• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • ベッドガードの必要性は?メリットとデメリット、おすすめのベッドガードもご紹介します!|ママデビュー編集部

ベッドガードの必要性は?メリットとデメリット、おすすめのベッドガードもご紹介します!|ママデビュー編集部

ベッドガード
Baby & Kids

ベッドガードという単語は聞いたことがありますでしょうか。その名の通り、ベッドをガードするためのものです。主にベビーベッドで使用します。種類豊富なベッドガードですが、それぞれにメリットやデメリットが存在しています。今回はそれらをすべて見ていきたいと思います。最後にはbrand fooがおすすめするベッドガードもご紹介していますよ!

ベッドガードとは?

ベッドガードとは、ベビーベッドに必ず付いている柵部分を、全体的もしくは部分的にガードするものです。生まれたての赤ちゃんは、自分のからだを動かすだけの力はありませんので、生まれてすぐに急いでベッドガードをわざわざ取り付ける必要はないでしょう。

しかし、生後3ヶ月頃になると足の力を利用して体を上へ上へと移動させたり、足や手を自由に動かせるようになるので、ベッドの柵と柵の間のほんのわずかな隙間にさえ、足や手が挟まれてしまうという危険性があります。そのような危険を回避してくれるのが、今回ご紹介するベッドガードなのです。

赤ちゃん ねんね

ベッドガードの種類

ベッドガードにはこれからご紹介します4タイプが存在しています。それぞれどのようなもので、どのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

全周タイプ

全周タイプは、その名の通り、ベビーベッドを全周カバー可能な、大きめのサイズのベッドガードです。日本製のベビーベッドのほとんどが、縦120cm×横70cmですので、ベッドガードもこの大きさで販売されているものがほとんどです。

全周タイプであれば、赤ちゃんが自分で動けるようになってからもベビーベッドの柵に足や手を挟まれる心配もなく安心です。

しかし、ベビーベッドを全方面から柵で囲ってしまうため、赤ちゃんの姿を確認するためには、ベビーベッドを上から覗かなければいけないという点がデメリットです。また、二酸化炭素が溜まりやすくなり、赤ちゃんが吸い込む空気が悪くなりやすいこと、特に夏場は赤ちゃんが寝ている空間に熱気が溜まりやすくなることもデメリットとして挙げられます。

ベッドガード

半周タイプ

主に赤ちゃんの頭部をガードするのは、半周タイプです。足元はベッドガードで隠れないため、遠くからでも赤ちゃんの存在を把握することが可能な点が、半周タイプのメリットです。

空気がきちんと循環するので、全周のようなデメリットはなくなります。また、取り外して床にお布団を敷いて寝る場合にも活用できるタイプも販売されています。様々な用途で使用できるのは嬉しいポイントですよね。

ねんね

部分タイプ

部分タイプは、その名の通り、ベビーベッドを部分的に囲うものです。ベビーベッドの置き場所によっては、直射日光が入りやすかったり、クーラーの風を直に受けやすかったりするかもしれません。しかし、部分タイプのベッドガードでその不安要素をガードすることが可能となります。

さらに、このタイプのベッドガードのメリットは、簡単に取り外しができ、持ち運びも可能ということです。種類によっては、抱き枕や足置きにもなるものもあります。旅行や帰省などが多い家庭の場合、ベッドガードを取り外して持ち運べるのは有難いですよね。

ベッドガード

フェンス型ベッドガード

どの赤ちゃんもベビーベッドで寝ているとは限りません。大人のベッドで赤ちゃんが添い寝をしているというご家庭も多いでしょう。そういう場合に役立つのが、、フェンス型のベビーガードです。

新生児の赤ちゃんではそこまで心配はありませんが、赤ちゃんが自分で動けるようになった途端、ベッドで寝るという行為自体が非常に危険なものだと感じるでしょう。赤ちゃんの寝相は非常に悪いです。夜寝かしつけた場所の正反対で起床することすらあります。コロコロと転がりながら寝る赤ちゃんですので、大人のベッドがどれだけ危険なものかはすぐにお分かり頂けるかと思います。

しかし、ベッドはそう簡単に処分も出来ませんし、新たに布団を買い足すのも出費がかさみます。
フェンス型ベッドガードは、既存のベッドで済ませたい場合に非常に役立つアイテムです。

取り付け方も非常に簡単です。大人用のベッドは両サイドのどちらかが壁に付着しているかと思います。壁とは反対側の通路側に取り付けるものが、フェンス型のベビーガードというわけです。通路側にベッドガードを取り付けることにより、赤ちゃんの落下を防ぐことができます。しかし、あくまでも「防ぐことができる」程度ですので、細心の注意を払って使用するようにしてください。

ねんね

ベッドガードを付けるメリット

ベッドガードを取り付けることで、赤ちゃんの頭や体を守ることができるということがわかりました。では、他にもメリットはあるのでしょうか。

まず、赤ちゃんが2人目以降の場合またはご自宅でペットを飼われている場合は、ベッドガードを取り付けたほうが安心でしょう。といいますのも、上の子が小学生くらいの大きい子であればさほど問題はありませんが、そこまで歳の離れていない子ですと、赤ちゃんの扱い方が分かっていません。赤ちゃんが喜ぶからと言って、危険なオモチャを渡したり、これ美味しいからと食べ物を渡してしまう可能性もあります。
兄弟のやり取りは非常にほほえましいものですが、赤ちゃんの命を守るという面でも、最低でも月齢の低いうちはベビーガードを付けておくと安心でしょう。

