• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • ウェルカムスピーチって?何を話せば良いの?上手く話すコツを伝授! |ママデビュー編集部

ウェルカムスピーチって?何を話せば良いの?上手く話すコツを伝授! |ママデビュー編集部

ウェルカムスピーチ
Baby & Kids

ウェルカムスピーチって一体何なのでしょうか。誰がやるの?何を話すの?と疑問だらけになりますよね。しかも、話す場所は、一生に一度の晴れ舞台でもある披露宴会場です。ミスは許されません。一生に一度の大仕事でもあるウェルカムスピーチを上手く話すコツもまとめてみました。

結婚式のウェルカムスピーチとはどんなもの?

ウェルカムスピーチとは、披露宴のはじめに、新郎新婦がゲストに向かって挨拶をすることです。
以前は、媒酌人という所謂「仲人」がウェルカムスピーチを行うのが主流でした。しかし、近年では媒酌人を置く披露宴はほとんどない為、媒酌人に代わって新郎新婦本人たちが、ゲストに向かってウェルカムスピーチという名の挨拶を行うのです。

ウェルカムスピーチ文例

結婚式のウェルカムスピーチでは何を話せば良いの?

ウェルカムスピーチの所要時間は1分、長くても2分です。文字数で換算すると、約300文字ほどです。
ウェルカムスピーチは、1分~2分の間に、「列席してくれたお礼」、「結婚の報告」、「披露宴をどう過ごして頂きたいか」を述べなくてはなりません。
どんなに場慣れしている人でも、自分たちの晴れの日に話す内容なので、予めおおよその内容は頭に入れておく必要があります。
また、ゲストの顔ぶれに注意して、ウェルカムスピーチの内容を決める必要性があります。たとえば、上司や年配の方などの目上の人が多い披露宴の場合、ウェルカムスピーチは固い内容のほうが好まれるでしょう。反対に、親族や友人などが多い披露宴の場合は、少しくだけた内容のほうが好まれるでしょう。しかし、誰が聞いてもわかるような内容で話すことが最も重要なポイントです。

結婚式

一般的な結婚式の際のウェルカムスピーチ例

ここでは、親族、会社の同僚や上司、友人が集まる、ごく一般的な結婚式の際のウェルカムスピーチの例文をご紹介致します。

「本日はお忙しい中、私たちのために足をお運び頂き、誠にありがとうございます。私たちは先ほど無事に結婚式を挙げることが出来ました。ひとえに皆様のおかげです。
本日集まって頂いた皆様は、小学校時代の友人から現在の職場の上司や同僚の方、そして家族や親族です。今日は私たち2人がいつもお世話になっている大切な方々にお越し頂きました。ありがとうございます。
皆様に感謝の気持ちを込めて、ささやかではありますが、お食事やお酒をご用意致しました。どうぞごゆっくりと楽しんでいってください。」

新郎新婦それぞれの友人、会社の上司や同僚、家族や親族が集まるようなごく一般的な披露宴の場合、緊張しているのはゲストも同じです。ゲストの緊張を和らぐ為にも、ウェルカムスピーチは明るく笑顔で話しましょう。

マイク

結婚式のウェルカムスピーチは新郎のみが行うの?

ウェルカムスピーチは新郎新婦からゲストへ向けた挨拶ですが、新郎のみが行っても、新郎新婦2人で行っても問題はありません。ただし、新婦のみが行うことはやめましょう。

新郎新婦2人で行う場合、話の冒頭は両者ともにお礼の言葉から始めてください。

例えば、新郎が先に「本日はお越しいただき誠にありがとうございます。皆さまのおかげで先ほど無事に結婚式を挙げることが出来ました。本日は日ごろの感謝の気持ちをお伝えしたく、このような場を設けさせて頂きました。」と話します。
その後、「本日はお越しいただきましてありがとうございます。本日は、私たちにとって大切な方々にお越し頂きまして、大変嬉しく思っております。ささやかではありますが、お食事をご用意致しましたので、どうぞごゆっくりとお過ごしください。」と新婦が話すのです。

新郎新婦2人でウェルカムスピーチを行う場合は、先ほどお伝えした必須事項の「列席してくれたお礼」、「結婚の報告」、「披露宴をどう過ごして頂きたいか」を分担して構いません。

友人メインのカジュアルな結婚式の際のウェルカムスピーチ

友人メインの結婚式の場合、あまりかしこまらない内容の方が良しとされています。

新郎のみの挨拶の場合、「本日はお越し頂き、ありがとうございます。私たちは○月○日、○○ホテルのチャペルにて無事に結婚式を挙げることが出来ました。こうして夫婦になれましたのも、皆様のおかげです。本日は、私たちの大切な人達に感謝を込めて、このような場を設けさせて頂きました。どうぞ上着を脱いで、ゆっくり楽しんで行ってください。」

先ほどのウェルカムスピーチと比べると、少しくだけた感じの文章が良いと思います。

新郎新婦2人での挨拶の場合、「本日はお越し頂き、ありがとうございます。私たちは○月○日、○○ホテルのチャペルにて無事に結婚式を挙げることが出来ました。本日、新郎側は、学生時代の友人や職場の上司や同僚の方々にお越し頂いています。短い時間ではありますが、是非楽しんでいってください。」と新郎が話します。
その後、「本日は、貴重な時間を頂き、ありがとうございます。新婦側は、学生時代の友人、趣味で出会った友人などにお越し頂いています。大切な方にお集まり頂けたことを本当に嬉しく思っています。本日は是非楽しんでいってください。」と新婦が話します。

