• HOME
  • BLOG
  • Cosmetics
  • 肌質に合ってる?あなたのお肌を整えてくれるおすすめの乳液5選

肌質に合ってる?あなたのお肌を整えてくれるおすすめの乳液5選

ベッドに横たわっている笑顔の女性
Cosmetics

乳液の役割とは?

左手の甲に乳液をのせている

引用元:Unsplash

乳液とは、”お肌を潤わせる水分”と”その水分を逃さないよう蓋の役割をする油分”がバランスよく配合されたスキンケアコスメのことを言います。基本的に化粧水・美容液の後につけるもので、お肌に浸透させた美容成分や水分をギュッと閉じ込める役割を果たしてくれています。

乳液も化粧水などと同じように、さまざまな肌質に合わせて配合されている成分が違います。そのため、どれを選ぶかによってお肌の調子が変わってくる場合もあるんですよ。もし乳液を使うことで「肌トラブル」や「ベタつきがひどくなった」など起こるなら、その乳液はあなたのお肌に合っていないのかもしれません。

今回は乳液の選び方から使い方、そして肌質別におすすめしたい乳液をご紹介していきます。自分に合った乳液で、健康的なお肌に整えましょう!

乳液は肌質に合わせて選びましょう!

片手で頬を触っている女性

引用元:Unsplash

あなたに合った乳液とは、基本的な役割に加えて自分の肌質や肌トラブルを解決してくれる成分が配合されているものです。お肌に合っていない乳液を使うと、整えるはずのお肌のバランスを壊してしまう場合があるので注意してくださいね。

こちらでは、代表的な肌質・肌トラブルにおすすめの乳液についてご伝授いたします。「お肌に合っていないかも」と思っている方は、お使いの乳液の成分をチェックしてみるといいですね。

「乾燥肌」は保湿成分入りの乳液がおすすめ

「乾燥肌」の方は、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸など保湿効果が期待できる成分が配合された乳液がおすすめです。乳液の油分で皮膚に膜を張っても、十分な水分がお肌になければ状態はあまり変わりませんよ。

「オイリー肌」は油分少なめの乳液がおすすめ

「オイリー肌」の方は、テカリやベタつきの原因である皮脂量をコントロールする成分が配合されている乳液、または油分少なめの乳液がおすすめです。ポイントは、お肌の潤いを保ちつつ適度な皮脂を残せること。油分多めの乳液はオイリー肌にはNGなので避けてくださいね。

「ニキビ肌」はニキビの症状に合わせた乳液がおすすめ

「ニキビ肌」と一口に言ってもその原因はさまざま。そのため、お肌を健やかにするにはニキビの症状別に合った成分が配合されているタイプを選ぶようにしましょう。

10代あたりにできる「思春期ニキビ」は、活動的なホルモンによる過剰な皮脂の分泌が原因です。そんなニキビ肌には、皮脂を抑える成分やニキビを作る原因であるアクネ菌の増殖を防ぐ殺菌効果・抗炎症成分が配合された乳液がおすすめです。

20代以降の「大人ニキビ」は、食生活やストレスなどによるお肌の乾燥、そしてその乾燥気味のお肌をどうにかしようと皮脂の分泌が活発になることでできると言われています。そんな「大人ニキビ」には、乾燥を避けるために必要な保湿成分が豊富に入っている乳液を選ぶといいでしょう。

「くすみがちなお肌」は美白成分入りの乳液がおすすめ

「くすみがちなお肌」には、メラニン色素の生成を防いでくれる美白効果のある成分が入った乳液がおすすめです。具体的にはビタミンC誘導体やアルプチン、カモミラETなどですね。こういった成分が配合された乳液であれば、くすみだけではなくシミ改善にも効果が期待できますよ!

「混合肌」は保湿力と油分のバランスが取れた乳液がおすすめ

「混合肌」は、乾燥肌とオイリー肌の両方を持ち合わせていますよね?こういったお肌の場合は、それぞれの症状にあった2つの乳液が必要です。乾燥部分には保湿成分、オイリー部分には皮脂量をコントロールできる成分配合、または油分少なめの乳液と使い分けてくださいね。

乳液の使い方のポイントをおさらい!

右手にボトルを持っていて、それで左手に何か吹きかけようとしている

引用元:Unsplash

肌質に合った乳液を見つけたとしても、その使い方が間違えていたらせっかくの成分を最大限に活かすことはできません。健やかなお肌になるためにも、ここで乳液の使い方のポイントをおさらいしましょう。

おすすめの使い方①化粧水の後に使うこと!

基本的に乳液は、洗顔後の化粧水・美容液のあとに使いましょう。乳液はお肌に膜を張る油分が入っているので、乳液のあとにいくら水分や美容成分を浸透させようと思ってもできません!

乳液は健やかなお肌に必要な成分を逃さない役割があることをお忘れずに。まれに順番が変わることもあるので、毎回乳液の使用説明書には目を通してくださいね。

おすすめの使い方②刺激しないように優しく塗ること!

しっかりと塗りたい・浸透させたいと思うあまり、力強くお肌を擦ってしまうことがあります。でも、それは絶対にNG!強い刺激は皮膚自体を傷つけてしまい逆効果です。

乳液は“塗る”ではなく“馴染めせる”を意識するといいですよ。お肌に優しい触れ方を心がけてみてくださいね。

おすすめの使い方③肌質に合わせて量を調節すること!

