• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 結婚式の招待状の返信方法は?返信期限や返信はがきの基本的な書き方も伝授します!|ママデビュー編集部

結婚式の招待状の返信方法は?返信期限や返信はがきの基本的な書き方も伝授します!|ママデビュー編集部

はがき
Baby & Kids

親戚、友人、会社の同僚や部下など、結婚する人との関係を問わず、結婚式に招待された場合に頂くのが招待状です。招待状の書き方や返信の仕方のひとつひとつで、人となりが分かってしまうものでもありますので、しっかり勉強しておき、マナーに沿った返信はがきを先方に送りたいものですよね。では、結婚式の招待状と同封で届く返信はがきの返信方法について学んでいきましょう。

結婚式の招待状の返信は義務?

今はメールやSNSで友人や同僚と繋がっているかと思います。はがきや手紙を貰ったりする経験は、年々減少しているのではないでしょうか。
しかし、結婚式の招待状の場合は、紙媒体で招待状が届き、同封されている返信用はがきに結婚式に出席するのか否かを記入する必要があります。面倒だからといってSNSなどのメッセージのやり取りで出欠席を伝えてはなりません。

そもそも結婚式の招待状ってなに?

今の時代、友人や同僚との連絡のやりとりのほとんどが、スマホかタブレット端末を介したものでしょう。それでもなお、結婚式の招待状が紙媒体で行われているのにはそれなりの理由があるのです。

まず、結婚式というのは基本的にはフォーマルな場です。その場にふさわしいやりとりをとなるのであれば、必然的にメールよりも招待状というかしこまったものになります。非常に親しい間柄の友人からも結婚式の招待状が届くので、他人行儀な気持ちにもなってしまいますが、結婚式とはそういうものですので、割り切りましょう。

結婚式の招待状には、結婚式の日取り、結婚式の会場までのルート、結婚式に参列するのか否かの返信用はがきが入っているかと思います。
招待状を送付するにあたって、新郎新婦からメールやSNSで住所と、間違えがあってはいけないので名前を聞かれるかと思います。このやりとりの後、招待状が届きます。メールやSNSで住所や名前を送っている時点で、結婚式に参列することは分かり切っているものですが、招待状が届いて返信はがきを取り出したら、早急に返事を出す必要があります。
招待状

結婚式の招待状の返信期限は?

結婚式の招待状が届くと、招待状と共に結婚式に参列できるのか否かを問う返信用はがきも入っています。「○月○日までにご返信ください」と書かれているかと思いますが、その期日は招待状が届いてから1ヶ月ほど先の期日かと思います。しかし、悠長にしている時間は実はないのです。

結婚式に参列できる場合の返信期限

結婚式に参列できる場合、基本的には招待状が届いてすぐに返信はがきに必要事項を記入して、返信するのがマナーです。遅くても招待状が届いてから1週間以内には返信はがきをポストに投函しましょう。
結婚式は、当日の参加人数が決定しないことには進まない事柄が非常に多いです。席次のバランスや引き出物の数、料理の数などは、最終的な参加人数が決まらなければ最終的な予算も出ませんし、作業が次に進みません。
新郎新婦への配慮から、結婚式への参加が確実であれば、遅くても1週間以内には返信はがきをポストに入れましょう。
ポスト

結婚式に参列できない場合の返信期限

結婚式に招待されたものの、諸事情により参列が不可能な場合、招待状が届いてから1週間は間を空けて返信はがきをポストに投函します。参加時同様、早い返信になってしまうと、「もともと来る気がなかったのか」と思われてしまうかもしれません。1週間程間を空けることで、「少し悩んでくれたのかも」と思わせることが出来ます。

結婚式に参列できるか否かが不明な場合

仕事の都合などで、数か月先の結婚式に参列可能かどうかの判断が今現在つかない場合、その旨を相手に電話やSNSで早急に伝える必要があります。その際、いつ頃まで待ってもらえれば返答が出来るのかを伝えます。
先方から指定された期日までに返答が出来そうにもない場合は、欠席として返信しましょう。
ポスト

結婚式の招待状の返信はがきの書き方…基礎編

結婚式の招待状の返信はがきには書き方のマナーがあります。マナーがなっていない友人(同僚や部下)だなと思われないためにも、最低限のマナーを学んでおきましょう。

黒のペンで書く

返信はがきは、黒の毛筆や万年筆で書くのが正式なマナーですが、普段使い慣れていないもので書くと字体が不安定になりますよね。そういう場合は、黒のボールペンでも大丈夫です。
ただし、どの筆記用具で書くにしても、黒以外の色はタブーです。また、消えやすいシャーペンや鉛筆もマナー違反になります。

修正線は定規を使う

毛筆や万年筆、ボールペンを使用する際に気になるのが、書き損じですよね。普段であれば、修正テープや修正液を使用して書き直すかと思いますが、結婚式の招待状の返信はがきでそれはマナー違反です。必ず定規を使って二重線を引くことで訂正しましょう。

句読点は使用しない

返信はがきの必要事項を記入した後、「新郎新婦へメッセージ」という欄があるかと思います。ついつい長い文章を書きたくなってしまいますが、実は句読点の使用はマナー違反です。句読点は、「句切り」、「終わり」を意味するので、結婚式関連では最も使ってはならないものなのです。
「結婚おめでとう 楽しみにしています」など、素っ気なさは残りますが、句読点なしでのコメントを書くようにしましょう。
黒いペン

