• HOME
  • HOME
  • Fashion
  • 秋に最適なルームウェアは?選び方のポイントとおすすめ商品

秋に最適なルームウェアは?選び方のポイントとおすすめ商品

ルームウェア 秋
Fashion

この記事では、秋に着るのに最適なルームウェアの選び方のポイントと、おすすめの商品を紹介します。冬に向かってどんどん寒くなっていく秋は、天気が変わりやすく気温も不安定であるため、どんなものを着たらよいのかと悩む人もいるでしょう。外出着だけでなく、室内で着るルームウェアも、気候に合わせてちょうどいい具合に着られるものを選ぶのが難しくなります。では、この時期のルームウェアはどんなものを選べばよいのでしょうか。

秋に最適なルームウェアとは

季節が変わり、秋になってくると外出着だけでなく、ルームウェアやスリープウェアなども衣替えをしたくなってきます。冬に向かってどんどんと寒くなっていく時期ですが、まだ暑さを感じる日もあり、何を着ればよいのか悩んでしまうかもしれません。秋に着るべきルームウェアには、いくつか大切なポイントがあります。

体温調節がしやすいもの

まず、気温が変わりやすい時期だからこそ、体温調節しやすいものを着るようにしましょう。羽織ものを上手に活用したいのもこの時期です。昼間暑いのを我慢したまま服を着ていると、汗をかいて、夕方肌寒くなってから風邪を引いてしまうということもありえます。ですから、羽織ものを1枚用意して、気温の変化に合わせて脱いだり着たりしながら、快適に過ごせるようにするのがポイントです。

袖丈、裾丈が選べるもの

暑さ寒さに上手に対応するためには、袖や裾の長さが違うルームウェアを用意しておくのもおすすめです。暑い日には半袖・半ズボンを着て、少し涼しい日には上下どちらかを長いものに替えましょう。そして、寒い日には長袖・長ズボンを着るというようにすれば、気候の変化に関わらず気持ちよく過ごすことができます。

秋色を感じさせるもの

秋はいろいろなファッションが楽しめる季節で、秋らしい色合いの素敵な服が出回ります。おしゃれな人なら、外出着だけでなく、ルームウェアでも秋を感じるファッションを心がけましょう。ボルドーやマスタード、モスグリーンやテラコッタなど、秋を象徴するような深く濃い色合いをルームウェアでも着て、秋の訪れを楽しんでみてはいかがでしょうか。

素材を楽しめるもの

冬になると、フリース素材のものや、もこもこした素材のものがたくさん出回るようになります。肌触りで季節を感じる楽しさがあるので、秋には秋冬らしい素材のルームウェアを選ぶのもおすすめです。ただし、秋はまだ日によっては暑さを感じることもあるので、厚着になってしまうと汗をかいてしまいます。温かい素材は羽織ものなどに使うようにして、中にコットンなど通気性のよいものを着ておくと便利です。

秋に着たいルームウェアの選び方

季節の変わり目である秋には、気候に合わせてルームウェアを選ぶことが大事です。具体的にどんなものを選ぶとよいのか、いくつかおすすめの服を紹介します。

生地が厚すぎない長袖やロング丈ボトムス

秋は長袖の出番も増えてきます。ただし、まだ暑い日もあるので、冬に着るようなルームウェアでは汗をかいてしまうでしょう。そこで、気をつけたいのが素材の厚さです。長袖やロング丈ボトムスを着るなら、厚手ではなく薄手のものを選ぶようにしましょう。そうすれば、暑さを感じる日でも快適です。

生地が厚めの半袖やショート丈ボトムス

長袖やロング丈ボトムスの場合とは反対に、半袖やショート丈ボトムスを着る場合には、厚手のものを選ぶことをおすすめします。いくら暑い日があるといっても、秋の暑さは夏の暑さとは異なります。半袖やショート丈ボトムスでも夏に着るようなものでは、肌寒く感じることがあるかもしれません。半袖やショート丈ボトムスを秋に着るなら、うっかり風邪を引くようなことがないよう、厚手の素材を選ぶようにしましょう。

