• HOME
  • BLOG
  • Fashion
  • 疲れた体を優しく包むバスローブの使い方 あなたに最適な一枚を

疲れた体を優しく包むバスローブの使い方 あなたに最適な一枚を

バスルームと洗面所
Fashion

生活スタイルが多様化する現代社会で、バスローブの持つイメージや使い方は昔と今とでは変化してきています。
リーズナブルなものから、こだわりの逸品まで、身近な街の店舗やインターネットで簡単に購入出来る時代です。

しかし、バスローブの正しい使い方を聞かれた時に即答できる方は少ないのではないでしょうか。
今回はバスローブの基本的な使い方と、ライフスタイル別のおすすめの使い方をご紹介していきます。

関連記事はこちら↓↓↓

バスローブの基本的な使い方と疑問

Foo Tokyoブランド写真
日本ではまだ一般的ではないバスローブ。
海外ではよく使われているのに、なぜ日本では外国ほど普及していないのか。
その最も簡単な理由は、浴槽に浸かるか浸からないかの習慣の違いにあります。

欧米の外国人は浴槽に浸かり温まる習慣がありません。
以前に漫画や映画がヒットした「テルマエ・ロマエ」をご覧になったことがある方は、「古代ローマ帝国には大規模なテルマエ(公衆浴場)があったのになぜ?」と思われたかもしれません。

史実と照らしあわせると、あの物語の時代の後に、キリスト教の教えがローマに広く布教したことが理由の一つにあげられます。テルマエ文化は当時の厳格なキリスト教の教えから、不道徳なものとして捉えられるようになりました。徐々に衰退していく公衆浴場ですが、極めつけは中世半ばの疫病の大流行です。疫病の温床となると判断された公衆浴場は、閉鎖されていきました。

欧米は宗教や疫病流行などの歴史的な影響を受けて、浴槽につかるという習慣が根付きませんでした。シャワーのみの入浴が定番となり、それに付随してバスローブの使用が一般的となったのです。

では、シャワーの後にバスローブをなぜ羽織るのでしょうか。
日本では、日常生活の中でバスローブを使っていない人の方が多数派です。
その為、バスローブに対して「基本的な使い方は?」「正しい着方は?」など沢山の疑問があるのではないでしょうか?
バスローブに対する基本的な知識と疑問を追ってまいりましょう!

バスローブの基本的な使い方 どのタイミングで使う?

バスローブを使うタイミングで最も一般的なのは、浴室から出た直後です。
「バスローブ」と聞くと、ホテルや豪邸の一室で裸の上に羽織り、お酒を飲みながら寛ぐ大人のイメージ・・・。

しかし、バスローブはルームウエアとして使うものでは基本的にはありません。お風呂上がりの濡れた状態の体にさっと羽織り、水滴を拭うものです。

バスタオルの代用品として、バスローブで身体を拭き、包み込むのです。水分を含んだバスローブをそのまま着用し続けると、せっかく温まった体の熱が奪われ湯ざめしてしまいます。バスタオルとしてバスローブを使用した後は、ルームウエアやパジャマに着替える必要があります。

現在ではバスローブをバスタオルの代用品としてではなく、ガウンとして使用する方も増えてきています。
タオルとしての機能だけではなく、お部屋で羽織った時の見た目や肌触りなども重要視されるようになってきました。

バスローブの基本的な使い方 なぜ使う?

バスローブを使うのは、身体を冷やさない為です。
欧米の方はシャワーでの入浴が多い為、身体が芯から温まっておりません。身体についた水分は体温を奪っていくので、早急に保温する必要があります。

私たち日本人も、疲れていたり時間がない時など、入浴をシャワーのみで済ませることがあります。冬の夜遅い時間帯や霜のおりた寒い朝の時間帯、シャワーを浴びたばかりなのに寒くて仕方がない、といったご経験はないでしょうか。ガクガクブルブル震えながら、バスタオルで頭を拭いて次に上半身、下半身・・・風邪をひいてしまいます。そんな時はまさにバスローブの本領発揮!

濡れたままでよいので急いでローブを着込めば、ほっと一安心。身体についた冷たい水はバスローブに任せて、あとはタオルで頭や足先を拭くだけで済むのです。

バスローブの基本的な使い方 種類とお手入れ方法は?

