• HOME
  • BLOG
  • Fashion
  • ラコステから期間限定ショップ「OLD meets NEW」がオープン 史上初の「古着」を販売

ラコステから期間限定ショップ「OLD meets NEW」がオープン 史上初の「古着」を販売

OLD meets NEW
Fashion

ラコステ史上初の「古着」を販売する期間限定ショップ「OLD meets NEW」が表参道にオープン

ラコステ 期間限定古着ショップ

PRTIMES

ラコステがブランドの新たなチャレンジとして、年代に縛られず古着から新作まで取り扱う期間限定のショップ「OLD meets NEW」を9月13日(金)~9月25日(水)の期間限定、表参道ベーカリーカフェ426にオープン。古着から新作を大胆にミックスした、新時代のファッションを提案する。

「OLD meets NEW」オープンの背景

OLD meets NEW

PRTIMES

今、世界中でGenZ世代と呼ばれる若者たちが注目されている。「Purpose消費(社会をより良いするブランドに関わりたい)」や「No Boundaries(境界のない生き方)」といった、彼らの世代特有の価値観が社会全体に影響を与え、アパレルの世界においても洋服との新しい向き合い方に目が向けられている。「今までにない商品販売を志向するブランドは革新的」「古着もファッションの一部として楽しみたい」- そんな彼らの嗜好性に応えられるようなブランドを目指し、「OLD meets NEW」をオープンするに至った。

自由で新鮮なファッションの楽しみかたを提案

ラコステ

PRTIMES

「OLD meets NEW」の主役は「古着」。全国から収集した約400点のラコステの古着が店頭に集結する。その年代のオリジナルモデルなどを購入することができる他、古着と今季の秋冬の新作をミックスしたコーディネートや、古着を元の価値より更に高めようという試み、 UPCYCLE(アップサイクル)オーダー会など、 “OLD meets NEW”をキーワードに、年代に縛られない、より自由で新鮮なファッションの楽しみかたを提案する。
古着を取り扱うことは常に新作を並べて販売することがセオリーであるアパレルブランドとしては、非常に大胆な取り組み。ファッション業界が直面している大量生産・大量廃棄問題(※1)に対して、古着を用いたファッションの可能性に光を当てることは、時が経っても衰えることのない”タイムレスな価値”を大切にしているラコステらしい一つの解決策であり、これからの時代のファッションの楽しみ方であると考えている。

※1:日本では年間14億着「2017年小島マーケティング調べ」

「OLD meets NEW」の今後の展開

ラコステの古着を主役に、年代に縛られない新しいファッションの楽しみ方を提案する「OLD meets NEW」は、ショップ閉店後も継続してサービス展開を予定している。アーティストによる「UPCYCLEオーダー会」は、期間限定ショップ「OLD meets NEW」の閉店後の実施も予定。年内においては、ラコステの各ショップにて、1か月に10名程度を対象に継続的に展開していく。翌年以降も継続的なサービス展開を引き続き検討中。創業以来“タイムレスな価値”(時代や年代にかかわらず継承されていく変わらない価値)を掲げてきたラコステ。これからも年代を超えて愛される価値を提供していく予定。

「OLD meets NEW」限定ショップ概要

OLD meets NEW地図

PRTIMES

日時:2019年9月13日(金)~9月25日(水) 11:00-19:00
※9月14日(土)のみ、21時まで営業
場所:表参道ベーカリーカフェ426
(東京都渋谷区神宮前4丁目26-18 原宿ピアザビル 1・2階)
内容:ラコステの古着販売、アーティストによるUPCYCLEオーダー会、オリジナルルックブックの配布、オリジナルステッカー/オリジナルドロップの配布、ラコステの新作商品の販売など

「OLD meets NEW」のコンテンツ

古着販売とミックスコーディネート
多数のアイテムを用意している「OLD meets NEW」では、その世界観に伴った内装を施しているほか、新作のニットにOLDアイテムのインナーをミックスした”ニュークラシック”など、5つのコンセプトとともに古着と新作のミックスコーデを展示中。また「OLD meets NEW」のオープン期間中、「モトーラ世理奈」さん他、総勢20名以上のモデルを起用したミックスコーデを提案する広告キャンペーンを展開。一連のコーデをまとめたルックブックも制作・配布予定。

展示中の古着と新作のミックスコーディネート

▼ニュークラシック

ニュークラシック

PRTIMES

定番アイテムを色や着こなしで新鮮な印象に。オーソドックスな素材や柄でもレイヤリングでフレッシュに、クラシックを新たな解釈で取り入れた。キーアイテムはアーガイル、ケーブルニット、カーディガン。(OLDアイテム:インナー)

▼ユースカルチャー

ユースカルチャー

PRTIMES

ユースカルチャーとは若者文化のこと。主に、ハイティーンから20代の若い世代に支持されているファッションやSTREET、MUSIC、ARTを意識したスタイルデニム、ビッグシルエット、クレージーパターン、斬新なカラーブロックが特徴。(OLDアイテム:インナー)

▼フレンチシックなモノトーン

フレンチシック

PRTIMES

パリジェンヌにならったモノトーンのスタイル。時代やトレンドに左右されず、自分のスタイルを確立し、いつまでも色褪せないファッションが魅力。気取らないエレガンスを表現。(OLDアイテム:インナー)

