• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 結婚記念日はいつ?お祝い内容は?毎年訪れる結婚記念日の詳細解説! |ママデビュー編集部

結婚記念日はいつ?お祝い内容は?毎年訪れる結婚記念日の詳細解説! |ママデビュー編集部

結婚記念日
Baby & Kids

夫婦の皆さんは、毎年結婚記念日をお祝いしているでしょうか。そもそも結婚記念日はいつですか?婚姻届を提出した日ですか?結婚式を挙げた日ですか?結婚記念日は夫婦にとって大事な記念日ですが、今年の結婚記念日の名称はご存じですか?また、相手には何を贈りますか?
大事な結婚記念日に夫婦喧嘩にならないためにも、結婚記念日の名称と、何を贈れば良いのかをこちらの記事で確かめてみてください。

そもそも結婚記念日はいつにする?

多くの夫婦は、結婚記念日をいつに設定しているものなのでしょうか。
アンケート調査の結果、7割のカップルが婚姻届を出した日を結婚記念日としていることが分かりました。2割弱のカップルが結婚式の日、残りの1割がその他の日ということです。
婚姻届を提出すると、その日から公的にも夫婦と認められます。一般的に、婚姻届を提出後に結婚式を挙げる夫婦は多いですが、結婚式を挙げた後に婚姻届を提出する夫婦は少ないです。婚姻届を提出した丸1年後に結婚式を行う夫婦もいますし、その場合、結婚式が結婚記念日だと、最初の1年はどういう立ち位置?という風になり兼ねません。従って、多くの夫婦は、婚姻届を提出した日を結婚記念日として設定しているようです。

アニバーサリー

婚姻届はいつ提出した?何かの記念日だった?

多くの場合で結婚記念日に設定される婚姻届の提出日ですが、その日に決めた理由は何なのでしょうか。

これには様々な答えがありましたが、付き合い始めた日、どちらかの誕生日、11月22日(いい夫婦の日)のようにゴロの良い日、1月1日など特殊過ぎて絶対に忘れない日…などが挙げられています。結婚記念日は毎年訪れるものなので、夫婦お互いに絶対に忘れない日にしておきたいですよね。
また、1年の行事には様々なお祝いごとがあります。お正月から始まり、母の日、父の日、子供が誕生すれば節句、誕生日、クリスマスなどです。そのすべてでお祝いをしていたらとても大変です。従って、元々あるイベントの日に結婚記念日を充てる夫婦も多いのです。

婚約している人の手

毎年訪れる結婚記念日の名称は?

結婚25周年が「銀婚式」であることを認識している人は多いかと思いますが、実は、結婚15年目まで毎年何かしらの名称が付いているのはご存じでしょうか。
では早速、結婚1年目から60年目までの名称と言葉の意味を見ていきましょう。

結婚1年目~結婚5年目

結婚1年目「紙婚式(かみこんしき)」…白紙の未来に、夫婦ふたりで夢や希望を描くという意味が込められています。
結婚2年目「綿婚式(わたこんしき)」…結婚2年目はまだまだ綿のように柔らかく、もろいという意味が込められています。
結婚3年目「革婚式(かわこんしき)」…倦怠期になりやすい時期ですが、革製品のように粘り強く、夫婦の絆を強いものにしましょうという意味が込められています。
結婚4年目「花婚式(はなこんしき)」…倦怠期といわれる3年目を乗り越えた夫婦に、花が咲いて実がなるようにという意味が込められています。
結婚5年目「木婚式(もっこんしき)」…結婚5年目になり、ようやく1本の木のように夫婦が固く結ばれるという意味が込められています。

結婚6年目~結婚10年目

結婚6年目「鉄婚式(てっこんしき)」…鉄のように強い絆を築き上げてという意味が込められています。
結婚7年目「銅婚式(どうこんしき)」…ようやく家族や財産などが安定してくる時期です。その安定を喜び、お互いに感謝しましょうという意味が込められています。
結婚8年目「ゴム婚式」…ゴムのように弾力がある夫婦関係を築きましょうという意味が込められています。
結婚9年目「陶器婚式(とうきこんしき)」…陶器を扱うように、結婚9年目で慣れてしまった心を初心に戻して、お互いに優しくありましょうという意味が込められています。
結婚10年目「錫婚式(すずこんしき)」…錫(すず)のように美しく、一緒に歩んできた10年間に感謝をしましょうという意味が込められています。

結婚11年目~結婚15年目

結婚11年目「鋼鉄婚式(こうてつこんしき)」…鋼のように固く強く結ばれた夫婦でありましょうという意味が込められています。
結婚12年目「絹婚式(きぬこんしき)」…絹のように柔らかくきめ細かい愛情を注ぎましょうという意味が込められています。
結婚13年目「レース婚式」…レースのように美しく、更に深い愛情を注ぎましょうという意味が込められています。
結婚14年目「象牙婚式(ぞうげこんしき)」…象牙のようにお互いに年齢を重ねたことによって、そこに価値が誕生しましたねという意味が込められています。
結婚15年目「水晶婚式(すいしょうこんしき)」…水晶のように透き通ったクリアな信頼関係を築きましょうという意味が込められています。

