• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】妊婦の適切な体重はどのくらい?実態とおすすめの対処法は? |ママデビュー編集部

【医師監修】妊婦の適切な体重はどのくらい?実態とおすすめの対処法は? |ママデビュー編集部

女性おしゃれなファッション
Baby & Kids

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

妊婦さんの体重は当然、赤ちゃんが育つにつれ増加していきます。
様々なことに敏感になってしまう時期は、少しでもそんな不安を抱えたくないものですよね。
体重が少なければ食べたり、増えすぎてしまったらダイエットしたり…。見た目にも気を使いたい気持ちが先行し過ぎて、健康や精神のバランスを崩してしまうこともあります。
赤ちゃんはもちろん大事ですが、自分のカラダもとても大事です。
今回は、そんな悩ましい妊婦さんの体重にまつわるお話をしていきます。

妊婦の体重:どうして妊婦の体重は増えるの?

妊娠中に体重が増えるのは、当たり前ではありますが、おなかの赤ちゃんが成長するからです。しかし、体重増加の原因は、赤ちゃん分の重さだけが原因ではありません。
一般的に、赤ちゃんの出生体重は3kg(3,000g)前後です。しかし、お母さんが妊娠時に増える体重は、平均して10kgです。計算が合わないですよね。

実は、お母さんの体重を増やしているのは、赤ちゃんだけではなく、お母さんのお腹の中で赤ちゃんが10か月暮らしていくために必要な胎盤や羊水の重さはもちろん、赤ちゃんをお腹の中で育てていくにあたってどうしても増えてしまう皮下脂肪などがあります。以下がそれぞれの重さの目安となっています。

・出産間近の赤ちゃん:3kg前後
・胎盤・卵膜:およそ0.5kg
・羊水:およそ0.5kg
・子宮・血液・皮下脂肪などの増加量:およそ6kg

妻が妊娠の時のウェルカムスピーチ

妊婦の体重:妊婦の適切な体重はどのくらい?

妊娠中の適正体重を見分けるポイントを見ていきましょう。

適正体重は、十人十色の世界です。ひとそれぞれ異なります。また、妊娠の時期や状態によって左右します。ですので、「何週目には〇〇kg」といったような具体的なものはありません。
自分に合った適正体重を調べるためには、「妊娠全期間の増加目安」というものが厚生労働省から発表されていますので、それを参考に見ていきましょう。

ここでいう「妊娠全期間」とは、妊娠してから出産までの全期間を指しているものではありません。実は、妊娠中期〜出産までを指すもので、妊娠初期に関しては具体的なデータがありません。妊娠前のBMI(肥満度)を参考に全期間の増加目安を参考にする必要があります。

妊娠前のBMIが18.5未満(痩せ型) …増加目安:9〜12kg
妊娠前のBMIが18.5以上25未満(標準)… 増加目安:7〜12kg
妊娠前のBMIが25以上(肥満型) …増加目安:要相談

BMIは次の計算式で簡単に算出することができます。
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

たとえば、身長157㎝・体重50kgだと仮定しましょう。
これを計算式に当てはめると、
50÷1.57÷1.57=22.3132…(BMI)
この例の場合は、BMIが22なので標準型の体型だということがわかります。したがって、増加目安は7〜12kgということになります。

一度、自分のBMIを計算してみてはいかがでしょうか。妊娠時でなくとも、自分がいまやせ型なのか普通体型なのか太り気味なのかというのを知ることは、非常に良いことだと思います。

また、妊娠16週目〜出産(中期〜後期)の増加目安も設定されています。

妊娠前のBMIが18.5未満(痩せ型) …推奨増加目安:0.3〜0.5kg
娠前のBMがI18.5以上25未満(標準) …推奨増加目安:0.3〜0.5kg
妊娠前のBMIが25以上(肥満型) …推奨増加目安:要相談

以上を参考に、自分の適正体重をきちんと把握しておくことが重要です。適正体重を把握しておくだけで、自分の出産プランが明確になることでしょう。
それでは次に、なぜ妊娠中の体重管理が重要かについてみてみましょう。

