質の高い睡眠は美肌の元!快眠のポイントとアイテムは?

白いシーツのベッド
Lifestyle

皆さんは睡眠の質について意識したことがあるでしょうか。睡眠の質は体調はもちろん肌にも大きく関わり、人が健康に毎日を過ごすために重要。十分に寝ていたとしても、もしかしたら肌に良いとされる質の高い睡眠を取れていないかもしれません。

そこでここでは、睡眠と肌の関係や肌に良い睡眠の取り方、おすすめの快眠アイテムについて詳しくご紹介します。
少し工夫するだけで睡眠の質は変わりますよ!

関連記事はこちら

睡眠と肌の関係は?

ベッドで眠る女性

睡眠と肌には深い関係があるのをご存知でしょうか。質の高い睡眠は、健やかな肌を導きます。なぜなら肌細胞は寝ている間に、傷ついた細胞を修復し生まれ変わるからです。

この肌細胞の生まれ変わりのことを肌のターンオーバーと呼びますが、このターンオーバーは体内で分泌される成長ホルモンによって促されるもの。そして、この成長ホルモンは人が寝ている間に活発に働きます。

逆に、睡眠を取っていない場合には、成長ホルモンは分泌されません。そうなると、肌のターンオーバーが正常に行われず、健やかな肌が損なわれてしまうことになるのです。また、不規則な睡眠は肌荒れの原因にもなります。

成長ホルモンが十分に分泌されるような睡眠を取ることは、健康的な美肌に繋がります。

睡眠による肌のゴールデンタイムは10時~2時?

目覚まし時計

「夜の10時~2時に睡眠を取っていると美肌にいい」という情報を聞いたことはないでしょうか。以前、この時間帯は肌のゴールデンタイムとよく言われてきましたが、現在ではこの情報は少し違っていることがわかっています。

成長ホルモンが最も活発に働くのは、睡眠に入ってからの3時間。特に深いノンレム睡眠時に多く分泌されます。つまり、「夜の10時~2時」ではなく、「睡眠に入ってからの3時間」が本当の肌のゴールデンタイムなのです。この時に質の良い睡眠を取って入れば、成長ホルモンがより活発に分泌されることとなります。

ただし、人が健康を保つためには6~8時間程度の十分な睡眠が必要となり、そのためには、日をまたぐ前に就寝するのが理想的。つまり、十分な睡眠を取ることを考えるなら、「夜10時に寝る」ということも間違いではないのです。

肌に良い睡眠を取るためのポイント

ベッドとサイドテーブル

ここからは、肌に良いとされる質の高い睡眠を取るためのポイントを見ていきましょう。

7時間睡眠で肌の再生を促す

先述のように、人の肌は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復・再生します。睡眠時間が足りていないと、成長ホルモンは十分に分泌されず、肌もきちんと修復されません。
人にとって必要な睡眠時間は7~8時間程度とされていますので、毎日7時間は睡眠時間に充て、成長ホルモンが十分に働けるようにしましょう。

睡眠に向けた静かで暗めの空間づくり

光を浴びることで、人の脳は活性化します。そして、脳が活性化したままでは、人は睡眠に入りづらくなってしまいます。これを防ぐため、睡眠の前には部屋を暗めにし、睡眠に向けて脳をリラックスさせてあげるようにしましょう。

また、できるだけ静かな環境をつくることも睡眠には大切です。音楽などを聴く場合にはなるべく小さな音にし、睡眠時には消すようにしましょう。また、人の声は睡眠を妨げやすいとも言われているため、ラジオやテレビは早めに消しておくのがおすすめです。

睡眠の数十分後~数時間前には暗めで静かな環境をつくり、睡眠に入りやすい状況を意識しましょう。

睡眠時も肌の保湿は欠かさずに

肌を健やかに保つためには、睡眠時の保湿が大切。
洗顔後の肌は、水分がどんどん蒸発しデリケートな状態になっています。化粧水で水分をたっぷりと補充し、その水分が逃げないように乳液やクリームで蓋をして、肌がきちんと保湿された状態で眠りに入るようにしてください。肌の乾燥は様々な肌トラブルの原因になり得ます。

