クローゼット収納術5つを覚えて、スマートな暮らしへ

Lifestyle

この記事では、コツを覚えればすぐできる、5つのクローゼット収納術をご紹介します。憧れは、すっきり片付いたクローゼット。しかし、思い通りに収納できないことも多いのではないでしょうか。その原因を明らかにして、クローゼット収納のお悩みを解消していきましょう。

おすすめのパジャマやルームウェアギフトについての人気記事はこちら☟

クローゼットの収納がうまくいかない原因とは

ハンガーにかけられた洋服

お引っ越しをしてきた当初は綺麗だったクローゼット。それなのに、いつの間にかごちゃごちゃとした見た目になってしまうことがあります。「なぜか、クローゼットの収納がうまくいかない」というお悩みを持つ方も多いはず。はじめに、その原因を明らかにしていきます。

クローゼット内のスペースが不足している

まずはじめに挙げられる原因は、クローゼット内のスペースが不足していることです。衣類や持ち物の量に対し、スペースが不足していればぎゅうぎゅう詰めになってしまいます。もし不要な衣類や持ち物がございましたら、思い切って捨ててしまうというのも一つの方法です。

しかし、それは最終手段。次項で述べる「クローゼット内のデッドスペース」の存在によって、スペースが不足しているように見えてしまうこともございます。衣類や持ち物を捨ててしまう前に、クローゼットの中を今一度ご確認くださいね。

クローゼット内にデッドスペースがある

次に挙げられる原因が、クローゼット内にデッドスペースがあることです。デッドスペースとは、建築用語で「利用するのが難しい空間」のことです。

具体的な例を挙げると、クローゼットのポールに洋服を掛けたとき下にできる空間や、ポールの上にある収納棚に物を載せたとき上にできる空間です。このデッドスペースを有効活用することが、すっきり片付いたクローゼットにするために、とても重要です。「利用するのが難しい」だけで、「利用できない」空間ではないのです。

有効活用する方法については、後ほどご紹介する収納術のなかでお伝えしていきます。

衣服の分類ができていない

最後に挙げられる原因は、衣服の分類ができていないことです。トップス、ボトム、アウターなどが、分類されずにばらばらに入っていると、ごちゃごちゃとした印象を与えてしまいます。また、見た目だけでなく、実際にお洋服を選ぶ際にも分類がされていないと選ぶのに時間がかかってしまいます。貴重な時間を無駄にしないためにも、衣服の分類をきちんとして、クローゼット収納にこだわってみましょう。

クローゼット収納術5つを覚えましょう

ハンガーに掛けられた洋服がクローゼットに収納されている
それでは、クローゼット収納術5つをご紹介します。すぐに覚えられるものですので、明日からでもぜひ取り入れてみてください。毎日が快適になること間違いありません。

クローゼット収納術1:吊り下げられるものは吊るす

ハンガーを使って、吊り下げられるものは吊るしましょう。ハンガーで吊り下げられるのは、シャツやジャケット、ワンピースだけではありません。専用のハンガーを使えば、スラックスやスカートといったボトムや、ネクタイ、ベルト、スカーフといったファッション小物も吊るすことができます。

ハンガーにかけて衣服を吊り下げれば、しわになりにくく、出し入れも簡単。「着たい服がなかなか見つからない……」ということも防げます。

吊り下げる際には、衣服の種類別に分け、高さを揃えるよう気を付けてください。衣類が分類されると見た目がすっきりするだけでなく、下にできるデッドスペースの大きさも揃い、デッドスペースに収納グッズを置きやすくなりますよ。

クローゼット収納術2:バスケットを使う

バスケットを使って、デッドスペースを活用しましょう。バスケットは、軽いので持ち運びやすいのがポイント。ポールの上にある収納棚に置くのがおすすめです。高い場所に軽いバスケットを置くと、出し入れしやすく便利ですよね。

バスケットを天井近くの収納棚から出し入れするのは、意外と面倒です。そのため、バスケットに収納するのはシーズン外れの衣類や小物など、使用頻度の低いものにしましょう。

