• HOME
  • BLOG
  • Gift
  • 【内祝い最新情報】出産や結婚祝いのお返しにもう迷わないで。

【内祝い最新情報】出産や結婚祝いのお返しにもう迷わないで。

ギフトボックスに入ったピンクと白のばら
Gift

「出産や結婚の内祝いって、何を選べばいいのかな…」
こんな風に悩んでいる方、いらっしゃいませんか?初めてのことなら尚更、「相手に失礼のないようなお返しを選ばなければ!」とプレッシャーを感じているかもしれませんね。でも、ご心配ならなずに。

今回は人気の内祝いアイテムとあわせて、初めての方でも分かりやすいよう”予算”や”のし”についてのマナーもご紹介していきます。「これ!」というものがあれば、そのまま購入できるようになっているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

出産・結婚の内祝いの相場は1/3〜半分の金額

ロングヘアーの女性と白い花

引用元:Unsplash

まず最初に知りたいことと言えば、やはり内祝いの相場ではないでしょうか?出産や結婚の内祝いは、お祝い内容に関わらず、いただいた品物やご祝儀の1/3から半分程度が一般的とされています。具体的な数字で説明すると…

*5万円→1.5万円強、10万円→3万円強の内祝い
*1万円→5千円、3万円→1.5万円の内祝い

5万円以上と高額なお祝いには1/3、それ以下は半分くらいの内祝いと考えておけば失礼にはなりません。こちらはあくまで目安です。明確な金額設定はありませんので、ご紹介した相場を参考に、負担になりすぎない内祝いを選んでくださいね。主役はお祝いされている皆さんということをお忘れずに。

ただ5万円に対し1千円と、あまりにもアンバランスな金額の内祝いは基本的にマナー違反とされています。印象も悪くなってしまうので注意しましょう。

出産や結婚の内祝いには何をあげるべき?

チューリップの花束を渡されているロングヘアーの女性

引用元:pixabay

タオルなど日常的に使えるもの

タオルや洗剤といった生活に役立つアイテムは、どのようなタイプの方にも喜ばれやすい人気の内祝いです。会社の上司など目上の方宛てなら質重視の日用品、ご家族がいらっしゃる相手なら、たくさんあっても困らない消耗品などを選ぶといいでしょう。

家族や仲間と楽しめるスイーツなどの食べ物系

スイーツ詰合せなどの食べ物系は、定番内祝いの代表格。こういった食べ物系は数人で楽しめるので、親戚や職場など人数が多いお返し相手にはとくにおすすめ。小分けタイプのものを選べば持ち帰りやすくなるので、渡す相手を考慮した気遣いのある内祝いになるでしょう。

好きなものが選べるギフトカタログ

「相手の好みや必要なものがわからない」という方は、好きなアイテムを選んでもらえるギフトカタログがおすすめです。総合ギフトカタログなら、日用品からグルメ系に美容系、また日帰り旅行までと選択肢が多いので、受け取る側のほしいものがきっと見つかるでしょう。

名前入りや趣味が合わない内祝いはNG

内祝いには、正直もらって困るアイテムもあるので注意が必要です。例えば、名前入りの記念品や写真立て、または相手の趣味に合わない食器類などはあまり喜ばれません。相手の好みを知っている間柄でない限り、あまり個性が強い贈り物は避けるのが無難でしょう。

お皿などの食器を贈る場合は、デザインがシンプルなものを選ぶと良いですね。もし親戚宛てなら、家族構成も考慮して、ちゃんと人数分あるものを贈りましょう。どうしていいかわからない場合は、先ほど紹介した使い切りの消耗品や、相手の好きなものが選べるギフトカタログなどがおすすめです。

出産・結婚の内祝いの『のし』ってどうすればいい?

