• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】妊婦に鉄分が必要!鉄分の役割や鉄分不足の対策とは? |ママデビュー編集部

【医師監修】妊婦に鉄分が必要!鉄分の役割や鉄分不足の対策とは? |ママデビュー編集部

鉄分
Baby & Kids

記事監修:高橋 孝幸(産婦人科医)

高橋 孝幸(産婦人科医)
産婦人科専門医。慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局後、慶應義塾大学医学部付属病院足利赤十字病院太田記念病院に勤務。現在は慶應義塾大学医学部博士課程に在籍し、人工知能を用いた研究に従事。専攻は婦人科腫瘍学。
【保有資格】医師免許、日本産科婦人科学会専門医、日本医師認定産業医、メディカルAI学会認定医、日本周産期新生児学会NCPR専門コースインストラクター
【学会】日本産科婦人科学会、日本周産期新生児学会、日本産科婦人科内視鏡学会、婦人科腫瘍学会、日本人類遺伝学会、日本細胞診学会、日本胎盤学会、抗加齢学会
【情報】産婦人科情報ポータルサイト:「産婦人科医の手帖」も運営中。

妊娠すると貧血になりやすいという話を聞いたことはありますでしょうか。なぜ妊婦さんは貧血になりやすいのか、その原因を調べてみました。また、妊婦さんが鉄分不足になると、母体や赤ちゃんにどのような影響があるのかも調べてみました。鉄分不足の解決方法も含め、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

妊婦に鉄分は必要:鉄分とはなに?どのような役割を持つものなの?

鉄分は、人間の体内に約3グラムあるといわれています。その3グラムの内、約65パーセントは血液中の「ヘモグロビン(血色素)」の構成成分となっています。
「ヘモグロビン(血色素)」とは、血液中の赤血球の中に存在するタンパク質のことを指します。ヘモグロビンを含む赤血球は、体内の各組織に酸素を送る役割を果たしている、とても重要な物質なのです。

鉄分が不足すると、同時にヘモグロビンも不足します。ヘモグロビンが不足すると、体内の各組織への酸素供給量が減り、「鉄欠乏性貧血」と言われる病気を引き起こします。「貧血」の原因のうち、約8~9割の原因がこの「鉄欠乏性貧血」です。主に若い女性に起こりやすい病気ですが、稀に中高年の男性にもみられる病気です。
鉄欠乏性貧血になると、体がだるく、疲れやすくなります。しかし、自覚症状はほとんどなく、健康診断などでの血液検査の結果、鉄欠乏性貧血であると判明する人がほとんどです。ちなみに、「たちくらみ」に代表される「起立性低血圧」とは別物です。是非覚えておきましょう。

心臓

妊婦に鉄分は必要:妊婦さんが鉄分不足になるとどうなるの?

妊娠をすると、お母さんの血液量が増える仕組みになっています。それは、お腹の中の赤ちゃんに栄養や酸素を送るためです。しかし、血液の量が増えても赤血球の量はあまり増えないのです。従って、妊婦さんの血液は常に薄まった状態となり、鉄欠乏性貧血が起こりやすくなるのです。

妊婦の鉄分不足が与える赤ちゃんへの影響

では、お母さんである妊婦さんが鉄分不足になった場合、お腹の中の赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか。

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中の子宮で「約10ヶ月間の期間」を過ごします。この子宮内にある「羊水」と呼ばれる水の中に浮かんでいるのですが、もちろん、自分で栄養を摂ることは不可能です。
実は、赤ちゃんに必要な栄養を送っているのが、ヘモグロビンに結合している酸素なのです。ヘモグロビンは、赤ちゃんのご飯でもある胎盤や、へその緒を通じて、お母さんから赤ちゃんへ酸素や栄養を送ります。従って、ヘモグロビンの量が減っている状態だと、赤ちゃんに必要な酸素や栄養を送ることが不可能になり、赤ちゃんの発育に影響があるのです。

また、お母さんが鉄分不足によって鉄欠乏性貧血になると、出産の際に陣痛がなかなか強くならず、お産が長引く可能性もあります。更に、子宮収縮が悪くなることによって出血がだらだらと続き、出血多量になる可能性もあるのです。
鉄欠乏性貧血は、妊婦さんにも赤ちゃんにも辛い状況を作るものです。ぜひ、鉄分をしっかり摂取して、鉄欠乏性貧血を防いでください。

