• HOME
  • HOME
  • Fashion
  • ルームウェアとは?どんな種類があるの?正しい選び方は?

ルームウェアとは?どんな種類があるの?正しい選び方は?

ルームウェア ルームウェアとは
Fashion

この記事では、ルームウェアの種類や選び方についてまとめています。家の中でのくつろぎを求める人にとって、着心地のよいルームウェアはストレスを和らげ、リラックスした時間を演出してくれます。しかし、一口にルームウェアといっても、さまざまな素材や生地、そして種類があります。
したがって、自分のお気に入りの一着を見つけるためには、ルームウェアがどんなものかをよく知ることが大切です。種類や選び方、おすすめの商品を見ていきながら、ルームウェアについての知識を深めていきましょう。

 

ルームウェアとは

ルームウェアに明確な定義はありませんが、一般的にはその名のとおり、家の中で着る衣服のことを指します。家の中での衣服といえばパジャマを思い浮かべる人も多いかもしれません。確かに、外国ではパジャマとルームウェアを区別することもありますが、日本ではパジャマのようなスリープウェアもれっきとしたルームウェアとして扱うことが多いのです。

代表的なルームウェアにはパジャマやワンピース、チュニックなどがありますが、日本では着古した普段着をルームウェアにすることもあります。なお、普段着をルームウェアにすれば、近くのコンビニへ買い物に行くようなときにも気軽に着ていくことができるでしょう。外に出ても恥ずかしくないデザインのルームウェアも出ているので、生活スタイルにあわせて幅広く選ぶことができます。

また、ジャージや野暮ったいデザインの服を部屋着にしている人は、いくら人の目を気にしなくてもよいとはいえ、家の中でもおしゃれをしたいと感じることがあるのではないでしょうか。そんな人にも、ルームウェアはとてもおすすめです。ルームウェアはリラックスした着心地を追求しているだけではなく、種類は豊富でカラーバリエーションも多く、そしておしゃれでかわいらしいデザインのものがたくさん作られています。自分の好みにあった一着を選ぶことで、家の中でもおしゃれをすることができます。

 

ルームウェアの役割

スーツのような仕事着を脱いだ瞬間、ふっと体が軽く感じたという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。重く、タイトなしめつけを行う衣服は、知らず知らずのうちに体へ緊張と負担を強いているものです。たとえ普段着であったとしても、ベルトやゴムといった体へのしめつけを行う部分は、それだけで何らかのストレスをもたらしているといえるでしょう。家の中でリラックスした時間を過ごすことを目的として、ルームウェアはこうした衣服からのストレスを軽減するように作られています。

ルームウェアの役割はなんといっても家の中で体に負担をかけずに、ラクに着られることです。普段着のトップスやボトムス、ワンピースなどとくらべても軽く、体を圧迫しないような作りになっています。また、できるだけ体の動きを邪魔しないように、デザインに工夫がみられるものが多いのも特徴のひとつです。

ルームウェアは基本的に重ね着をあまりせずに着ることになるので、一枚で保温性や保湿性、通気性などに優れているのが特徴です。こうした特徴を出すためにも、ルームウェアには素材や生地に対してこだわりのあるものが多く見られます。素材や生地に裏付けられたルームウェアの特徴は、気温や湿度といった室内の状況に体がストレスを感じることを軽減するので、着ているだけでリラックスした気分をもたらしてくれるでしょう。また、肌触りのよい素材や生地を使っているので、着心地がよく、飽きずに着ることができます。

なお、パジャマのようなスリープウェアとしてのルームウェアは、睡眠の質を向上させるのにも役立つことでしょう。睡眠時は無意識のうちに何度も寝返りを打つので、圧迫感のある衣服は寝返りの度に体へ負担をかけます。ルームウェアは体をしめつけることなく、ゆったりと着ることができるので、睡眠時に寝返りを打っても体に負担をかけることはありません。

 

