• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】妊娠線予防の人気アイテム10選!早めの予防が決め手! |ママデビュー編集部

【医師監修】妊娠線予防の人気アイテム10選!早めの予防が決め手! |ママデビュー編集部

ボディクリーム
Baby & Kids

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

名倉優子(産婦人科医)
久留米大学医学部医学科卒業。初期研修終了後、東京慈恵会医科大学付属病院で、周産期、婦人科腫瘍など産婦人科全般を診療。現在は茅ヶ崎市立病院に勤務しながら、一般産婦人科クリニックや婦人科健診の診療を行なっている。

妊娠とは、誰にとっても一生の中で特に大きい出来事ですよね。妊娠とは命を授かること。しかし、それには大変な苦労があることに不安を抱えている方も多くいると思います。妊娠を経験した先輩ママの中でも、様々な苦労をこぼす人がいますが、今回は、その中でも「妊娠線」にまつわることに関して紹介していきたいと思います。

−妊娠線。
妊活や妊娠を控えているプレママの皆さんは、何度も耳にしたキーワードなのではないでしょうか?詳細は後述しますが、妊娠線は人によってできたりできなかったりするものです。しかし、そんな妊娠線は予防やケアで改善できるようになります。
妊娠に伴う問題の1つとして、妊娠線は女性にとって重要なことです。今回の記事を参考に、無理なく健康的な出産を目指していきましょう。

妊娠線予防クリームとは?

妊娠線予防クリームとは、高い保湿力と肌の柔軟性を高める効果を期待できる油分を多く含んだクリームです。
妊娠線ができてしまう原因を直接改善するものは、保湿であると考えられています。特に、最近では日々妊娠線予防クリームの開発・研究が進み、持続的な保湿を保ち、肌に大切な美容成分を多く含んだものが市販されるようになりました。
また、妊娠中の悩みの1つとして、匂いに敏感になることがとても多いです。そのほか、体質が変わってしまう人もいるので、低刺激なものや無香料なものなど体質と症状に合った製品を選ぶことができます。

妊娠予防クリームには様々な内容のものがありますが、体質や肌がデリケートになっている時期では、「合成成分」や「石油系成分」のものは控えるのがベストです。普段は界面活性剤を使用しても問題ないとしても、妊娠時期は受け付けないということがあります。折角のケアがかえって肌に悪影響を与えてしまう場合もあるのです。
妊娠線オイル・クリーム

妊娠線予防クリームとは:その① そもそも妊娠線ってなんでできるの?できやすい人ってどんな人?

そもそも妊娠線って?

そもそも妊娠線とは、どういったものなのか存じていない方もいるかと思います。
妊娠線とは、妊娠によって急激に皮膚が伸びることによって、皮膚を構成する「真皮」と呼ばれる部分が裂けてしまうことで見られる断裂痕のことを言います。皮膚の1番上の「表皮」の部分は、どんな人でもある程度伸縮する機能を持っています。しかし、それ以上に皮膚が伸びてしまうと真皮が裂け、始め断裂部に毛細血管が透けて赤く見えます。その後で白っぽくなり、結果、妊娠線と呼ばれるような状態になります。
妊娠線には個人差があります。そもそもできない人もいますし、何本もの線が現れたり、稲妻のような模様になる人もいます。妊娠線は、時間が経つと目立たなくなりますが、完全に消えないケースも考えられます。

さらに、妊娠線ができてしまう理由は、肌のターンオーバーの抑制させてしまう「ステロイドホルモン」の影響があります。このホルモンは妊娠中に分泌量が増えます。そうなることで肌の新陳代謝が低下し、肌の弾力が失われて真皮が断裂しやすくなってしまいます。この新陳代謝には個人差があります。妊娠中のお腹は、赤ちゃんの成長などで、平均して1.7倍もの大きさになります。新陳代謝の個人差と赤ちゃんの成長によって妊娠線は発生します。
携帯を触る女性

妊娠線ができやすい人とは?