ちなみに、10ヶ月の妊娠期間中、最も鉄欠乏性貧血になりやすいのは、妊娠24週~32週ごろ(妊娠7ヶ月~8ヶ月)と言われています。このころになると、赤ちゃんは羊水の中で、ごろごろ体勢を変えることが出来るくらい、自由に動き回ることが可能になる時期です。また、脳の発達が進み、体全体のコントロールを行うようにもなる時期です。この大事な時期に、お母さんからの栄養がストップしてしまうと、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もあるので、注意が必要です。

赤ちゃんがいる妊婦さん

妊婦に鉄分は必要:妊婦さんの貧血検査方法

妊婦さんは、妊婦健診に行かれると思いますが、その妊婦健診では、妊娠初期・中期・後期とそれぞれ、血液検査が義務付けられています。この血液検査の中で、貧血であるか否かが分かるようになっています。

万が一、貧血だと診断されても、処方された薬をきちんと飲んでいれば、基本的には貧血は改善されます。処方される薬は、錠剤やカプセル剤がほとんどですが、稀に注射を使用することもあります。

鉄剤は医師の処方する薬ですので、服用しても問題はありません。反対に、鉄分不足で貧血のままでいると、赤ちゃんに悪影響を及ぼし兼ねませんので、処方された薬はしっかり服用しましょう。

ルームウェアで愛されてやまないジェラートピケ(gelato pique)の誕生ストーリー

妊婦に鉄分は必要:妊婦さんはどれくらいの割合で貧血なの?

貧血は大球性貧血、正球性貧血、小球性貧血に分類することが出来ますが、妊婦さんの貧血は基本的に小球性貧血のうちの「鉄欠乏性貧血」に分類されます。実は、全妊婦さんの4分の1の割合で「鉄欠乏性貧血」が見られるというデータがあります。
日本国際保健医療学会の発表によると、先進国の妊婦さんにおける貧血の割合は、平均で18パーセントとされています。しかし、日本では40パーセント前後ですので、日本における妊婦さんの貧血率が、世界的に見ても異様に高いことは明確です。

妊婦さんに、鉄欠乏性貧血が多いのは、先ほどもご説明した通り、ヘモグロビンの機能が活発化されるからです。
男性の場合、鉄分を補おうとすると、1日1グラムの鉄を補えば十分だとされています。しかし、女性の場合、特に妊娠期間は鉄分が不足しがちなので、妊娠していない時の3~4倍の鉄分を補給しなくてはならない計算になります。

赤ちゃんを抱っこするお母さん

妊婦に鉄分は必要:鉄分摂取!貧血に効く食べ物

妊婦さんが貧血になると、母体にも赤ちゃんにも影響があることが分かりました。では、簡単に鉄分を摂取できる食材は何があるのでしょうか。まとめてみました。

「鉄分摂取」で最も有名な食材は、レバーです。しかし、レバーは、ビタミンAを多く含みます。このビタミンAは、特に妊娠初期の摂取過剰は胎児発育に有害作用を起こす可能性があり,適正な栄養指導をする上で検討が必要です。

では、レバー以外の食材ではどうなのでしょうか。
実は、鉄分は、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」に分かれるのです。「ヘム鉄」は、鉄分の吸収率が15~25パーセントと非常に良く、とても効果的に鉄分を摂取することが可能です。「ヘム鉄」の代表的な食材は、「かつお」、「牛赤身肉」、「煮干し」といった、肉や魚、動物性食品に多く含まれています。
一方、「非ヘム鉄」は、鉄分の吸収率が2~5パーセントとなっており、「ヘム鉄」と比べると明らかに低い数値であることが分かります。「非ヘム鉄」の代表的な食材は、「納豆」、「豆腐」、「小松菜」といった、野菜や大豆製品です。

鉄分を効率良く摂取しようと「ヘム鉄」に分類される食材ばかり食べていては、栄養が偏ってしまってよろしくありません。しかし、「非ヘム鉄」に分類される食材は、鉄分の吸収率があまり良くないので、効率的とは言えません。
そういう場合には、タンパク質の食材と合わせることによって、鉄分の吸収率を上げることが可能になってくるのです。タンパク質を含む食材の代表は、乳製品です。非ヘム鉄に分類される小松菜と、タンパク質を多く含む溶き卵を合わせて小松菜の卵とじを作ってみたり、野菜炒めなどを頻繁に作ってみるのも良いかと思います。