さらっと着られるワンピースもおすすめ

暑かったり、寒かったりすると、場合によっては日に何回か着替えることもあります。ですから、あまりきちんと着込むような服だと、脱いだり着たりが大変で面倒になってしまいます。おすすめは、さらっと軽く着られるワンピースです。すとんと頭からかぶれるタイプのものなら、楽に脱ぎ着ができます。ワンピースは足元がスカートなので、短めの丈なら暑い日に涼しく着こなせますし、長めの丈なら肌寒い日でも温かく過ごすことが可能です。2種類の丈のワンピースを用意しておけば、ひと秋心地よく過ごせるでしょう。

ガウンを使って体温調節するのもいい

羽織ものは、気温に合わせて簡単に調節することができるので、秋のマストアイテムといえます。羽織ものとして一般的なのはカーディガンですが、ルームウェアやスリープウェアに合わせるならガウンもおすすめです。ガウンは1着あれば、昼でも夜でも使えるので便利です。

秋におすすめのルームウェア

秋におすすめルームウェア① Foo Tokyo「スビンコットン 5分袖 プルオーバー」

Foo Tokyo スビンコットン プルオーバー

Foo Tokyoの「スビンコットン 5分袖 プルオーバー 裏起毛」は、秋に着るのにおすすめのルームウェアです。

Foo Tokyoとは

Foo Tokyoは、大人の女性にふさわしい上質な素材を使用したルームウェアブランドです。スピンコットンやシルク、ホワイトカシミアなどの高級素材を使用したアイテムを揃えています。自宅で過ごす時間を上質なものにしたいという女性に支持されています。

裏起毛なのでほどよく温かく肌触りも抜群

こちらのプルオーバーは裏起毛になっているのが特徴です。やわらかい裏地が秋の肌寒さから優しく守ってくれます。上質なコットン素材なので、そもそもとても柔らかい服ですが、裏起毛にしたことでさらに肌触りがよくなりました。素肌に気持ちよく着ることができます。

最高級コットンを使用

アイテムに使用されているのは、全世界でもたった0.1%しか採れず「宝石の綿」とも称されている最高級スビンコットンです。非常に貴重なコットンは、なめらかな肌触りで着心地は抜群です。まだ汗をかくこともある季節ですが、このプルオーバーは通気性がよいので、さらっと着ることができます。

5分袖が秋にぴったり

秋口は、半袖では肌寒い日も多くなります。こんな季節には肘まである長めの5分袖がぴったりです。袖は長めですが、着丈はやや短めなので、コンパクトに着こなすことができます。襟ぐりがスクエアになっているので、デコルテラインをきれいに出すことができるでしょう。白の無地なので、どんなボトムスにも合わせやすく、カーディガンなどを羽織ってもきれいに決まります。

秋におすすめルームウェア② MAISON DE REEFUR「ベビードール」

シンプルながら可愛いルームウェアを探している人におすすめなのが、MAISON DE REEFURの「ベビードール」です。

MAISON DE REEFURとは

MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)は、モデルプロデュースのライフスタイルショップです。大人の女性をターゲットに、その人らしい暮し方や服を選ぶことをすすめていて、オリジナル商品をはじめ、海外のアイテムを多数取り揃えて紹介しています。ファッションやインタリアにこだわりのある人に支持されているブランドです。

コットン70%、シルク30%で秋でも気持ちよく着られる

素材にこだわったアイテムづくりに定評があるMAISON DE REEFURらしく、「ベビードール」にも厳選された上質な素材が使われています。コットンにシルクをプラスすることで、吸放湿性に優れ、とても柔らかい1枚です。保温性もあるので、薄手でも温かく着ることができるでしょう。だんだん肌寒くなる秋にピッタリです。

シンプルでどんなコーデにも合いやすいデザイン

胸元にレースがついていますが、全体的にとてもシンプルな作りで上品なベビードールです。家でリラックスする時間を、優雅に演出してくれます。少し肌寒いときは、薄手のカーディガンなどを羽織りましょう。重ね着をした胸元からのぞくレースがとても可愛らしく見えます。色も白でコーディネートしやすいため、秋にはきっと出番が多くなることでしょう。