妊娠線ができやすいなどの差は、体質や骨格、多胎などいくつかの条件で変わります。
例えば、小柄な妊婦さんの場合は、骨盤が小さく元々の皮膚の面積が少ないため、皮が引っ張られて妊娠線ができやすいです。
乾燥肌の妊婦さんの場合は、妊娠によってさらに肌が敏感になることがあるので、妊娠線ができやすいことが多いです。
多胎妊婦さんの場合は、赤ちゃんの人数に比例しておなかの膨張率が上がっていくので、より妊娠線ができやすいとされています。

妊娠線ができ始める時期は、おなかが大きくなり始める妊娠中期の5ヶ月目〜7ヶ月目辺りです。妊娠線は、主に下腹部からでき始めます。つわり後の食欲増進も妊娠線に影響する理由の1つですが、妊娠線を気にするあまり、赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らないような事態は絶対に避けるように注意しましょう。

そこで大事なことが、妊娠線を予防すると言うことです。妊娠線を予防するためには、「妊娠線予防クリーム」という保湿を目的としたクリームなどを使用します。

美しい女性

妊娠線予防クリームとは:その② 妊娠線予防の基本!「保湿ケア」と「マッサージ」

妊娠線予防の「保湿ケア」について

妊娠線の予防に大切なことは、「保湿ケア」と「マッサージ」です!
妊娠線は主におなかに集中しますが、ほかにもお尻やふとももなどにも現れることがあります。まずは、妊娠線が自分のどこにあるのかこまめにチェックするように心掛けましょう。

肝心な妊娠線のケアですが、始めるタイミングは妊娠初期からがオススメです。
妊娠線が現れてから気にして妊娠線ケアを始める方も多いですが、妊娠線を予防するためには、やはり始めが肝心です。しかし、もちろん妊娠線ができてからケアを行っても、諦めずにケアし続ければそれ以上の妊娠線を広げないようにすることは可能です。

妊娠線予防に肝心な保湿は、妊娠線予防クリームで補いましょう。基本的には、肌が乾燥していない状態を維持することが大切です。予防クリームでの保湿はもちろんですが、ゆっくりと湯船に浸かり、しっかりと体全体を温めることも重要です。
ベビークリーム

妊娠線予防のクリームの「マッサージ」と「正しい塗り方」

予防クリームは人肌に温めてから、おなか全体と妊娠線ができやすい部分に、優しく馴染ませるように塗り込みます。くるくると円を描くようにマッサージするのがコツです!
ただし、「おなかが張っているな」と感じた時には無理にマッサージを行ってはいけません。

マッサージは基本、入浴後に行うのが良いです。しかし、朝のケアや乾燥を感じるタイミングでのプラスオンケアもとても大切です。毎日のこまめな予防ケアが最も大切です。

しかし、いくつかの注意点があります。

体質に合わせる
妊娠中は、以前までとは体質が変化することがあります。それまで使っていた保湿剤に違和感を感じたら、すぐに別のクリームを試すようにしましょう。

過度な体重増加
つわりが終わると食欲が増します。急激な体重増加は妊娠線を発生させる原因になります。少しずつ体重を増やしていくように心掛けましょう。しかし、妊娠線を気にするあまり栄養不足になる事態は避けてください。

適度な運動
赤ちゃんや健康に差し支えない適度な運動はとても大切です。軽いウォーキングなど妊婦さんにもできる運動を心掛けましょう。筋肉量の低下は妊娠線に影響します。

入浴中の女性

妊娠線予防クリームとは:その③ 妊娠線予防クリームとオイルの違い

妊娠線予防の記事や口コミなどを見ると、よくクリームとオイルが分かれて紹介されています。
簡単に解説すると、クリームは、「バランスの良い油分と水分の配合」で、オイルは、「油分と保湿」です。どちらかが必ず妊娠線予防に良いと言うことはありません。

オイルは、油膜の効果から高い保湿効果が期待できます。また、皮膚の温度が上がりやすくなるのでマッサージの際に重宝されます。しかし、人によっては、オイルのテクスチャーが気になったり、特有の匂いが気になったりする場合があります。

クリームは、バランスよく油分と水分が配合されています。マタニティケア用に特化した製品を使用するのが良いです。特に、クリームは様々な製品が各メーカーから販売されています。その内容は製品ごとに異なるので、自分の体質に合った製品を選ぶ必要があります。ですので、「巷で話題だからいい!」ということではなく、自分の体質をしっかりと把握して、向き合いながら使用するようにしてください。
ベビーオイル

おすすめの妊娠線予防クリーム・オイル10選と口コミ

mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

mitete マタニティクリーム

服に張り付かない、さらっとしたテクスチャーの妊娠線予防クリームです。妊娠中の冷え性にも効果があり、「グルコシルヘスペリジン」という成分が、肌を温めてくれます。ビターオレンジの爽やかな香りが特徴で、妊娠中にも気にならないのが安心です。
販売サイトはこちらから>>

アモマ 妊娠線オイル

amoma

プロの妊娠線専用の配合を実現したマタニティ専用のオイルです。日本人の肌に特化した、米ぬか由来のライスオイルとマカダミアナッツオイルをベースにしています。マタニティアロマセラピストが妊娠線マッサージに特化した3種のオイルを配合しています。独自比率の配合が、妊娠中の肌の柔軟性や潤いを保ちます。
販売サイトはこちらから>>

