• HOME
  • BLOG
  • Lifestyle
  • こんまりメソッドの魔法!断捨離で快適な生活を手に入れよう

こんまりメソッドの魔法!断捨離で快適な生活を手に入れよう

Lifestyle

今、ちまたでは「こんまり流の魔法」、「断捨離」によって、日々の生活のクオリティが高まったという方が増えています。

「断捨離」や「ミニマリスト」など、必要最小限のものだけに囲まれてシンプルな生活を目指すライフスタイルは以前から謳われていましたが、日本のみならず、世界中のセレブたちに絶賛されているのがこんまり流のライフスタイル。

ただ単に「片づける」以上の魅力が隠されているこんまりの秘密と断捨離。その人気の秘密は何なのか、探っていきましょう。

日々の生活を快適にしてくれるこんまり流の断捨離って?

黄色系リビングルーム
世界中で話題沸騰中のこんまり流の断捨離ですが、「そもそも、こんまりって?」という疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれません。

こんまり流の断捨離を一度経験した人々は、部屋が片付くだけにとどまらず、日々の生活まで楽しくなり、ライフクオリティが高まると言われていますが、ここではまず、こんまりの歴史について探ってみましょう。

こんまりって、いつから始まったのでしょうか?

そもそも、「こんまり」とは、近藤麻理恵さんという日本出身の片づけコンサルタントの愛称です。2010年に出版した片付けメソッドに関する著書がミリオンセラーとなり、それをきっかけに日本国内でも「王様のブランチ」、「」NHKニュースおはよう日本」、「ひるおび」、「中居正広の金曜日のスマたちへ」などのメディア出演を通じてさらに人気に拍車がかかりました。

2014年に結婚を機にアメリカに拠点を移し、翌年には女優Jamie Lee Curtisの推薦により、米「TIME」誌の「最も影響力のある100人」2015年版アーティスト部門に見事選出されました。

そして2019年1月1日より、世界中に配信されるNetflixにて、こんまり流の片づけ法と断捨離を実践するドキュメンタリーのシリーズ番組「KonMari~人生がときめく片付けの魔法~」(原題:Tidying Up with Marie Kondo)が公開され、世界中で片づけブームを巻き起こしました。

こんまりさんは一体どんな生活をしている?

サボテン
若干26歳の若さで独自の片付けメソッドを作り、今では世界的にブレイクしている「こんまりメソッド」の創作者となった近藤麻理恵さん。

米国に移住したあとも、言葉や文化の壁を乗り越えて、なお一層の人気が広がったのは、彼女の類いまれなる才能とこんまり流片付け法の素晴らしさもさることながら、プロデューサー兼マネジャーでもある夫・卓巳さんの存在も大きいと言います。

もともとコンサルタントとして活躍していた旦那様と、公私ともに助け合いながらお二人の女の子の子育てとともに、現在では世界中で「こんまり流片付けコンサルタント」の育成のためのセミナーに飛び回っています。

ネットフリックスを通じて世界中で人気!その秘密をさぐってみましょう

Netflixにてスタートした「KonMari—人生がときめく片づけの魔法—」はこんまりを世界中に広める冠番組となり、現在、190カ国で放映されている大人気シリーズです。

「KONDO」という言葉がアメリカでは「片づける」という意味で使われるようになったり、こんまり流の断捨離を実践した人々が増えたことにより、リサイクルショップには大量の不用品が持ち込まれるなど、社会現象を巻き起こしたエピソードに事欠きません。現在、日本を含めて世界30か国でこんまりさん直伝の「こんまり流片づけコンサルタント」300名が活躍中です。

このように、こんまりメソッドとその断捨離が瞬く間に世界中で人気を博す理由は、単に「片づけてすっきりする」という理由だけでなく、片づけることによって生活のクオリティが向上し、日々の生活が楽しくなるという独自のメソッドに大きな魅力があるからに他なりません。

片づけを通して自分の内面を見つめ直すという、本質的な哲学メソッドによって、「一度片づけたら、絶対に元に戻らない」効果、片づけることによって自分の内面をみつめるきっかけになるなど、こんまり流の片付けがキャリアや人間関係をはじめとした、人生そのものに影響を与えていることが、世界中の人々を虜にしていると言えるでしょう。

こんまり流は難しい?断捨離って誰にでもできるもの?

