• HOME
  • HOME
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】妊婦の栄養ドリンクは大丈夫?妊娠中の疲労回復にはこれがおすすめ! |ママデビュー編集部

【医師監修】妊婦の栄養ドリンクは大丈夫?妊娠中の疲労回復にはこれがおすすめ! |ママデビュー編集部

エネルギードリンク
Baby & Kids

妊娠前に気軽に飲んでいた栄養ドリンクは、妊婦になってからも飲んでもいいの・・?こんな風に悩むママも多いと思います。栄養ドリンクにはカフェインやタウリンが含まれていることが多く、赤ちゃんへの影響が心配です。ここでは妊婦さんが注意すべきポイントや、妊娠中でも飲める栄養ドリンクについての情報や、おすすめの栄養アイテムをご紹介します。

妊婦の栄養ドリンク①:そもそも栄養ドリンクってどんなもの?影響は?

栄養ドリンクとは体に疲労がたまっているときや、風邪のときなどに飲む「滋養強壮&栄養補給」を目的とした飲み物です。タウリン、ビタミン、アミノ酸、生薬由来の栄養素が含有された飲み物で、いわゆるエナジードリンクから、第三類医薬品に分類されるものまで様々な種類があります。

より細かく説明すると、薬剤師や登録販売者からの説明を努力義務とする「第2類医薬品」、薬剤師などからの情報提供の規定がない「第3類医薬品」、薬剤師がいなくてもコンビニなどで購入可能な「指定医薬部外品」などがあります。

具体的な商品では「ユンケル」「リポビタンD」「チョコラBB」などがよく知られていますね。最近では「レッドブル」のような、いわゆるエナジードリンクも栄養ドリンクとして扱われています。

エネルギードリンク

妊婦の栄養ドリンク②:妊婦は飲んでも大丈夫?

結論から言うと妊婦でも栄養ドリンクは飲んでも問題ありません。
体に作用があると聞くと、妊婦さんは飲んではいけないと反射的に思ってしまうかもしれませんが、「産前、産後、授乳時の栄養補給に」とラベルに書かれているものもあります。

しっかりと注意書きを読み、用法・用量を守ったうえで飲む分には妊婦さんも栄養ドリンクを飲むことはできます。つわりがひどくてどうしても固形物が食べられないときや、栄養不足が気になるとき、ストレスや体力が落ちて弱っているときなどに、栄養補給のサポートとして飲む分には問題ないでしょう。

ただし、妊娠中でも飲んでいい栄養ドリンクの選び方を知っておくことが大切です。なぜかというと、栄養ドリンクのなかには妊娠中は控えたほうがいい成分を含むものもあるからです。いくつか注意すべきポイントを見ていきましょう。

妊婦のエネルギードリンク

妊婦の栄養ドリンク③:どんな栄養ドリンクに注意すべき?

妊娠中に栄養ドリンクが飲みたくなったら、まず初めにラベルの注意書きを確認してください。「妊娠中・授乳中の栄養補給に」などの表記があれば、基本的に問題はありません。

ただ、なかには妊婦さんが飲めるかどうか表記のないものもあります。その場合は以下の成分が入っている場合は注意する必要があるので気を付けてみてください。

カフェインに注意

栄養ドリンクによく含まれている成分として、ビタミンB群やタウリン、無水カフェインなどがあります。妊娠中のカフェイン摂取は絶対にダメというわけではありませんが、一日の摂取量に気を付ける必要があります。

WHO(世界保健機関)は「カフェインの胎児への影響については未確定だが、妊婦はカフェイン飲料の摂取量を一日3~4杯までにすべき」と発表しています。更に、特に厳しいと言われているイギリスの保健機関は、妊娠した女性に対して「一日当たりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)」に制限するよう求めています。2019年現時点では、日本における上限は定められていません。

ちなみに、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦さんに比べて、300mg以上摂取する妊婦さんは流産のリスクが2倍、 コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。(コーヒー1杯:約100~150mg)
普段からコーヒーや紅茶などを飲んでいる人はノンカフェインの栄養ドリンクを選んだほうが安心ですよ。

エナジードリンクとして人気のレッドブルには、一缶80mgのカフェインが含まれています。リアルゴールドにはカフェインが含まれないため、カフェインの過剰摂取が気になるママにはおすすめです。栄養ドリンクを選ぶときは、ノンカフェインのものか、一日のカフェインの上限量を超えないものにしておきましょう。

レッドブル

糖分に注意

妊娠中は体力を消耗しやすくなるため、糖分を摂りたくなります。活動のエネルギーとしては必要なのですが、糖分を過剰に摂りすぎると肥満の原因になる可能性があります。近年では、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」につながるリスクもあるため、注意して摂取しましょう。

栄養ドリンクの中には、果糖ブドウ糖液糖や香料が多く含まれるものがあり、これらは糖分が多く含まれている傾向にあります。体重管理が必要なママは、飲む量やカロリーについて核にしてから飲むようにしましょう。

糖分

アレルギー成分に注意

健康食品や栄養ドリンクは、ビタミンやミネラルなどの栄養素以外にも、自然由来の成分が配合されていることがあります。自然由来のものでもアレルギーになることがあるようなので、アレルギー反応が出ないかどうか成分を確認したうえで購入ください。医師を通さずに自己判断で購入しているため、しっかりと確認することが重要です。

これまでアレルギーが報告されているものは、ローヤルゼリー、コリアンダー、ウコン、エキナセア、コロハ、ザクロ、スピルリナ、ゼラチン、プロポリスなどです。また、稀にカフェインにもアレルギー反応を起こすこともあるようです。アレルギーはすべての人に起こるものではありませんが、妊婦さんの場合は十分に注意することが大切です。

