• HOME
  • BLOG
  • Lifestyle
  • 【保存版】備えておきたい防災グッズ。必要なものリストを大公開

【保存版】備えておきたい防災グッズ。必要なものリストを大公開

チェックリストのメモ
Lifestyle

地震、台風、突然の停電など、様々な災害や異常事態の際に頼りになるのが防災グッズ。外国と比べて自然災害が多い日本に住んでいるからこそ、常に最新の防災グッズリストを作っておきましょう。

そこで今回は、備えておくべき防災グッズリストをご紹介します!
女性にとって重要な防災グッズや100均で揃うものなど、シーン別に様々な商品をご紹介いたしますので、ぜひ防災グッズ選びの参考にしてくださいね。

自宅に備えておくべき最低限の防災グッズリストは?

並べられた調味料の瓶

「防災グッズを用意しなきゃ」と思っていても、実際に何を用意しておけば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか。
確かに、被災時に必要な物が多すぎて、何を揃えておけば安心なのかは分かりにくいですよね。

災害時などのいざ!というとき頼りになるのが、日ごろの備えです。万が一の際に慌てないためにも、この機会に本当に頼れる防災グッズのリストをきちんとチェックしておきましょう。

この項目では、自宅に備えておくべき最低限の防災グッズをご紹介します。

人数分の飲料水と非常食

まず、はじめにご紹介するのは、家族の人数分の『飲料水』と『非常食』です。
用意しておく量の目安としては、最低でも3日分、できれば1週間以上の備蓄が必要だと言われています。

家族が多いとたくさんの量が必要となるため、人数分用意しても負担にならないコストパフォーマンスに優れた商品を選ぶと良いでしょう。

また、飲料水や非常食は普段食べ慣れている商品や家族みんなが好きな味を選ぶことで、被災中のストレスを軽減することができます。
日ごろから家族全員の好みを把握して、使いやすい飲料水や非常食を選ぶようにしましょう。

トイレットペーパーやティッシュ

トイレットペーパーやティッシュは、傷口の止血や汚れを拭きとることができるため、必ず用意しておきましょう。
特にトイレットペーパーは、東日本大震災の際に被災地のみならず全国的に不足したことが問題にもなりました。そのため、万が一に備えて4人家族で15ロールを目安に備蓄を行っておきましょう。

ティッシュは箱ティッシュでもいいですが、コンパクトで清潔に使うことができるポケットティッシュがイチオシです。複数用意しておけば長期の避難生活でも安心ですよ。トイレットペーパーは、持ち運びすることも考慮してあらかじめ芯を抜いておき、コンパクトにしておきましょう。

マッチやろうそく

マッチは、ガスが使えない被災時の火おこしに使うことができます。
調理用や暖房器具にも応用できるため、幅広いシーンに使うことができ、用意しておくと助かるアイテムのひとつです。マッチではなくライターでもOKです。

マッチやライターとあわせて使うろうそくは、明かり代わりに使うことができます。懐中電灯が使えないときや、懐中電灯のバッテリーを節約したいときに重宝することでしょう。

しかし、どちらも”火”を使うアイテムですので、扱いには十分に注意しなければなりません。特に、小さなお子さんがいる家庭や高齢者がいる家庭は取り扱いに細心の注意を払いましょう。

乾電池

停電で電源が確保できない状況では、乾電池が活躍します。
懐中電灯やモバイルバッテリーなど、乾電池が必要となるシーンはたくさんあるため、できる限り多めに備蓄しておくと良いでしょう。

最近では充電しておくことで繰り返し使える乾電池や水を入れることで使えるようになる乾電池も人気です。もしものときに備えて頼りになる乾電池は、様々な種類を用意しましょう。

救急箱

切り傷などの怪我をしたときに使える絆創膏や消毒液に加え、胃腸薬やビタミン剤がセットになった救急箱は、被災時にとても頼りになるアイテムです。

被災地では、怪我をしてもすぐに医療機関で処置してもらえるとは限りません。そのため、できる限り自分で処置できる用意をしておく必要があります。
また、上記のセットに加えて持病の薬や処方薬の予備、ピンセットなどを用意しておくと、幅広い傷や怪我、病気に対応できるためおすすめです。

懐中電灯

災害時において、明かりの確保というのはとても重要なポイントです。夜間の移動時や避難中にも重宝するため、必ず用意しておきましょう。

最近では、両手を空けた状態で使えるヘッドライトタイプのものや、ラジオなどの複合機能が付いた懐中電灯も人気です。
電気が使えない災害時には、乾電池で動く懐中電灯やハンドルを手で回すことで充電するタイプの懐中電灯が活躍しますよ。できれば、家族全員分の懐中電灯を用意しておきましょう。

ラジオ

停電したときなどに活躍するアイテムが、『ラジオ』です。
インフラが壊滅してしまう被災地では、情報の収集も難しくなります。テレビやスマートフォンだけに頼るのではなく、もしものときのためにラジオも用意しておきましょう。

ラジオは、災害や復旧の状況を得るために欠かせないアイテムです。さらに、充電ができなくなる場合に備えて、乾電池式の携帯ラジオを選ぶとなお良いでしょう。

モバイルバッテリー

家族間や知人・友人との連絡用に、スマートフォンを使う方も多いでしょう。しかし、被災すると満足にスマートフォンの充電ができないことがほとんどです。
こうした事態に備えて、いつでも充電できるモバイルバッテリーを備えておくと良いでしょう。

防災グッズとして用意しておくべきモバイルバッテリーは、あらかじめ充電しておくことで使える通常のモバイルバッテリーに加えて乾電池で充電できるタイプもあわせて用意しておくと良いでしょう。

スマートフォンは、連絡用のほかにも情報収集やライトとしても使える重要なアイテムです。もしものときに使い物にならない!という状態を防ぐためにも、モバイルバッテリーを必ず用意しておくことをおすすめします。

備えておくべき女性のための防災グッズリストは?

