• HOME
  • BLOG
  • Lifestyle
  • おすすめのハンガーでクローゼットをおしゃれに、毎日を快適に!

おすすめのハンガーでクローゼットをおしゃれに、毎日を快適に!

木製のハンガー
Lifestyle

映画やドラマの中の素敵なクローゼットスタイルを目指しておすすめのハンガーを揃えてみませんか?クローゼットを素敵に快適にしたいと思いつつも、クリーニング屋さんのハンガーのままだったり、何気なく買ってしまった不揃いのハンガーで、過ごしてしまっているのではないでしょうか。

『ハンガーを揃えたい』と思った時、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか?
ご自身のライフスタイルに合ったハンガーの選び方、そして収納、洗濯など用途別に適した選び方まで、ここではハンガー選びのおすすめポイントを知ることができます。

機能優秀なハンガーからこだわりの個性的なハンガー、良質なのに意外に知られていないハンガー、リーズナブルで揃えやすいハンガーなど、おすすめハンガーを沢山、ご紹介していきます。貴女の素敵なクローゼットと快適な毎日の為におすすめのハンガーを選んでみませんか?

関連記事はこちら

おすすめするハンガーの役目と素材について

ラックにかかったハンガー

憧れのクローゼットをイメージされた時、どのような素材のハンガーを思い浮かべますか?
統一感のある木製ハンガーに掛かったドレスやジャケットなどは、とても高級感があって見映えが良いですよね。また、機能美があるスチールタイプのハンガーも明るくておしゃれなクローゼットになりそうです。

ハンガーには色々な素材があって実際に選ぶときには本当に迷ってしまいます。見映えも大切ですが、ハンガーにはお気に入りのお洋服をいつでも着られる様に美しくキープする大切な役目があります。最初にハンガーの役目と素材を考えながらご自身のワードローブに合ったおすすめのハンガーの選び方をご紹介したいと思います。

ハンガーの役目について

ハンガーの大切な役目はお洋服のコンディションとシルエットキープです。普段、私たちは、ジャケットやワンピース、シャツなどを自身の『肩』で洋服を着ている形になります。そして、人が着用していない時に人の代わりに着用して、シルエットを美しく維持してくれるのが、ハンガーだと考えてみてはいかがでしょうか。

ハンガーの素材について

ハンガーは大きく3種類の素材(木製、金属製、プラスチック製)と機能素材などの新素材に分かれます。それぞれの素材には、機能、形状、役目に特徴があり選ぶときの大事な目安になります。素材はクローゼットやお部屋のイメージに影響します。素材の特性を知ることでワードローブに合ったハンガーを選びましょう。

木製ハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

木製ハンガーの素材でおすすめなのは、ビーチ材(日本語でブナ材)やタモ材です。ビーチ材は、椅子などに使用され堅さがあるのに曲げに強くまた、ジャケットなど厚みのある削り出しにも適していてハンガーには最適な素材です。木製ハンガーは、成型製作ではなく、削り出しや仕上げなど人の手による部分が多く、高価になりがちです。

リーズナブルな木製ハンガーには、ロータス材が使われています。ビーチ材やタモ材とは違い密度が低いので、耐久性が低く、重量のあるジャケットやコートには向きませんが、安価に揃うのがメリットになっています。木製ハンガーを選ぶときには、木の素材名を確認することも大切かもしれませんね。

金属製ハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

金属製ハンガーには、スチール・ステンレス・アルミの素材があります。
スチール製は、ゴールド、シルバーなどメッキ加工が可能で、繊細でクラシックなイメージのハンガーです。ショップディスプレイのハンガーとして使用されることが多く、見せるハンガーとして見映えがあり、おすすめです。

ステンレスやアルミのハンガーは、軽く、サビにくい加工がされているので洗濯にも収納にもOKなタイプが多くおすすめです。大量生産が可能な為、比較的リーズナブルな価格で揃います。金属製ハンガーは、ワイヤーやパイプで作られるのでシルエットキープには向かないタイプが多いのですが、幅が薄く軽いので沢山掛けられ、省スペース効果があります。

プラスチックハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

元々はアパレルやクリーニング店の流通、納品用に普及したのがプラスチックハンガーです。成型による製作の為、理想の人体型に形状作成可能なので、スーツやコートなどシルエットキープにも最適なハンガーが作られています。大量生産が可能でリーズナブルなこともメリットになっています。

軽量なので木製ハンガーと比較するとクローゼットのパイプ耐荷重にも影響が少なく助かります。ハンディアイロンを使用する際にも湿気に強く、片手で持っていても軽量なので負担が少なく、扱いやすさが見直されていておすすめです。また、衛生的で水に対して強く、洗濯用で一番多いのもプラスチックハンガーです。

機能素材・新素材ハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

ハンガー

出典元:amazon

洋服が滑ることなくハンガーにキープできる機能素材のノンスリップハンガーもおすすめです。ノンスリップハンガーには、スチールやアルミのハンガー本体にべたつきのある粘性樹脂をコーティングしたタイプとベルベット素材などを吹き付けたダッチハンガーと呼ばれるタイプがあります。

滑りにくいハンガーは同時に掛けずらい面の指摘もありますが最近、非常に人気になっています。

ハンガーの種類と目的別おすすめタイプ

クローゼットにかかっているハンガー

ハンガーは、収納と洗濯に大きく役目が分かれて使用されます。収納用ハンガーは、洋服のケアをしつつ、主にシルエットをキープすることが大事で着用したいと思った時にすぐ着られる状態に維持してくれるハンガーがおすすめです。

洗濯用ハンガーは洗濯して濡れた衣類の形を整えて吊るすための役目があります。乾いた時にお洋服のシルエット崩れが少ないタイプが、おすすめの洗濯ハンガーになります。

ハンガーの種類を改めて確認して、お好きなハンガー素材とマッチングさせて選ぶことで理想のクローゼットに近づくのではないでしょうか?

収納用 おすすめクローゼットハンガー

クローゼットハンガーは衣類のコンディションを保つためにもアイテムに適した形状のハンガーを選ぶことが大切です。合わないハンガーに掛けるとシワができたり型崩れを起こしたり、ハンガー跡がついたりしてキープする目的が逆効果になってしまいます。
また、ハンガーを掛ける向きはクローゼットの場所、人によっても違うので、フック部分は360度回転するタイプがおすすめです。衣類のアイテム別におすすめのハンガータイプを確認してみましょう。

スーツ・ジャケット・コート用ハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

ジャケットやコートは肩の丸みがあり傾斜があるハンガーが最適です。カジュアル系が多いのかビジネス用スーツが多いのかによって肩の丸み、厚みも最適タイプが違います。ハンガーにかけた時、人が着用している様に自然なシルエットになるタイプがおすすめのハンガーです。

また、メンズ用とレディス用ではサイズが違うのでワードローブに合ったサイズを選びましょう。スーツ用はボトムがセットでかけられるタイプが省スペース効果、着用する時にもスムーズなので最適です。コートは重量があり、保管時間の方が着用より長いので耐重荷を確認して耐久性のあるものがおすすめです。

シャツ・ブラウスハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

ハンガー

出典元:公式サイト

シャツ、ブラウス類はジャケット用ほど肩の丸みや厚みが少ないタイプがおすすめです。
ブラウスはデザインバリエーションが色々なので滑りにくい汎用性のあるMAWAタイプのハンガーが便利です。また、1回着用ごとに洗濯しないブラウスやハンディアイロンを使用する場合は、湿気に弱く色が移りやすい木製よりもプラスチックハンガーがおすすめです。

ボトムスハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

ハンガー

出典元:公式サイト

ズボンハンガーにはピンチなどで挟むタイプと二つ折りにして掛けるタイプがあります。
ピンチ部分が移動するタイプがおすすめです。サイズに影響せず使用可能で、スカートにも使用ができます。ピンチ跡がつきにくい加工がされているもの、落ちにくいタイプを選ぶ事も大切です。

二つ折りで掛けるタイプはジーンズから折り目のあるスラックスまで使用できて便利です。
二つ折りタイプは滑りにくいタイプのボトムスハンガーがおすすめです。複数かけられる連結タイプもありますのでクローゼットのスペースで選ぶと良いですね。