バスケットの色やデザイン、ブランドを揃えると、統一感が生まれてより洗練された印象になります。バスケット選びは、おしゃれなクローゼットへの第一歩です。

クローゼット収納術3:ショップ風に洋服を畳んで並べる

クローゼットには、いくつか棚がついていることがあります。その場合、棚にショップ風に洋服を畳んで並べると、簡単に「見せる収納」ができあがります。衣服の中でも特に、畳んでもしわになりにくいTシャツやブラウスがこの収納に適しています。

お気に入りの衣服を一番上に重ねれば、デザインや色が一目でわかるようになります。まるで、自分好みのショップを立ち上げたような気持ちになれますよ。クローゼットを見るたびに楽しくなりますね。

クローゼット収納術4:デッドスペースに収納ケースを置く

ハンガーで吊り下げた衣服の下にできた、デッドスペースに収納ケースを置きましょう。下に置くので、重みのあるしっかりとした造りのものでも大丈夫です。重ねるタイプの収納ケースだと、デッドスペースの大きさに合わせて、2段重ねや3段重ねなどにできるのでとても便利です。

収納ケースには引き出し式、前開き式、蓋付きケースなどの種類がありますが、引き出し式がおすすめです。タンスのように使えて中身が取り出しやすいですし、整理するのも楽です。ハンガーで吊り下げることのできない、靴下やインナー、シャツなどを入れておきましょう。

クローゼット収納術5:色別に衣服を並べる

ハンガーで衣服を吊り下げたら、色別に並べてみましょう。そうすることで、衣服が探しやすくなるほか、見た目も整理整頓された印象になります。色別に何着買っているのか可視化できるので、「同じ服を買ってしまった」、「気づいたら、同じデザインや同じ色の服ばかり買っている……」ということも防げます。

通勤着でも曜日ごとに色を決めてコーディネートすれば、忙しい朝、洋服選びで悩むことも少なくなるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

クローゼット収納術に必要なマストアイテム9選をご紹介

ラックにハンガーがかけられている

次に、クローゼット収納術に必要なマストアイテムをご紹介します。デザインが良く高品質で、多くのユーザーに評価されているものを選びました。これらのアイテムを使えば、クローゼットが見違えるように便利になることでしょう。

MAWA/ 人体ハンガー 10本組

MAWA/人体ハンガー

MAWA/人体ハンガー

ドイツで誕生し、創業60年を誇るMAWA社は世界でトップシェアを誇るハンガーメーカー。MAWA社の「人体ハンガー」は、その名前の通り人体に近いカーブが特徴。丸みがあることで洋服が型崩れしにくいと評判です。「人体ハンガー」には特殊ノンスリップ加工が施してあるため、洋服が滑りにくくなっています。ハンガーの厚さはわずか1cmで、スペースを取らず、ワンピース、ブラウス、シャツ、ニットといった衣類に最適です。

カラー展開も豊富で、ゴールド、シルバー、ブラック、ブロンズ、ホワイト、ライトグレー、ラメゴールドの7色から選べます。同じカラーで揃えれば、ブランドショップのようなクローゼットが出来上がりそうですね。

Amazonベーシック/衣類ハンガー ビロードハンガー ベージュ 30本組

Amazonベーシック/衣類ハンガー ビロードハンガー ベージュ 30本組

Amazonベーシック/衣類ハンガー ビロードハンガー ベージュ 30本組

女性におすすめなのが、Amazonベーシックのビロードハンガー。こちらのハンガーの特徴は、高級感があり洗練されたデザイン。ハンガーに使われたベルベット素材が、衣服の落下やたわみを防止しています。スリムなのに、最大4.5 キログラムまでの衣服を掛けることができます。アクセサリーやキャミソールなどがかけられるくぼみがついているのも、女性に嬉しいポイント。

100本入りで購入できるので、お手持ちの衣服が多い方にぴったりです。

ナカタハンガー/ 日本製 木製メンズ スーツハンガー 5本組

ナカタハンガー/日本製 木製メンズ スーツハンガー 5本組

ナカタハンガー/日本製 木製メンズ スーツハンガー 5本組

男性におすすめなのが、ナカタハンガーの日本製木製メンズスーツハンガー。ヨーロッパ産のブナを使用しており、温かみのある手触りが特徴です。フェルトバーがついており、スラックスもかけられるのが嬉しいポイント。メンズスーツ一式を掛けることができます。大切なスーツの型崩れを防ぐ、厚みのあるデザインです。