ペンを顔に当てて考え事をする女性

災害などの非常時に備えておくべき防災グッズは、男性と女性で大きく異なります。この項目では、避難所や自宅避難の際に使える女性にとって最低限必要となる防災グッズリストをご紹介します。

生理用品

女性にとって最も大切な防災グッズが「生理用品」です。
避難所での生活では、なかなか下着が手に入らない場合もあるため、大切な下着を衛生的に長持ちさせるためにも生理用品やおりものシートなどを用意しておきましょう。

また、生理用ナプキンは止血ガーゼとして怪我をしたときに使用することができます。さらに、下着の代わりとしても代用できるため、女性だけでなく男性や高齢者にも役立つ防災グッズと言えるでしょう。

スキンケアグッズ

いくら非常時だと言っても、スキンケアは女性にとって大切な行動です。
いつも通りしている行動ができないというのは、非常に大きなストレスをもたらします。そのため、災害グッズとして最低限のスキンケアグッズは揃えておくべきと言われています。

たとえば、被災時にメイクをしていた場合は一刻も早くメイクを落としたいと思う女性も少なくありません。こうした状況に備えてクレンジングを用意しておくと良いでしょう。また、毎日の洗顔の代用として拭き取り化粧水とコットンを備え、保湿や外部刺激から守る役割のあるオイルを用意しておけば、災害時でもしっかり美肌を守ることができます。

防犯ブザー

女性の場合は被災中の暮らしだけではなく、防犯に関しても注意しなければなりません。避難中に起こる”もしも”の事態を予防するためにも、防犯ブザーは常に携帯しておくようにしましょう。

また、防犯ブザーは助けを呼ぶホイッスルの代わりにも使えます。
倒壊した建物に巻き込まれるなど、身動きのできないシチュエーション時に重宝するため、必ず用意しておくようにしましょう。

100均で買える防災グッズリスト一覧

スーパーで買い物する女性

防災グッズを揃えたいと思っていても、一度にすべてを揃えるとお金がかかってしまいますよね。コストを抑えて防災グッズを揃えたいと思っている方におすすめなのが100均で買える防災グッズです。

100均で買える防災グッズは、100均とは思えないような高品質な商品が多いため、とりあえず防災グッズを購入したい方や機能的で使いやすい防災グッズをお求めの方におすすめです。

それでは、災害対策におすすめの100均で買える防災グッズリストの一覧を見ていきましょう。

【セリア】折り畳みウォーターバッグ

【セリア】折り畳みウォーターバッグ

【セリア】折り畳みウォーターバッグ

購入はこちら>>【セリア】折り畳みウォーターバッグ

2018年に起きた北海道胆振東部地震では、水道管が破裂したことなどが原因で最大6万1,201戸が断水しました。
このように断水したときには、自衛隊などの給水支援を受ける必要があります。こうした給水支援の際に欠かせないアイテムが、水を受け取るための「ウォーターバッグ」です。

3リットルの水を入れることが可能で、レバーをひねることで水が出るようになっています。とても丈夫な作りになっているため、たっぷり水を入れても安心ですよ。

【キャンドゥ】緊急簡易トイレ男女兼用

【キャンドゥ】緊急簡易トイレ男女兼用

【キャンドゥ】緊急簡易トイレ男女兼用

購入はこちら>>【キャンドゥ】緊急簡易トイレ男女兼用

緊急時に欠かせない「簡易トイレ」も100均で手に入れることができます。
使い方は簡単で、自宅の洋式トイレやバケツに汚物袋を設置するだけでOKです。凝固剤付きで汚物の臭いもしっかりシャットアウトしてくれます。

簡易トイレは、水が無い状態でもトイレを済ませることができるため、防災グッズに欠かせないアイテムです。もしもの時に慌てないように必ず揃えておくと良いですよ。

【ワッツ】除菌ウェットティッシュ

【ワッツ】除菌ウェットティッシュ

【ワッツ】除菌ウェットティッシュ

購入はこちら>>【ワッツ】除菌ウェットティッシュ

除菌ウェットティッシュは、入浴できないときに体を拭いたり、怪我の手当てなど、幅広い用途があります。このように、たくさん使う除菌ウェットティッシュだからこそ、コストパフォーマンスに優れた100均で用意しておきましょう。

なかでも、『ワッツ』の除菌ウェットティッシュは、厚手で破れにくく、除菌効果も高いと評判です。丈夫な設計のシートなので、汚れた部分を除菌したり、入浴代わりに体を拭くことにも適しています。家族みんなが使えるように、多めのウェットティッシュを購入しておきましょう。

もしもの事態に備えて家族みんなで防災グッズリストを確認しておこう

ベッドで談笑する4人家族

地震・台風・洪水・停電など、自然災害はいつどこで起こるか分かりません。
災害の状況に応じては、自宅避難・避難所・車中泊など、避難状況も異なります。そのため、どんな場所でも簡単に使えて持ち運べる防災グッズを用意しておきましょう。

家族みんなで避難しても安心なように、この機会に家族みんなで防災グッズリストを確認しておきましょう。

Foo Style Magazine編集部

492,096 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事