友人メインのカジュアルな結婚式の場合でも、新郎新婦2人でウェルカムスピーチを行う際は、それぞれ冒頭でお礼の言葉を述べましょう。また、結婚式は普段とは違います。いくら友人メインのカジュアルな結婚式とはいえ、ウェルカムスピーチの場では、敬語を使いましょう。

結婚式の風船

妻が妊娠をしている場合の結婚式のウェルカムスピーチ

今は赤ちゃんが誕生する前に結婚式を行う夫婦も増えてきています。各結婚式場でも、「マタニティプラン」があるほどです。

この場合のウェルカムスピーチは、「本日はお忙しい中、私たちのために足をお運び頂き、誠にありがとうございます。私たちは本日○時に、○○ホテル内のチャペルにて結婚式を挙げることが出来ました。ひとえに皆様のおかげです。
実はここで皆様に大切なご報告がございます。この度、妻のお腹に新しい命が宿っていることが分かりました。○月○日が出産予定日となっております。体調によっては、妻が中座する場合もございますが、ご理解賜りますよう、どうかお願い致します。そのため、妻はお酒を控えさせて頂きますが、皆様には数多くのアルコールをご用意させていただきました。お料理と一緒に是非ご堪能ください。」

妻が妊娠していること、予定日はいつになるのかを報告後、妊婦ということで中座する場合があること、アルコールは飲めないということを報告します。

しかし、年配の方には、結婚式前に妊娠だなんて…と思われる人も少なくはありません。新婦が妊娠していたとしても勝手にウェルカムスピーチで報告はせず、まずは両家両親に妊娠の報告をしても良いかの確認を取ってください。少しでも揉めた場合、ウェルカムスピーチでの妊娠報告は避けてください。

結婚式 妊婦

結婚式のウェルカムスピーチに使ってはいけない言葉

結婚式に絶対に使用してはいけない「忌み言葉(いみことば)」というものをご存じでしょうか。「忌み言葉」とは、「不幸を連想させる言葉」、「別れを連想させる言葉」、「重ね言葉」があります。これらは結婚式では絶対に使用してはいけない言葉になっています。

では実際にどのような言葉があるのでしょうか。
「不幸を連想させる言葉」は、冷める、衰える、流れる、無くす、病む、崩れるなどです。この中でも特に気を付けなければならないのは、「終わる」、「滅びる」です。直接的に不幸を現わす言葉になるので、ウェルカムスピーチでは絶対に使わないでください。
また、「別れを連想させる言葉」は、失う、終わる、切る、離れる、戻る、逃げるなどです。こちらもとても縁起の悪い言葉なので、使用は控えましょう。
最後に、「重ね言葉」は、重ね重ね、くれぐれも、わざわざ、ますます、しばしばなどです。重ね言葉は、同じ言葉が繰り返して出来ているものです。「繰り返す」から「結婚を繰り返す」ということで再婚を連想させるものとなっています。ウェルカムスピーチの冒頭で、「本日は私たちのために遠いところからわざわざお越しいただき」などと言ってしまいそうになりますが、結婚式においては縁起の悪い言葉となっている為、絶対に使用しないでください。

しかし、「忌み言葉」の中でも「重ね言葉」に関しては、実は例外があるのです。
「どんどん」、「日々」、「ますます」、「みるみる」に関しては、その言葉の後に良い意味の言葉が続く場合に限り、ウェルカムスピーチでの使用は可能です。たとえば、「みるみる明るくなりました」、「どんどん成長しています」などの使い方の場合にのみ、使用が可能です。注意してください。

ウェルカムスピーチにカンペはNG?

ウェルカムスピーチは基本的に、ゲストの顔を見て話すことが望ましいです。しかし、普段人前で話す機会があまりない人の場合、それだけで緊張してしまいますよね。従って、カンペを読むことは絶対にタブーというわけではありません。緊張して支離滅裂な内容を話すよりかは、カンペに頼って完結に挨拶を済ませる方が断然良いです。
その場合、「緊張してしまって申し訳ありません」など一言添えることによって、場も和んで良いかもしれません。

ダメNG

結婚式のウェルカムスピーチを上手に話すコツ

ウェルカムスピーチは、誰だって緊張するものです。結婚式に数多く列席したことがある人の場合、なんとなくの文章は頭に浮かぶと思いますが、まずは一度その思い描いた内容を紙に書き出してください。そして1度声に出して読み上げてみてください。

ウェルカムスピーチを上手に話すコツは、相手の目を見ることです。何回も言いますが、ウェルカムスピーチを話す新郎新婦はもちろん、ゲストですら緊張するのが結婚式という場です。緊張しながらも頑張って話す姿は、ゲストに必ず伝わります。是非、ゲストの目を見て自分の言葉で感謝の気持ちを伝えてください。

結婚式のウェルカムスピーチって何を話せば良いの?:まとめ

ウェルカムスピーチは、結婚式に参列してくれるゲストによって、内容を変える必要性があるということが分かりました。しかし、基本的な構成は、「列席してくれたお礼」、「結婚の報告」、「披露宴をどう過ごして頂きたいか」です。また、話す時間は長くて2分なので、まずはカンペを作って、それを暗記して読み上げてみてください。無駄な部分は省いて、出来るだけ簡潔にゲストの皆様にお礼を伝えましょう。その際に忌み言葉の使用には十分気を付けてくださいね。

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

795,866 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事