• HOME
  • BLOG
  • Gift
  • 内祝いはタオルに決まり!選び方のポイントとおすすめを大公開!

内祝いはタオルに決まり!選び方のポイントとおすすめを大公開!

タオル 内祝い
Gift

この記事では、「内祝い」に最適なタオルについて、選び方やおすすめの商品などを紹介しています。
結婚や出産のお祝いをもらうと、お返しに「内祝い」を贈るのが一般的です。しかし、内祝いとして何を選べばいいのか、迷ってしまう人も多いでしょう。こんなとき、実用的なタオルであれば喜ばれやすいので安心して贈ることができます。ひと口にタオルといっても、ブランドや素材、サイズなどさまざまなタイプがあるため、選び方のポイントを知っておきましょう。

内祝いの商品の選び方

そもそも内祝いとは、結婚や出産などでお祝いの品をいただいたときに、返礼の品として贈るものを指します。必ず内祝いをしなければならないと決まっているわけではありませんが、日本では古くからマナーや慣習として浸透しているため行ったほうが良いでしょう。特に、自分や配偶者の親族からお祝いをいただいた場合、内祝いをしなければ「非常識だ」と不快感を持たれ、親戚付き合いに支障が出るおそれもあります。お祝いをいただいたときは、誰にどんな品物をもらったか記録し、忘れずに内祝いを贈るようにしましょう。

ただ、内祝いは頻繁に贈るものではないため、「何を贈れば良いの?」と困ってしまう人も多いです。実は、内祝いの商品はこれといった決まりはありません。お祝いをくれた人に合ったもの、喜んでもらえそうなものを贈っても構わないのです。ただし、いくら何を贈っても良いとはいっても、自分勝手な判断で商品を選ぶのはやめましょう。自分が好きな商品だからといって、相手も同じように喜んで使ってくれるとは限りません。相手を困らせないためにも、使い勝手が良く実用的な品物を選んだほうが無難です。

また、内祝いの金額も重要な選び方のポイントです。結婚祝いでも出産祝いでも、お返しはいただいた金額の半額もしくは3分の1程度を目安として選ぶのが一般的になっています。たとえば、1万円のお祝いをいただいた場合は3,000~5,000円の内祝いを贈るのが相場です。ただ、近しい親族からは5万円など高額なお祝いをいただくケースも多いです。この場合、半額や3分の1の金額で内祝いを贈ると「高額のお返しをさせてしまった」と逆に相手を恐縮させるおそれもあります。このような場合は、自己判断せず両親などと相談し、どれくらいの金額の内祝いにするかを決めましょう。

現金ではなく品物でお祝いをいただいた場合は、金額がわからないため内祝いの品も選びにくいです。そんなときは、いただいた品物をインターネットなどで調べ、おおよその金額を確認しましょう。現金でのお祝いのケースと同じく、半額もしくは3分の1程度の金額の品物を選んで構いません。

このように、内祝いはいただいたお祝いの金額を参考にして選ぶのが基本です。できるだけ相手のことを考え、好みや生活スタイルなどに合ったものを贈るようにしましょう。

内祝いの贈り方

結婚祝いや出産祝いをいただいたら、遅くとも1~2カ月以内には内祝いを贈るのがマナーです。ただ、人によっては結婚による引っ越しや出産後の慣れない育児などで、内祝いを贈る余裕がないケースもあります。このようなときは遅れても仕方がありませんが、早く贈るに越したことはありません。結婚や出産をする前から、時間を見つけて早めに内祝いの品を選んだり、贈るであろう相手の住所などをピックアップしたりしておくと良いでしょう。ある程度準備を済ませておけば、余裕がないときでもサッと注文できるので大きな負担にはなりません。

実際に内祝いを贈るときは、包装紙で丁寧にラッピングした後で必ず「のし」をかけます。のしはお祝いの品に添える飾りであり、正式な贈り物であることを示すためにも欠かせないものです。のしには、水引の上に「内祝い」と書き、下にはお祝いをくれた人の名前を書きましょう。この表書きものしをかけるのも、内祝いを購入した店舗で依頼すれば無料で用意してもらえるケースがほとんどです。自分で用意する前に、のしをかけてもらえるか店舗に問い合わせてみましょう。

