• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 徹底解説!「婚姻届」に必要な書類や注意点とは?意外な落とし穴も |ママデビュー編集部

徹底解説!「婚姻届」に必要な書類や注意点とは?意外な落とし穴も |ママデビュー編集部

婚姻届け 結婚指輪
Baby & Kids

結婚を決めたふたりの最初の法的なステップといえるのが「婚姻届」です。婚姻届の提出は、ふたりが法的に家族になる一大イベント。だけど、先輩花嫁たちに聞いてみると、書き方に不備があったり、提出の際に思いがけないトラブルが起こって、こだわった日程に受理してもらえなかったり、提出できなかったりと、すんなりいかないことが多い様子。

事前に決めた入籍日に提出できるよう、正しい書き方や必要書類、届け方を知っておきたいですよね。そこで、今回は婚姻届を提出するまでの手順や婚姻届に必要なもの、注意点、についてご紹介いたします。失敗しない婚姻届のHow Toが満載です!

1.婚姻届必要なもの:用紙はどこで手に入るの?

婚姻届はイメージの通り、市役所や区役所などの役所や役場でもらえますが、じつは行政施設でもらう婚姻届以外の婚姻届でも、規定された様式で作られた婚姻届であれば提出できるんです。
それが昨今流行りつつある、オリジナルの婚姻届やご当地婚姻届と言われるものです。

それでは、そういった婚姻届はどこで入手できるのでしょうか?
婚姻届け

役所で入手

婚姻届は、基本的に全国各市区町村の役所や出張所、行政センターなどで24時間手に入る書類です。

全国どこでも入手可能なので、自分と関係のない地域の役所でも無料でもらうことができます。

※休日や深夜にもらうなら、夜間窓口や休日窓口で受け取れます。
ただし、出張所など取扱時間外はもらえない窓口もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、婚姻届をもらう窓口は各自治体で「市民課」、「戸籍住民課」、「戸籍課」と名称が異なっているので、まずは総合受付に尋ねてみるとスムーズかもしれません。
窓口ではなくラックに置いてあるケースもあります。

ちなみに、書き損じや試し書き用に2、3枚ほど、入手しておくとよいでしょう。

インターネットでダウンロードも可能!

各市区町村のホームページで、婚姻届がダウンロードできます。
自分たちで印刷する際には、必ずA3サイズの白紙に印刷することや、印刷部分が不鮮明にならないように気をつけましょう。
また、一部の市区町村では、インターネットからのダウンロードに対応していないこともありますのでまずは確認してみると良いでしょう。

2.婚姻届必要なもの:書く前に知っておきたい婚姻届提出の基礎知識

最初に知っておきたいのは、婚姻届の提出時間に関する基本。役所への提出は24時間365日可能で、役所が閉まっている時間帯は時間外窓口を利用。出張所の場合は時間外受付をしていない場合があるので、事前に確認しておきましょう。
また、意外と知られていないのが、提出できる場所。「夫・妻どちらかの本籍地または所在地の市役所、区役所または町村役場(出張所も可)」と定められている。「所在地」とは、居住地以外にも一時的に滞在している場所も含まれ、つまりは旅行先、結婚式を挙げた先など、実際に住んでいない場所でも婚姻届の提出が可能なのです。

3.婚姻届必要なもの:書き方・記入例

【やりがち失敗実例1】記入漏れ、未記入に気を付けて!

自治体の担当者に聞いたところ、婚姻届の不備で最も多いのは、記入するべきところがすべて記入されていないことや、必要書類が揃っていないこと。

・証人欄の実母の氏を省略して名だけ書かれている
・証人欄の記入がない
・証人欄に氏名しかなく、住所・本籍の記入がない
・婚姻後の夫婦の新本籍の記入がない
・婚姻後に夫と妻のどちらの氏を名乗るのかの記載(チェック)がない
・ふたりの署名がない
・住所欄は婚姻届提出時点での住民登録地だが、転入予定地の住所が書かれている
・本籍地でない自治体へ婚姻届を提出する場合に必要な戸籍謄本の添付がない
・筆頭者が分からず記入がない

【ありがち失敗実例2】記入間違いに気を付けて!

続いて多かったのが、記入の間違い。

・戸籍の記載と違う漢字を使用している
・住所・世帯主が住民票と相違している
・本籍・筆頭者の記載が戸籍と相違している
・届出人署名が、婚姻後の氏で記載されている
・婚姻後の新本籍として記入している地番が、本籍を置くことができない地番だった
・新本籍地に地番、街区符号ではなく、部屋番号まで書かれている
・添付された戸籍謄本の発行日は最近の日付だが、戸籍謄本取得後、親が転籍届を先に提出していたり、離婚していたりと添付のものと内容が異なっていた

4.婚姻届必要なもの:必要書類

戸籍謄本

婚姻届を提出する際に、基本的に二人の結婚前の戸籍謄本が必要です。
戸籍謄本とは、その戸籍に入っている全員の事項を写したものを指し、「全部事項証明」とも呼ばれています。
ただし、提出する役所に本籍地がある場合は、戸籍謄本は不必要となります。

二人ともが本籍地と異なる役所に婚姻届を提出する場合は、それぞれ1通ずつ必要となります。
ちなみに、戸籍には、「戸籍謄本」と「戸籍抄本」がありますが、婚姻届には戸籍謄本なのでご注意ください。
戸籍抄本とは、原本の内容一部のみを抜粋して写している書面で、戸籍にかかれた一個人の事項のみを抜粋したものです。