小物用ハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

ハンガー

出典元:公式サイト

スカーフやネクタイなど小物用のハンガーも便利でクローゼットが整えやすくなりおすすめです。所有するネクタイやスカーフなどの本数に応じてタイプを選びましょう。掛けやすくて取り出しやすい小物ハンガーが各メーカーから出ています。

洗濯用 おすすめタイプ・ランドリーハンガー

ランドリーハンガーは濡れたものを型崩れをしない様に干して早く乾かすことができるタイプがおすすめです。濡れた衣類は重たいので干す時の労力を考えるとランドリーハンガーは軽いものが快適です。ここでは、ピンチタイプ、パラソルタイプ以外でおすすめのランドリーハンガーをご紹介したいと思います。

おしゃれで清潔感のある衣類用プラスチック製ランドリーハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

洗濯専用のランドリーハンガーはプラスチックが最適です。色移りがせず、清潔に維持でき、日光やサビに強い洗濯専用タイプがおすすめです。

サビ、潮風に強く軽いアルミ製ランドリーハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

ランドリーハンガーには、サビにも潮風にも強く、超軽量タイプのアルミハンガーも適しています。浴室乾燥機対応タイプもありおすすめです。

綺麗な形にキープできるブラハンガー

ハンガー

出典元:楽天

カップ部分の型崩れや乾きにくさが解消されるブラ専用のランドリーハンガー。
大切なブラがベストコンディションで乾燥できるのでおすすめです。

機能的で使いやすいおすすめバスタオルハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

色々なバスタオルの寸法に伸長可能で乾きやすいバスタオル専用ハンガー。
プラスチック製でお手入れしやすいバスタオル専用ハンガーもあると便利でおすすめです。

キッズベビー用 おすすめハンガー

おままごとのおもちゃ

キッズベビー用も揃えることをおすすめします。
クローゼット用もキッズ専用なら整理整頓の習慣がつきそうです。子供時代から可愛いハンガーで過ごさせてあげたいですね。

TAYA ベビーキッズ用スチールクローゼットハンガー

ハンガー

出典元:楽天

金属部分の継ぎ目の気になるバリも1本1本処理されていて安心の日本製。
ベビー用肩幅28センチ、トドラー用肩幅32センチ、キッズ用肩幅35センチと選べる3サイズが揃っています。

ナガシオのキッズ専用ワイヤーハンガー

ハンガー

出典元:楽天

洗濯屋さんのワイヤーハンガーをカッコよくキッズ用に作成。国内生産なのにとてもリーズナブルなシャツハンガー。

カラフルなダルトンのキッズハンガー

出典元:公式サイト

カラフルでポップな木製のキッズ用クローゼットハンガー。肩幅32センチのワンサイズのみですが6色展開のカラーバリエーションがあります。

収納用クローゼットハンガーの選び方 5つのおすすめポイント

ハンガーと服

収納用クローゼットハンガーを選ぶときにどのような事に注意をしたら良いのでしょうか?素材やデザインを考える事と同時にライフスタイルを基準に考えることも必要です。

ポイント1 ハンガー収納に向くもの、向かないものを分けましょう
スーツやジャケット、シャツ、パンツ、スカート類は、ハンガー収納に最も適しています。Tシャツや軽めのニット素材でも滑りにくいハンガーや襟ぐりが伸びないタイプを選ぶ事でハンガー収納が可能になります。柔らかいボリュームのあるセーターなどのニット類はハンガーに掛けることで自身の重さにより伸びてしまいますので、ハンガー収納には向かないと考えてはいかがでしょうか?