心配な女性

飲みすぎに注意

栄養ドリンクを飲みすぎると、糖分やカロリーが過剰になったり、栄養バランスが偏ったりする可能性があります。他にも過剰摂取は危険といわれているビタミンAなどが含まれている場合があります。栄養ドリンクを通常の飲み物代わりに一日に何本も飲むことは避けましょう。

栄養ドリンクはたくさん飲めば疲労回復効果が高まるというものではありませんから、1日1本というのが標準の容量となっているので、必ず用法・用量を守って飲むようにしましょう。

飲みすぎな女性

妊婦の栄養ドリンク④:妊娠中でも飲めるおすすめの栄養ドリンク

チョコラBBドリンクビット(エーザイ)【第3類医薬品】

チョコラBBドリンクビットは、ノンカフェインタイプの栄養ドリンクです。お肌に嬉しいビタミンB2、ビタミンB6、ヨクイニン、ニコチン酸アミドなどが配合されています。肌荒れ、にきび、口内炎などの症状の緩和が期待できます。カロリーも1.2kcaLとチョコラBBドリンクシリーズで一番低いことも、体重を気にしている妊婦さんには嬉しいかもしれません。

チョコラBBドリンクビット

リポビタンノンカフェ(大正製薬)【指定医薬部外品】

リポビタンノンカフェは、タウリン1,000mgが配合されたドリンク剤です。一日一本まで、産前産後の栄養補給に利用できます。カフェインが含まれていないので、就寝前にも飲むことができますね。疲労の回復や集中力の維持、食欲不振のときの栄養補給にのために飲む人が多いようです。

リポビタンノンカフェ

アルフェ ネオ(大正製薬)【指定医薬部外品】

アルフェネオは、ローヤルゼリーと鉄分の配合が特徴的な栄養ドリンクです。一本に鉄分が4.5mg含まれているので、鉄分不足のママにおすすめです。さらに低カロリー、ノンカフェインな点も嬉しいですね。味はさわやかな青りんご風味です。

アルフェネオ

妊婦の栄養ドリンク⑤:妊娠中の栄養ドリンクはあくまで「補助」

厚生労働省は、日々の栄養はバランスの良い食事から摂ることをすすめています。サプリメントや栄養ドリンクに頼ることはせず、あくまでも栄養が足りないときのサポート役としてとらえましょう。

また、栄養ドリンクは医師が処方する薬ではありません。病気の治療には、医師の診断と処方された薬などが必要です。薬と一緒に栄養ドリンクを飲むのも注意が必要です。場合によっては薬の効果が弱くなったり、副作用が強まったりすることがあります。

薬を処方されたときは、医師や薬剤師に栄養ドリンクと一緒に摂取してもよいか、相談したほうが安心ですね。風邪薬と栄養ドリンクを併用しているというママも、一度医師に確認したほうが良いでしょう。

妊婦の栄養ドリンク⑥:栄養ドリンク以外で不足しがちな栄養素を効率よく摂取する方法

葉酸サプリ

葉酸はほうれん草やブロッコリー、レバーなどに多く含まれています。ただ、葉酸は過熱によって失われやすかったり、水溶性で水に溶けやすく、尿などで排出されやすかったりと、食事から十分な必要量を摂取するのは難しいといわれています。
そのため、妊娠中は葉酸サプリを活用しながら上手に摂取することが大切です。厚生労働省でも、食品からの葉酸摂取に加えて栄養補助食品(サプリメント)での葉酸摂取を推奨しています。

第1位:mitas –ミタス 葉酸サプリ

数ある葉酸含む妊活・妊娠サプリの中でも特におすすめなのは、mitas –ミタスです。2019年4月にデビューしたmitas -ミタスは、400㎍の葉酸を摂取できるほか、和漢素材がたっぷり凝縮されていて、温活効果があるとのことで最近非常に注目を集めています。

からだの冷えは排卵の妨げになり着床率が下がります。また、女性ホルモンや自律神経にさまざまな不調を引き起こしてしまいます。

『mitas』は、妊活・妊娠中に必要とされている栄養素の葉酸400㎍、鉄分、ミネラル、ビタミンがたっぷり入っています。さらに、高麗人参、生姜、なつめ、さんざし、など身体の内側からぽかぽかと温まる和漢素材が含まれているため、温活もできる葉酸サプリです。

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)
>>【mitas葉酸サプリ】はこちらから

第2位:ヤマノ葉酸サプリ

ヤマノ葉酸サプリには400μgの葉酸、乳酸菌、食物繊維、などが含まれており、女性が不足しがちな栄養素だけでなく、腸内環境にもこだわった製品です。

凝固剤不使用、放射線ヨウ素などの検出はなく、安心できるのもイイですね。
一方で、オーガニックレモン由来の「モノグルタミン型葉酸」を使用しており、ポリグルタミン型葉酸を使用している製品よりは葉酸の体内吸収率は低くなるため、注意が必要です。

●内容量:30日分・120粒
●税込価格:通常販売価格3,456円

第3位:ベジママ

ベジママには、妊娠中に付加的に摂取したいビタミンが豊富で、特にピニトールという成分が多く、260mg配合されています。ピニトールとは、生活習慣対策や食習慣のサポートにいいとされているアイスプラント由来の新成分です。
ただし、カルシウム・鉄分・マグネシウムは含まれていないため、食事などから意識的に補う必要があります。

●内容量:30日分・124粒
●税抜価格:通常販売価格5,500円
>>【VEGEMAMA-ベジママ】はこちらから

ママ デビュー編集部

4,867 views

プレママ向け情報をお届けする【ママデビュー】です🤱💕 上質でお洒落なマタニティファッション、出産準備グッズ、ママアイテム、キッズルーム、出産祝いなどをご紹介...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