ルームウェアの種類

主なルームウェアには、次のような種類があります。それぞれの特性を知ることで、今までに着たことのない種類のルームウェアも選択肢に含まれてくるはずです。

なお、ガウンが気になった場合は、Foo Tokyoのカスタムガウンがおすすめです。生地やサイズを変更することができるとともに、お気に入りの文字を刺繍してくれるので、世界に一着、自分だけのガウンを作成することができます。

パジャマ

パジャマは多くの人にとって馴染みのあるルームウェアといえるかもしれません。上下セットの2ピースの構成になっており、寝るときに身に付けるのが一般的です。ウエストにゴムが入っているものや、紐で軽くしばるものがありますが、いずれも体を圧迫することなく、リラックスして着ることができるのが特徴です。

ワンピースやチュニック、ネグリジェ

1枚でさらっと着ることができるのが特徴です。また、チュニックのように丈が短い場合は、レギンスと合わせることもあります。素材や生地のおかげで、より軽く感じられます。

シャツ

Tシャツやシャツタイプのルームウェアもあります。生地によってはよく伸びるので、リラックスして着ることができるのが特徴です。着たまま外出しても恥ずかしくないようなデザインになっているものもあります。

ボトムス

外出時に着るようなボトムスとは異なり、ウエストがゴムで体を締め付けないものがほとんどです。圧迫感がないので体に負担を強いることがありません。

トップス

パーカーやカーディガンなどもルームウェアになります。そのまま着ることもできますが、主にシャツなどの上に羽織ることが多いでしょう。やはり素材や生地のおかげで、上から羽織ってもゆったりとした着心地を感じることができます。

ガウン

体全体に羽織るものです。丈が長く、床のあたりまで届くのが特徴です。そのため、少し動きづらくはなりますが、1枚で体全体を包むのですっきりと着ることができます。

バスローブ

ガウンと形状が似ていますが、丈は少し短くなります。一般的には、お風呂上がりの後に水を拭くためのものです。とはいえ、吸水性や速乾性に優れたものも多いので、ルームウェアとして利用することができます。

 

ルームウェアの素材

ルームウェアの主な素材には、次のようなものがあります。素材の違いを知ることで、季節や着心地にあったルームウェアを選ぶのに役立てることができます。

綿

綿はコットンとも呼ばれます。肌触りや通気性がよく、吸湿性や吸水性にも優れています。また、水にぬれると強さが増すのが特徴です。
一般的な衣服に広く使われている素材ですが、スーピマ綿やギザ綿といった最高級の綿で作られた衣服は、通常の綿で作られたものよりも着心地がよく、柔らかい肌触りを感じることができます。

正確には、麻とはいくつかの植物の総称です。一般的に、衣服へ用いられる素材としては、リネンやラミーが麻に該当します。吸湿性や吸水性、放湿性に優れているので、夏向きの素材としても人気があります。また、一番丈夫な天然繊維とされているのも特徴です。

シルク

シルクは見た目にも美しく、サテン生地のように光沢があります。蚕の繭からつくられており、人の肌に近いたんぱく質が主成分となっているので、触れたときに肌なじみがよいのが特徴です。吸湿性や吸水性にも優れているとともに、薄いのに保温性が高いことから、1年を通して利用しやすい素材といえます。

綿+化学繊維

綿のデメリットとして、しわになりやすく、型崩れしやすいという点があります。この点を解消した生地が綿と化学繊維の合成素材です。天然素材に化学繊維を混ぜることにより、軽さを保ちながらも型崩れを起こしにくくしているのが特徴です。

 

ルームウェアの生地

ルームウェアの生地には、次のようなものがあります。同じ素材であっても、生地が違うと着心地や肌触りが全く異なって感じられるものです。まずは生地の性質をよく知ったうえで、実際に触ったり着てみたりすることにより、好みにあった着心地や質感を探してみるのをおすすめします。

二重ガーゼ

ガーゼは綿を素材にした布です。このガーゼを二重織りにして柔らかさを出したものが二重ガーゼです。通常のガーゼよりも丈夫で軽く、通気性と吸湿性に優れているので、ルームウェアの生地に適しています。また、着れば着るほど柔らかく肌になじむのが特徴です。

