// added by sawaki タグページをnoindex // added by sawaki end
  • HOME
  • HOME
  • Fashion
  • バスローブだっておしゃれがいい!ママと赤ちゃんにもおすすめ高級ブランド5選

バスローブだっておしゃれがいい!ママと赤ちゃんにもおすすめ高級ブランド5選

バスローブ おすすめ 高級 おしゃれ
Fashion

入浴後に着用するものとして、あると便利なアイテムが『バスローブ』です。特に赤ちゃんの入浴後のママには必須アイテム。バスローブというとどうしても西洋のイメージがあり、日本人で愛用している方って少ないですよね?バスローブは、入浴後に裸のまますぐに羽織ることができるので、水分を吸収して湯冷めを防ぎ、さらに肌を乾燥から守ってくれる優れものなんです。また、バスローブは機能性だけでなく、着ているだけで優雅でセレブな気分になれる、おすすめなおしゃれなアイテムともいえるでしょう。今回は、バスローブがどれだけ便利なアイテムであるか、そして、ママにも赤ちゃんにも合ったおしゃれなバスローブの選び方について紹介します。また、おすすめのバスローブブランドも取り上げていきます。

ママと赤ちゃんにおすすめ!バスローブを使うメリット

「ワイングラスを片手に夜景を見ながら着るイメージがあるので、格好つけているようで私にはちょっと着られないかなぁ。」バスローブに対してこのようなイメージを持っている人は、いまだにいらっしゃるかも知れませんが、それだと損をしているかもしれませんね。バスローブは、お風呂上がりにリラックスしてお部屋で過ごすために非常に使えるアイテムであり、尚且つ入浴後のママを温めてくれる大切なアイテムなのです。

1)バスローブは体の水分をさっと拭き取り保温してくれる

バスローブのメリットのひとつは、風呂上がりにさっと羽織るだけというお手軽さが挙げられます。通常、風呂上がりは、バスタオルなどで身体についた水分を拭き取りますが、風呂上がりは身体がほてっているので汗をかきますよね。すぐにパジャマなどをきてしまうと、汗でパジャマが濡れてしまいます。また、寒い冬などは身体を拭いている間に寒くなってしまうこともあります。そんな問題を解決してくれるのがバスローブです。バスローブを着用すれば、さっと気軽に羽織るだけで身体についた水分だけでなく汗も吸収してくれます。身体のほてりが収まり汗がひくまでバスローブを着ていればいいので、パジャマなどを汗で濡らすこともありません。また、身体のほてりがおさまる間は、バスローブを着ているおかげで湯冷めをすることもないのです。

2)バスローブを使うことでお風呂上がりにリラックスして過ごせる

そして、バスローブって見た目はコート風ですが、肌触りの良いバスタオルと同じ素材でできているので、着用していても肩が凝るなど身体に負担をかけることがありません。風呂上がりにリラックスできる心地良い時間を過ごせるのが、バスローブのメリットといえます。また、何よりも着用するだけで見た目が優雅に見えるというのもメリットといえるでしょう。冒頭に述べた西洋風のセレブなイメージがあるため、バスローブは自分には向いていないのでは思っている人もいるかもしれません。しかし、思い切って一度バスローブを着てみることをおすすめします。バスローブはその機能性により、入浴後を快適にしてくれるのがメリットです。そして、袖を通すだけで華々しい気分にさせてくれ、日常を贅沢にさせてくれるのも、メリットといえます。入浴後の1日の終わりに優雅な気分にひたることによって、その日の夜は気持ちよく深い眠りにつけるかもしれません

ママと赤ちゃんにおすすめ!バスローブの上手な選び方

1)肌触りの良い素材のバスローブを選ぶ

ママにぴったりのバスローブを見つけるには、まず「肌触りの良さ」を確かめることが大切です。バスローブは基本的に素肌に直に触れる衣類なので、肌への刺激が多い素材の場合は、入浴後にリラックスして過ごすことができません。着用して快適に過ごせる、やわらかく肌触りの良い素材が適しているといえるでしょう。敏感肌の人は、より素材選びに慎重にならなくてはいけません。それほど肌触りにこだわらない人は、丈夫な素材を選ぶこともいいでしょう。素材が丈夫であれば洗濯を繰り返しても素材が痛みにくく長持ちします。長持ちさせたい人は、厚みのある素材を選ぶのがおすすめです。