ポイント2 クローゼットをチェック!適切なハンガー本数を確認しましょう
収納するスペースを確認し、ご自身のワードローブでハンガーに掛けられる洋服が何着あるのか数えてみましょう。オフシーズンの保管形態によっても必要本数が変わってきます。省スペース化で沢山掛けられてもバーパイプの耐荷重に耐えられないかもしれませんので注意が必要ですね。

ポイント3洋服に合ったハンガーのサイズを選ぶことが大切
ハンガーのサイズはメンズ用で42〜44センチ、レディース用なら36〜38センチが主流です。シャツ・ブラウス用などは、サイズが兼用できるタイプもありますのでワードローブを確認してどのようなタイプが多く必要なのかを考えてみませんか?種類別に用意できるのが理想ですが、省スペースの為には、兼用できる汎用性の高いタイプを選ぶ事も大切です。

ポイント4 ハンガーの統一感とスペース問題も大切なセレクトポイントです
木製ハンガーだけ、スチールハンガーだけのように一つの素材で統一できると最も美しいクローゼットになります。でも、スペース問題や予算、洋服との相性で単一素材では難しい場合も考えられます。例えば、木製と金属、プラスチックと金属など、2種類程度ならミックスしてもイメージが統一しやすいですね。

ポイント5 予算も大切なポイント。ハンガーを一度に揃える?徐々に揃える?
ハンガーは安価なものから高価な物まで価格レンジが広いのですが、例えば、『リーズナブルタイプで必要本数を揃える』のか、『長く使用できるお気に入りを徐々に揃える』など予算を事前に考えておきましょう。徐々に揃える場合は、リピート購入できるシリーズを選ぶと安心ですね。

洗濯用ランドリーハンガーの選び方 3つのおすすめポイント

ハンガーにかかった白い服

ポイント1 洗濯用と収納用ハンガーを分けたほうが良い理由
洗濯用ハンガーは非常にリーズナブルで良質なタイプが沢山あるので、分けたほうが経済的にも使用面でもおすすめです。収納用ハンガーは室内で乾いたものを収納するのに最適な為、濡れた衣類を掛けると色が移ったり匂いが移ったりします。洗濯用ハンガーは、水、柔軟剤などの薬剤、日光、大気に晒されても品質劣化しにくい事が条件です。また、浴室内乾燥機を使用する場合は熱に強いことが求められます。

ポイント2 ハンガー跡がつきにくい事が大切
濡れた状態の衣類を掛けるのでハンガーの跡がつきやすくなります。Tシャツなどが多い場合は肩先の丸いタイプを使用したり、掛けやすく、外しやすく機能的にデザインされたタイプがおすすめです。

ポイント3 濡れた衣類は意外と重たい!軽い事がポイント
脱水後でも濡れた洗濯物は重さがあります。干す時の労力、干した後の荷重を考えると洗濯用ハンガーは軽くて丈夫なタイプがおすすめです。

収納用クローゼットハンガーメーカー 人気のおすすめ 12選

ハンガーにかかった複数の服

収納用ハンガーはもともと、業務用の会社が多く、一般消費者用専門店が少なかったアイテムです。しかし、インターネットショッピングが広まり、幅広く商品が見られ販売されるようになりました。洋服のデザイン、素材も多種多様で従来のハンガーだけでは市場のニーズに合わなくなり、様々なタイプのハンガーが登場しています。そんなニーズに対応したおすすめのクローゼットハンガーメーカーをご紹介したいと思います。

日本で人気の欧州デザインハンガー

洋服の歴史と共にクローゼット収納やハンガーに関しても歴史が長い欧州ですが、クラシックなタイプより日本では、個性的で機能的なハンガーブランドが人気です。

ドイツ製 すべらないMAWA マワハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

マワハンガーは、ドイツ製でNon slip すべらないハンガーで絶大な人気です。最大の特徴は粘性のある表面の特殊コーティング。キャミソールやサラサラしたブラウスやニット素材などコーティングされたハンガー全体で衣類をキャッチしてくれます。

ハンガーは薄く省スペースが可能です。立体的な形のスーツコートハンガー、すべらないボトムスハンガーもあり、クローゼット全てをマワハンガーで統一することも可能なほどサイズ、形状などラインナップが揃っています。

HAY 北欧 スリム&コンパクトなコードハンガー

ハンガー

出典元:公式サイト

北欧のインテリアデザイン界をリードするブランド『HAY(へい)』デザインによるワイヤーコードハンガー。北欧デザインがおしゃれで見せるハンガーとしてもぴったりです。
丈夫で耐摩耗性のあるパラシュートコードがスチールワイヤーの先まで丁寧にきっちり巻かれているので、大切な洋風や家具や人体をキズつけることなく使用できます。

