• HOME
  • BLOG
  • Lifestyle
  • おしゃれな空間に欠かせない間接照明10選。置き方コツまで紹介

おしゃれな空間に欠かせない間接照明10選。置き方コツまで紹介

壁を照らす間接照明
Lifestyle

おしゃれな部屋作りを考えた時に欠かせないのが照明。でも、照明ってインテリア初心者の人にとっては、すこしハードルが高いイメージがありますよね。

そこでおすすめしたいのが、「間接照明」を使ったテクニック。簡単なのに途端にぐっとセンスの良い部屋を作ることができます。

この記事では、おすすめの間接照明とそれを使った置き方のコツまでご紹介します。ぜひ、今日から間接照明で人を呼びたくなるような部屋作りに挑戦してみてくださいね。

おしゃれなインテリアに欠かせない間接照明

5つのランプがついた照明

間接照明とは、直接光で照らすのではなく、壁や天井などに光を当てることで間接的に部屋を照らす方法のことです。

間接照明に使われる照明器具には、基本的にスタンドタイプ、置き型タイプ、スポットライトタイプ、テープタイプなどがあります。

今回は、タイプごとにおすすめの照明をご紹介。さらに、おしゃれに見える間接照明の置き方テクニックも伝授しますので、チェックしてみてください。

おしゃれなスタンドタイプの間接照明3選

天井を照らすフロアランプ

まずご紹介するのは、スタンドタイプの間接照明です。一番オーソドックスで使いやすく、間接照明初心者の人でも気軽に取り入れることができます。

人気ブランドごとにおすすめの間接照明はこちらです。

おしゃれなスタンドタイプの間接照明1:ニトリの間接照明。安いのにしっかりおしゃれ

リーズナブルな価格でおしゃれなインテリア家具を提供してくれるブランドとして不動の人気を誇るニトリ。インテリアを考えた時、まず頭に浮かぶブランドかもしれません。
ニトリからは、安いのにとてもおしゃれなスタンドライト「フロアランプポンテ」をご紹介します。

ニトリのフロアランプポンテ

引用:公式サイト

3つのスポットライトにスチール素材でできています。

流行りのインダストリアルなインテリアにもぴったりですね。照明が3つあるので、照らし方でいろいろなアレンジを楽しめるのも◎。ホワイトとブラックから選べます。

購入はこちらから

おしゃれなスタンドタイプの間接照明2:IKEA(イケア)の間接照明。おしゃれで洗練されたデザイン

スウェーデン生まれのファストインテリアブランドとして人気のIKEAからは、「NAVLINGE ネーヴリンゲ」をご紹介します。

IKEAの「NAVLINGE ネーヴリンゲ」

引用:公式サイト

すっきり洗練されたデザインは、インテリアの種類を選びません。小さめながらも、しっかりとやわらかい光のグラデーションで照らしてくれるので、使い心地も抜群。

1灯タイプの間接照明は、優しく全体を明るくすることができる上、照らす場所によって大きく部屋の表情を変えられるところが魅力です。間接照明の初心者の人でも、簡単にムーディーな部屋を作ることができるでしょう。

購入はこちらから

おしゃれなスタンドタイプの間接照明3:リモコンで調光自在。raccoltoの間接照明

使い勝手を重視するなら、リモコン付きの調光タイプの照明がおすすめです。こちらは、raccoltoのフロアライト「ランバー」。

Raccoltoのフロアライト「ランバー」

引用:楽天

温かみのある天然木を使った素材のおしゃれ感が良いですよね。ナチュラルな部屋から、男前な部屋までマッチします。

デザインの良さもさることながら、ランバーはとにかく機能性とアレンジ性に富んでいます。無線リモコン一つで、明るさや光の色味も自由自在。さらに、縦置きだけでなく横置きも可能なので、ソファの下から照らすのも簡単です。