2)バスローブの丈や機能性にも注意して選ぶ

バスローブを着てリラックスするのは、好みの丈を見極めることも重要といえます。風呂上がりの湯冷め防止を気にする人は、ひざ下まで覆ってくれるバスローブが合っています。特にママと赤ちゃんのお風呂上りには身体が冷えやすいため、長めのバスローブがおすすめです。入浴後にどのような状態であればいいか、優先順位を考えることによって、自分に合った丈・サイズのバスローブを選びやすくなるのです。また、せっかくバスローブを着るのだから、自宅でセレブ気分を味わいたいばかりにスタイリッシュなデザインのバスローブを選ぶ人もいます。しかし、デザイン性を重視したばかりに、見た目はかっこいいが、自分にとっては使いづらいという例もあることでしょう。どうしてもデザインを最優先したいという人は問題ありませんが、かっこいいデザインだけでとらわれずに、使いやすさも確認も大事です。そして、バスローブの利点は、着ながらにして肌についた水分を吸収してくれることです。そのため、吸収性が優れているかを確認することも、バスローブ選びでは重要なことといえます。見た目の格好良さだけに注目せず、吸収性など、機能的な要素にも注目することによって、自分に合った優れたバスローブを見つけることができるでしょう。

ママと赤ちゃんにおすすめのバスローブその① Foo Tokyo「プレミアム バスローブ ワッフル」

FooTokyo バスローブ ワッフル

まずは、Foo Tokyoの「プレミアム バスローブ ワッフル」がおすすめです。日本人の繊細な技術と日本が誇る「ものづくり」のこだわりが詰まった高級バスローブとして人気を集めています。このバスローブは、最高級の綿をブレンドした生地で作られていて、素肌に心地よい肌触りが特徴で、着用感も重さを感じない軽やかで極上の生地です。この生地の製造は、日本が世界に誇るタオルのブランド地である愛媛県の「今治」で行われています。今治には、優れたタオル生地をつくる条件がそろっていて、不純物が少ない今治の軟水が使われていることで、やわらかい生地の製造が実現するんです。また、Foo Tokyoのバスローブは、ゆったりとした足元までの長めのデザインになっていて、ママと赤ちゃんのお風呂上りに身体を冷えさせません。ワッフルのような織り方で、さらっと着こなせるため、春から夏にかけてがおすすめ。見た目はシンプルでありながら、細部のシルエットや仕様にこだわり最上級の品質なのが、Foo Tokyoの「プレミアム バスローブ ワッフル」。子育てで忙しい新米ママへのプレゼント用として非常に人気のある商品です。

ママと赤ちゃんにおすすめのバスローブその② Foo Tokyo「プレミアム バスローブ スーピマコットン」

FooTokyo バスローブ スーピマコットン

続いて、同ブランドFoo Tokyoの「プレミアム バスローブ スーピマコットン」です。このバスローブは、世界のコットンのなかでもわずか数%しか取れない希少価値の高い「スーピマコットン」を使用しています。さらにこのバスローブで使用されている生地は、オーガニック栽培されたものだけをふんだんに使用しており、肌触りの心地よい贅沢な生地です。そして、生地だけでなく製造方法にもこだわりがあります。世界トップレベルの縫製技術を持つ国内の工場で1枚1枚を丁寧に縫製しており、日本が世界に誇るものづくりのこだわりが息づいているのが特色です。気持ちの良い着ごこちと生地がもつ長所を最大限に活かしており、長めでゆったりしたデザインは季節を問わずにオールシーズンで使用可能となっています。特に、寒い冬、お風呂上がりにママと赤ちゃんを冷えさせないため、暖かいスーピマコットンのバスローブで身体を温めてはいかがでしょう。また、このバスローブの工夫は、肌に固い縫い代があたらない仕様になっているところです。縫い代を内側でなく外に出すことによって、肌に当たらないようになっており、縫い代が気になることがありません。また、腕を動かした時に窮屈な感じを与えないように、脇の下のカーブのつけ方にもひと工夫が施されています。細部まで着心地の良さを追求したのが、Foo Tokyoのプレミアム バスローブ スーピマコットンなのです。