秋におすすめルームウェア③ nanadecor「ローズマリードレス ナチュラル」

上質な素材とおしゃれなデザインにこだわりがある人におすすめなのが、nanadecor「ローズマリードレス ナチュラル」です。

nanadecorとは

nanadecor(ナナデェコール)は、オーガニックコットンにこだわりを持った商品を扱っているブランドです。ルームウェアだけでなく、下着や靴下、タオルなどのラインナップが豊富なのも素敵です。気に入れば、同じブランドで身の周りのものを揃えることができるので、好きなものに囲まれた暮らしが実現できます。

オーガニックコットン使用で通年使える

nanadecorの最大の特徴は、素材です。厳選されたオーガニックコットンだけを使い、優しい風合い、優しいデザインのルームウェアを作っています。上質のオーガニックコットンは、暑い季節には汗をしっかり吸い取ってくれますし、寒い季節には保温性があるので、温かく着こなせるのが特徴です。ルームウェアとして一年中使える素材なので、1枚持っていると何かと便利でしょう。

チュニック丈なので秋にも最適

ローズマリードレスは、ひじのところにたっぷり寄ったフリルの袖がとても可愛らしい1枚です。袖だけでなく丈も長めで、お腹まわりがすっぽり隠れる長さがあるので、肌寒くなる秋には最適といえるでしょう。スパッツを合わせたり、そのまま1枚で着たり、気温に合わせて違う着こなしを楽しめます。胸元から腰にかけてふんわりルーズなシルエットも美しく、そのまま外出着にもなりそうなエレガントなデザインなので、着ているのが楽しくなりそうです。

秋におすすめルームウェア④ skinAware「スリーピングパンツ」

素材がよくて色がきれいなルームウェアを探している人におすすめなのが、skinAwareの「スリーピングパンツ」です。

skinAwareとは、

skinAware(スキンアウェア)は、オーガニックコットンのランジェリーやルームウェアを作っているブランドです。素肌にのせたときに肌を目覚めさせるような、厳選された上質な素材を使ったアイテムは、どれも肌触りのよさに定評があります。

2枚重ねのオーガニックコットンなので体を温かく包む

「スリーピングパンツ」は、skinAwareのこだわりである上質なオーガニックコットン100%の生地を、1枚ではなく2枚重ねにしているのが特徴です。生地を重ねることでコットンという素材のよさが増し、肌にさらりとなじみながら体の温もりもキープしてくれる1枚になっています。お風呂上がりに着れば、湯上がりの肌を優しくいたわりながら、快適な睡眠へといざなってくれることでしょう。

肌にも優しく、さまざまなトップスにも合わせやすい

色はナチュラル、ネイビー、ピンク、アクアブルーの4色あり、好きな色を選ぶことができます。いずれのカラーも無地1色なので、合わせるトップスを選ばないのもメリットです。同系色できれいに着こなしたり、柄物を合わせたりして、いろいろなコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

秋におすすめルームウェア⑤ Foo Tokyo「プレミアム ナイトガウン ワッフル」

FooTokyo バスローブ ワッフル

秋のルームウェアとしては、ガウンも1枚あるととても便利です。たとえば、Foo Tokyoの「プレミアムナイトガウンワッフル」は肌触りがよくて着心地のよいガウンなので、家でもリラックスして過ごせます。

ワッフル織りで薄手なのでオールシーズン活躍する

このガウンの特徴はワッフル織りであることです。ワッフル織りは生地が凸凹に織られているので吸水性が非常によく、肌の水分を素早く乾かしてくれて、とても気持ちよく着ることができます。薄手で軽いので、季節を選ばず、一年中活躍してくれるでしょう。洗うほどにワッフルが柔らかくなって、肌にしっとりなじんでいくのが心地よく感じられます。

コットン100%

ガウンの素材はコットン100%で、肌触りがよいのが特徴です。コットン100%の場合は糸抜けが心配になりますが、このガウンは丈夫なワッフル織りなので糸抜けしにくく、長く愛用することができます。上質のコットンならではのさらっとした着心地を長く楽しむことができる1枚といえるでしょう。