品質と信頼の日本製を守る老舗メーカー

木製、金属製、プラスチック製とそれぞれ得意とする素材のハンガーを熟練した職人により築きあげてきた日本の老舗メーカー。その中でもこだわりを持ってしかも時代のニーズにも合った、日本製のハンガーを作っている人気のメーカーをご紹介したいと思います。

中田ハンガー 職人が作る最高級木製ハンガーmade in Japan

ハンガー

出典元:公式サイト

Made in Japanにこだわった1946年創業の木製高級ハンガー専門メーカーであるNAKATA HANGER。中田は、ハンガーを『洋服の帰る場所』と表現しています。熟練した職人が1枚の板から削り出して作る継ぎ目のない最高級のハンガーをはじめ、ジャケット、スーツハンガーでは憧れの逸品を作り続けています。レディース、キッズ用も展開し、また、価格帯もバリエーションが増えてきたので、シリーズで揃えやすくなりました。

TAYAハンガー 日本製スチールハンガーのパイオニア

ハンガー

出典元:公式サイト

1957年創業で60年以上もスチールハンガーを研究し続けるTAYAハンガー、金属製以外の木製やプラスチック製のハンガー、ディスプレイ商品まで手がけています。国内自社工場でデザイン、成形から溶接、接合部分のバリとり作業まで丁寧に職人さんが1本1本手がけていて、安心で安全な日本製のスチールハンガーを提案しています。

SHINKOシンコハンガー 国産メーカーシェアトップクラスの老舗

ハンガー

出典元:公式サイト

ハンガー

出典元:公式サイト

1936年より80年以上、高級木製洋服掛の専門メーカーとしてスタートし、企画開発から一貫して日本の自社工場で生産しているシンコハンガー。パンツが滑りにくく取り出しやすい回転バーの国際特許ローリング・バーが付いたF-FITブランドを始め、新しいアイデアと共に、幅広い種類のプラスチックハンガーを開発し続けています。

その機能面を活かしながら、モノクローゼットシリーズでニーズに合った、真っ白なプラスチックの高級感あるジャケットハンガーを発表して人気です。

ライフスタイルから提案・リーズナブルにハンガーが揃うメーカー

理想的なインテリア空間を演出しクローゼットを見せながらハンガーを紹介したり、生活空間のシーン別に幅広くハンガーをディスプレイしたりとリアル店舗でのハンガー選びも提案型のスタイルが増えてきました。そんなライフスタイルから提案するメーカーをご紹介しましょう。

IKEA イケア・北欧スタイル提案でリーズナブル

ハンガー

出典元:公式サイト

北欧デザインらしい無垢材のハンガーも木肌を活かしたタイプ、ホワイト、ブラックと揃っているIKEA。ビロードタイプの滑りにくいハンガー、小物ハンガーなどクローゼットに必須アイテムがカバーされています。ハンガーサイズがワンサイズで8ピースセット販売など、センス良いティストで超リーズナブル価格なので一気に素敵なクローゼットに仕上がりそうです。

ニトリ・とにかくバリエーション豊富!

ハンガー

出典元:公式サイト

ハンガー

出典元:公式サイト

木製ハンガー、粘着性タイプやビロードタイプの滑りにくいハンガー、金属製のハンガーまでアイテム別、サイズ別、形状別に種類の豊富さはこのリーズナブルハンガーゾーンでは、トップクラスのニトリ。店舗でのディスプレイも見やすく、ネット販売でのセレクトもしやすいのが好評で人気のハンガーです。キッズ用も充実、洗濯用ハンガーも幅広く揃えてありファミリー向けにぴったりなハンガーです。

MUJI無印良品・洗練されたシンプル

ハンガー

出典元:公式サイト

プラスチック製から金属製、木製まで、素材別、用途別に展開している無印良品のハンガーもおすすめです。木製ハンガーはしっかりしたブナ材と防臭防虫効果があると言われているレッドシダーハンガーまで手がけています。MUJI特有のミニマルなデザインで収納用、洗濯用と分けて展開し、デメリット表示も明確で、選びやすいですね。