「Thank you」と書かれた木のブロックと黄色のハート

引用元:Unsplash

贈り物に添える『のし』には種類があり、出産や結婚といった祝儀関係以外にも、香典返しなど仏事関係のために使用されるものもあります。間違った『のし』を選んで、一生懸命選んだ内祝いを台なしにしないよう十分注意してくださいね。

出産内祝いの場合

出産内祝いの場合は、”紅白蝶結び”の水引の『のし』を使いましょう。蝶結びは何度でも結び直せることから、”何度でも繰り返しお祝いしたい”という願いが込められています。紅白以外にも、金赤や金銀の蝶結びがありますよ。お好きな色の水引を選んでくださいね。

出産内祝いの表書き(水引きの上に書く言葉)は、「内祝」や「出産内祝」、そして水引の下の部分は生まれたお子さまの名前を書き入れます。名前のお披露目の意味もかねているので、苗字は基本的に書かなくても大丈夫です。難しい漢字の場合は、ふりがなをふってあげましょう。

結婚内祝いの場合

結婚内祝いの場合には、”結び切り”の水引の『のし』です。この結び切りは、簡単にほどけないほど固く結ばれていることから、”夫婦は二人で一つ”という願いが込められています。”結び切り”には、10本、7本、5本と水引の本数が異なる『のし』がありますが、10本以外の水引はお見舞いや快気祝いに使用するものなので、使わないように気をつけてくださいね。

結婚内祝いの表書きは、「内祝」や「寿」、差出人名の部分には新郎側の苗字を書き入れます。新郎新婦の名前を連名で書く場合もありますので、両家のご両親に相談して決めるといいでしょう。

もらって嬉しいおしゃれな出産・結婚の内祝い10選

手のひらとリボンがかかった小さなギフトボックス

引用元:Unsplash

つづいて、おすすめしたい出産・結婚内祝いのご紹介です。今回は、品質の良いアイテムにおしゃれさもプラスしたアイテムを選んでいるので、「センスが良い!」と思ってもらえる内祝いになると思いますよ。

生活に役立つ日用品の内祝いギフト

日常的に使うものは使用頻度が高く、とくに消耗品となれば、たくさん持っていて困ると思う方はあまりいないのでおすすめです。こういった実用性のある日用品は、実は特別感のある記念品よりも人気があるんですよ。

どの世代にも喜んでもらえる「タオルセット」

「Foo Tokyo」の高級タオルセット

「Foo Tokyo」の高級タオルセット

「Foo Tokyo」の高級タオルセットは、スペシャル感のある日用品として贈り物に最適です。世代を選ばず喜んでもらえるアイテムなので、「何をあげたらいいかな?」と迷った時の選択肢の1つに入れておくといいでしょう。「Foo Tokyo」のタオルセットは、”のし対応”もあるのでおすすめです。

購入はこちらから

おしゃれな消耗品「キッチンクリーンセット」

「Murchison-Hume」のキッチンクリーンセット

「Murchison-Hume」のキッチンクリーンセット

「Murchison-Hume」のキッチンクリーンセットは、テーブルや冷蔵庫、電子レンジにフローリングなど、キッチン周りを綺麗にしてくれるアイテムが入ったギフトボックスです。主張しすぎないおしゃれなデザインの洗剤なので、インテリアに強いこだわりがある方にも喜んでもらえるでしょう。

購入はこちらから

忙しい方にはリラックスタイムのお供「入浴剤セット」

「CLAYD」の入浴剤セット

「CLAYD」の入浴剤セット

「CLAYD」の入浴剤セットは、アメリカ西海岸から採れた、天然ミネラルが豊富なクレイを使用した入浴剤です。とても高品質で、癒しを与えつつ、お肌もスベスベにしてくれます。最近は、美意識の高い男性も増えているので、性別関係なく喜んでもらえる内祝いとしておすすめですよ。

購入はこちらから

大勢で楽しめるスイーツなど食べ物系の内祝いギフト

親戚や職場など人数が多い相手には、大勢で楽しめる食べ物系を選びましょう。とくに小分けに入ったスイーツ詰合せは職場向け。年齢や性別に考慮した内容のものを選ぶことで、受け取る側の満足度も上がりますよ。

