• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • バウンサーの使用期間はいつからいつまでが正解?選び方の注意点とは |ママデビュー編集部

バウンサーの使用期間はいつからいつまでが正解?選び方の注意点とは |ママデビュー編集部

こちらを見てくる赤ちゃん
Baby & Kids

バウンサーは、育児にとても重宝されるアイテムです!
ママの家事やちょっとした寝かしつけに、赤ちゃんの動きに合わせてゆらゆらと揺れるバウンサーは、赤ちゃんをリラックスさせ、ご機嫌をとってくれますよね。
ママもずっと背中や胸に抱いていることはできません。そんな時、最も役に立つのがバウンサーです!

しかし、ゆらゆらと揺れる揺かご…。でもそれって首がすわっていなかったり、未成熟な赤ちゃんを預けても本当に大丈夫なの?どんなタイミングで用意したらいいかわからない…。バウンサーって本当に必要?このようなお悩みは当然だと思います。そこで!今回は、バウンサーについて、使い方や時期、種類やおすすめなどまとめて紹介します!

「バウンサーはやっぱりあると便利」そんなママのご意見が多い中、最適なバウンサーを見つけていきましょう!

そもそもバウンサーってなに?いつから必要なの?

バウンサーとは

そもそもバウンサーとはどういうものなのか。あまりこの単語に馴染みがないママも多いかと思います。
バウンサーは、赤ちゃんの動きに合わせてゆらゆらと揺れる、揺かごのようなものです。その揺れ具合は、赤ちゃんの安眠やリラックス効果をもたらします。その効果は、赤ちゃんがママのお腹の中にいたときの感覚に近いそうです。
ママにとって、バウンサーがあることでちょっとした隙間時間ができるのは、とてもありがたいことですよね。

主に、日中にママが家事をしている間などに、目が届く場所に赤ちゃんの居場所をつくるのに便利です。
バウンサーのほどよい揺れは寝かしつけにも一役買ってくれるという声も。
また、バウンサーはその形状から、常に赤ちゃんにある程度の角度がつきます。この角度のおかげで、ゲップが出なかったときの吐き戻し予防にも効果が期待できます。

 

バウンサーは絶対に必要なもの?

バウンサーは、オムツや哺乳瓶、肌着のように必ず必要な育児グッズではありません。実際に、バウンサーは「いらない」派のママは多いです。バウンサーが必要派・いらない派の割合は半々といったイメージでしょうか。
実際のところ、バウンサーで気持ちよく寝てくれるかどうかは赤ちゃんによっても好き嫌いがありますし、そこは赤ちゃんにあわせて選ぶ必要があるようです。
ママ友のアドバイスを聞くこともよいですが、ママの生活スタイルによっても必要性が変わってくるため、他のベビーグッズとの優先順位を考慮しつつ購入を検討するとよいでしょう。
ただし、バウンサーは1台あると実際便利のため、ママデビュー編集部としてはおすすめします。

バウンサーにのってる赤ちゃん

バウンサーはいつから始める?いつまで使える?

多くのバウンサーは、新生児から使用することができ、ほとんどのメーカーのものは生後3週間程度の新生児から使えることが多いと思います。
メーカーや商品によって指定が違うので必ず購入前に、「生後3週間頃から」「生後1ヶ月頃から」など使用説明書を確認してから購入しましょう。
また、バウンサーは大きく分けてベッドタイプと椅子タイプなどがあり、種類によっても若干変わります。

ベッドタイプ・リクライニングタイプ

赤ちゃん自身の腰の角度は変わらず、体が伸びた状態で傾斜角度を変えるタイプをベッドタイプと呼びます。
折りたたむことができたり、赤ちゃんの動きに合わせて揺れる、もしくは大人が手で押して揺らすことで赤ちゃんを楽しませることができるタイプのバウンサーです。上下に動く「縦揺れ」が特徴で、赤ちゃん自身が体を動かすと「はずむ」ように揺れて笑顔を誘います。
このタイプは軽い・収納・手頃な値段であることが多いのが特徴です。比較的に入手しやすいタイプですので、自宅用や帰省用などで複数用意することもできます。