世界トップレベルの縫製技術の国内工場で作られている

Foo Tokyoのアイテムは、縫製にもこだわりを持って作られています。世界トップレベルの技術を持つ工場で1枚1枚丁寧に仕上げられているので、とても丈夫で洗濯にも耐えます。肌にあたる部分も丁寧に優しく仕上げられているので、肌の弱い人でも安心して着られるでしょう。

秋におすすめルームウェア⑥ nanadecor「NEWチューリップナイトドレス」

可愛いデザインで軽く着られるよいガウンを探している人におすすめなのが、nanadecorの「NEWチューリップナイトドレス ストライプリボン」です。

リボンのワンポイントがかわいい

「チューリップナイトドレス」は、nanadecorの人気定番商品の1つです。前身ごろにグレーのストライプ模様のリボンがついており、腰のところで結べるようになっています。リボンを結べばカシュクール風にも着られますし、結ばないでガウンのように着ることも可能です。スリープウェアはなるべく体を締めつけないアイテムを身につけたいという人におすすめの1枚といえるでしょう。

上品なエレガンスが魅力

白一色でとてもシンプルな作りのガウンですが、大きめのリボンがついているので華やかさがあり、エレガントなスタイルを楽しむことができます。リボンモチーフはともすれば子どもっぽくなりがちですが、このガウンなら大人の女性にもぴったりのシックな可愛らしさで、大人のキュートなスタイルを求める人におすすめです。

軽いパイル素材でガウンとしても使える

ガウンは綿100%で、リボン以外の部分にはオーガニックコットンが使用されており、やわらくて軽いパイル素材で作られています。パイル素材は吸湿性、通気性に優れているので、いつでもさらっとした心地さが魅力です。寝ているときは意外と汗をかくものですが、コットン素材なら安心して眠ることができるでしょう。ルームウェアとしても、気温によっては汗をかきやすい秋の1枚として、快適な着心地が期待できます。

秋におすすめルームウェア⑦ MAISON DE REEFUR「バスローブ」

MAISON DE REEFURの「バスローブ」は、上質な素材を使用していて、秋らしい色合いの1着を探している人におすすめです。

バスローブだけれどルームウェアとしても着られる

バスローブと聞くと、お風呂上がりに着るものというイメージがあります。しかし、MAISON DE REEFURの「バスローブ」は、湯上がりのルームウェアとしてはもちろんのこと、日中のルームウェアとしても着られそうな色とデザインが特徴です。ベーシックなヘチマ襟に、細身の紐がエレガントな雰囲気を醸し出しています。家でのんびりくつろぎながら、優雅な気持ちになれることでしょう。

コットン100%でさらっとした着心地

バスローブの素材はコットン100%なので、コットン独特の肌触りがとても気持ちよく感じられます。コットンの特徴は何といっても吸湿性です。汗を肌の上に溜めることなく吸い取ってくれるので、いつでも肌がさらっとしていて快適に過ごせるでしょう。リラックスして過ごすときだけでなく、家の中で軽いワークアウトを行うときなどにも、このようなコットン製のバスローブがあると重宝します。

秋らしい色合いが魅力

秋のルームウェアには、季節を感じる秋色をぜひ取り入れたいものです。このバスローブはグレー、グリーン、イエローの3色展開ですが、厳密にはそれぞれパープルグレー、青緑、マスタードに近く、ニュアンスのある深い秋色になっています。秋の夜長をゆったり過ごすのにふさわしいルームウェアといえそうです。

秋におすすめルームウェア⑧ UGG「ルームガウン」

UGGの「ルームガウン」は、肌触りの柔らかいフリース素材のルームウェアを探している人におすすめの1枚です。

UGGとは

UGG(アグ)は、オーストラリア人サーファーが創業したブランドです。当初はサーフショップでしか扱いがありませんでしたが、徐々に南カリフォルニア文化を象徴するブランドへと成長しました。ハイファッションへも進出し、2006年には東京にも出店、多くのファンを集めています。ルームシューズなどのフットウェアも充実しており、上品なルームウェアに特徴があります。