ストレッチライン マッサージクリーム

ストレッチライン

従来の保湿・美容成分にホホバ油を新配合したマッサージクリームです。無着色・無香料・弱酸性で、体質が変わりやすい妊娠中にも重宝されます。おなか周りだけでなく、妊娠線が気になるバストやヒップにも使用することができます。特に保湿に特化しています。
販売サイトはこちらから>>

妊娠線対策 ワメイビマタニティボディクリーム 妊娠線解消 マタニティ化粧品

ワメイビマタニティボディクリーム

パラベンフリーの独自乳化技術により、肌に効果が期待できる成分や水分を逃すことなく浸透させるクリームです。これまで実現が困難とされていたセラミド成分の配合が可能になり、より肌に浸透しやすい製品になっています。植物由来で安心して使用できるところも妊婦さんには嬉しいポイントです。
販売サイトはこちらから>>

BELTA ベルタマザークリーム

BELTA ベルタマザークリーム

妊娠中から産後まで使えるオーガニックボディケアクリームです。無添加にこだわっているベルタのクリームは、乾燥にとても効果が期待できます。赤ちゃんにも安心して使用できます。
販売サイトはこちらから>>

ピジョン 保湿ボディケアクリーム ポンプタイプ

ピジョン 保湿ボディケアクリーム

産婦人科医や助産師、先輩ママの声を元に開発され、無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・弱酸性が特徴のクリームです。体験を元に開発されたクリームですので、特に妊娠中から産後、赤ちゃんにまで安心して使用することができます。塗るだけで効果があるので、朝の時間帯や乾燥を感じた際にオススメのクリームです。
販売サイトはこちらから>>

フューチャーゲート ノコア アフターボディトリートメントクリーム

ノコアベビークリーム

妊娠線に肝心な保湿のみならず、コラーゲンの生成を促す作用により、肌を引き締める効果が期待できます。妊娠線の予防だけでなく、セルライト対策にもなるのが特徴です。オーガニックネロリの香りは、癒し効果があることでも有名です。
販売サイトはこちらから>>

ナチュラルサイエンス ナチュラルマーククリーム

ナチュラルサイエンス ナチュラルマーククリーム

保湿力の高さが特徴のクリームです。1日2回の使用で24時間持続します。肌の潤いを保つのに最適なクリームとして人気があります。マッサージ不要なタイプですので、手間をかけずに妊娠線ケアをしたい方にオススメです。妊娠線は新陳代謝の低下が原因とされています。ターンオーバーを促進させることで、保湿とケアの両方が実現できます。また、マッサージ不要である点も妊娠線予防を気軽に行えるポイントです。
販売サイトはこちらから>>

株式会社スタイラ エルバオーガニックス STMクリーム

エルバオーガニックス STMクリーム

100%天然由来にこだわったオーガニックラベンダーのクリームです。伸びが良いテクスチャーなので、マッサージの際にしっとりと肌に馴染みます。100%天然由来ですので、産後、赤ちゃんと一緒にスキンケアができます。
販売サイトはこちらから>>

THE BODY SHOP ボディシアバター

THE BODY SHOP ボディシアバター

マタニティ用のクリームではありませんが、その保湿力の高さから多くの妊婦さんに使われています。匂いつわりでも安心して使用できる優しい香りで、冷えにも高い効果が期待できます。マタニティ系の通販以外でも簡単に購入できるところも、制限の多い妊婦さんにも安心のクリームです。
販売サイトはこちらから>>

妊娠線予防クリームとは:まとめ 自分に合った妊娠線予防をしましょう

いかがでしたか?妊娠線予防は、妊婦さんにとって多くの方に共通するお悩みだと思います。妊娠中も産後も気持ちよく人生を楽しむのに妊娠線予防は大切なファクターだと思います。様々なクリームやオイルが市販されていますが、自分にぴったりなものを選ぶことが大切です。たくさんの意見を取り入れて、常に余裕を持って健康的にケアしていくように心掛けてみてください。

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

名倉優子(産婦人科医)
久留米大学医学部医学科卒業。初期研修終了後、東京慈恵会医科大学付属病院で、周産期、婦人科腫瘍など産婦人科全般を診療。
現在は茅ヶ崎市立病院に勤務しながら、一般産婦人科クリニックや婦人科健診の診療を行なっている。

※1 参考文献:ユニ・チャーム:おなかが妊婦らしくなってきた! 妊娠線って必ずできるの?
※2 参考文献:あたらしい皮膚科学 第2版 18章 真皮、皮下脂肪組織の疾患

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

560,027 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