栄養素が豊富な食事

妊婦に鉄分は必要:ヘム鉄を含むおすすめなマルチビタミンサプリメント『mitas-ミタス』

mitas –ミタス 葉酸サプリ

今回はmitas(ミタス)というサプリメントをご紹介致します。皆さんの中には葉酸サプリメントを飲まれている方も多いと思います。その中でも、数ある葉酸サプリの中でも特におすすめなのは、mitas –ミタスです。mitasは、妊娠を望んでいる人や妊婦には大敵である「冷え」にも効果のある、温活もできる葉酸サプリメントです。全部で17種類の素材が含まれており、400㎍の葉酸を摂取できるほか、ヘム鉄4mg強、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、これらに加えて、高麗人参、生姜、なつめ、さんざし、などぽかぽかが実感できる妊活時におすすめの和漢素材もぎゅっと凝縮されていて、必要な栄養補給+温活効果もあるとのことで最近非常に注目を集めています。

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)
>>【mitas葉酸サプリ】はこちらから

mitasというサプリメントが開発された理由に、近年の晩婚化に伴う女性の出産年齢の上昇、また、妊娠率の低下があります。妊娠を望む年齢が上昇すれば上昇する程、妊娠率は低くなり、また、胎児が先天性異常を患うリスクが伴います。

更に、近年では女性の社会進出が増え、同じ姿勢での長時間勤務や、冷房の効いた部屋に長時間居るといったことが増えました。その結果、体が冷えて、それが妊娠率の低下・胎児の障害リスクの原因にもなるというデータもあります。また、30代の妊活中・妊婦さんが行っている内容で、「葉酸サプリメントを摂る」の他に、「温活をする」という方が80パーセントを占めていることも明らかになっています。それくらい、体を温めることは妊娠にとって重要なのです。

葉酸をはじめとする各栄養素を摂取しつつ、簡単に温活も出来るmitasというサプリメントは、昨今の日々忙しい女性にとって、とても手軽にできる妊活アイテムであるといえます。
また産婦人科医のお墨付きなので、信頼性も抜群です。いつでも解約できるので安心してお買い求め頂けます。葉酸サプリで迷ったら「mitas(ミタス)」にしましょう。

1袋90粒入り(約1ヶ月分)で通常価格8,618円(税込)です。しかし、今なら先着500名限定で50パーセントオフの4,298円(税込)で購入が可能です。2回目以降は38パーセントオフの5,378円(税込)で購入できます。送料は無料です。しかも、15日間返金保証付きなので、万が一体に合わなくても安心です。

 

mitas栄養素一覧

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)
>>【mitas葉酸サプリ】はこちらから

妊婦に鉄分は必要:まとめ

鉄分中のヘモグロビンは、体内に酸素を送る重要な役割を果たしていることが分かりました。非妊娠時でさえ、貧血によって、その機能が低下してしまうと大変なことになりますが、妊娠期は更に症状が深刻になります。
妊婦さんが貧血になると、妊婦さん自身だけではなく、お腹の赤ちゃんも危険な状況になってしまうのです。妊婦検診の際の血液検査を必ず受け、万が一「鉄欠乏性貧血」と診断されてしまっても、医師に処方してもらった薬をきちんと摂取して、鉄欠乏性貧血を改善してください。
また、鉄欠乏性貧血にならない為に、日ごろから鉄分を摂取することを心掛けた生活を送ってください。鉄分を食品から摂取することは難しいので、ぜひサプリメント等で補っていただけたらと思います。

記事監修:高橋 孝幸(産婦人科医)

高橋 孝幸(産婦人科医)
産婦人科専門医。慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局後、慶應義塾大学医学部付属病院足利赤十字病院太田記念病院に勤務。現在は慶應義塾大学医学部博士課程に在籍し、人工知能を用いた研究に従事。専攻は婦人科腫瘍学。
【保有資格】医師免許、日本産科婦人科学会専門医、日本医師認定産業医、メディカルAI学会認定医、日本周産期新生児学会NCPR専門コースインストラクター
【学会】日本産科婦人科学会、日本周産期新生児学会、日本産科婦人科内視鏡学会、婦人科腫瘍学会、日本人類遺伝学会、日本細胞診学会、日本胎盤学会、抗加齢学会
【情報】産婦人科情報ポータルサイト:「産婦人科医の手帖」も運営中。

※1 参考文献: 妊娠時鉄欠乏性貧血における適切な食事指導に関する基礎的検討 – 鉄補給のためのレバー過剰摂取の問題点 
※2 参考文献: 厚生労働省 – -からだづくりの基礎となる「主菜」は適量を-  

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

66,550 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