ベッドタイプは基本的に生後0か月の新生児から使うことができます。
しかし、ベッドタイプの中でもリクライニングの角度を最も浅くしても傾斜が出来てしまうものは、生後3~4か月頃の「首座り」ができるようになってから利用する方が首に余計な負荷がかからないためより安心して使えます。そのため、生後間もない赤ちゃんには、ご機嫌取りのために時々ベッドタイプのバウンサーに寝かせて、普段の基本の時は平らなベッドや布団で過ごさせるようにしましょう。

いつまで使えるかは、子供の体重は個人差が大きいですが、多くの商品で利用可能年齢が2歳までとなっています。

ベビービョルン

椅子タイプ・チェアタイプ

リクライニングすると赤ちゃん自身の腰の角度がかわり、お座りができるタイプのことをチェアタイプといいます。
チェアタイプは、別名「ハイローチェア」「ベビーチェア」「ベビーラック」などとも呼ばれることもあります。ものによっては、形をフラットにすれば小型のベビーベッドになり、お昼寝用にも使うことができます。
チェアタイプのメリットは、リクライニングを立てることで椅子に変わり、離乳食が始まるタイミングでも使用できることです。
しかし、チェアタイプは重厚な造りのものが多いので、比較的に重さがあります。キャスター付きのものが好ましいですね。

椅子タイプも基本的には0か月から使用することが可能です。
バウンサーの角度が完全に水平になるタイプのものが多く、首に負荷がかからないため赤ちゃんが起きている時はもちろん、お昼寝の時も安心して使うことができます。
とはいえ、幅が狭くベルトで固定されて動きに制約があるため、常時ベッド代わりに使用することはやめましょう。

いつまで使えるかは、商品ごとの体重制限にもよりますが、3歳前後まで使えるのが一般的で、中には小学生入学前まで使える商品も存在します。

Fisher-Price バウンサー&チェアー

電動タイプ

バウンサーの電動タイプは、自動で最適な揺れを作ってくれます。大人が揺らさなくても動いてくれるので、手が離せない時に重宝されます。
「電動バウンサーは、家事をしながら赤ちゃんを寝かしつけることができるのではないかと思って選びました。少し値段が高くなりましたが、夫も便利な方がよいのではないかと賛成してくれたので、電動タイプにしました」(ママの口コミより)

一つ注意が必要なのは、電動のためサイズが大きい場合が多いです。ですので、お部屋のサイズや置く場所を事前に考えなければいけません。
バウンサーの研究も進んでいる中、近年の電動タイプはより赤ちゃんを楽しませる仕様になっていると思います。時代が進むにつれてニーズは増えていくでしょう。

赤ちゃんの体重にもよりますが一般的には生後1か月前後から体重11キロまでが一般的なようです。

電動タイプのバウンサー

バウンサーいつから その①:バウンサーを使うときの注意点

バウンサーはママにとってとても便利な育児アイテムです。
しかし、バウンサーはあくまで一時的なものです。ママにとって便利でも、赤ちゃんはそうでもないかもしれません。まずはバウンサーに任せっきりにはしないようにしましょう!

必ず目の届く範囲で使用する

バウンサーはベルトで赤ちゃんを固定しますが、だからと言って任せっきりにしてはいけません。育児に予想外のトラブルはつきものです!例えば大人の想定していない力で、バウンサーを倒してしまうかもしれません。
ママもそうですが、赤ちゃんはママの姿が見えなくなると不安になってしまいます。

長時間使用はNG

バウンサーの設計上、赤ちゃんの動きにあわせて揺れても、赤ちゃんはベルトなどで椅子部分に固定されてしまいます。長時間の使用は、いずれも窮屈な姿勢を強いてしまうことになりかねません。特に注意したいのが、長時間使用で赤ちゃんの体に負担がかかることによって、成長を妨げてしまう恐れがあるかもしれないということです。
やはりポイントは、任せっきりにしないということですね。

ベッド代わりにしない

バウンサーは、そのリラックス効果から赤ちゃんがすやすやと眠ることが多いです。これはもちろん、ママにとってはありがたいことですよね。その時間の隙間に家事などがこなせます。
しかし、バウンサーはあくまでも育児の補助です。ベッド代わりに使うことは避けましょう。バウンサーはベルトで赤ちゃんを固定しているので、そのまま寝てしまうと腰に負担がかかってしまいます。
また、普段からバウンサーで眠ることが多くなってしまうと、いざ夜眠る時に眠れなくなってしまいます。
バウンサーでの睡眠はお昼寝程度に抑えて、よく眠る場所はベッドという習慣をつけるようにしましょう。

