• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】温活飲み物!体温を上げる飲み物5選、下げる飲み物5選。正解は? |ママデビュー編集部

【医師監修】温活飲み物!体温を上げる飲み物5選、下げる飲み物5選。正解は? |ママデビュー編集部

体が温まる飲み物
Baby & Kids

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

名倉優子(産婦人科医)
久留米大学医学部医学科卒業。初期研修終了後、東京慈恵会医科大学付属病院で、周産期、婦人科腫瘍など産婦人科全般を診療。現在は茅ヶ崎市立病院に勤務しながら、一般産婦人科クリニックや婦人科健診の診療を行なっている。

まだ肌寒い朝晩もある今日この頃。肌寒さを感じる日は、温かい飲み物が恋しくなります。寒い日に外で飲むホットドリンクはリラックスができ、身体も温まってきますが、実は正しい知識を持っていないと、逆に体を冷やすことになってしまうことを知っていましたか?コーヒーや緑茶など、意外にも身体を冷やす場合があります。そこで今回は、体温を上げる飲み物をきちんと選べるように、体を冷やす原因となる飲み物についても知っておきましょう。

体を温める飲み物はなぜ必要?冷えは様々な不調の原因になる

冷えは、単に体温が低いということだけではなく、体の中の「温度差」が大きい状態が不調の原因になるといわれています。
特に心臓から遠い手足や、外気にさらされている部分が冷えやすい傾向にあります。また、男性に比べると女性の体は冷えやすく、現代では2人に1人が冷え性とまで言われています。冷えやすい女性は注意しないと、身体の冷えが原因で体調を崩してしまうこともあります。

また、季節によっても感じる体の中の「温度差」は違います。
冬はクーラーから受ける冷えとは違い、主に外気からの寒さが原因で体温を徐々に奪われ、体全体の冷えにつながります。冬場は特に、内と外の気温差が激しく、その気温差により体調不良を引き起こすことが多いようです。

夏は、意外にも薄着になることが多いため、職場や家庭のクーラーで体は芯まで冷えてしまうことが多いようです。
寒い冬だけでなく、1年というスパンで温活をすることが、結果的に体調を整え気力の充実にもつながっていくでしょう。

冷えが続くと女性ホルモンの低下や自律神経の乱れが起こりやすくなり、頭痛や関節の痛み、腰痛、腹痛を伴うことがあります。冷えにより血流が悪くなることで、新陳代謝が低下してしまい、疲れも伴いやすく、髪のパサつきや肌荒れの原因にもなります。

温まる女性

体温を温める飲み物と、逆に下がってしまう飲み物の違いは?

温かい飲み物を飲むと、体の内側からポカポカしてくる感覚がありますが、長く持続しないと思いませんか? 実は温かかった水分は体内に入ると急速に常温に戻ります。そのため、ホットドリンクは一時的に体を温めても、持続効果は低いのです。
それではどんな飲み物がからだを温めてくれるか見てみましょう。

寒い季節・土地で育ったもの

寒い国では体に熱を吸収して蓄える必要があるため、体を温める果物や野菜が育ちます。反対に、南国では体内にこもった熱を下げるため、体を冷やす食べ物が育ちます。

地面の下で育つものか、上で育つものかで見分ける

地下(地中)で育つものは体を温め、地上で育つものは体を冷やします。冬に地下で育つ根菜類が多いのは、動物も人間も体を温める必要があるからで、夏に地上で育つトマトやキュウリ、スイカなどが多いのは、体を冷やしてくれるから。
旬の食べ物を食べた方が良いというのは理にかなっているのです。自然ってありがたいですね。

発酵しているもの

発酵食品には体の代謝を良くする酵素が入っているため、発酵食品は体を温めます。発酵食品として代表的なものは、味噌や納豆、醤油、漬物、チーズやヨーグルトなどがあります。また、日本酒や紹興酒が体を温めるのも、発酵して造るお酒だからです。

疲れた女性

体温を温める飲み物その①:体が温まるおすすめの飲み物5選

体の芯まで冷えて、体を温めたい!そんな時に飲むと良いものをご紹介します。

1.紅茶、プーアル茶、ウーロン茶

紅茶などはカフェインを含むため、体温を下げるのでは?と思われがちですが、製造過程で発酵しているため、体温を上げる効果があると言われています。また、朝に飲むことで、さらに効果が高まります。代謝が上がり、集中力もアップ。