ママと赤ちゃんにおすすめのバスローブその③ MAISON DE REEFUR「Bath Robe」

おすすめのおしゃれなバスローブその3は、MAISON DE REEFURの「La Boutique Fantasque【V.barkowski】Bath Robe」です。V.barkowski(ヴァレリー・バルコウスキー)は、ベルギーのインテリアデザイナーのヴァレリー・バルコウスキーによる、自らの名称を冠したブランドです。ヴァレリーは、もともとはファションモデルとして活躍していましたが、その後、アートの世界のつくり手側に転向します。ヴァレリーは、現代アート作家たちを支援する財団を設立し、その財団維持のためにあるものをデザインします。それはインドのハンドメイド布製品「バンディット・クイーン」で、この製品がアート界の話題を独占したのです。その後は、アクセサリーブランドもモロッコで始動し、マラケシュメディナの中心部にあるリヤド(邸宅を改造したホテル)「Dar KAWA」で、作品の展示を開始しました。展示された作品は、ヴァレリーがデザインしたバッグ、リネン、封筒などユニークな作品たちです。豊かな知識と経験をもとに、ヴァレリー・バルコウスキーとそのブランドは今後も世界中から注目されることでしょう。そんな彼女がデザインしたのが、コットン素材のバスローブ「Bath Robe」です。大きめのフードが特徴でサラサラとした感触は、着心地の良さを与えてくれます。グレー、グリーン、イエローと3つのカラーが用意され、好みに合わせて選ぶことが可能です。

ママと赤ちゃんにおすすめのバスローブその④ Velnica「バスローブ」

おすすめのおしゃれなバスローブその4は「Velnica」のバスローブです。Velnicaは「大人の女心を満たす、バスローブが欲しい」という思いが込められたブランドで、2005年に幼なじみ3人の女性によりスタートしました。設立メンバーである女性3人は、女性誌の編集ライター、ファッションモデルヤプレス、アパレルデザイナーという、ぞれぞれのキャリアを積んだ3人です。それぞれが仕事でつちかった経験や磨かれた感性が、このブランドには活かされているのです。素材と色彩、職人のハンドワークにおる刺繍やビジュー、女性のボディを美しく見せるシルエットなど、女性ならではの感性による商品がこのブランドの特色といえます。Velnicaのバスローブは、このブランドならではの美しい色合い、やわらかいベルベット調のパイル地の心地よさが特徴です。ベルトの先端にポンポン型のタッセルが付いているのも、可愛らしさを演出しています。長さはひざ丈で、フェミニンなシルエットは着るだけで女性らしさが際立つことでしょう。入浴後だけでなく、海やプールサイドにて、水着の上に羽織るのも優雅な印象を与えるバスローブです。

ママと赤ちゃんにおすすめのバスローブその⑤ MYLAN「Hoodrobe」

おすすめのおしゃれなバスローブその5は、MYLANの「Blanket embroidery Hoodrobe」です。MYLANというブランドを運営している佐々木敬子さんは、スタイリストとして多くの芸能人のスタイリングを行っています。その他にはジュエリーデザインも手がけ、多くの芸能人やレセレブティから信頼を集めている女性です。そんな佐々木さんが手がけているMYLANは、彼女が本当に好きなものだけを集めたブランドというコンセプトで、数々の服が販売されています。ずっと使える本物を増やしていくことに喜びを感じる女性をターゲットとしているブランドで、その商品のひとつがバスローブです。MYLANのバスローブは、100%シャンブレーリネンでつくられています。ベルトについているタッセル、通常リネンにはされないような、手の込んだブランケット刺繍がほどこしてあるのが特徴です。入浴後によりリラックスして過ごせるように、生地にウォッシュ&ソフト加工もしてあります。ナチュラルワッシャーの自然体なこなれた感じが楽しめるバスローブです。カラーは「シードリーム」と呼ばれる、美しい海にいるような心地よさを感じる水色が用意されています。

おすすめ!おしゃれなバスローブでママと赤ちゃんにも最高の癒しを!

バスローブ おすすめ

入浴および入浴後に使用するアイテムは、こだわることによって生活に潤いと癒しを与えてくれます。子育てに忙しいママの頼れるアイテム、それがバスローブです。バスローブは、バスタルのように身体を乾かす機能だけではありません。機能性はもちろん、おしゃれなバスローブを用意すれば着用するだけで優雅な気持ちになりますし、疲れたママだからこそ、上質な癒しを得たいのです。日本人には馴染みの薄いと思われているバスローブですが、各ブランドからさまざまなバスローブが販売されています。生地やデザインなど、自分好みのバスローブを見つけて入浴後に着用すれば、それだけでママと赤ちゃんが素敵な時間を過ごすことができるでしょう。

Foo Style Magazine編集部

19,127 views

Foo Style Magazineは、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間に、明日を輝かせるためのアイデアなど、各分...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