結婚式の招待状の返信はがきの書き方…表面編

結婚式の招待状には手直ししなくてはならない箇所が表と裏にそれぞれあります。どのような手直しが必要なのかを見ていきましょう。

宛先の敬称を変更する

宛先は予め、新郎新婦の名前が記入されていますが、新郎新婦の名前の下に「行」、「宛」などが記載されているかと思います。このまま返信しても先方には届くのですが、失礼極まりないです。したがって、「行」や「宛」を、「様」と書き直す必要があります。その際は、定規を使って二重線を引き、その横に「様」と記入します。二重線は、名前が縦書きであれば縦線、横書きであれば横線にします。
はがき

結婚式の招待状の返信はがきの書き方…裏面編

裏面は自身の名前や住所、結婚式に参列するのか否かを記入する必要があります。手直し箇所が非常に多いですが、ゆっくり丁寧に手直ししていきましょう。

「御出席・御欠席」の「御」を消す

結婚式に出席する場合も欠席する場合も、元々記載されている「御」を二重線で消しましょう。そして、出席の場合は出席に○印を、欠席の場合は欠席に○印を記入します。出席の場合は、出席の前に「喜んで(慶んで)」、出席の後に「させていただきます」と記入することにより、より丁寧な返信となります。
はがき

「御芳名・御住所」の「御」を消す

自身の名前や住所を記入する欄にも、「御」という文字があります。その「御」を二重線で消しましょう。そして、書き損じがないよう、丁寧な字で自身の名前と住所を記入します。文字を書くということに自信がない人でも、就活の際の履歴書のように心を込めて書けば相手にも伝わります。殴り書きではなく、1文字1文字丁寧に書くことを心掛けましょう。

連名で招待された場合、出席する全員の名前を記入する

特に親戚の結婚式では、家族全員で結婚式に招待されることでしょう。その際に、代表者の名前だけではなく、家族全員の名前を記載します。小さな子どもを連れていく場合は、事前に新郎新婦に確認を取るようにします。子ども用の食事や椅子などの用意が必要となってきますので、「もしかしたら連れて行くかも」という場合でも確認をしておくのが良いでしょう。

新郎新婦へのメッセージを書く

返信はがきには、「新郎新婦へのメッセージを記入する欄があることがほとんどです。ない場合にも、はがきに余白はあると思いますので、余白に一言お祝いのコメントを記入すると喜ばれます。
記入するメッセージは、「お祝いの言葉+招待された喜び」という構成が良いです。

「結婚おめでとうございます
当日は楽しみにしています」という形です。

先ほどもお伝えしましたが、句読点は結婚式にはふさわしくありませんので、文字だけを記入しましょう。
はがき

結婚式の招待状の返信はがきの書き方…欠席編

結婚式の招待状を貰って、まずは日程の確認を再度行いますよね。交友関係が広い方ですと、友人と結婚式の日取りが被ってしまって…などという方もいるでしょう。仕事が忙しく休めそうにないという人、子どもの学校行事と重なってしまっているという人は、結婚式に参列したくても出来ないということを、誠意を持って伝えたいですよね。
返信はがき1枚で思いのたけを全て伝えることは難しいですが、「来たいという気持ちはあったけれど、どうしても用事が外せなかった」と思ってもらえる返信はがきを作成することは可能です。

欠席の場合は特に丁寧に返信はがきを作成する

もちろん、欠席の場合にも返信はがきを返信する必要性がありますので、表面の手直し、裏面の手直しは必ず行います。新郎新婦へのメッセージを記入する欄に、「お祝いの言葉+行けなくなったことへのお詫び」を記入します。

「御結婚おめでとうございます
残念ではございますが
やむを得ない事情により
欠席をさせていただきます
末永いお幸せを
心よりお祈り申し上げます」といった形でメッセージを添えましょう。

当日に祝電を送る

欠席する場合、結婚式当日に祝電を贈るのが良いでしょう。祝電は結婚式の1ヶ月前から手配可能です。何が起こるか分からないですから、早めに祝電の手配を取ることをおすすめします。
祝電は、ネットからですと24時間365日申込みが可能ですので、ちょっとした空き時間に祝電を贈ることができるのも良いですよね。
はがき

結婚式の招待状の返信方法:まとめ

結婚式にお呼ばれするのは非常に嬉しいことです。しかし、結婚式にはマナーやしきたりがありますので、少し注意が必要です。経験を重ねることで失敗は少なくなるかとは思いますが、できれば一度も失敗なく終えることが出来るのが望ましいですよね。
結婚式の招待状が届いたら、まずは日程の確認をします。必ず出席できるようであれば、返信はがきは即座にポストに投函しましょう。日程の調整が必要な場合も、できるだけ早めに調整するようにし、返信期日までに間に合わない場合は、先方にその旨をできるだけ早めに伝えるようにします。一言メッセージを書く際も、句読点は使用しません。少し素っ気ない気もしますが、それがマナーです。マナーを守って楽しい式を迎えられたら良いですよね。

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

1,264,796 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事