• HOME
  • HOME
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】妊娠中の風邪予防と対処法!薬を飲んでも大丈夫?お腹の赤ちゃんは?| ママデビュー編集部

【医師監修】妊娠中の風邪予防と対処法!薬を飲んでも大丈夫?お腹の赤ちゃんは?| ママデビュー編集部

風邪薬
Baby & Kids

妊娠中はホルモンバランスの変化や影響により、妊娠以前に比べて、免疫力やウイルスへの抵抗力が落ちていることがあります。ですので、風邪を引き起こしやすくなると言われています。おなかの赤ちゃんのことを考えると、「風邪なんて引いてられない!」と不安に思ってしまうことが多々あるでしょう。これは当然のことと言えますね。しかし、免疫力のことなど、どんなに気をつけても季節や予防をしても、風邪を引いてしまうことはあります。なので、風邪を引いてしまうことで極端に不安になることはありません。

今回の記事では、風邪の予防はもちろん、風邪を引いてしまった場合にも、慌てることなく的確な対応・処置ができるようになる方法を解説します!

まずは妊娠中のどんな症状が風邪なのか、また、その危険性などについて紹介します。
ぜひ、目を通してみてください!

妊娠中の風邪の見分け方

まず妊娠中は、そもそも風邪の諸症状に気が付きにくいという怖さがあります。症状を認めずに生活することは、初めに避けなければいけないことです。ですので、どんなものが風邪なのか、またそれ以外の病気などを知る必要があります。そして、なんらかの不調を感じた際に、すぐに対応できる知識を身に付けておきましょう。

さて、妊娠時の風邪と風邪に似た症状を発生させるいくつかの病気があります。それぞれがどんな症状をもたらすのか解説していきます。
美しい女性

劇症型A群溶連菌感染症

この病名を持つ感染症は、妊婦さんにも感染してしまう可能性のあるものです。
主な症状は、発熱・咽頭痛・吐き気・嘔吐です。どれも風邪に似た症状ですが、この劇症型A群溶連菌感染症は、赤ちゃんにも重篤な影響のある病です。
妊娠中にこの病気に罹ってしまうと、強い子宮収縮が起こります。そのため、流産や早産を引き起こす恐れがあり、最悪の場合、母体と赤ちゃんが死亡してしまう危険性を孕んでいます。

トキソプラズマ症

こちらの病名は、一度でも耳にしたことがある人が多いと思います。トキソプラズマ症は環境によってはとても身近な病気で、主に猫などを宿主にする寄生虫が、猫などのフンを経路にして人に感染します。ペットと生活している人にとっては最も身近な感染病ですが、ペットの居ない生活をしている人でも、牛や豚などの生肉を通して感染する恐れがあります。通常は、感染しても症状が発生しない場合もありますが、妊娠中の免疫低下時の感染してしまうと、流産や早産を引き起こします。
また、赤ちゃんに感染して、目や脳に障害をきたす可能性があります。

妊娠中は生肉・生焼けの食事を避け、いつもよりも十分に火を通してから食べるようにしましょう。ペットがいる家庭では、フンの片付けをしっかりし、後始末の後は必ず手洗いうがいとアルコールによる消毒を徹底するようにしてください。また、愛情表現の一環で、口移しでのエサやりを行う人がいますが、妊娠中には絶対に控えるようにしてください。

サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルス感染症は、性行為による感染経路を持つ感染症です。主に、発熱・肝臓やリンパ節の腫れなどを引き起こします。サイトメガロウイルス感染症が危険なのは、母子感染する恐れがあると言う点です。性行為に限らず、分娩時の産道や授乳によっても感染します。妊娠初期に感染した場合、おなかの赤ちゃんは重い後遺症を患ってしまうことがあります。
そして、この病気は症状がわかりにくく無症状であることがほとんどです。多くの場合は、妊娠初期の検診で罹患状態がわかりますが、こまめな検診が必要になる場合もあります。抗体の検診は必ず行うようにしましょう。

伝染性紅斑

別名:りんご病と呼ばれる感染症で、ヒトパルボウイルスに感染して発症します。ご存知の方も多いかと思いますが、りんご病は発症すると、頬がりんごのように赤らみ、手足に赤い斑点がみられます。妊娠中の感染の場合、母体は風邪によく似た症状を発症しますが、およそ30%の割合で母子感染します。妊娠初期に初めて感染すると、赤ちゃんには重篤な貧血・水腫が起こり、流産や早産のリスクを高めます。子供が罹りやすい病気ですが大人も感染します。妊娠初期の間は、あまり子供が多い人混みへは出歩かない方が良いです。

風邪に似た症状を持つ代表的な病気を紹介しました。もちろんこの他の病気のリスクを考えて、風邪などの不調には敏感になる必要があります。

妊娠中の風邪に風邪薬は大丈夫?

妊婦さんが風邪を引いた際に、風邪薬を飲んでいいか、という悩みは多くの人が経験しています。

市販されている風邪薬の服用は、基本的に控えた方が良いです。
というのも、市販されている風邪薬は、処方箋に比べて風邪の諸症状に効く成分は控えめです。しかし、市販薬で注意しなければいけないポイントは、妊娠中には避けた方が良い成分が入っているかどうかです。多くの市販薬の注意書きには、その旨の記載がされています。しかし、素人判断で服用するのはおすすめできません。
何かしらの薬を服用する際には、必ず医師の相談を受けてから行うように徹底してください。風邪の場合は、葛根湯などの漢方薬を処方される例が多いです。しかし、漢方に関しても、医師や薬剤師に相談の上、服用するようにしてください。また、診察を受ける際には、必ず妊娠していること、期間・状態などを正確に伝えましょう。
自分の状態を把握することが、おなかの赤ちゃんを守るのにとても重要なことです。
妊婦風邪

妊娠中の風邪、おなかの赤ちゃんは大丈夫?