揺らし過ぎない

昨今では、乳幼児揺さぶられ症候群という言葉が珍しくなくなりました。
多くのママにとっては、バウンサーの揺れがこの症状に影響するのかしないのかというお悩みは深刻な問題です。
しかし、バウンサーで起こる揺れによっては、この乳幼児揺さぶられ症候群との関連性は薄いと言われています。
とは言っても、赤ちゃんが喜ぶからと言って、大人の力で揺らし過ぎてしまうと大変危険です。あくまで、バウンサーを取り扱い説明書が記す範囲での使用を守りましょう。

赤ちゃんを抱っこするお母さん

バウンサーいつから その②:バウンサーを選ぶときのポイント

バウンサーは大変便利なアイテムです。
揺かご目的以外のも汎用性が高いものですので、しっかりとした基準を持って失敗しないバウンサー選びをしたいですよね。

ここでは、バウンサー選びのいくつかのポイントを紹介します!
ぜひ参考にしてみてください。

品質をよくチェックする

大切な赤ちゃんを預けるものですから、その品質や耐久性には特に注意したいところです。単に安いからと言って、安易に購入してはいけません。耐荷重テストや安全性が確保されているものを選んでください。

機能性をチェックする

バウンサーには製品やブランドごとに機能性が異なります。
例えば、
・大きくなってからも使えるものか
・椅子としても使えるものか
・おもちゃなどを装備できるか
・耐荷重はどのくらいか
などがあります。

組み合わせをチェックする

バウンサーには、離乳食用のテーブルをつけられたり、ロッキングポニーやカウチなどに形を変えられるものがあります。そのほかにニーズに合わせて様々な組み合わせがあります。自分の育児プランに合わせたものを事前に確認して、不備がないように購入することをおすすめします。

サイズをチェックする

バウンサーはタイプによってサイズが変わります。まずは主に自宅のどこに置くのか、また移動する際の幅は大丈夫か、などのサイズを確認する必要があります。電動サイズなどは電源が必要ですので、電源タップ周りの確保も必要です。

以上のようはポイントを押さえて、最適なバウンサー選びを実践してみましょう!
次は、ママからも絶大な人気を誇るバウンサーをいくつか紹介します。
是非参考にしてみてください。

赤ちゃんを抱きあげるお母さん

バウンサーいつから その③:ママから絶大な支持を受けるのはこれ!人気おすすめバウンサー

Fisher-Price バウンサー&チェアー

バウンサーのほかにも、パパママや赤ちゃんとって、たくさんのおもちゃや育児アイテム販売しているフィッシャープライスのバウンサーは、とても人気です。
可愛らしいデザインとおもちゃが簡単に取り付けられる仕様になっています。知育教育に最適ですね。
工作が苦手な人も簡単に組み立てられることが特徴です。

購入ページへ行く>>>

Fisher-Price バウンサー&チェアー

Richell ラック バウンサー

もっとも多くのママに支持されているバウンサーの一つです。バウンサーを購入するママは誰もが知っているのではないでしょうか。
品質はもちろんですが、その使いやすさがとても好評です。シーンや成長に合わせて使える段階別リクライニングがあります。流行りのスタイリッシュな見た目で、写真映えも期待できますね。

購入ページへ行く>>>

リッチェル Richell

ベビービョルン ベビーシッター バランス メッシュ

世界でも人気なスウェーデンのバウンサーブランドです。
シンプルな見た目以上の性能を秘めています。揺れる際のギシギシといった異音がないのが特徴です。段階別リクライニングに超極薄コンパクトで収納にも困りません。要チェックの一品です!

購入ページへ行く>>>

ベビービョルン

バウンサーいつから:まとめ

いかがでしたでしょうか?バウンサーの種類によっても、赤ちゃんの個体差によっても、いつからいつまで使えるかは変わります。
購入する際にしっかり仕様書を確認してから買うようにしましょう。
育児に大変なママも楽になりながら、赤ちゃんがバウンサーで笑顔になれるといいですね!

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

328,948 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