また、特に冬場は空気が乾燥しているため、寝室に加湿器を導入するのもおすすめです。

ゆっくりとお風呂につかり、体を睡眠に入りやすい状態に

入浴は、身体を睡眠に向けて切り替えるのに有効だとされています。なぜなら、スムーズな入眠には、体の内部の温度と手足表面の温度差を縮めておくことが必要となるため。ゆっくりとお風呂に浸かることで、それらの温度差は縮まり、身体が入眠しやすい状態になるのです。

専門家によると、15分程度の入浴を眠る90分ほど前に済ませておくと、スムーズで質の高い睡眠が期待できるとのこと。忙しくてもなるべく湯船に浸かるようにしたいですね。

軽いストレッチやマッサージで肌と体をリラックス

睡眠前の軽いストレッチやマッサージも、質の良い睡眠を取るために有効です。自律神経を整え、身体を睡眠に入りやすい状態に導くことが期待できるためです。眠る前には、疲れがたまっていると感じる部分を中心に、伸ばしたり指圧したりと、ゆっくり身体をほぐしてあげましょう。

ただし、ストレッチはあくまで軽めに行い、激しいものは避けましょう。反対に、身体が眠りにくい状態になってしまいます。

肌に良い睡眠を取るための注意点

スマホとパソコンを操作する手
肌に良い、質の高い睡眠を取るためには、気をつけたいこともあります。ここでは、注意点を4点ご紹介します。

ブルーライトは睡眠にも肌にもがある

スマートフォンやパソコンをよく使用する私達は、日頃からブルーライトの影響を受けています。ブルーライトは目の疲れや視力低下に繋がる可能性があることがわかっていますが、同時に睡眠の妨げになるとも言われています。ブルーライトを就寝直前まで浴びていると、体のリズムが崩れて自律神経が乱れ、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりするためです。

眠る数時間前からはスマートフォンやパソコンを見るのは避け、身体を睡眠モードに切り替えてあげましょう。

激しい運動は睡眠の妨げに

就寝前の激しい運動は心拍数を上げ、身体を興奮状態にしてしまいます。興奮状態にある身体は、スムーズに睡眠に入ることができません。
就寝前に運動する場合には、ストレッチやマッサージ、ヨガなど軽い運動に留め、身体をリラックスさせるようにしましょう。

睡眠前の食事は肌荒れにも繋がる

睡眠直前の食事は睡眠の質を下げてしまいます。胃腸が働いている状態では、胃腸も脳も休むことができず、眠りが浅くなってしまうからです。浅い眠りでは成長ホルモンが十分に分泌されず、肌のターンオーバーが損なわれてしまうことも。
最低でも寝る3時間前には食事を終わらせ、胃腸の働きが一段落してから眠るようにしましょう。

ストレスは睡眠と美肌の敵!

ストレスは脳を興奮状態にしてしまうため、睡眠の妨げとなることがあります。ひどい場合には、不眠などの睡眠障害に繋がることも。強いストレスを受けていると質の良い睡眠を取ることができず肌にも悪影響を及ぼし兼ねません。
対策としてはストレスの元を除去することが理想ですが、難しい場合には就寝前に身体をリラックスさせる工夫をし、入眠しやすい環境づくりを行いましょう。

肌に良い睡眠のために、こんなアイテムを取り入れよう!

ルームフレグランスと花
ここからは、肌に良い睡眠のために取り入れたいアイテムをご紹介しましょう。

肌触りが良い肌着やパジャマ

肌触りが良い肌着やパジャマは、身も心もリラックスさせてくれ、心地よい睡眠を導きます。リネンやシルクなど好みの素材を選んで、快適に睡眠時間を過ごせるようにしましょう。夏は吸水性に優れたもの、冬は保湿性のあるものなど、季節によって素材を変えるのもおすすめです。

心をリラックスさせるアロマ

睡眠時には、アロマを炊くのもおすすめです。アロマの香りは副交感神経に働きかけ、眠りの質を高める手助けを行います。特にネロリやカモミール、ジャスミン、ラベンダーなどの香りは心をリラックスさせ、質の良い睡眠にも効果的とされています。