日本の職人が作った高品質なハンガーを一度使ってみてはいかかでしょう。

文章参照元

無印良品/アルミハンガー パンツ/スカート用

無印良品/アルミハンガー パンツ/スカート用

無印良品/アルミハンガー パンツ/スカート用

スカートを着用する機会の多い方におすすめなのが、無印良品のアルミハンガー パンツ/スカート用。3段なので機能的であると評判です。クリップ部分の挟みこむ力が丁度よく、パンツやスカートを痛めません。

アルミをアルマイト加工で仕上げたシンプルなデザインが、都会的。機能性とデザイン性を兼ね備えたハンガーです。

VASLON/ズボンハンガー ステンレス S字型

VASLON/ズボンハンガー ステンレス S字型

VASLON/ズボンハンガー ステンレス S字型

男性とパンツスタイルの多い女性におすすめなのが、VASLONのズボンハンガー ステンレス S字型。錆びにくい高品質ステンレス製で、変形の心配がありません。合計で5枚のズボンを掛けることができます。5キログラムまで耐荷するので、 Gパンを掛けても安心。

空間を最大限活用することができるので、クローゼットにスペースが無い、と悩んでいる方にぜひお使いいただきたいアイテムです。

E-kun/ネクタイハンガー

E-kun(イークン)/ネクタイハンガー

E-kun(イークン)/ネクタイハンガー

画期的で、男性にも女性にもお勧めしたいのがE-kunのネクタイハンガー。なんと1本のハンガーで合計24本のネクタイやベルト、スカーフを吊り下げることができます。フック部分には360度回転式が採用されており、どの位置からでも取りやすいよう自由に角度調整可能です。

天然木製で高級感があり、大人の男性や女性に最適です。

Posprica/収納用キューブ状バスケット

Posprica/収納用キューブ状バスケット

Posprica/収納用キューブ状バスケット

普通のバスケットより高級感のあるものが欲しい、と考えている方におすすめなのがPospricaの収納用キューブ状バスケット。熟練の職人によるハンドメイドで、丈夫な布と厚紙で作られています。最大9キログラムの重さに耐え、とても丈夫です。

カラーはグレー、ブラウン、ブラック、ベージュの4色展開。このアイテムを置けば、クローゼットをスタイリッシュな雰囲気に一変させることができるでしょう。

kino/Colorful Rattan Basket(Large)

kino/Colorful Rattan Basket (Large)

kino/Colorful Rattan Basket (Large)

かわいらしいものがお好きの女性におすすめなのが、kinoのColorful Rattan Basket(Large)。フランス製で、綺麗なツートンカラーが珍しいバスケットです。左右に持ち手がついているので、気軽に持ち運ぶことができます。上下、どちらのデッドスペースに置いても丁度いいサイズ感です。

このバスケットを置けば、おしゃれなフランス風のクローゼットになりそうです。

天馬株式会社/フィッツ衣装ケース

天馬株式会社/フィッツ衣装ケース

天馬株式会社/フィッツ衣装ケース

誰しもにおすすめできる収納ケースの定番、「フィッツ衣装ケース」。豊富なサイズ展開と、長く使える頑丈さが、長年愛される理由のひとつ。ケースを重ねて使っても引き出しやすいのがポイントです。

半透明タイプで、何を入れたのか分かりやすく機能性抜群です。ぜひ、ハンガーの下にできたデッドスペースにお使いください。
内容参照元

クローゼット収納術を覚えて、スマートに暮らしましょう

コーヒーを飲んでいる女性

クローゼット収納術5つとマストアイテム9選をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。慌ただしい朝、すっきり片付いたクローゼットなら、余裕をもって洋服を選べることでしょう。クローゼット収納術を覚えれば、スマートな暮らしはすぐそこです。ぜひ、マストアイテムを使って、収納術を実践してみてくださいね。

おすすめのパジャマやルームウェアギフトについての人気記事はこちら☟

Foo Style Magazine編集部

87,548 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