おしゃれな置き型タイプの間接照明3選

四角い和紙でできた間接照明

続いては、置き型タイプの間接照明をご紹介します。置き型タイプは、高さがない分、より幻想的な部屋作りに向いています。

他の照明と組み合わせてランダムに設置するのもありですし、メイン使いで光の織りなす表情をとことん楽しむのも良いですね。

おしゃれな置き型タイプの間接照明1:イサム・ノグチの間接照明。職人によるこだわり

彫刻や絵画、舞台美術など幅広い作品を手がける世界的芸術家のイサム・ノグチ。彼が仕事で立ち寄った岐阜で、岐阜提灯との衝撃的な出会いがあり、そこから生まれた変形提灯がAKARIです。AKARIからやわらかく漏れる光はまさに彫刻のようで、日常に豊かな光の彫刻を取り入れることができます。

イサム・ノグチのAKARI

引用:楽天

こちらの作品は、ころんと丸みを帯びた形がかわいらしいAKARI。間接照明として使う際にも、和紙が光をやわらかく包んでいるので、優しい気持ちになれそうな温かい空間を作ることができます。日中も、まっ白い和紙が自然に空間に溶け込むため、インテリアの邪魔になりません。

ほっこり癒される間接照明をお探しの方にぴったりな作品です。

おしゃれな置き型タイプの間接照明2:もれる光が幻想的。KAJAの間接照明

日常生活を「リゾートのように暮らそう」をテーマに、非日常的な空間を作れるインテリア家具を販売しているのがKAJAです。ナチュラル素材を使い、自然を感じながら暮らせるような作品が揃っています。中でも、フロアランプとして、南国のリゾートを思わせるような間接照明が、クレイジーフロアランプです。

KAJAの藤で出来た間接照明

引用:公式サイト

ランタンを編み込んだ中から漏れる光は、本当に幻想的。この照明を置くだけで、とたんに部屋がアジアンインテリアになってしまうから不思議です。リビングだけでなく、寝室にもぴったりですね。カラーは、ナチュラルと濃いブラウンから選ぶことができます。

アジアンインテリア初心者の人でも取り入れやすいでしょう。

購入はこちらから

おしゃれな置き型タイプの間接照明3:ころんとした形がかわいい。La ceriseの間接照明

小さめサイズで、棚の上やソファの横、ベッドサイドテーブルなど、置く場所を選ばないのがLa ceriseの間接照明です。

La ceriseの置き型照明

引用:楽天

藤を編み込んだ丸いデザインは、ナチュラルインテリア、北欧インテリア、アンティークインテリアまで、どんな部屋にも合わせやすいです。寝室に置くならメインの間接照明として。リビングに置くなら、補助的につけることで優しく照らされた落ち着く空間に仕上げることができます。

リビングで大活躍。おしゃれなスポットライトタイプの間接照明2選

スチールのクールデザインのスポットライト

続いては、スポットライトタイプの間接照明をご紹介します。スポットライトの良いところは、照らす場所や角度を自由にアレンジできること。天井を照らしたり、壁を照らしたり、明るくする場所によって部屋の印象は大きく変わります。

リビングのメイン照明としても使えますし、調光タイプ機能やサイズも幅広いため、部屋にあったものを選ぶことが大切です。

リビングに置きたいおしゃれな間接照明1:どんなインテリアにもマッチ。ロウヤのスポットライト間接照明

LOWYA(ロウヤ)は、世界的に人気のファストインテリアブランドです。トレンドを取り入れたおしゃれな商品が多く、しかも価格もお手頃なため、初めて間接照明を取り入れる人にもおすすめです。そんなLOWYA(ロウヤ)のスポットライトがこちら。

LOWYA(ロウヤ)のスポットライト

引用:楽天

木目とスチールを使った異素材組み合わせのデザインがおしゃれなスポットライトです。部屋の天井、壁、床を照らすのにちょうど良い高さになっているので、照明初心者でもアレンジがしやすいですね。カラーは、ホワイト/ナチュラルとブラック/ブラウンの2色。ナチュラルで明るい部屋から、インダストリアルなインテリアまでどんな部屋にもマッチします。