本人確認書類

婚姻届を提出する際には、本人確認を行います。
窓口で運転免許証やパスポート、マイナンバーなど、官公署発行の写真入り証明書を提示します。

その他

未成年の場合
一方または双方が未成年者の場合、父母または養父母の同意が必要です。
同意書の提出か、届出書内に婚姻に同意する署名・押印などで対応します。

外国籍の方
外国籍の方の場合は、必要な書類が異なるので、詳しくは届け出になる市区町村に尋ねてみるとよいでしょう。

ちなみに、提出した婚姻届は、早くて翌日、おおよそ1週間で新しい戸籍に反映されます。

5.婚姻届必要なもの:婚姻届の提出先

役所の担当窓口
婚姻届は、全国の役所の窓口へ提出できます。
ですので、本籍地や住民票がある場所以外でも、旅行先や思い出の場所でも提出は基本的には可能です。
ただし、支所や出張所、行政センターでは受け付けていないところもありますので、ホームページや事前に問い合わせをしておくとよいでしょう。

だいたいの役所では、
– 通常受付は、時間内に「戸籍課」、「戸籍住民課」、「市民課」などの各担当の直接窓口へ
– 時間外の受付は、各担当の直接窓口や出張所窓口の場合もあります
– 夜間・休日受付は、宿直窓口や夜間・休日専用の窓口があります

ちなみに郵送でも受け付けてくれるそうですが、日付の指定ができなかったり、書類にミスがあると不受理になったりと、少し手間がかかりそうなので注意しましょう。
婚姻届け

6.婚姻届必要なもの:届出日

婚姻届の記載に誤りがなければ、その場で受理され、基本的に届け出た日付が「入籍日」になります。 提出日にこだわりがある場合は、提出よりも前に担当窓口で書類をチェックしてもらうとよいでしょう。

7.婚姻届必要なもの:土日や祝日に提出した時の入籍日は?

婚姻届を土日祝日に提出すると、実際の受け取りは役所の翌窓口受付日となりますが、書類に不備がなければ提出した日や希望日になるので、土日や祝日に提出しても何ら問題はありません。

8.婚姻届必要なもの:旅行先で婚姻届を提出する方法

婚姻届は
・夫の本籍地
・妻の本籍地
・夫の住所地(所在地)
・妻の住所地(所在地)
いずれかの市区町村の役所が届出先になります。

この「所在地」というのは、「届出人が一時的に滞在している場所」と定義されているため、自宅住所がない、旅行先でも婚姻届は提出することができます。
生まれ育った地元や、ふたりが出会った場所や思い出の地で提出するのもおすすめ!リゾート挙式の当日に提出するのも、結婚式当日の思い出が深まりそうですね。

9.婚姻届必要なもの:入籍日の決め方

では、先輩カップルはどんな日を入籍日に選んでいるのでしょうか。
実例とともにご紹介します。

挙式前後で特に決まりはない

特に決まりはないですよ。私は式のちょっと前が主人の誕生日だったので、その日に入籍しました。 あとは、覚えやすい日とかにしてる人が多いみたいです。(31歳女性)

大安にこだわった

私は大安の日で挙式の前にしました。 私の母は、入籍を大安の日に行わないと後で離婚とかトラブルになった時に「あの時大安の日にしなかったからだ」と自分のせいではなくて日取りのせいにしてしまうから、絶対大安の日にと言われました。(31歳女性)

お日柄が気になる人は、下記の4つから選ぶのがおすすめです。
大安
全てにおいて良い結果が得られる吉日
友引
大安の次に慶事に向いている日。午前・夕方・夜が吉
先勝
午前中は吉、午後は凶 先負…午前中は凶、午後は吉

付き合い始めた日付や、どちらかの誕生日など記念日に合わせて入籍を行う人も多いようです。

11月22日の「いい夫婦」の日は毎年入籍するカップルが多い日です。
また、1月11日、2月22日など日付の数字が揃うゾロ目の日も覚えやすくていいかもしれません。

また、祝日や七夕やクリスマス、バレンタインデーといった季節の行事と合わせるのも、忘れにくそうですね。

入籍日は六曜(六輝)などの縁起の良い日を選ぶカップルや、ふたりの記念日を選ぶカップル、タイミングが合う日に…と、選び方はさまざまです。

一般的に縁起が良いとされるのは
・大安(六曜)
・天赦日(暦注下段)
・一粒万倍日(選日)
です。

逆に、仏滅や寅の日は入籍には向かない日とされますが、ふたりにとっての記念日を重視して、お日柄を気にせず入籍日を選ぶカップルも増加しています。
また、11月22日(いい夫婦の日)や7月7日(七夕)、12月24日(クリスマスイブ)など、日付そのものに愛着・思い入れがある選び方も人気です。
婚姻届け カップルキス

10.婚姻届必要なもの:結婚記念日は「入籍した日」と「結婚式を挙げた日」のどっち?

「結婚記念日=婚姻届を出した日」が一般的な考えですが、明確な決まりはありません。結婚記念日を「入籍した日」「結婚式を挙げた日」のどちらにするかは、ふたりで話し合って選びましょう。

11.婚姻届必要なもの:届け出の時間

365日24時間受付しています。
ただし、時間によっては提出先の窓口が異なることがありますので念のため事前に確認すると良いでしょう。

素敵な入籍日になるよう事前準備をしっかりしていきましょう。
提出の際は役所の方に写真を撮ってもらって、提出した時の様子を記念に残しておくと良いですね。

\新しい名字の印鑑準備もお忘れなく/

結婚後の新生活では新しい名字の印鑑が必要になりますよね。
婚姻届だけではなく銀行口座やクレジットカードなど様々な変更手続きに必要になります。

印鑑ってどこで作るんだろう?と言う方必見!
今はインターネットで簡単に印鑑が注文できます。

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

66,558 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