シンプルな部屋

人々を虜にする「こんまり流の断捨離」。
断捨離は聞いたことあるけど、いったいどこから始めればいいのか、方法がわからない、または始めてはみたものの、途中で中断してしまったという方も多いのではないでしょうか。

こんまり流の断捨離は誰にでも出来るものなのでしょうか。

そもそも断捨離とは?

「断捨離」とは、自分にとって必要なものだけを残し、心地よいと思えるものに囲まれて暮らすという極めてシンプルな考えに基づいた片づけ法ですが、ただモノを捨てればよいという訳ではありません。

日々の暮らしの中で見慣れたモノは、それぞれに必要性や思い入れがあり、そう簡単に処分できるものでもありません。

「こんまりメソッド」を利用して、いくつかのルールを片付けに取り入れることにより、断捨離はより身近なものになるだけでなく、心地よい効果をもたらしてくれます。
こんまりメソッドのルールを理解して実践することで、片づけは驚くほど簡単で楽しいものになり、それはライフスタイルにも変化を与えるのです。

「断捨離って苦しい」という噂は本当?!

もともとモノを処分することが苦手で、知らず知らずのうちにモノがどんどんたまって行ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
身の回りのものに特に愛着が強く、「どれも思い入れがあって捨てられない」、または「いつか使うかもしれないから」という理由からなかなか断捨離に踏み切れなかったり、時には「断捨離は苦しいもの」と捉える方もいるようです。

こんまり流の片づけ法は、そんな方たちにとって強い味方です。
こんまりメソッドは、何を処分し、何を残すかを判断する基準を明確にしてくれます。
片付けが苦手な方ほど、こんまり流の片付け法を実践することによってモノの整理や片付けが楽しくなるのです。

こんまり流の断捨離を徹底解説します!

ホワイト系のシンプルな部屋
それではいざ、こんまり流の断捨離を実践してみましょう。
片づけを通して自分の内面を見つめることにもなり、自分自身が「どういうものに囲まれて生きたいのか?」と問いかけるきっかけにもなります。

こんまり流は他の片づけ法と何が違うのでしょうか?

こんまり流の断捨離や片付け法が、他の一般的な片づけ法と違う点は、何よりも片付けに対する基本的な考え方、哲学にあります。

こんまりの断捨離を始める時にはまず、「片づけの目的」、つまりなぜ家の中を片づけたいのかを考え、自分がすっきりと片付いた部屋でゆったりとくつろいでいる様子をイメージしてみましょう。

次に、自分が持っているモノの量をしっかり把握するために、カテゴリー別にすべてのものをいったん収納から出してみて、知らず知らずのうちに増えてしまったものがどの程度あるのかを自分の目で確認することが大事です。

片付けのポイントを知りましょう!

こんまり流の片付けにおいて、最も大事ともいえるポイントは、「何を捨てるか」ではなく、「何を残すか」を考えることです。

モノを一つずつ実際、手に取ってみるだけでなく、触れてみることです。
ここで自分の気持ちと向き合ってみましょう。
触れてみることで「心がときめく」と感じられればそれは残し、ときめかないものは手放すというルールに従って、モノを分けていきます。

これによって、「持っていて幸せになれる」「心がときめく」モノに囲まれた生活に近づくことができます。

片づけをする時のカテゴリーについても、一定のルールを守りましょう。
片づけは衣類、本類、書類、小物類、思い出の品の順番で進めていきます。
この順番にも理由があり、この順番で片づけることで「ときめきでモノを選ぶ」ための判断力や感性が少しずつ磨かれ、慣れていくことができるのです。
結果的に、こんまり流の片づけをスムーズに、楽しく進めることができます。

片付けと断捨離を進め、「ときめくモノ」を選び終わったら最終段階です。
すべてのモノの定位置を決めましょう。

細かいものまで「定位置」を「一つ残らず」決めることがポイントです。
家の中で「定位置」が決まっていないものが一つでもあると、せっかく選び抜いた「ときめくモノ」が散らかってしまう可能性がグンと高くなるのです。

モノの定位置をしっかり決めることで、使った後には定位置に戻しやすくなります。
そうすることで、片付いた空間を維持しやすくなるのです。

これがあれば片付けもはかどる!

ときめくモノの定位置はどのように決めればよいのかわからないという方の声も多くあります。
例えばキッチンでカトラリー類をまとめるトレイや、衣類などの収納バスケットなどを利用してみてはいかがでしょうか。

細かいモノをカテゴリー別に分けて定位置を決めやすくなります。
定位置をより細かく決めておくことで、モノを使った後の片付けも楽しくなるのです。

こんまり流で断捨離してみた!

