチンのシンクにギリギリ入ったとしても、シンクの角に赤ちゃんの頭がぶつかったりして危険です。また、お湯を張ることは出来ても、お湯を抜くことが非常に難しくなります。市販されているベビーバスの大きさはほぼ一定ですので、自宅のキッチンのシンクの大きさと比較してみてください。

一方、お風呂で沐浴をする際の利点は、いくら濡れても大丈夫だという安心感です。反対に、欠点は、特に冬場の浴室暖房がない家の場合、赤ちゃんの体が冷えてしまうということです。また、お風呂の床にベビーバスを置くにしても、湯船の蓋をしてその上にベビーバスを置くにしても、お父さんやお母さんの身長のほうが断然高いので、体の節々が痛くなるといったリスクです。

1ヶ月検診健診までの辛抱ですので、両方試してみて、自分のやりやすいほうで是非沐浴をしてあげてください。

③お湯の温度

沐浴の際のお湯の温度は、38度を目安にしてください。温度計で測ることができるのが1番良いですが、温度計がない場合は、大人のひじをベビーバスに入れて、「ぬるいかも?」と思うくらいで兆度良いです。手を入れて温度の確認を行っても、それは意味がありません。必ず「ひじ」を入れて、温度の確認を取ってください。

④さっそく入れてみよう

沐浴をするに当たっての準備が完了しましたら、さっそく赤ちゃんを入浴させてみましょう。
まず、着用している肌着やオムツをすべて取ります。赤ちゃんは裸になると不安になってしまうので、洋服やオムツをすべて脱がせたら、お腹の上にガーゼを1枚置いてあげましょう。
次に、赤ちゃんをゆっくりとベビーバスの中へ入れてあげます。沐浴に慣れていない赤ちゃんは、この時点で泣いてしまうかもしれません。その際には、「大丈夫だよ」と優しく声掛けをしてあげてください。時間が経つにつれて赤ちゃんも気持ち良くなってきて、泣き止むでしょう。

赤ちゃんがお湯に慣れてきたら、「顔→頭→体」の順番で洗ってあげましょう。この際気を付けてほしいことが、「耳の後ろも洗う」ことです。耳の後ろはついつい洗い忘れてしまう部分ですので、注意が必要です。
全身洗えたら、今度はゆっくり時間をかけて泡を流していきます。相手は新生児の赤ちゃんですので、ゆっくり時間をかけて丁寧に流してください。流し方は、手でお湯をすくって流しても良いですし、お湯を含ませたガーゼで泡を洗い流すやり方でも大丈夫です。洗い流す際にも注意点があります。それは、耳の中にお湯が入らないようにすることです。赤ちゃんの首を支えている手を両耳に当て、耳をふさいでから泡を流してください。

⑤入浴後の保湿ケア

赤ちゃんの体が隅々まで洗えたら、赤ちゃんをベビーバスから出してあげます。赤ちゃんの肌は繊細ですので、ゴシゴシ拭かず、タオルを押し当てるようにして水気を取ります。
体を拭き終わったら、保湿ケアを行います。その後、へその緒がまだ取れていない若しくは取れた直後の赤ちゃんは、へその緒の消毒を行います。そして最後にベビー肌着を着せてあげましょう。すべてが終わったら、耳の掃除をして、沐浴は終了です。

赤ちゃんの寝顔

まとめ

まだ首がすわっていない赤ちゃん相手なので、沐浴は非常に神経を使います。しかし、赤ちゃんの気持ちよさそうな表情を見ていると、ついプっと笑ってしまいそうになってしまうのです。
1ヶ月検診健診が終わって、特に何も問題がなければ、赤ちゃんもお母さんも大人のお風呂で一緒に入浴が可能になります。沐浴はそれまでの繋ぎです。多少怖い部分もありますが、慣れてくれば沐浴の時間が楽しみにもなります。ぜひ赤ちゃんと沐浴を楽しむ様にしてください。

参考文献※1:沐浴の目的と実施準備に関するテキスト記載の検討
参考文献※2:赤ちゃんが泣くことは大切なサイン ~ 泣きのピークに頼りになるパパの存在 ~
参考文献※3:新生児および乳児の入浴に関する文献検討

記事監修:高橋 孝幸(産婦人科医)

高橋 孝幸(産婦人科医)
産婦人科専門医。慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局後、慶應義塾大学医学部付属病院足利赤十字病院太田記念病院に勤務。現在は慶應義塾大学医学部博士課程に在籍し、研究に従事。
【保有資格】医師免許、日本産科婦人科学会専門医、日本医師認定産業医等

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

795,868 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事