リビングに置きたいおしゃれな間接照明2:スチールとウッドで北欧風デザイン。アイリスオーヤマのスポットライト間接照明

リーズナブルでおしゃれな家電が人気のアイリスオーヤマからは、レトロデザインのスポットライトをご紹介します。

アイリスオーヤマのスポットライト

引用:Amazon

4つのLED照明は、紐を引っ張る回数で全灯、内側2灯、外側2灯が自由自在。電球の色を2つずつ電球色と昼白色で付け替えておけば、引っ張る回数でお好きな色の照明を楽しむことができます。4つの照明が付いているので、照らす場所によって部屋の印象も変えることができます。

カラーは、グリーン×ダークブラウン、ホワイト×ライトブラウン、ダークグレー×ダークブラウンの3色。どこかレトロなスチール素材がおしゃれな照明です。

アイデア次第でどこでもおしゃれに。テープライトの間接照明2選

電球と豆電球

最後にご紹介するのは、隠れた場所でインテリアをムーディーに照らしてくれるテープライトです。テープライトは、その名の通りテープのような形状のライトで、棚や壁、家具の裏、階段などに設置することで印象的なライティングをすることができます。

好きな長さにカットできて、普通の照明では照らせない部分もおしゃれに照らすことが可能です。

調光機能付き。BASONの間接照明

BASONのテープライトは、調光機能で明るさも自在に調整することができる便利さが魅力です。

BASONのテープライト

引用:Amazon

両面テープがついているので、設置したい場所に合わせてカットしてから貼り付けるだけで、一気に雰囲気のある素敵な空間を作ることができます。難しい工事も設置作業もいらないので、どんな人でも簡単に間接照明を取り入れることができますね。

防水&カラフルライト。BRTLXの間接照明

個性的なインテリアやお家パーティーに重宝しそうなのが、BRTLXの間接照明です。

BRTLXのLEDテープライト

引用:Amazon

防水&カラフルライトで、華やかな空間を簡単に作ることができます。また、スマートフォンに専用のアプリをいれることで、スマートフォンでの操作が可能。

さらに、タイマー設定や、ロマンチックやパーティーなどのシーンモードも選ぶことができます。アイデア次第でいろいろな使い方ができそうですね。

間接照明をもっとおしゃれにする設置方法

モザイクガラスのペンダントライト

間接照明を購入しても、どこを照らして良いのかいまいちわからない場合もありますよね。そこで、間接照明を効果的におしゃれに設置する方法をご紹介します。

壁を照らしてモダンに

間接照明で壁を照らすことを、コーニス照明と呼びます。コーニス照明は、直接物体を照らさずに、壁に光を反射させることで、幻想的な雰囲気の間接照明にすることができます。

ここでのポイントは、照らす壁の表面に美しく光が反射するように、壁面は何もない状態にすること。家具やカレンダー、エアコンなど、生活感のあるものを照らしていてもあまりおしゃれとは言えません。

極力、照らす壁をフラットな面に整えておくと、よりおしゃれに照らすことができるでしょう。

天井を照らして雰囲気のある空間へ

天井に向かって光を照らす方法をコーブ照明と呼びます。照らされた天井から落ちてくる光で優しく照らすことができるのが特徴です。

壁などを照らす場合に比べて光源を多めに確保できるため、明るさもありながら雰囲気のある空間を作ることができます。

他の素材と組み合わせて

間接照明は、壁や天井だけでなく階段や家具、ソファの下など見えない部分から照らすこともできます。ここでおしゃれに仕上げるポイントは、光源が見えないようにしっかり照明本体を隠して照らすことです。

また、通常であれば暗い場所を照らすことで、奥行きのある広い空間に感じさせる効果も期待できますよ。

間接照明でおしゃれな部屋作りをしよう

ソファと机の上のキャンドル

一気におしゃれな空間を作ることができる間接照明は、インテリアには欠かせないアイテムです。あなたの部屋の家具間取りをよく観察して、どこを照らしたらおしゃれになるか想像してみてください。

そして、木材・スチール・和紙・陶素材・ガラスなど、素材にも注目しながら、あなたの部屋のインテリアにぴったりの間接照明を選んでみてくださいね。

Foo Style Magazine編集部

577,770 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事