内祝いの定番「焼き菓子の詰合せ」

「OVALE」の焼き菓子詰合せ

「OVALE」の焼き菓子詰合せ

お菓子の詰合せは、人気の内祝い定番アイテム。「OVALE」の焼き菓子詰合せなら、種類も豊富な上に小分け包装なので、人数の多い職場にはとても便利な内祝いです。賞味期限も常温で30日と長いので、ゆっくりと味わってもらえますよ。

購入はこちらから

ファミリー向けの「ハム詰合せ」

「犬山・サイトウハム」の無添加ハムの詰合せ

「犬山・サイトウハム」の無添加ハムの詰合せ

「犬山・サイトウハム」の無添加ハムの詰合せは、オーガニック好きの方におすすめしたい内祝いです。冷凍で約1ヶ月間も保存できるので、急いで食べる必要もありません。小さなお子さんがいる相手にも、安全で安心して食べられる贈り物として喜んでもらえると思います。

購入はこちらから

ご年配の方には「料亭の味セット」

「わらび里」の料亭の味セット

「わらび里」の料亭の味セット

ご年配の方には、洋ではない和の味「わらび里」の料亭の味セットがおすすめです。こちらのセットなら、ご飯とお酒のお供になるので、楽しみ方が1つではありません。パッケージもカラフルで贈り物向けですよ。

購入はこちらから

お茶好きに喜ばれる「ティーセット」

「ウェッジウッド」のティーセット

「ウェッジウッド」のティーセット

お茶好きの方、または来客が多い方には、英国生まれの高級紅茶「ウェッジウッド」のティーセットがおすすめです。リッチなティータイムを味わえますし、お客さまにお出ししても喜ばれるブランドなのでもらって困ることはないでしょう。

購入はこちらから

ギフトカタログの内祝いギフト

何をあげていいか迷ったら、さまざまなアイテムが揃うギフトカタログを贈りましょう。食べ物から旅行まで揃えている総合ギフトカタログ以外にも、1つのジャンルに特化したギフトカタログもあります。もし相手の好みがわかるのなら、その好みに合ったギフトカタログを選ぶとより喜ばれますよ。

グルメから日用品、日帰り旅行などが揃った「総合ギフトカタログ」

「ハーモニック」の総合ギフトカタログ

「ハーモニック」の総合ギフトカタログ

「ハーモニック」の総合ギフトカタログには、グルメ系から日用品、美容系、そして日帰り旅行のプランなど、さまざまなジャンルのアイテムが掲載されています。アイテム数は合計2,290点ととても多いので、年齢性別に関係なく好きなものを選んでもらえると思います。

購入はこちらから

世界中の美味しい食べ物を集めた「グルメギフトカタログ」

「DEAN&DELUCA」のギフトカタログ

「DEAN&DELUCA」のギフトカタログ

グルメな方への内祝いには、食べ物に特化したギフトカタログもおすすめです。「DEAN&DELUCA」なら、世界中の美味しいものがたくさん掲載されているので、お家にいながら贅沢な食体験をしてもらうことができますよ。

購入はこちらから

全国のアクティビティが詰まった「体験チケットカタログ」

「SOW EXPERIENC」の体験チケットカタログ

「SOW EXPERIENC」の体験チケットカタログ

お出かけ好きな方には、全国のアクティビティが掲載された「SOW EXPERIENC」の体験チケットカタログはかがでしょうか?アクティブ系やリラクゼーション系と体験内容もさまざまなので、内祝いを渡す相手の気分にあわせて選んでもらうことができますよ。

購入はこちらから

出産・結婚の内祝いはもらっても困らない贈り物を選ぼう。

内祝いは、いただいたお祝いのお返しです。主役はあくまでお祝いされた皆さんなので、あまり高額なものを贈るのは受け取りづらくなるのでやめましょう。また個性の強いオブジェや食器なども、相手の趣味に合わなければ、喜ぶどころか相手を困らせてしまう贈り物になってしまいます。

内祝い選びで忘れてはいけないポイントは、”お返しする相手が困らない金額・内容”であることです。ぜひこのポイントを頭の片隅において、素敵なお返しを選んでくださいね。

Foo Style Magazine編集部

781,377 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事