美しい女性

妊婦の体重:妊婦に体重管理が必要な理由

妊婦さんが体重管理を徹底しなければいけない理由は明確にあります。
それは、出産時のリスクに直接繋がるということです。

妊娠中はもちろん、妊娠前の体重の増減は、赤ちゃんと母体の健康に大きく関わっていきます。
なので、やみくもに体重増加をすることも、体重を気にしすぎて体重があまり増加しないという場合も、どちらも赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼします。

妊娠中の体重増加:多い
胎児心拍異常・妊娠高血圧症候群・大量出血・帝王切開など

妊娠中の体重増加:少ない
低出生体重児分娩・切迫早産・切迫流産など

また、妊娠前のBMI指数によってもこのようなリスクが考えられます。

BMI25以上の肥満型
糖尿病・巨大児分娩・弛緩出血・妊娠高血圧症候群・糖尿病など

BMI18.5未満の痩せ型
出生体重児分娩・切迫早産・切迫流産・子宮内胎児発育障害など

以上のような出産時のリスクを少しでも抑えるためには、適正体重を把握しておくことはもちろん、適正体重の管理は欠かせないということがお分かりいただけるかと思います。

しかし、体重管理について、どんな方法が正しいのか。または、どんなことに注意して行えば良いのか、こんな疑問を持つ人もいると思います。続いて、体重管理における注意点について見ていきましょう。

美しい女性

妊婦の体重:妊婦の体重管理の注意点とは

妊娠中の体重管理にはいくつかの方法があります。基本的には増加に向けての管理方法ですが、急激な体重の増加は、赤ちゃんと母体に悪影響を及ぼしますので注意しましょう。
今回は項目別に注意点を紹介します。

運動をする

妊娠中の体重管理に有効なのは、「適度な運動」です。
妊娠中は、カラダのバランスや健康を崩しがちです。そこで、ウォーキングやマタニティヨガなどの軽い有酸素運動を取り入れることで、心身ともに健康管理することが期待できます。

【注意点】
ウォーキングや水中ウォーキングなどの有酸素運動は、妊婦さんに良いとされている体重管理方法の一つですが、過度な運動はかえって悪影響を及ぼします。限度を超えた運動は、早産・流産のリスクを高めます。
妊娠時の運動は大切ですが、必ずかかりつけ医に運動内容を事前に相談するようにしてください。
また、外で行う運動の場合は、ルート・時間・内容を家族や友人に知らせておくようにしましょう。携帯などの連絡手段は忘れずに、GPS機能などで居場所がいつでも特定できるようにしておくことも検討してみてください。

食生活を改善する

体重の増減に直接関わるのが、「食事」です。
妊娠中に必要な食品や栄養、摂取量など、求められることはとても多いですが、肝心なことなので特に注意するようにしましょう。

【注意点】
一般的に成人女性に必要なエネルギーは約2,000キロカロリーであるとされています。また、妊娠の段階に合わせて摂取カロリーを増加させていく必要があります。
妊娠初期は+50キロカロリー。妊娠中期は+250キロカロリー。妊娠後期は+450キロカロリーです。
これを元にBMIと照らし合わせながら体重管理を行なっていきます。

したがって、食べつわりなどで、妊娠初期のころから急激に体重を増加させないようにする必要があります。どうしても食べてしまう場合は、カロリーの少ないものなどで対応しましょう。また、なかなか体重が増加しない場合は、なるべく栄養価の高い食事をとるようにします。カロリーを気にするあまり、脂質の多いものばかり食べてしまうと糖尿病や高血圧症候群のリスクが上がってしまいます。また、妊娠時に急激に体重が増加してしまうと、出産後の体型にも関わってきます。
体重の増加を恐れてダイエットしすぎることも避けてください。あくまで適正体重を意識した食事管理を心掛けましょう。
基本的には、かかりつけ医の指示のもとに必要な食事をとるようにしてください。