また、ペットを飼っている場合も同じです。特に気性の激しいペットですと、赤ちゃんのことを噛んでしまう可能性もあります。ベッドガードさえつけていれば、そういった危険性を回避することが可能なのです。

ねんね

ベッドガードを付けるデメリット

ベッドガードを付けるデメリットは、全周タイプの場合は、空気の循環が悪くなってしまうので、こまめに換気をする必要があるということです。また、赤ちゃんの見る景色がいつも一定というデメリットもあります。生まれたての赤ちゃんの視力は非常に弱いですが、それでも目を開いて外の状況を確認しようとしています。

そんな赤ちゃんの成長を妨げてしまう可能性があるのが、全周タイプのベッドガードです。ベッドガードを取り付けてしまったことにより、赤ちゃんが見る環境は常に一定となってしまいます。赤ちゃんは、毎日様々な刺激を受けて成長していきますので、その成長を妨げてしまう行為ということにも繋がってしまうのです。

更に、赤ちゃんが日に日に成長していく中で、7ヶ月~8ヶ月頃にはつかまり立ちをする赤ちゃんもいるでしょう。赤ちゃんの知恵は凄いので、つかまれる物さえあれば立ち上がってしまいます。そして横に伝い歩きをしてみたり、短い足を一生懸命上げて、その柵から脱出しようと試みます。

普通のベビーベッドですと、柵を乗り越えようとしても高さがあるので、物理的に乗り越えられる心配はありません。しかし、赤ちゃんの安全を考慮した上でわざわざ取り付けたベッドガードが踏み台になってしまうことで、柵の頂点への距離が短くなります。その結果、赤ちゃんがそのまま落下してしまうという事故が起こる可能性もあります。

ベッドガードは赤ちゃんが寝ている時には非常に安心ですが、少し大きくなってくるとベッドガードをよじ登って落下してしまうというケースもありますので、ある程度大きくなってきたらベッドガードは取り外しておくのが望ましいでしょう。

赤ちゃん ねんね

おすすめのベッドガード

ここからは、おすすめのベッドガードを6つご紹介していきたいと思います。

オーガニックコットンベッドガード(ベビー寝具専門店undoudou)

ここのベッドガードのおすすめポイントは、何と言っても日本製ということです。大切な赤ちゃんに使うものですから、日本製というだけで安心ですよね。また、非常に敏感な肌を持つ赤ちゃんにも安心の、オーガニックコットンを使用している点もポイントです。赤ちゃんには優しいものをと思っている親御さんも多いでしょう。その点で、このベッドガードは極めて優秀です。
また、吐き戻しやおしっこやうんちの横漏れが多い新生児期にも安心の、丸洗いが出来るタイプです。常に清潔な状態で赤ちゃんに使ってあげることが出来るのは最大のメリットですよね。
購入はこちら

ベッドフェンス(Herasa)

このベッドフェンスは、横幅180cmです。日本国内で販売されているベッドの横幅は2m前後が一般的ですので、このフェンスは大人のベッドでもほぼほぼカバーできる優れものです。子どもが小さければ小さいだけ、ベッドの間に隙間がないのは嬉しいですよね。
更に、使わないときはベッドフェンスを倒しておけるので、日中の事故防止にも役立ちます。対象年齢は0歳~6歳です。
購入はこちら

ベビーベッドサイドガード(ウィーゴアミーゴ)

このベッドガードは、通気性にこだわった「AIRWRAP」を採用しています。ベッドガードが通気性の高いコットンで作られているので、空気がこもって赤ちゃんの呼吸に影響を与えてしまうという心配は一切ありません。また、空気を循環させるよう、ベビーベッドの四隅は覆わない形なので、嫌な空気がこもることもなく安心です。

購入はこちら

ベビーベッドガード(ノットクッション)

このベッドガードは、見た目がとても可愛いです。淡いパステルカラーを搭載しており、長さ約2mの三つ編みのクッションで、SNSで「可愛い!」と話題になっている商品でもあります。
また、お母さんの抱き枕や足置きとしても利用できるクッションですので、産前から購入しておいても問題はありません。
購入はこちら

エアベッドガード(シュランクス)

これは、空気を入れて膨らますタイプのベッドガードです。付属の専用ポンプが付いているので、女性でも簡単に空気を入れることが可能です。空気を入れると、122cm×16cm×18cmという大きさに膨らみ、これをベッド脇に置くことによってベッドガードに様変わりするというものです。
エアベッドガードの底面には滑り止めが付いていますので、子どもが寝返りを打ってもエアベッドガードが動く心配はありません。空気を抜けばコンパクトにもなるので、頻繁に旅行に行かれるご家族には非常に便利なベッドガードといえるでしょう。
購入はこちら

ハウス型ベビーベッドガード(Resty)

こちらは、家のイラストが可愛いベッドガードです。ピンク、ブラック、ホワイトの3色展開ですので、男女の性別はもちろん、自宅の配色によっても色が選べるのがポイントです。
こちらは、ベッドガードとして使用するのはもちろん、子どもが大きくなってきたら子ども部屋をデコレーションするものとしても使用できます。長期的に使用できるのは嬉しいポイントですよね。
購入はこちら

ベッドガード:まとめ

ベッドガードは、ルールを守れば、非常に安全に使用できるものです。

しかし、通気性の問題をどう対処するのかが非常に重要なポイントとなってきます。全周型のベビーベッドを使用する場合は、こまめな換気を心掛けましょう。使い方をきちんと守って、安全に使用していきましょう。

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

1,264,795 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事