バスローブの生地は、生地の糸の織り方によって肌ざわりや使用感が違います。代表的なものをあげてみましょう。

タオル地(パイル地)

タオル地は別名パイル地とも呼ばれます。
パイル糸を内側にに織り込んで表面に小さなループ状を作り、それを何個も連ねて出来上がった生地です。ホテルなどに置いてある厚手のバスローブはタオル地を使用しているものが多く、吸水性にすぐれています。また、温かく湿気を外に放出しやすい素材の為、タオルや衣服、帽子など幅広くに使用されています。

ガーゼ

ガーゼは縦と横の糸ををわざと大きめの網目で織った薄くて柔らかい素材です。糸をきつく織らないことで、通気性がよくなりふんわりとした生地になります。一番の特徴はその優しい肌触りで、吸水性もタオル地同様優れています。医療用ガーゼ、マスク、肌着、ハンカチなどにも使用されています。

ワッフル

ワッフルは縦と横の糸を、小さな四角がいくつも並ぶように織った凹凸のある生地です。スイーツのワッフルの見た目を思い出していただくとイメージしやすいかと思います。四角の真ん中は窪んでいて、肌に触れるのは盛り上がっている縁の部分だけになります。肌に触れる面積が少ないので、べたつかず軽い肌ざわりとなるのが特徴です。

パイルやガーゼなどよく聞く言葉かもしれませんが、織り方の種類であったことはご存知でしたでしょうか?
保温性やしっかりとした生地の風合いを求めるのであればパイル地、軽くて柔らかいものならガーゼ織り、適度な軽さと硬さを求めるならワッフル織りなど、バスローブを選ぶ際のポイントの一つです。

気になるバスローブのお手入れ方法ですが、ご自宅の洗濯機でお洗濯が可能です。
ただし、毛羽立ちを抑えるため洗濯ネットのご使用をおすすめします。大きな洗濯ネットをご用意ください。

ゆったりしたスペースを保ちながら洗濯槽をまわすこともバスローブの耐久性を保つポイント。洗濯物を詰め込みすぎると、繊維同士がこすれあってしまい摩耗の原因となります。同じ理由で乾燥機の使用もおすすめ出来ません。

タオル地のバスローブに特にいえることですが、干す前に生地を広げて振るいパイルのループの向きを整えましょう。長いバスローブは何か所かにわけ、パンパンと上下に振ってひと手間を加えるようにしてください。パイルの向きが整い、空気を含むことでよりふわふわな干しあがりとなり、吸水性も保てます。

干す際はなるべく風の通りがいい場所で、太陽の光が当たらないように陰干ししてください。日光を当てて殺菌したい場合は、短時間にしましょう。紫外線により生地を傷める可能性が高い為です。

バスローブの基本的な使い方 レディースとメンズでは着方は違う?

ホテルでバスローブを初めて手に取った時と、初めて旅館で浴衣を手にとった時の感覚はよく似ています。襟の合わせは左前だったか右前だったか、男女では違うのかなど、慣れていないと悩んでしまいます。

ちなみ浴衣の場合は男性も女性も「右前」。右前と聞くと自分の右手の右の襟が上と思われるかもしれませんが、左の襟が上になります。初めに右の襟をしまうので「右前」と呼ばれます。「前」なのか「後」なのかという時間的な意味合いを持っています。和装は男女ともに「右前」ですが、洋装の場合は男性は「右前」、女性は「左前」と別々。バスローブは洋装のルールに従い着用しましょう。

しかし、バスローブは旅館の浴衣の様に部屋の外に出て人目に触れるわけではありません。細かいことは気にせず、ご自身にとって快適なスタイルで羽織って頂くのが一番です。

ライフスタイル別、バスローブの使い方とメリット

人それぞれに違ったライフスタイルがあります。その人によって、バスローブの使い方は様々。ライフスタイル別におすすめなバスローブの使い方をみていきましょう

働く女性のバスローブの使い方とメリット

働く女性は仕事に美容に家事に大忙しです。
仕事で手を抜けば上司から叱られ、美容がおろそかになると女友達から指摘を受け、家事をさぼるとパートナーから批判される・・・。
そんな過酷な毎日のお助けアイテムがバスローブです。