オーダー専門店・アパレル業界・ホテル向けで人気のハンガーを家庭用に

業務用で流通しているハンガーには沢山のメリットがあります。デザインが時代のニーズに合っていること。サイズが豊富なこと。耐久性が良いこと。そして単価が安いこと。
また、洋服を美しく見せることではとても優れています。そのような業務用のハンガーも最近では、手軽に一般購入が可能になりました。ここでは、業務用のプロ仕様でありながら家庭用としておすすめするハンガーをご紹介したいと思います。

業務用でも究極のシンプルデザインが素敵 COPACK日本コパック株式会社

出典元:公式サイト

ハンガーを中心としたアパレル業務向けを手がける大手、日本コパック株式会社の一般でも購入可能な『リーズナブルだけど本格的なハンガー』OHSシリーズ。どんな洋服にも合わせやすいホワイトとブラックの2カラー。プラスチック製でありながら高級感があり、サイズもメンズ、レディース、キッズと揃えられるのも魅力的です。

業務用主体の為、1セット20本入りですがとってもリーズナブル。ファミリーでクローゼットを一気に揃える時にはとってもおすすめです。

ベビーから大人まで多種多様!クロームスタイル

出典元:公式サイト

業務用ハンガーラックで有名なクロームスタイルのハンガーは、『ハンガーミュージアム』と呼ばれるサイトも運営して人気です。ベビー用、トドラー用、キッズ用と子供用だけでも3タイプ揃っているのも業務用を手がけるメーカーだからこそ。レディース用、メンズ用とサイズ、アイテム別に幅広く展開。業務用でも1本から購入できるので便利でおすすめです。

長塩産業 メンズ用木製ジャケットハンガーが人気 ハンガーのナガシオ

出典元:公式サイト

木製ハンガーの製造卸業開始が1947年という老舗の『ハンガーのナガシオ』特にスーツ用の木製ハンガーが人気です。肩幅も35センチ、37、40、43、46センチと幅広く揃えているのが魅力。木製以外にも幅広い素材、形状のハンガーを展開し、洋服を長く大切に着るための生活提案と商品開発に向き合っているメーカーです。

時代のニーズに対応したデザインが豊富・東京ハンガー株式会社

出典元:公式サイト

1959年創業の店舗、流通用に業界で常にニーズに対応したハンガーを作り続ける東京ハンガー。特にプラスチックハンガーでは種類も多く、一般発売にも対応しています。
洗濯がなかなかできないスーツなどを掛けておくだけで抗菌防臭効果のある高機能ハンガーなどが人気があります。

洗濯用ランドリーハンガーメーカー 人気のおすすめ5選

洗濯かご

洗濯用のランドリーハンガーは生活雑貨を手がけているメーカーの物が人気でおすすめです。外干し、ベランダ干し、室内干し、浴室内乾燥機干しなど生活スタイルに応じて様々なランドリーハンガーやグッズが発売されています。ここでは、お洗濯を楽しいひと時に変えてくれるようなランドリーハンガーを手がけているメーカーをご紹介します。

カインズ ホームセンターでありながらオリジナルハンガーが話題に

出典元:公式サイト

出典元:公式サイト

特に、成長期の子供を抱え毎日の洗濯回数と量が多いファミリー向けの洗濯ハンガーの種類が豊富なカインズ。通常のランドリーハンガーから、写真のような取り出しやすく乾きやすいハンガー、パーカーなどフード部分が乾きやすいハンガー、低いベランダの塀でもOKな斜めに干せるマンション対応型ハンガーなどアイデア満載のランドリーハンガーが数多く揃っています。

フレディ レック ドイツ・ベルリン発祥のセンスが素敵なランドリーグッズが人気

出典元:公式サイト

ドイツ、ベルリン北部にあるフレディ レック・ウォッシュサロン。『毎日の洗濯をもっとクリエイティブに』を提案しているランドリーグッズは最近、よく見かけませんか?
そして日本のランドリーグッズメーカーに沢山の影響を与えています。洗濯ハンガーはじめ、色々なランドリーグッズがおしゃれで揃えたくなりますね。