パイル

輪っか状の糸が織り込まれた生地で、タオルなどによく使われます。ふわっとした肌触りを持ち、吸湿性に優れているのが特徴です。

天竺

天竺は天竺木綿や天竺ニットとも呼ばれますが、一般的には天竺ニットがルームウェアに使われます。Tシャツなどによく使われる生地であり、横によく伸びるので動きやすいのが特徴です。

サテン

織り目を浮かせて光沢となめらかさを出している生地です。また、つるつるした質感があります。とても柔らかい肌触りも備えており、リラックスして着ることができます。

フランネル

フランネルは略してネルとも呼ばれます。軽く、起毛していてふわふわした質感があるので、ルームウェアの生地にも使われます。保湿性や保温性に優れているのも特徴です

上記以外にもさまざまなものがある

他にも夏向きの生地として、サッカーやリップル、楊柳などはいずれも肌にくっつきにくく、さわやかに着ることができます。一方、冬向きの生地としては、肌触りがなめらかでよく伸びるスムース、ふわふわしており保温性が高いキルトニット、柔らかくて生地が厚いエイトロックなどがあります。

 

ルームウェアの選び方

家の中で着るものとはいえ、あまり何も考えずにルームウェアを選んでしまうと、思っていたような着心地を感じられないといったこともあります。最適なルームウェアを見つけるためにも、選び方をしっかりと押さえておきましょう。

ルームウェアの選び方としては、季節に合わせた素材のものを選ぶのがよいでしょう。外出用の衣服と同じように、ルームウェアにも季節に適した選び方があります。特に、夏であれば汗をかくことも多いので、吸湿性や通気性に優れた素材、生地のものを選ぶようにしましょう。一方、冬であればできるだけ体を冷やすことのないように、保温性に優れたものを選ぶことになります。もちろん、カーディガンのように上から羽織ることのできるものであれば、より保温性が高くなるのでおすすめです。

ルームウェアの特徴は快適さにあるので、この特徴を生かすためにも、リラックスしやすい形や素材のものを選ぶのはとても大切です。素材であればできるだけ軽くて、さっぱりと着こなせるものがよいでしょう。また、動きやすい形状のものはそれだけでリラックスしやすいものです。しかし、室内であまり動くことのない人にとっては、動きやすさよりも着心地を優先して選ぶのがおすすめです。

もちろん、体をしめつけないゆったりしたデザインから選ぶのも重要です。衣服が体を締め付けると、知らないうちに体へ負担やストレスがかかるものです。できるだけ体をしめつけることがなく、ゆったりとしたデザインのルームウェアを選ぶようにしましょう。特に、パジャマやボトムスを選ぶ場合は、ウエストのゴムなどが体を圧迫しないかどうかに注意しておくことをおすすめします。

そして、なるべく肌触りがよくて柔らかいものを選ぶようにしましょう。ざらざらした質感の生地は圧迫感と同じように、体にとってストレスや不快感を与えてしまうものです。ルームウェアに使われる素材や生地はどれも着心地のよいものばかりですが、肌触りや質感は好みによる違いもあるので、実際に触ったり着てみたりすることをおすすめします。

 

Foo Tokyo「パジャマ シルクトップス」

パジャマ シルク ピンク

パジャマのルームウェアとしておすすめなのが、Foo Tokyoのパジャマ シルクトップス ピンクゴールドです。

高級素材であるシルクを100%贅沢に使用しているシルクトップスは、シルク特有のなめらかな質感と柔らかさから、他の素材では体験できない着心地を感じることができます。シルクは吸湿性や吸水性に優れた素材なので、夏の暑い日にも涼しく着ることができるでしょう。一方で、生地が薄いにもかかわらずその保温性は高いので、冬にも着心地のよさを感じながら暖かく着こなすことができます。季節を問わず一年を通して着ることができるので、はじめてのルームウェアとしてもおすすめです。