結婚20年目~結婚30年目

結婚20年目「磁器婚式(じきこんしき)」…年々価値が増す磁器のような夫婦関係を築きましょうという意味が込められています。
結婚25年目「銀婚式(ぎんこんしき)」…結婚25年目に突入し、新婚のころの華やかさはないものの、夫婦としての実績に自信を持っていきましょうという意味が込められています。
結婚30年目「真珠婚式(しんじゅこんしき)」…真珠は富を表します。これからの夫婦の人生が素晴らしいものでありますようにという意味が込められています。

結婚35年目~結婚60年目

結婚35年目「珊瑚婚式(さんごこんしき)」…長い年月をかけて成長する珊瑚のように、夫婦も35年かけて固い絆で結ばれていますという意味が込められています。
結婚40年目「ルビー婚式」…様々なことがあった夫婦ですが、40年かけてルビーのような深い信頼関係が築けていますという意味が込められています。
結婚45年目「サファイア婚式」…「誠実」、「慈愛」という意味を持つサファイアにちなんで名付けられました。結婚45年目まで夫婦であり続けられたのは、誠実さと固い絆で結ばれていた為という意味が込められています。
結婚50年目「金婚式(きんこんしき)」…金色に輝く特別な記念日という意味が込められています。
結婚55年目「エメラルド婚式」…幸せな結婚生活を守ってくれるパワーストーンとして知られていたエメラルド。深い緑を持つエメラルドのように深みのある夫婦関係を築きましょうという意味が込められています。
結婚60年目「ダイヤモンド婚式」…「永遠の愛」の象徴でもあるダイヤモンドにちなんでつけられたダイヤモンド婚式。世界で最も固い鉱物であるダイヤモンドは、結婚して60年間も供に過ごした夫婦の絆の強さを表しています。

結婚記念日の名称:まとめ

このように、結婚1年目から15年目までは毎年何かしらの名称が付いており、結婚20年目からは5年ごとに名称が付いているのです。結婚した年齢にもよりますが、結婚するからには、結婚60年目の「ダイヤモンド婚式」をお祝いしたいものですよね。

結婚記念日

結婚記念日にはどのようなプレゼントを贈れば良い?

新婚生活を謳歌している結婚1年目、2年目あたりまでは、夫婦お互いにプレゼントを購入してお祝いをすると思います。しかし、離婚が当たり前となっているこの世の中で、夫婦生活を継続出来ていることが奇跡に近いのです。1年でたった1回の結婚記念日です。是非、お互いにプレゼントを購入して、感謝の気持ちを伝えあってください。

では、どのような物を贈れば良いのでしょうか。
先ほど、「紙婚式」に始まり、「ダイヤモンド婚式」に終わる、結婚記念日の名称をご説明しました。毎年違った贈り物ができ、迷うことなくプレゼントを選ぶことが出来るのは、その年の名称に合ったものを贈ることだと思います。
たとえば、結婚1年目は「紙婚式」なので、紙製品を贈るのです。最も主流なものは、アルバムや1年間の想いを綴った手紙です。デジタル化が進んだ現代では、スマホを通じて簡単にメッセージを送ることが可能ですが、是非、自分で選んだ便箋に、直筆で相手へのメッセージを綴ってみてください。デジタルなメッセージよりも相手の心に残るはずです。
このように、結婚2年目には「綿婚式」にちなんで綿製品、結婚3年目には「革婚式」にちなんで革製品…と毎年その結婚記念日の名称と照らし合わせたものを贈るのが良いと思います。

ウェルカムスピーチ文例

結婚記念日に贈るプレゼントの相場は?

結婚記念日は年1回必ず訪れます。収入のある方でしたら問題はないですが、普通のサラリーマンや主婦にとって、年1回でも特別日を出すのは大変ですよね。
では実際に、結婚記念日のプレゼントの相場を調べてみました。

結婚1年目に贈るプレゼントの価格相場は「3,000円~20,000円」であることが分かりました。先ほどご提案した、結婚1年目にあたる「紙婚式」ですが、手紙を渡すにしてもアルバムを渡すにしても、そこまでお金はかかりません。従って、結婚1年目のプレゼントの価格が抑えられているのだと思います。
また、結婚1年目にドーンと大きなプレゼントを贈ってしまうと、翌年以降が大変にもなりますので、皆さん現実を見て、あまり負担にならない金額でプレゼントを贈っていることになります。

結婚5年目には、「20,000円~50,000円」のプレゼントを贈る人が多いということが分かりました。単純に、結婚1年目に比べて、収入が安定してきたことが主な要因なのですが、「記念日の年数×10,000円」を目安に、プレゼントの価格を決定している人が多いという事実も判明しました。

更に、結婚10年目には、「50,000円~100,000円」という高額なプレゼントを用意する人が多数でした。しかし、一般的に、結婚10年目となると子供にお金がかかってくる時期ですし、家計の予算と照らし合わせたプレゼント選びが必須になってきます。

豚の貯金箱

結婚記念日のプレゼントは絶対に必要なの?

結婚記念日に限らずですが、プレゼントを贈ることが苦手な人もいるかと思います。その場合は、普段は行かないようなオシャレなお店でランチやディナーをしたり、ちょっと遠出のデートや旅行をしたりしてみてください。きっと思い出に残るはずです。
毎年、物を贈り合うのも素敵ですが、物が増えてしまいますので、たまには気分転換に普段とは違うことをしてみるのも楽しそうですよね。

結婚記念日:まとめ

結婚記念日は夫婦にとって特別なものです。年に1度のイベントですし、是非、夫婦もしくは家族でお祝いしてみてください。きっと素晴らしい思い出になりますよ。

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

1,040,296 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事