フリース素材ライニングのコットンジャージーガウン

このガウンの特徴は、何といってもフリース素材であることです。秋冬に大活躍するフリース素材を仕様しており、薄手ながら保温性が高いので、肌寒さを感じる日に出番が多くなりそうです。とても柔らかい素材なので、着心地のよさも抜群です。コットンの半袖アンダーウェアやTシャツに羽織ったり、肌寒い日には長袖の上に羽織ったりして、体温調節がしやすいのも便利でしょう。

冬にかけても大活躍する

このガウンは膝丈まであるのも大きな特徴です。腰まわりまでしかない服だと、秋風が寒く感じられることがあります。このガウンなら、腰まわりから太もも全体をすっぽり覆ってくれるので、温かく過ごすことができます。ベルトを締めればお腹まわりが二重になるので、ひときわ温かく感じられるでしょう。中に着るもの次第では、秋の間だけでなく冬まで着ることも可能です。よいものを長く愛用したい人には特におすすめです。

秋におすすめルームウェア⑨ Narue「ガウン ハイクオリティパイル」

肌触りがとても優しくて安心して着られるガウンを探している人におすすめなのがNarueの「ガウン ハイクオリティパイル」です。

Narueとは

Narue(ナルエー)は、ホームウェアとランジェリーのブランドです。エレガントで優雅なランジェリーから、キュートで可愛らしいホームウェアまで、大人の乙女心をくすぐるようなラインナップが魅力となっています。女性らしさ、女の子らしさを全面に出したものが多く、幅広い年代に愛用されています。

ファンが多い可愛らしいスタイル

「ガウン ハイクオリティパイル」は、ファンが多いために復活したという人気のアイテムです。基本はオーソドックスなスタイルのガウンですが、細部にこだわりがあり、Narueならではのロマンチックな1枚になっています。可愛らしく優雅なスタイルが好きな人におすすめです。

ハイクオリティパイル素材

このガウンには、新生児用に産着として使われるパイル素材を使用している点が大きなポイントです。生まれたばかりの赤ちゃんでも着られるようなハイクオリティパイルを使っているので、非常に肌に優しく柔らかく作られており、ソフトな風合いがとても魅力的です。肌にストレスを与えることなく着られるルームウェアで、気持ちも穏やかにリラッスクして過ごすことができるでしょう。

レースとサテンがおしゃれ

ガウンは、ヘチマ襟についた大きなフリルとサテンのリボンが特徴です。フリルが胸まわりを華やかに飾り、共布ではなくサテンリボンをつけることで、とても上品なスタイルになっています。

気温に合わせて秋でもルームウェア調節を!

ルームウェア 秋

秋のルームウェアを選ぶときのポイントは、気温の変化に対応して快適に過ごせるものを選ぶことと、秋らしい素材や色合いのものを選ぶことです。秋は天候が不安定で、朝晩と昼間の気温差が大きい日も少なくありません。着るものを選ぶのに迷いがちな季節ですが、体温調節しやすいルームウェアを選ぶと気持ちよく過ごせます。

まず、ルームウェアの素材としては、まだ暑さを感じる日もあることを考慮して、上質なコットンや薄手のフリースなどを選んでみましょう。温かさのある素材のものを着ることで、気温の変化にうまく対応して快適に過ごせるでしょう。また、この季節に便利なのが羽織ものです。羽織ものとしては、定番のカーディガンのほかに、ガウンもおすすめです。ガウンは丈が長いので腰まわりが温かく、肌寒さが出てくる秋にぴったりのルームウェアになるでしょう。各ブランドがさまざまな種類の素敵なガウンを作っており、色柄、デザイン、素材から選ぶことが可能です。好きなブランドで選んだり、好きな色やデザインで選んだりする楽しみがあります。ルームウェアにもこだわって、秋を快適かつおしゃれに過ごしましょう。

Foo Style Magazine編集部

9,500 views

Foo Style Magazineは、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間に、明日を輝かせるためのアイデアなど、各分...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