また、糖質を分解してくれる働きも。ショウガを入れて「ジンジャーティー」にすると、さらに体温を上げる効果が高くなります。カフェインが入っているので、寝る前は飲むのを控えましょう。日中に、1日2~3杯を目安に飲むのがおすすめ。

また、紅茶を甘くしないと飲めないという人は、体を温める作用があると言われる黒砂糖で甘みをつけると良いでしょう。
体が温まる飲み物

2. ショウガ湯、ショウガ紅茶

体を温めるといえば、ショウガです。ショウガに含まれるショウガオールが体を温めます。実は自宅でも簡単に作ることができ、ショウガを擦ってお湯に溶かしたあとに、醤油を加えて飲んだり、ショウガが溶けたお湯にはちみつをプラスする飲み方など、おいしく飲める方法は色々とあります。

また、すりおろした生姜を紅茶に入れたり、葛湯に入れたりするのもおすすめです。紅茶や葛湯の温め力で、よりポカポカに温まります。また血行が良くなることで、冷え性や肩こりにも効果があると言われています。
ショウガ

3. ココア、黒豆茶、赤ワイン

ココアに含まれる「テオブロミン」、「ポリフェノール」は、末梢の血管を拡張する効果があるといわれており、血流を良くします。体温を上げるだけでなく、血圧を下げるほか、ポリフェノールが豊富なため美肌やダイエットにも効果が高いと言われています。

自律神経を整える働きやリラックス作用もあるため、寝る前に飲むと良質な睡眠が期待できます。ココアにも生姜をすりおろして入れると、体を温める力がアップするでしょう。
ココア

4. 日本酒、紹興酒

日本酒や紹興酒も、製造過程で発酵しているため、体を温めます。お酒などのアルコール類はもともとアセトアルデヒドに分解され血管を拡張させる効果がありますが、日本酒には、このほかアデノシンという核酸の一種がほかのお酒と比べて圧倒的に多いようです。
このアデノシンには血管の収縮を阻害させる作用があるため、ほかのお酒より長く体が温まった状態が続きます。
日本酒

5. 黒豆茶

貧血予防や、血行促進が期待できるお茶。冷え症の女性などには特にオススメのお茶です。「黒豆茶」はノンカフェインで、おなかを温める効果があり、女性ホルモンのバランスも整えてくれるといわれています。

貧血予防や、血行促進が期待でき、血液をサラサラにしたり、血圧をさげたりする効果も。味は烏龍茶っぽいですが、香ばしい豆の香りがしてクセがないので、飲みやすいのが特徴です。

黒豆茶を手作りするには、まず市販の黒豆を洗って水毛を拭き、フライパンを使い、中火で10分ほど炒ります。すると、だんだん皮がはじけてきて、皮の中が黄色っぽい色になってきます。こちらを冷まして、熱湯を注いで3分ほど抽出したものを飲みましょう。

黒豆はそのまま食べられます。料理に活用してもいいでしょう。炒ったものは、一週間くらいで使い切ってください。

遊月亭の黒豆茶

体を温める飲み物その②:反対に体温を冷やす飲み物とは?

次に、反対に体を冷やす飲み物もご紹介します。
意外と知られていないのが、コーヒーや緑茶です。寒い時に体を温めるため、コーヒーや緑茶を飲む人も多いと思いますが、暑い国で育つコーヒーや製造工程で発酵していない緑茶や抹茶は、体を冷やす飲み物です。寒い時に飲むとさらに体を冷やしてしまいます。

また砂糖は、原料の生育地域や精製方法によって体への作用が異なります。
北海道で育つ甜菜(ビート・砂糖大根)から作られる甜菜糖は体を温めますが、沖縄など暑い地域で生育するサトウキビを原料とし、さらに精製された白砂糖は特に体を冷やします。同じくサトウキビからできている黒砂糖は、未精製でビタミンやミネラルが残っているため、体を冷やす作用は緩やかといわれています。