乳液は、化粧水のようにバシャバシャつければいいという訳ではありません。肌質や季節に合わせて、乾燥がひどいなら重ねづけ、皮脂が多いと感じたなら厚く塗らないなど調節を行いましょう。

疲れや女性特有の生理で肌質が変わる方もいるはず。そういった方も乳液量の調節は意識してくださいね。

あなたのお肌を整えてくれるおすすめの人気の乳液5選

では、数ある種類の中でおすすめしたい乳液のご紹介です。今回は、肌質・肌トラブルに合った乳液を5つご用意しました。市販で購入できる乳液もあるので参考にしてくださいね。

乾燥肌におすすめの乳液【Foo Tokyo】ナイトミルクローション

Foo Tokyo ナイトミルクローション

引用元:公式サイト

ブランド: Foo Tokyo
内容: ナイトミルクローション 150ml
価格: 4,378円(税込)

Foo Tokyoの「ナイトミルクローション」は、“マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル”・“ヒマワリ種子油”・“オリーブ果実油”と3種類のオイルを配合した、お肌を柔らかくししっとりと潤わせてくれる乳液です。

雑誌“MAQUIA”や“GINGER”、美人百花、BAILAなどで取り上げられているほどの話題のナイトミルクローションは、今では良質なアイテムに敏感なニューヨークでも展開されています。

購入はこちらから

 

 

オイリー肌におすすめの乳液【モイスタージュ】エッセンスミルク(さっぱり)

モイスタージュ エッセンスミルク(さっぱり)

引用元:Amazon

ブランド: モイスタージュ
内容: エッセンスミルク(さっぱり) 160ml
価格: 880円(税込)

モイスタージュの「エッセンスミルク」は、美容液の役割も持つ保湿性の高い乳液です。角質を柔らかくし保湿してくれる“集合プラセンタ”と、代表的な保湿成分“コラーゲンEX美容液”で乾燥知らずのしっとりお肌はあなたのもの。

でも油分は少なめなので、しっとりとした潤いをキープしつつ軽い使い心地です。リーズナブルな価格で継続のしやすさもありますよ!

ニキビ肌におすすめの乳液【d プログラム】アクネケア エマルジョン R

d プログラム アクネケア エマルジョン R

引用元:Amazon

ブランド: d プログラム
内容: アクネケア エマルジョン R 100ml
価格: 4,180円(税込)

dプログラムの「アクネケア・エマルジョン・R」は、大人ニキビ向けの薬用乳液です。厳選成分を使い、ニキビの防止だけではなくニキビ跡もケアしてくれます。

敏感肌の方でも使えるようにと嬉しい低刺激仕様。刺激を最小限に抑えつつ、ニキビ肌を健やかなお肌へと導きます。潤い成分もしっかりと配合されているので、長時間お肌もしっとりですよ。

くすみがちなお肌におすすめの乳液【コスメデコルテ】フィトチューン リファイニング ソフナー

コスメデコルテ フィトチューン リファイニング ソフナー

引用元:Amazon

ブランド: コスメデコルテ
内容: フィトチューン リファイニング ソフナー 200ml
価格: 3,300円(税込)

コスメデコルテの「フィトチューン・リファイニング・ソフナー」は、美白成分である“ビタミンC誘導体“が配合された乳液です。その他、”ハイビスカス花発酵液“や”ホホバオイル“、”ローズヒップオイル”など植物由来の成分もたっぷりと入っているで、美白にプラスしてくすみがちなお肌に透明感ももたらしてくれます。

保湿力もあるため、弾力ある柔らかい肌質にも導いてくれる優秀乳液。伸びのいいテクスチャーで、少量でも顔全体に塗ることができますよ。

混合肌におすすめの乳液【オルナ オーガニック】ナチュラルミルク

オルナ オーガニック ナチュラルミルク

引用元:楽天

ブランド: オルナ オーガニック
内容: ナチュラルミルク 150ml
価格: 2,545円(税込)

オルナ・オーガニックの「ナチュラルミルク」は、“ビタミンC”や“セラミド”、“ヒアルロン酸”など潤い成分が贅沢に配合された保湿力の高い乳液です。有機栽培植物からの体に優しい成分で作られいるので、お肌への刺激も少なめです。

お肌をしっとりとさせてくれますが、油分は控えめなので使い心地はベタつかずさっぱり。乾燥肌用とオイリー肌用の2本の使い分けが必要ない楽チン乳液です。

肌質に合った自分だけの乳液で健やかなお肌に!

水に浮かぶ微笑んでいる女性

引用元:Unsplash

ご紹介してきたように、乳液にはさまざまな肌質・肌トラブルに合ったタイプが数多くありましたよね?そういった中から皆さんだけの乳液を見つけるには、トライアルセットなどの利用がおすすめです。

「お肌が元気がないな?」と思っている方は、現在使っている乳液の成分を確認しましょう。もし自分が必要としている成分が入っていなかったら、今回の情報を参考に新しい乳液に切り替えてみてくださいね。

Foo Style Magazine編集部

577,768 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事