入浴後にバスローブをさっと羽織れば、水滴をバスタオルで拭う手間が省けます。美容効果の面から考えても、バスローブの着用は肌から余計な水分が蒸発してしまうのを防ぐので保湿効果も。お風呂上りにボディークリームを塗る時も、バスローブなら全身くまなくケアしやすいので便利です。

子育てママのバスローブの使い方とメリット

小さなお子様がいるママにお休みの日はありません。毎日が時間との戦いで、育児に奮闘されていることでしょう。お子様をお風呂に入れるのも、大切な育児のルーティーンの一つ。一緒にお風呂に入ったあとは、風邪をひかせないように子どもをしっかり拭いてあげなければなりません。

遊び盛りの年頃のお子様だと、おとなしくバスタオルを当てられているとは限りません。しっかり身体を拭かないまま、お風呂場から出て行ってしまい湯冷めしてしまうことも。
子ども達だけではありません。子育てママは自分の身体のケアが後回しになりがちです。お子様への対応が終わりハッと気付くと寒気が訪れていて、体調不良の原因になってしまう可能性があります。

そんな湯冷めのリスクから、バスローブは家族の健康を守るお手伝いをしてくれます。
バスローブの使い方のメリットは、とりあえず羽織らせてしまえば自然に水分を吸収し、保温してくれる所。
お風呂から出てお子様にさっとバスローブを羽織らせ、ママもさっとバスローブを着用してしまえば二人とも寒い思いをしなくてすむのです。

おしゃれメンズのバスローブの使い方とメリット

女性だけでなく、男性にもバスローブはおすすめのアイテムです。
男性は女性よりも筋肉量が多く体の中で熱を作る機能が高い為、暑がりの方が多いことが理由の一つです。

夏場はお風呂上りの火照った身体にルームウエアを着てしまうと、汗が止まらず衣服が湿って気持ち悪い思いをします。その為、男性の中には下着のまま時間を置き、熱が引いてからルームウエアやパジャマを着る方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
この下着の時間が、バスローブの出番です。

バスタオルで体を拭く時間が短縮されますし、ドライヤーをかけて汗をかいても、バスローブが吸水してくれます。そして何より、見た目が恰好良いのが一番です。
下着姿もワイルドで素敵な場合もありますが、バスローブを羽織って湯上りを過ごす男性に魅力を感じる女性は多いのではないでしょうか。

バスローブが購入できるおすすめのお店

ふわふわ バスタオル
バスローブを取り扱うおすすめのお店と商品をご紹介していきましょう。

Foo Tokyo(フー トウキョウ) プレミアム バスローブ ワッフルとプレミアム バスローブ スーピマコットン

Foo Tokyo(フー トウキョウ) プレミアム バスローブ ワッフルとプレミアム バスローブ スーピマコットン

Foo Tokyo(フー トウキョウ) プレミアム バスローブ ワッフルとプレミアム バスローブ スーピマコットン

「Foo Tokyo」は毎日を忙しく働き、息つく間もない現代の人々に「ふぅ」とリラックスする時間を持ってほしいと想いをこめて作られたブランドです。上質な寛ぎの一時を与えてくれるアイテムが揃っています。「Foo Tokyo」のおすすめのバスローブ「プレミアム バスローブ ワッフル」と「プレミアム バスローブ スーピマコットン」をご紹介します。

「プレミアム バスローブ ワッフル」は吸水性がよく、乾きやすい特徴を持つワッフル織りのバスローブです。さらりとした軽やかな羽織り心地で、春夏におすすめ。

「プレミアム バスローブ スーピマコットン」は綿の品種の中での最高級ランクであるスーピマを使用したバスローブです。スーピマの綿花は産地が限定され大量生産できない為、希少性が高く、まさにプレミアムの名にふさわしい素材。繊維が細く長いので、生地にすると滑らかな肌触りが得られます。季節を問わず使用出来るので贈り物にも最適です。

どちらのバスローブも超一流の技術を持つパタンナーが、機能性と美しいシルエットにこだわり完成させている至極の商品です。

購入はこちらから

TENERITA(テネリータ) パイルバスローブ

ENERITA(テネリータ) パイルバスローブ

ENERITA(テネリータ) パイルバスローブ

「TENERITA」は「ゆたか」で「上質」であること、そしてそれが「いつも」であることを理想の暮らしとして提案するブランドです。
オーガニックコットンへの強いこだわりを持ち、日本で初めて“Global Organic Textile Standard(GOTS)”と呼ばれるドイツのオーガニック認証の認可を受けました。