また、品物と一緒にメッセージカードを贈ると、相手に喜んでもらえる可能性が高いです。のしがついていれば、品物だけを贈っても内祝いだとすぐに気づいてもらえます。しかし、単純に品物だけを贈るより、お礼が添えられていたほうがより感謝の気持ちが伝わります。一言だけでも良いので、直筆でお礼を書いたメッセージカードを同封してみましょう。

内祝いでタオルが喜ばれる理由

内祝いの中でも、特に喜ばれやすいのが「タオル」です。「タオルなんてありふれていてつまらない」と思う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。たとえば、食品を贈った場合、相手によっては好き嫌いが大きく分かれる可能性があります。中には、アレルギーがあってまったく食べられないケースもあるでしょう。こうなると、せっかくの内祝いが無駄になってしまうだけでなく、相手に食品を処分させなければなりません。罪悪感を抱かせたり、手間をかけさせたりしてしまいます。衣類や雑貨なども、相手の好みに合わない可能性があるので注意が必要です。部屋のインテリアに合わなければ、使ってもらえずタンスの肥やしになってしまうでしょう。

この点、タオルなら消耗品なので、いくら持っていても無駄になる心配がありません。使用場所が比較的限られるため、多少趣味やインテリアに合わなくても使ってもらえる可能性が高いです。しかも、少し値が張るタオルはなかなか自分では買わないため、内祝いとして人からもらうと嬉しいものです。お客様用など特別なシーンでも活用できるため、重宝されるでしょう。
タオルは汎用性が高く、どんな人でも使えるというメリットがあります。何を贈れば良いか迷っている場合は、使い勝手の良いタオルを選んでみてはいかがでしょうか。

内祝いおすすめタオルギフト① Foo Tokyo「Fooタオルギフトセット」

Foo Tokyoタオルギフト

内祝いにピッタリのタオルとして、まずおすすめしたいのがFoo Tokyoの「Fooタオルギフトセット」です。

Foo Tokyoには、4つのこだわりがあります。1つ目は、触れただけで違いがわかるような最高の繊維や生地のみを使用している点です。2つ目は、できるだけストレスを感じにくいデザインを追求して縫製している点。3つ目は、不要なコストを抑えるために商品の生産量を調整し、最高品質の品を最適な価格で提供している点です。そして4つ目のこだわりとして、最高の商品を作るために、信頼できる最高の環境を備えた工場でのみ生産している点が挙げられます。これらを見ているだけでも、Foo Tokyoの品がいかに大切に作られ、贈り物として最適かがわかるでしょう。

「Fooタオルギフトセット」は、そのこだわりを受けて作られた贅沢な一品です。希少な最高級オーガニックコットンを使用しており、その品質の高さは日本の最高級旅館でも使用されているほどです。タオルを研究し尽くしたFoo Tokyoの匠の技で作られているため、触れた瞬間に違いがわかるほど柔らかい仕上がりになっています。ふわふわの使い心地は、一度使ったら病みつきになってしまうでしょう。なんと5秒以内ですっかり水に沈んでしまうほどの抜群の吸水力を誇っているにもかかわらず、乾きやすいというメリットもあります。洗濯を繰り返しても固くなりにくい特別仕様で作られており、耐久性にも問題ありません。最高品質のタオルを繰り返し使えるので、相手にも大いに喜んでもらえるでしょう。

おすすめのパジャマやルームウェアギフトについての記事はこちら☟

内祝いおすすめタオルギフト② TENERITA「スクウェアジャカードバスタオルショート」

TENERITAは、特にオーガニックコットンに強いこだわりを持つブランドです。質の良い天然繊維を使用することで、最高品質の商品を作り出しています。その質の高さは、世界で最も厳しい基準といわれるドイツのオーガニック認証から、日本で初めて認可を受けたほどです。世界中の繊維の産地と深い関わりを持ち、環境にやさしい商品作りを目指している証拠になっています。