また、Foo Tokyoの製品は世界でもトップレベルの技術を持った、日本国内の工場で縫製されています。メイドインジャパンが誇る高い縫製技術をあらためて実感することができるでしょう。

シルク素材を好む人にとって、シルクトップスが持つシルク特有の光沢の美しさやデザインが醸し出す高級感は申し分ありません。上品な雰囲気をまとうピンクゴールドの色合いは他の色を邪魔することがないので、室内でも違和感なく着ることができるでしょう。また、脇の下のカーブの作り方にも工夫がなされており、ゆったりとしたシルエットを保ちつつ、腕をストレスなく動かすことができるのも特徴です。動きやすさを重視したデザインは睡眠時にも体の動きを邪魔することはなく、睡眠の質の向上にも役立つでしょう。

 

Foo Tokyo「スビンコットン ロング ワンピース」

Foo tokyo スビンコットン ロングワンピース

ワンピースタイプのルームウェアであれば、Foo Tokyoのスビンコットン ロング ワンピースがおすすめです。

肌触りや通気性、吸湿性や吸水性に優れたコットンは、ルームウェアの素材として申し分ありません。しかし、このワンピースは通常のコットンではなく、全世界でたった0.1%しか採れない最高級コットンのひとつである、スピンを贅沢に使用しています。そのため、通常の綿で作られたワンピースよりも高い着心地のよさを実感できるのが特徴です。特に、スピンは油分を豊富に含んでいるので、通常の綿では感じることのできない、肌に吸い付くような質感を体験することができるでしょう。ワンピースは一枚で着るという特性上、それだけでリラックスして着ることができるものです。しかし、スピンが持つ素材の特徴はワンピースの特性と相まって、ルームウェアとしてのくつろぎをさらに押し上げてくれるでしょう。

特徴的なパフ袖や体のラインを必要以上に目立たせることのない上品なシルエット、そして前後で長さの異なるフィッシュテールを兼ね備えており、随所にこだわりを感じさせる一品になっています。白無地のワンピースは清潔感にもあふれており、着る人を選ばないのもポイントです。

もちろん、他のFoo Tokyoのルームウェアと同じく、このワンピースも日本国内の工場で縫製されています。ひとつずつ丁寧に縫製されたその製品に、日本のものづくり技術のレベルの高さを実感することができるはずです。

 

nanadecor「チェックラップパンツ ベージュ」

ボトムスタイプのルームウェアが気になっているのであれば、nanadecorのチェックラップパンツ ベージュがおすすめです。

ワイドなシルエットとなるようデザインされており、主に夏向きのルームウェアとして活躍します。薄手でありながらも透け感は少ないので、軽く着こなすことができるとともに、コンビニへの買い物のように、日常の外出時でも着ていくことができるでしょう。また、ウエスト部分を巻いて調整することができるので、その日の気分や着心地の好みに応じて高さを変えることができます。もちろん、室内ではあえて少し緩めることにより、体への圧迫感を調整することも可能。チェック柄のベージュカラーは他の色を邪魔しないので、トップスとしてあわせるルームウェアも色やデザインを問わず選びやすいのも特徴です。

オーガニックのコットン素材を用いているので、綿特有の肌触りや吸湿性、吸水性は抜群といえます。もともとワイドなシルエットで通気性のよい形状をしているので、綿の通気性とも相性がよく、湿度の高い日であってもさっぱりと着こなすことができるでしょう。

なお、もっと落ち着いたシンプルなデザインのほうが好みであるならば、Foo Tokyoのスビンコットン ワイドパンツ グレーがおすすめです。素材には最高級コットンのスピンをふんだんに使用しているので、吸い付くような肌触りを実感することができます。さらに、生地の縫製に対する工夫やシャーリングによる柔らかい着心地は、スピンの特徴と相まって極上のくつろぎをもたらしてくれるでしょう。一方、内側には袋縫いによる処理を行っているので、肌に触れたときの不快感を軽減するとともに、ストレスなく足を動かすことのできるデザインを実現しています。また、リバーシブルなリボンが添えられており、シンプルなデザインの中にかわいらしさが出ているのがポイントです。