体に合った寝具

マットレスや敷布団、枕など、それぞれの体に合った寝具は睡眠の質にとって重要な要素です。体に合っていない寝具で寝ていては、首や腰を痛めたり自然な寝返りが打てなかったりと、身体に負担をかけることに。寝具は自分の身体にあったものを選びましょう。枕やマットレスを寝具の専門店でオーダーするのもおすすめです。

睡眠に入りやすい適度な照明

先述のように、明るい光は眠りの妨げとなります。就寝前には部屋のメイン照明は消し、間接照明やダウンライトを用いて薄暗くしておくと、身体が睡眠モードに切り替わりやすくなります。また、光の色は暖色系にしておくとより効果的です。

肌の保湿アイテム

寝ている間の保湿は、肌ケアのために大切。お風呂上がりのスキンケアをしっかり行い、加湿器などを用いて室内の乾燥を防ぎましょう。特に乾燥がひどい時には、マスクの着用もおすすめです。最近では睡眠時用の布製マスクも販売されていますよ。

効果的に肌をケアするナイトコスメ

肌ケアに力を入れたいなら、ナイトコスメの使用もおすすめ。寝ている間の効果的な肌ケアを期待できます。保湿力に優れたアイテムも多いので、乾燥対策にも。

FooTokyo 肌に良い睡眠におすすめの快眠アイテム

様々なライフスタイルアイテムをラインナップするFooTokyoですが、ここでは肌に良い睡眠のためにおすすめの快眠グッズをご紹介します。

スビンコットン ロングワンピース

スビンコットン ロングワンピース

スビンコットン ロングワンピース

FooTokyoでは、質の高いルームウェアを数多く取り扱っています。中でもおすすめしたいのが、スピンコットンのロングワンピース。スピンコットンとは、全世界で0.1%しか取れない最高級のコットンで、柔らかな肌触りが特徴。編み方にもこだわられており、着心地は抜群です。

ワンピース型なので身体を締め付けず、リラックスして着ることができます。シンプルなデザインに付けられたさりげないシャーリングも○。
着心地が良く見た目にも可愛いルームウェアです。

KITCHIBE ルームフレグランスオイル

KITCHIBE ルームフレグランスオイル

KITCHIBE ルームフレグランスオイル

FooTokyoでは、KITCHIBEというルームフレグランスブランドのアイテムをセレクト。オーガニック素材のルームフレグランスが数種展開されています。

KITCHIBEのフレグランスはどの種類もどこか日本的な香り。馴染み深い香りは私達の心を落ち着かせリラックスさせてくれるため、睡眠時のアロマにもぴったり。
特に柑橘系の香りは睡眠に良いとされているので、YUZUのフレグランスがおすすめです。

ナイトコスメシリーズ

Foo Tokyo ナイトコスメシリーズ

Foo Tokyo ナイトコスメシリーズ

FooTokyoではナイトコスメも取り扱っています。ラインナップは、ローション、ミルク、セラム、クリームの4種。ライン使いでお風呂上がりのケアが完結します。
このナイトコスメシリーズは、植物由来の美容成分を豊富に含み、保湿力に優れているのが特徴。1日の終わりの疲れた肌に潤いを補充し、睡眠中もその潤いを守ります。

このシリーズは高い保湿力を持ちながらも使用感はさっぱりとしているため肌がベタつかず、睡眠時の不快感もなし。心地よい使用感で、眠りにつくことができます。翌朝には輝く肌へ!

質の高い睡眠で美肌を目指そう!

ベッドで眠る女性
肌に良い睡眠を取る方法についてご紹介しました。
睡眠と肌は大きく関係しているのですね。健やかで美しい肌を実現するためにも、質の高い睡眠は大切なのです。
また、睡眠は肌だけではなく、体調にも関わるもの。紹介した方法を参考に、毎日の睡眠をより良いものにできるよう工夫していきましょう。

関連記事はこちら

Foo Style Magazine編集部

222,968 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