そんなTENERITAの「スクウェアジャカードバスタオルショート」も、内祝いには最適です。タオルの表と裏には全体的に適度な凸凹が施されており、ワッフルのようなさらさらした手触りとふんわりとした柔らかさを兼ね備えています。契約農場から取り寄せた最高品質のオーガニックコットンを用い、タオルの名産地として知られる愛媛の今治で丁寧に作られました。あえて糸の撚り数を甘めにすることで、綿本来がもつふんわり感を実現しています。

さらに、特殊な製法によって毛羽落ちも軽減されました。使っているうちに繊維が取れて顔や手にくっついてきたり、タオルがボロボロになったりするのを防ぐことができます。サイズは約60×110センチと小さめのバスタオルといった具合なので、赤ちゃん用としても最適です。ホワイト、生成、ローズにブルーグレーとカラーバリエーションも豊富なので、見た目も華やかで楽しめます。
オーガニックを使用している点、サイズが小さな点などから、肌の弱い人や小さな赤ちゃんがいる人などにおすすめです。

内祝いおすすめタオルギフト③ Hippopotamus「GIFT BOX」

内祝いには、Hippopotamusの「GIFT BOX / BTx1 FTx1 WTx1 CTx1」もおすすめです。Hippopotamusのタオルは、拭き心地を中心に安全性や風合いまで追求して作られています。オーガニックコットンを用いるだけでなく、再生竹繊維をバランス良く組み合わせることで、一般的なタオルでは得られないような爽快な拭き心地も実現しています。再生竹繊維はエコ素材としても知られており、環境にも配慮したタオルだという点も魅力的です。

「GIFT BOX / BTx1 FTx1 WTx1 CTx1」は、バスタオルとフェイスタオル、ウォッシュタオルにチーフタオルの4種類がセットになっています。それぞれサイズが異なり、幅広い用途に利用できます。これだけのバリエーションがあれば、日常のさまざまなシーンで使ってもらえるでしょう。

また、1枚ずつ自由に色を組み合わせることができ、贈る人をイメージしたカラフルでかわいいタオルにもできます。そして、この「色」もHippopotamusならではの魅力なのです。通常、タオルを染めると全体が同じように色づきます。ところが、オーガニックコットンと再生竹繊維を織り交ぜて作っているHippopotamusタオルは、それぞれの素材ごとに染まるスピードが異なります。再生竹繊維が早く染まり、オーガニックコットンがゆっくりと染まることで、1枚のタオルで濃淡のある染色が可能になるのです。一般的なタオルとは違った風合いを楽しめるため、すでにタオルを多く持っている人にも喜んでもらえるでしょう。

再生竹繊維を使用していることから、エコ意識の高い人や珍しい品物が好きな人におすすめです。

内祝いおすすめタオルギフト④ 今治タオル「雲ごこちギフトセット」

タオルで不動の人気を誇るブランドといえば、今治タオルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。その今治タオルからも、内祝いにぴったりな「雲ごこちギフトセット(BT×1枚、FT×2枚入)」が販売されています。

今治タオルは、豊かで清らかな自然を活かして作られた独特の使い心地の良さが特徴です。見栄えや豪華さよりも使い心地や用途を重視し、それに合った綿を厳選して使用しています。また、不純物が少なく硬度の低い水を使うことで、繊維に負担をかけず鮮やかで柔らかいタオルに仕上げているのです。

「雲ごこちギフトセット(BT×1枚、FT×2枚入) 」は、その名の通りまるで雲のようなタオルです。今治の良質な天然水と最新鋭技術を使って作られた超長綿を使用し、繊維の撚りの回数を減らすことで雲のようなふわふわの触り心地を実現しました。パイルの毛足は5ミリもあり、肌触りだけでなく吸水性の良さも申し分ありません。絹のように艶がある最高級品質の綿で作られているため、つやつやした優しい色合いも魅力です。カラーはライトブルーとライトピンク、イエローにライラックの4種類の中から選ぶことができます。ただ、このギフトセットはホワイトが選べないため、4種類以外のカラーを贈りたい場合は、ほかのギフトセットを選ぶと良いでしょう。