ライトのついたベッドルーム
こんまり流の片付けを実践し、ルールに従って断捨離を進めていくと「ときめくモノ」に囲まれる心地よさを実感することができます。多忙な一日の仕事が終わって帰宅したときや、家事が終わってホッと一息つきたい時に、すっきりと片付いた空間があると疲れも取れてリラックス効果もあがります。

YUKI ルームフレグランスオイル -KITCHIBE-

YUKI ルームフレグランスオイル -KITCHIBE-

YUKI ルームフレグランスオイル -KITCHIBE-

>>ご購入はこちら
心をときめかせると同時に、一日の終わりに癒し効果をもたらしてくれるお気に入りのフレグランスをベッドルームに置いてみたり、ゆったりとしたバスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

断捨離後におすすめのルームフレグランス3選

瓶に入ったドライフラワー
こんまり流の片付けで断捨離を終えた後のすっきり感と感動は、体験した人にしかわからないものです。
心をときめかすモノに囲まれたお気に入りのお部屋をさらにラグジュアリーなものに変化させるための、ルームフレグランス3選をご紹介します。

LALIQUE (ラリック)ルームキャンドル オスマンサス(金木犀)/ヒマラヤ

キャンドル 190g オスマンサス(金木犀)/ヒマラヤ

キャンドル 190g オスマンサス(金木犀)/ヒマラヤ

>>ご購入はこちら
ジュエリーデザイナーであった、ルネ・ラリックが香水ボトルとラベルのデザインを手がけたのが、このブランドの発祥のきっかけでもあります。
落ち着いた空間を演出するために、香りはもちろんのこと、こんなシックでラグジュアリーなキャンドルをベッドサイドに置いてみるのもいいかもしれません。

金木犀の豊かな香りを楽しみながら、お気に入りの音楽やハーブティを楽しんでみるのもいいでしょう。

Dr Vranjes ROSSO NOBILE(ドットールヴラニエス/ロッソ ノービレ>

ROSSO NOBILE <ロッソ ノービレ>

ROSSO NOBILE <ロッソ ノービレ>

>>ご購入はこちら

Dr. Vranjes〈ドットール・ヴラニエス〉は、イタリア・フィレンツェ発祥の、自然派フレグランスブランドです。

薬剤師であるPaolo Vranjes(パオロ・ヴラニエス)により1983年に設立されたこのブランドは、入念に抽出された最高品質のエッセンシャルオイルを使用し、香りのある生活を愛する世界中の人々から絶賛されているブランドです。

中でも特に人気の商品が、ロッソ ノービレ。
赤ワインをモチーフにしたディフューザーを使用することにより、エレガントなローズと、ベリー系のアロマの香りがお部屋にほんのりと広がります。

Antica Farmacista (アンティカ ファルマシスタ)ルームディフューザー アクア

ルームディフューザー アクア 500mL

ルームディフューザー アクア 500mL

>>ご購入はこちら
シアトル育ちの2人の女性、スザンヌとシェリーによって、2003年に立ち上げられたアンティカ ファルマシスタ。
高級店やホテルなどを主なターゲットとして、今ではアメリカ国内だけではなく世界中でラグジュアリーなフレグランスマーケットを展開する注目のブランドです。

今では20種類を超えるフレグランスを展開するこのブランドの商品の中でも、これからの季節にこんな涼しげなアロマディフューザーはいかがでしょうか。

フレッシュなカリフォルニアレモンや華やかなホワイトリリーとムスクが絶妙に調和された香りで、洗い立てのリネンのようなさわやかで透明感あふれる雰囲気を演出します。

こんまり流の断捨離で生活が変わる!

ソファーとサボテン
こんまり流の断捨離を実践してみた方々の反応は、「部屋が広くなった」「使ったものを片づける習慣がついた」「何となく残しておいたものを処分できた」など、様々です。
そして、ただ片付いただけではなく、そのすっきりと心地よい空間で時間を過ごすことにより「日々の生活が充実している気がする」、「帰宅するのが楽しみ」など、ポジティブな反応が伺えます。

「こんまりの魔法」と言われるだけあり、日々のストレスや多忙な毎日を送る世界中の女性たちに愛される片付け法。

Foo Style Magazine編集部

328,106 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