KOKUBO 小久保工業所 日本製で上質でデザインもシンプル

出典元:公式サイト

『ランドリーグッズはお洒落に、タフに』をコンセプトに屋外の長時間使用に耐えられるハンガー、室内干しでも早く乾かせるハンガーなどニーズに答えて研究し尽くしている小久保製作所。機能、品質、デザイン、価格共にバランスの良い製品でありながら上質の日本製が安心ですね。

浴室乾燥機の熱に対応するハンガー・TOWA 東和産業株式会社

出典元:公式サイト

バス用品、キッチン用品など水回り系生活用品のメーカーで様々なデザインのランドリーネットやランドリーバッグを発表しているTOWA。中でもハンガーの上から挟める『ハンガー丸ごとピンチ』などランドリーグッズはアイデアいっぱいです。室内干し、特に浴室乾燥機を使用する際に熱に強い素材のハンガーがおすすめです。

上質で信頼できるサビに強いステンレスハンガー 株式会社 大木製作所

出典元:公式サイト

キッチングッズ、ランドリーグッズなど上質なステンレス素材で製作し続ける大木製作所。隅々まで細かく丁寧に処理がされていて、大切な衣類や家具などを傷つけない工夫がされています。シンプルなハンガーから折りたためるハンガー、フードを乾かしやすくしたパーカー用ハンガーなどアイデア溢れるステンレスハンガーがおすすめです。

個性的なハンガーのおすすめ3選

服飾用の型

クローゼットハンガー、ランドリーハンガー以外にもおすすめハンガーがあります。
洋服のケアに特化した電気仕掛けのハンガー、機能的ではないけれど、ナチュラル感漂うハンガーや心癒されるハンガーも魅力的でおすすめです。

回復機能消臭機能もある新時代の電気脱臭ハンガー

出典元:公式サイト

衣類のニオイを「ナノイーX」搭載ハンガーで解消。花粉も抑制。パナソニックの電気脱臭ハンガー(MS-DH-100) 衣類の内側と外側からケアしてくれます。型崩れしにくい形状のハンガーなのでシルエットもキープしてくれます。高額ですが、結果的にクリーニング代や消臭スプレーの節約にもなり、洋服が痛まずに維持できるので徐々に人気が広まっています。

藤(ラタン)ハンガー ツルヤ商店 趣のある日本製手作り

出典元:公式サイト

ツルヤ商店の藤ハンガーは、無着色無塗装で1本、1本手作りされていておすすめです。使うほど、味わいのある飴色に艶が出て趣のあるハンガーになっていきます。無塗装なので逆に、衣服やストールなど滑りにくいので扱いやすい機能面があります。

女の子の憧れ サテンパッド入りハンガー

出典元:公式サイト

映画のワンシーンに出てくるような素敵なサテンのパッド入りハンガー。とても繊細で耐久性もあまり無いので国内の取り扱いが少ないようです。ベッドルームでの使用ばかりでなく、繊細な素材のドレスを掛けるのに最適です。でも、女の子なら、こんな素敵でエレガントなハンガーにナイトローブやガウンを掛けるのは、憧れですよね。

おすすめハンガーを揃えて毎日を素敵に快適に

ハンガーにかかった綺麗な服

考えてみると、ハンガーに掛かった洋服を選んで着るのは毎日のことですよね。着用して、洗濯やクリーニングなどのケアをして、収納して、また着用して…これを綺麗に片付けながら毎日繰り返すのは、誰でも、とても大変なことです。

でも、ご自身のライフスタイルに合わせて、ハンガーをきちんと選ぶ事で、洗濯したり、ケアしたり、収納したりすることが簡単で楽しくなりそうだと思いませんか?何より、洋服がストレスなく選べそうです。早速、おすすめのハンガーを手に入れて、日々の暮らしを素敵で快適にしてみませんか?

関連記事はこちら

Foo Style Magazine編集部

773,212 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事