寒い冬や冷えが強く感じるときには、次の5つの飲み物は避けるようにしましょう。

1.コーヒー

東洋の考え方では、コーヒーや緑茶は「陰性食品」といわれており、体を冷やすといわれています。カフェインが含まれていることで、交感神経が刺激されます。眠気冷ましや脳の活性化には役立ちますが、体は冷える傾向があると言われています。

しかし、カフェインが入っていても紅茶は体を温める飲み物に分類されるものなので、一概にカフェインがいけないというわけではありません。
コーヒーを飲む女性

2.緑茶

緑茶は大量に飲むと体を冷やすといわれています。しかし、緑茶に含まれるカテキンには、抗酸化作用や抗がん作用などさまざまな健康効果があるといわれていますし、ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養も豊富です。適度に摂取するのは良いでしょう。

もし体の冷えが気になる場合には、梅干しを添えると良いと言われています。
緑茶

3.牛乳

一般的に、色が白いものは、体を冷やすといわれています。牛乳は「白い」ので、体を冷やす飲み物に含まれるのです。冷えが気になる場合には、牛乳はできるだけ控えたほうが良いでしょう。もし飲みたい場合には、温めて生姜や黒砂糖を加えて飲むようにしてください。

身体を実は冷やす牛乳

4.清涼飲料水

清涼飲料水には糖分が多く含まれているものが多く、その「白砂糖」が体を冷やすともいわれます。また、温度が冷たいことももちろん、体を冷やす原因です。缶やペットボトルの甘いジュース類、スポーツ飲料などには十分気をつけましょう。

5.スムージー(材料による)

スムージーは、さまざまな野菜や果物を使って作るものですが、体を冷やす野菜や果物を使っている場合、注意が必要です。野菜ではトマトやキャベツ、果物ではイチゴ、オレンジ、キウイフルーツ、ナシ、バナナ、メロンなどが体を冷やすといわれています。

これらの野菜や果物の多いスムージーは、避けるようにしましょう。

体を温める飲み物:番外編 – その他体が温まるアイテム

ドリンクではないですが、その他体が温まるものもご紹介します!

mitas –ミタス (温活もできる葉酸サプリ)

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)
【mitas葉酸サプリ】はこちらから

妊活中・妊娠中のママさん以外でも葉酸サプリは飲まれる方もいます。葉酸サプリはビタミン類が豊富で、健康にもいいからです。その葉酸サプリの中でも特におすすめなのは、mitas –ミタスです。mitas -ミタスは、なんと妊婦さんに必要な栄養素が全部で17種類も含まれており、400㎍の葉酸を摂取できるほか、鉄分、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、これらに加えて、高麗人参、生姜、なつめ、さんざし、など体が温まる和漢素材がぎゅっと凝縮されていて、豊富な栄養分+ぽかぽか実感で温活効果もあるとのことで最近非常に注目を集めています。

からだの冷えは排卵の妨げになり着床率が下がります。また、女性ホルモンや自律神経にさまざまな不調を引き起こしてしまいます。

『mitas』は、女性に必要とされている栄養素をきちんと補給しながらも、身体の内側からのぽかぽかに気を使った唯一の葉酸サプリです。
産婦人科医のお墨付きで、信頼性も抜群です。いつでも解約できるので安心してお買い求め頂けます。葉酸サプリで迷ったら「mitas(ミタス)」にしましょう。

mitas葉酸に含まれる成分

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)

【mitas葉酸サプリ】はこちらから

体を温める飲み物:まとめ

温かい飲み物すべてが、体を温めてくれるわけではないというのは、かなり驚きの事実ですよね!肌寒くなると指先足先が冷えるという方、少なくないと思います。冷えでお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

人間の身体は体温が36度5分以上で正常に働き、体温を1度上げることでエネルギー代謝が10%以上上がると言われています。
体温が1度上がるだけで免疫細胞である白血球の働きは30%以上、免疫細胞の6~7割が集まっている腸の働きも上昇します。

それくらい体を温める行為は重要です。うまく活用して、心身ともに癒されましょう。

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

名倉優子(産婦人科医)
久留米大学医学部医学科卒業。初期研修終了後、東京慈恵会医科大学付属病院で、周産期、婦人科腫瘍など産婦人科全般を診療。現在は茅ヶ崎市立病院に勤務しながら、一般産婦人科クリニックや婦人科健診の診療を行なっている。

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

328,949 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