▼アーバンスポーツ

アーバンスポーツ

PRTIMES

都市生活を豊かに快適に過ごすための、スニーカーに合うコーディネイトができるリラックス&アクティブウェアの提案。
DO SPORTSではない、仕事から休日の着こなしまでカバーするスタイル。(OLDアイテム:アウター)

▼パワードレッシング

パワードレッシング

PRTIMES

女性の社会進出が進んだ80年代に流行した言葉。
男性社会で働くなか、女性たちが能力や強さ、キャリアを示すために纏った仕事服のこと。現代風に気取らないエレガンスを表現したアレンジ。(OLDアイテム:ジャケット、ワンピース)

「OLD meets NEW」店内には、新しくも、どこか懐かしいアイテムも展示している。
※こちらのショップでは、古着の売値は総仕入れ値と総売り値が同じになる形で販売。

アーティストによるUPCYCLE(アップサイクル)オーダー会

期間中、過去に販売したラコステのポロ/Tシャツを持参、もしくは、店内で古着をご購入者を対象に、洋服に箔を施してプレゼント(人数限定)。仕上がり後、後日配送となる。「UPCYCLEオーダー会」を通じて、古着を活用した新たなファッションの楽しさを提供する。
※UPCYCLEとは:元の製品より価値の高いものを生み出すものづくりの新たな方法

▼実施概要
・日時:9月13日11時~9月25日19時
・場所:「OLD meets NEW」1階
・人数:期間中、毎日先着3名

デザイナー:藤澤ゆき プロフィール

YUKI FUJISAWA

PRTIMES

東京都生まれ。多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業。2011年より活動をスタート。テキスタイルレーベル。代表作「NEW VINTAGE」はヴィンテージ素材に染や箔を施すことで、単なる古着のリメイクではなく新しい価値をファッションとして高めるアートピース群である。企業へのデザイン提供やブランドディレクション、雑誌の表紙衣装を飾るなどテキスタイルを軸に幅広く活躍。 2016年度TOKYO新人デザイナーファッション大賞受賞。2019年に原美術館で新作プレゼンテーションを発表。

オリジナルステッカー/オリジナルドロップのプレゼント

▼9月13日11時~9月25日19時

ラコステ

PRTIMES

期間中のショップ来場者に「OLD meets NEW」オリジナルステッカー1種をプレゼント。(先着10000名様)

▼9月13日11時~9月19日19時

ラコステ

PRTIMES

期間中に「OLD meets NEW」ショップにてラコステ製品購入者に別途オリジナルステッカー4種をプレゼント。(先着3000名様)

▼9月20日11時~9月25日19時

ラコステ 

PRTIMES

期間中に「OLD meets NEW」ショップにてラコステ製品購入者にオリジナルドロップをプレゼント。(先着3000名様)

プロジェクト担当者のコメント(ラコステジャパン マーケティング部 部長 櫻間史子)

「古臭いな」ってどういうこと?お父さんやお母さんが着ていたなと思うと、その服は急に古臭くさくなる。でも、その服が「古着」っていわれると、それはトレンドになる。「着ないのであれば捨ててしまおう」と思う服も、「古着」と思えば、また着ようと思う。今回発表した「OLD meets NEW」は、時を超えて愛され、受け継がれていくラコステの服一枚一枚が持つ価値にフォーカスしたプロジェクトで、「古着(祖父・父親世代が着ていたもの)=古いもの・自分たちのものではないもの」という考え方から、「古着=新たな可能性を持ち、自身の手でその価値を再びよみがえらせることができるもの」という考え方へ、 UPCYCLE /SUSTAINABLEな取り組みにもつながるプロジェクトとしてスタートいたしました。

ラコステは1933年に、創設者であるルネ・ラコステの画期的な発想からPOLOを開発し、祖父の時代から、父親に、そして今の世代に受け継がれる、80年以上たった今でも変わらない“タイムレスな価値”をファッションを通して提案してきました。そして今後も、時が経っても衰えることのない”タイムレスな価値”と魅力を再提案してまいります。今回のプロジェクトを通じて、その価値を振り返るきっかけにしていただければと思います。
是非、お父さん・お母さんのタンスから、どこか古臭い服や、着なくなってしまったラコステの製品を探してみてください。その製品をまた新しく蘇らせる、そんな発想転換してみませんか。

■ラコステについて

ラコステ ロゴ

PRTIMES

フランスのプレミアム カジュアルブランド。 1933 年に創業したルネ・ラコステは、テニスの世界 4 大大会を計7度制覇した、稀代のテニスプレイヤーであり、テニスコートをはるかに超えた素晴らしい発明をのこした、発明家としても知られている。ブランド創業時に誕生した史上初のポロシャツ「L.12.12」も、元々はルネが “快適にプレーできるテニスウェア” を求めて開発したもので、86年変わらないブランドのアイコンとなっている。
ラコステの手掛けるアイテムには、今も変わらずテニスへの情熱が息づき、そのルネのパイオニア精神と伝統を、2018年新しく迎え入れた、ブランドのクリエイティブ・ディレクター、ルイーズ・トロッター(Louise Trotter)が新しい世代へ受け継いでいる。

●公式サイト/ECサイト
www.lacoste.jp●公式SNS
【LINE】@lacoste_japan
【Twitter】@LACOSTE_JAPAN /【Facebook】@LacosteJapa

詳細はPRTIMESより

Foo Style Magazine編集部

781,375 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事