ストレスの軽減

ストレスは健康バランスを大きく崩す原因につながります。
ストレスを溜め込むことで、過食・拒食・睡眠障害など、生活リズムを崩してしまうことがあります。
心身のバランスは、偏った行動や体重増加を防ぐ上でとても大切です。適度な運動や入浴、食事などで解消していきましょう。
【注意点】
自己判断で間違ったストレスケアを行わないようにしてください。かかりつけ医に相談のもと、自分に最も適したケアを行うようにしてください。
自己判断のストレスケアは、出産時のリスクを高めることがあります。

疲れた女性

妊婦の体重管理その①:妊娠初期

妊娠初期は、「つわり」「食べつわり」などの症状がみられます。症状や状態に合った体重管理を心掛けましょう。無理に行う必要はありません。適正体重を参考に、できる範囲で行いましょう、

つわりの場合

つわり期は、食事をすると吐いてしまうことが多くあります。しかし、吐いてしまうからと、必要以上に体重を意識しないようにしましょう。ストレスの原因になります。
つわりの時期は、食べられるときに食べるということを意識しましょう。つわりが落ち着いたタイミングで適正体重を目指すようにします。

食べつわりの場合

食べていないと気持ち悪くなってしまう食べつわりは、急激な体重増加が懸念されます。しかし、それを恐れて拒食になってしまないよう注意が必要です。
食べつわりの時期は、普通に食べても問題ありません。食べる食品に気を使って体重管理をしましょう。カロリーや脂質、糖質や塩分量が少ないものを意識して食べてください。炭水化物を多くとってしまうと、急激な体重増加につながりますが、ローカロリーな食事に置き換えることで回避することができます。
また、食べ過ぎだからといって、妊娠前のような過度な運動は絶対に控えるようにしてください。

女性妊婦

妊婦の体重管理その②:妊娠中期

妊娠中期は、つわりが治まって比較的余裕を持って体重管理ができるようになります。しかし、食べ過ぎには注意が必要です。

妊娠中期の体重管理には、適度な運動が大切です。
つわりの反動やストレスで、過度な食事や糖分の過剰摂取が目立つようになります。糖尿病などのリスクになるので、なるべく運動で改善するようにしましょう。
ただ、体重管理を目的とする適度な運度は、「体調が良い」ということを前提にしてください。適度な運動は、なるべく毎日の生活に取り入れることが良いです。しかし、少しでも体調がすぐれない場合は無理してはいけません。
かかりつけ医や家族に相談した上で、マタニティヨガや水中ウォーキングなどの有酸素運動をしてみましょう。

過度な運動は禁物です。
運動以外にも、食事管理などで体重管理を行いましょう。
妊娠中期の女性

妊婦の体重管理その③:妊娠後期

妊娠後期はこれまでに比べて太りやすい時期になります。
赤ちゃんの成長につれ体重も増加するので、これまでよりもカラダに負担がかかるようになります。また、無理もできなくなってきます。

適度な運動や食事管理を徹底して行うようにしましょう。
その都度、かかりつけ医に相談したり、家族の協力のもと体重管理を行うのが良いです。
一人だと気がついたら食べてしまっている…。食べないとイライラする…。といった人は、周りの協力を仰ぎましょう。食べることは悪いことではないです。しかし、急激な体重増加は危険ですので、妊娠後期の適正体重と適正カロリーを家族に伝えるようにしましょう。
また、栄養バランスを大事にしてください。赤ちゃんの成長とママの健康に大きく影響します。食べ過ぎたとしても、偏った栄養バランスにならないように心掛けましょう。

突発的な食欲の時は、見境なくなんでも食べてしまいます。
その対策として、どうしても食べてしまうことを考えて、体調の良い日に、「どうしても食べてしまうときの食事(栄養重視)」を用意しておくのが良いです。

 

妊婦

妊婦の体重まとめ:気をつけて体重管理をしよう

ここまでで体重管理の重要性はよく理解できたかと思います。
体重管理は、赤ちゃんとママさんが健康という前提で行われます。一人で行うのではなく、医師や家族の協力を得て、余裕を持って行いましょう。
くれぐれも「体重管理>健康」になってしまわないようにしてください!

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

※1 参考文献:厚生労働省「妊娠期の至適体重増加チャート」について状

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

1,040,295 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事