 

MAISON DE REEFUR「ナイトシャツ」

シャツのルームウェアとして、MAISON DE REEFURのナイトシャツはその上品で落ち着いたデザインから、着るだけで落ち着いた雰囲気を演出します。

オーガニックコットンを使用したナイトシャツは綿の特徴でもある吸湿性や吸水性に優れているので、スリープウェアとして利用することができます。肌触りや通気性もよく、また柔らかく着心地がよいので、寝る前の時間帯を快適に過ごすことができるでしょう。そのシックな形状から、ボトムスをあわせるのであれば、同じような色合いでシックなものを選ぶのがおすすめです。

もし、あまりシックなものが好みにあわないようであれば、Foo Tokyoのスビンコットン スクエアタンク グレーをおすすめします。同じくFoo Tokyoのスビンコットン ワイドパンツ グレーとセットで着ることができるデザインになっており、シンプルなデザインで気分に左右されずに、気軽に着ることができるでしょう。最高級コットンのスピンがもたらす上質な着心地は、ルームウェアとして一段上のくつろぎをもたらしてくれます。

 

Foo Tokyo「プレミアム ナイトガウン ワッフル」

Foo Tokyoのプレミアム ナイトガウン ワッフルは、ガウンタイプのルームウェアとしておすすめできる一品です。

ガウンの生地はタオルで有名な愛媛県の今治で製造されています。しかし、タオルによく見られるパイル地ではなく、凹凸のあるワッフル織りを生地として採用しているのが特徴です。ワッフル織りのコットンはパイル地のように糸抜けする可能性が低く、また吸水性にとても優れています。コットンの特徴である吸湿性の高さも相まって、夏の暑い日を涼しく快適に過ごすことができるでしょう。その一方で、薄手で軽く仕上がっているために、夏に限らず1年を通して使用することもできます。

また、今治の水は不純物が少ないため、生地の製造にこの水を使用することにより、生地を柔らかく仕上げているのも大きなポイントです。加えて、コットン特有の肌触りや通気性を兼ね備えているので、ルームウェアとしての快適性は抜群であるといえるでしょう。

もちろんFoo Tokyoのガウンも、日本国内の工場で縫製されています。しかも、生地や水にまで国内にこだわった製品は他でもなかなか例がありません。最高の素材を最高の技術で形にしたこのガウンは、ルームウェアとしての安らぎを追求した最高の一品であるといえます。

 

お気に入りのルームウェアを見つけよう!

ルームウェア ルームウェアとは

ルームウェアの選び方は、素材を知り、生地を知ることではじめて見えてくるといえるでしょう。普段着とは違い、ルームウェアはなんといっても着たときの快適さを重視しています。しかも、何枚も重ね着することをあまり想定していないので、ルームウェアは基本的に1枚だけでその快適さを感じてもらうように作る必要があるのです。

快適さは素材や生地の特徴だけではなく、着心地によっても変わります。そのため、いくつものルームウェアを試着してみることをおすすめします。そうすることで、自分にあった素材や生地、着心地がわかってくるはずです。

自分にあった素材や生地が決まれば、ルームウェアの種類を決めましょう。種類ごとの特徴で選ぶのもよいですし、もちろん自分の好みのデザインを選ぶのもおすすめです。ただし、ルームウェアの特徴である快適さを最大限に生かすためには、リラックスして着ることができるものを選ぶのが何よりも大切です。したがって、できるだけ体に負担をかけることのない、ゆったりとしたデザインのものを念頭において選ぶことをおすすめします。

お気に入りの一着を着ると、それだけで気分が晴れやかになるものです。ぜひ自分のお気に入りのルームウェアを見つけて、くつろいだ時間を過ごしましょう。

Foo Style Magazine編集部

9,500 views

Foo Style Magazineは、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間に、明日を輝かせるためのアイデアなど、各分...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