妊娠中の風邪…赤ちゃんへの影響を心配するのは当然のことですよね。
安心してください。基本的に、妊娠中の軽度の風邪が胎児に悪影響を及ぼすことはありません。風邪の症状を感じたら、すぐに病院に行き医師の診断のもと対応してください。

しかし、38度以上の高熱が続く場合は、赤ちゃんへの影響を考えなくてはいけません。高熱が及ぼす脈拍の増加は、子宮内環境に悪影響を及ぼします。また、脱水症状にも注意してください。母体が感じる症状ではなく、熱を目安に病院にかかるのが良いです。しかし、熱が無くとも、激しい咳が続く場合にも注意が必要です。咳をすることで腹圧がかかり、おなかを圧迫することで、流産や早産のリスクが増します。
赤ちゃん

妊娠中の風邪はいつ病院にいけばいい?

ここまでの解説で、妊娠中の風邪に関するリスクや薬の影響がわかってきたと思います。ここでは、妊娠中に風邪を引いた場合、どのタイミングで病院に行けば良いかを解説します。

風邪の症状を少しでも感じたら、まずはかかりつけの産婦人科か内科に電話してみましょう。電話応対に従って次に何をしたらいいかを把握します。大抵は、症状に合わせて受診時期や対応の指示をしてくれます。新規の内科や妊娠後に受診していない内科に行く場合には、妊娠している事実を診断前に伝えましょう。
また、電話や受診する前に、事前に体温を測っておくことをおすすめします。その時点で熱が38度以上になっている場合は、風邪以外の病気やインフルエンザが疑われます。赤ちゃんに影響してしまうことがあるので、すぐに病院に連絡を入れ、直ちに受診するようにしてください。
受信する際の注意点として、マスクの着用と病院内にあるアルコール消毒を徹底してください。

とにかく焦らず、人の協力を仰ぎながら冷静に対処するように心掛けましょう。まずは自分の状態を把握することが大切です。

妊娠中の風邪の回復に効く療養中の食事は?

妊娠時の風邪で必要なことは、水分補給と体温管理と「食事」です。
免疫力やホルモンバランスが崩れやすい妊娠時には、栄養管理の行き届いた食生活がとても重要です。

今回は風邪の際に有効な食材のいくつかを紹介します。

食べた方が良いもの

生姜
生姜は体を温めるのに最適な食材です。血流促進もし、生姜に含まれるジンゲロールの成分が、免疫細胞として働く白血球を増やしてくれます。

柑橘類
柑橘系に多く含まれる、ビタミンC・βカロテンは、血行促進と粘膜補修の作用があります。水分補給とクエン酸による疲労回復も期待できます。また、漢方の陳皮の材料でもあることから、風邪に効果的であることがわかります。

ネギ
ネギは昔から風邪に効くと言われています。実際に、血行促進・発汗・免疫向上・疲労回復などの効果があります。ネギに含まれるカリウムなどを摂取することで解熱効果も期待できます。


卵は良質なタンパク源です。風邪を治す上で大切な、栄養価・消化・低刺激という要素を持っています。

はちみつしょうが湯
固形物の摂取が難しい場合は、レモン汁・はちみつ・しょうがをお湯で溶いたはちみつしょうが湯が有効です。

以上をまとめて、たまご粥・はちみつしょうが湯・みかんなどのフルーツを摂ると良いでしょう。
はちみつ

食べない方が良いもの

・生もの
・キャベツ
・きゅうり
・トマト
・なす
・バナナ
・豆腐
・食物繊維の多い野菜
・脂肪分の多い肉や魚
・揚げ物
・お菓子
・辛いもの

これらのものを食べると、体温低下・消化不良・感染症などの悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
栄養価を優先して消化不良を招くような食事は摂らないようにしましょう。これらの食材が悪いものということではありませんので、健康状態が安定したら食べても問題ありません。
辛い物

妊娠中の風邪:治療よりもまず予防!妊婦が風邪をひかないようにするには?

妊娠中の軽度な風邪は赤ちゃんに直接影響があまり無いとは言え、ただでさえ大変な妊娠生活では風邪の諸症状は、より苦しいものです。もしも風邪を引いてしまった場合には、今回紹介したようないくつかの対応策をとる必要があります。
けれども、やはり肝心なのは、「風邪を引かないこと」です。

妊娠中の風邪予防は、今までに以上に徹底しましょう。
手洗いうがいはこまめにしましょう。体を冷やさないことも重要です。栄養バランスがしっかりした食事と睡眠などの生活習慣、人混みを避けるなどの方法で予防していきましょう。これらの体調管理は、病気のみならず、妊娠時に起こるその他の諸症状にも役に立ちます。

パートナーとも情報や状態を共有して、いつでも対応できるようにしておくことも忘れないでください。
周囲の協力を元に、健康に安全に出産に向かえることを願っています。

ママ デビュー編集部

4,868 views

プレママ向け情報をお届けする【ママデビュー】です🤱💕 上質でお洒落なマタニティファッション、出産準備グッズ、ママアイテム、キッズルーム、出産祝いなどをご紹介...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