ほかのタオルのブランドを知らなくても今治タオルなら知っているという人も多いので、贈り物には最適なタオルです。知名度の高いブランドを探している人、ふわふわの使い心地が好きな人などにおすすめです。

内祝いおすすめタオルギフト⑤ イケウチオーガニック「オーガニック960バスタオル」

タオルで有名な今治で、創業60年を超える老舗として今なお活躍しているのがイケウチオーガニックです。タオルの品質や安全性にとことんこだわりぬいているブランドで、生産されるすべての商品が「エコテックス規格100のクラス1」という厳しい安全基準をクリアしています。赤ちゃんが口に含んでも問題ないほどの品質を誇っているため、安心して使うことができます。

そんなイケウチオーガニックのおすすめの内祝いは、「オーガニック960バスタオルギフトボックス」という商品です。頻繁にタオルを使用するプロ用に開発されたタオルの上位モデルとして開発された商品であり、非常に高い耐久性を誇ります。極細のオーガニックコットンを、贅沢にも3本束ねて使用することで強度を上げているのが特徴です。通常、強度を上げるとゴワゴワと固いタオルになってしまいがちなのですが、そこはやはり今治タオル。耐久性もありながら、使い心地もソフトで問題ありません。また、束ねてある3本のオーガニックコットンはそれぞれ色合いが微妙に異なっており、組み合わせることで色が移り変わる独特の風合いを醸し出しています。

カラーはアイボリー、ベージュ、チャコールグレーの中から自由に選べます。シックで洗練されたカラーバリエーションとなっているため、年齢や性別を問わず贈ることができるでしょう。赤ちゃんやペットがいるなどして、安全なタオルを使いたい人におすすめです。

内祝いおすすめタオルギフト⑥ Abyss Habidecor「SUPER PILE」

「とにかく豪華でハイクラスのタオルがいい!」という場合は、Abyss Habidecorの「SUPER PILE」を贈りましょう。Abyss Habidecorは高級タオルの代名詞として世界中で認められているブランドで、ドバイの7つ星ホテルのスイートルームでも使用されているほどです。まさに、世界で一番ラグジュアリーなタオルだといっても過言ではありません。

「SUPER PILE」は、世界最高峰の綿であるエジプト綿を贅沢に使用して作られています。一般的なタオルの約3倍もの綿を使用しており、ボリューム満点で使い心地も吸水性も抜群です。Abyss Habidecorは、科学薬品を一切用いず、タオルとして織り上げた後に染めるという特殊な染色方法でも知られています。「SUPER PILE」もこの方法で染色されているため、自宅で洗濯したときに縮みが起こりにくく、長期間にわたってソフトな肌触りを楽しむことができます。

また、カラーバリエーションも豊富で、そのラインナップはなんと40種類以上。落ち着いたカラーやスタイリッシュなカラー、かわいいカラーなどたっぷりの選択肢の中から、自由に好きなカラーを選ぶことができます。カラーと同様にサイズもさまざまあり、ハンドタオルにバスタオル、フェイスタオルにミニバスタオルと用途に応じて選べます。好きなカラーと組み合わせ、個性的なタオルセットに仕上げましょう。

これほどラグジュアリーなタオルはなかなか自分で買う機会がないので、他のタオルとはひと味違った豪華さを求める人、珍しいカラーで目立つものを探している人などにおすすめです。

内祝いおすすめタオルギフト⑦ Micro Cotton「タオルギフト ラグジュアリー」

ラグジュアリーなタオルを探している場合は、Micro Cotton「タオルギフト ラグジュアリー バスタオル1枚 フェイスタオル1枚セット マイクロコットン」もおすすめです。日本でもテレビや雑誌などさまざまなメディアで取り上げられる機会の多いタオルブランドなので、名前を知っている人も多いでしょう。