「TENERITA」のおすすめバスローブは「パイルバスローブ」。素材には上質なオーガニックコットンである「アルティメイト・ピマ」を使用。アルティメイト・ピマはアメリカのたった一軒の契約農家が有機栽培で育てています。オーガニックコットンの中では最も長い繊維を有し、その糸を「TENERITA」では密度を高く贅沢に織り上げた為、上質なバスローブが完成しています

購入はこちらから

Velnica(ヴェルニカ) バスローブ

Velnica(ヴェルニカ) バスローブ

Velnica(ヴェルニカ) バスローブ

「Velnica」は女性向け雑誌のライター、モデル、アパレルデザイナーと別の分野で経験を積んできた女性3人が立ち上げたブランドです。「大人の女心を満たす、バスローブ」を作りたいという思いから2005年に誕生しました。

Velnicaのバスローブの最大の特徴は、起業のコンセプト通りに、その大人可愛いデザインにあります。生地は品の良いアイボリーやミント、ラベンダーなどなど、派手過ぎず暗すぎない絶妙なカラーリング。ベルトの先端にはボンボンの飾り付きで、大人可愛いの気持ちをくすぐります。

ファッショナブルなデザインなので、海やプールといったレジャーの際に羽織れば注目の的になること間違いなしです。

購入はこちらから

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) オーガニックコットン バスローブとオーガニックコットン ベビーバスローブ

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) オーガニックコットン バスローブとオーガニックコットン ベビーバスローブ

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) オーガニックコットン バスローブとオーガニックコットン ベビーバスローブ

「MARKS&WEB」は日本で誕生した「デイリープロダクト(日用品)」のお店です。
香りや効能にこだわったソープ類や肌のケア用品、キッチンやランドリー用品など様々な日用品を展開するショップです。

全国のショッピングビルに店舗があるのでご存知の方も多いかもしれません。
「MARKS&WEB」の日用品の中にはバスローブも含まれております。「オーガニックコットン バスローブ」はパイルをたっぷりとあしらうことで、吸水性・保温性を高めています。オーガニックコットンのバスローブとしてはリーズナブルな価格帯が魅力。

同シリーズにはベビー用品として「オーガニックコットン ベビーバスローブ」があります。フード付きの上、ボタンで簡単に留めるタイプのバスローブですので着脱も便利。親子でデイリーに使用できますので、出産祝いとしても人気があります。

kashwere(カシウェア) ショートローブ

kashwere(カシウェア) ショートローブ

kashwere(カシウェア) ショートローブ

「kashwere」はアメリカのロサンゼルスで研究開発されたブランドです。
リッツカールトンやフォーシーズンズなど、名立たる高級ホテルのバスローブやタオルとして採用されていることで有名。

「kashwere」の日本公式HPに、4つの特徴が記されていましたのでご紹介します。

・100%kashwére(ポリエステル100%)
・カシミアのようなソフトな素材感
・吸湿性があり、速乾性に優れている
・取り扱いが便利(洗濯機・乾燥機使用可能)

一般的にポリエステルといえば化学繊維として、綿よりも使用感で劣るイメージがあります。しかし「kashwere」の生地は、カシミヤに触れているかのような肌触りを実現しています。また、乾きやすいだけではなく、乾燥機の使用が許されているのも化学繊維ならではの特権。ポリエステルの持つ長所を生かし、短所を改善した画期的な商品といえます。

購入はこちらから

バスローブの使い方は、より自由により快適な時代へ

妊婦と夫

この記事ではバスローブの基本的な知識と使い方、おすすめのお店を紹介してまいりました。

バスローブはセレブや欧米の方が使用するイメージから、新しい段階に進化しています。人の数だけライフスタイルが違うように、ライフスタイルの数だけバスローブの使い方も千差万別。
ご自分にあったバスローブの使い方を自由に発見することで、人生はより豊かで快適なものになることでしょう。

ぜひバスローブを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら↓↓↓

Foo Style Magazine編集部

328,100 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