Micro Cottonは世界40以上もの国々で長く愛されているブランドで、その品質の高さからアメリカ政府にも認められているほどです。アメリカ政府公館ではホワイトのタオル、政府専用機ではブラックのタオルが伝統的に使用されています。繊維を少しだけ撚る「甘撚り」という製法で作られており、タオルを掴むと指がパイルの間に沈んでいくような感覚に陥ります。甘撚りのタオルは使用した後もパイルが崩れにくく、このふわふわの感触を長く楽しめるのも魅力です。

甘撚り製法を実現するには長い綿が必要になるため、Micro Cottonでは「超長綿」と呼ばれる繊維を使用しています。超長綿は、その名の通り1本1本が非常に長い繊維で、これを使って作られたコーマ糸を100%使用しているのが特徴です。超長綿は採れる量も少なく、非常に高価な繊維です。これを100%使って作られたタオルが、いかに高品質でラグジュアリーなものかがわかるでしょう。アメリカ政府をはじめ、世界中の高級ホテルや高級デパートでも数多く取り扱われています。

バスタオルとフェイスタオルのセットは、日常でも使用する機会の多いサイズなので使い勝手にも問題ありません。カラーはそれぞれホワイトとブラックから選べるので、両方同じカラーで統一感を出したり、あえて違うカラーにしてアクセントをつけたりすることもできます。伝統と格式のあるハイクラスのタオルを使いたい人、希少な原材料を使った珍しいタオルを使いたい人などにおすすめです。

内祝いおすすめタオルギフト⑧ Hotman「エリー EL‐811」

「やっぱり贈り物は日本製のものが良い」という場合は、Hotman「エリー EL‐811」を選ぶと良いでしょう。Hotmanは東京生まれのタオルブランドで、創業150年を迎える老舗中の老舗です。厳選した高品質の綿を取り寄せ、縫製や染色、検品に販売まですべて国内で一貫して行っています。しっかりとした品質が期待できる日本製のタオルであれば、内祝いとして安心して贈ることができるでしょう。

「エリー EL‐811」は、上品でかわいい花柄が特徴のタオルセットです。ブルーとピンクのカラーが選べ、どちらもかわいらしいデザインなので女性にぴったりです。シャーリング地の綿100%で作られており、サラサラとした快適な使い心地を楽しめます。また、セットになっているタオルのバリエーションも豊富で、バスタオル2枚とフェイスタオル2枚、さらにバスマットまでついているという充実ぶりです。全部で5点ものタオルがセットになっているので、贈られた人はボリューム感に満足してくれるでしょう。

ちなみに、バスマットだけはブルーとピンクに加え、ホワイトとイエローのカラーも準備されています。さらに、Hotmanが販売するタオルシリーズの中の「1秒タオル」と呼ばれるもので、非常に高い吸水性を誇ります。1秒タオルとは、1センチ角にカットして水に浮かべた際、1秒以内に吸水して沈んでしまうタオルのことです。濡れやすい脱衣所の床の水分を吸収し、清潔に保ってくれます。日本製のタオルを好む人、さまざまな種類のタオルが入ったお得なセットを探している人などにおすすめです。

喜ばれるタオルギフトで内祝いを贈ろう!

タオル 内祝い

ひと口にタオルといっても、Foo Tokyoをはじめとして、ブランドごとにさまざまな特徴やバリエーションを持っています。誰もが名前を知っているようなブランドもあれば、知名度は高くなくても非常に品質にこだわったブランドもあり、どれを選べば良いか迷ってしまうでしょう。基本的にはどれを選ぶのも自由ですが、あくまでもお祝いをいただいた人への「お礼の贈り物」であることを忘れてはいけません。自分の好みだけで内祝いを選んでしまえば、相手を困らせたり、せっかくの贈り物を使ってもらえなかったりするおそれもあります。

このような事態を避けるためにも、どんなにおすすめしたい品があったとしても、自分の好みはとりあえず置いておきましょう。贈る相手の好みなどを、じっくり考えてみるのがポイントです。相手に合わせたタオルを選び、喜んで使ってもらえる内祝いを目指しましょう。

おすすめのルームウェアについての記事はこちら☟

 

Foo Style Magazine編集部

151,382 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