快適な睡眠にマットレスは外せない!人気マットレス4選

Lifestyle

今、マットレスの人気が高まっているのをご存知ですか?当たり前のように毎日使っているマットレス。マットレスなんてどれも同じじゃないの?そんな貴方に人気のマットレスをご紹介していきます。
おすすめ人気記事はこちら☟

今マットレスが人気って本当?

ベッドと本

インテリアとしてデザインにこだわりマットレスを選んでいる方が多いのではないでしょうか。もちろんお部屋の雰囲気に合わせてマットレスを選ぶことも大事ですが、寝心地を追求したい人が、最近増えています。寝心地はリラックスに繋がり、睡眠の質を高めることができます。マットレスにこだわるだけで翌日の元気をチャージしてくれるのです。
熟睡できるルームウェアをお探しの方におすすめの記事はこちら☟

マットレスが人気の理由って?

ベッドと本と花

今、マットレスがこんなにも注目されている理由の一つとしては、こだわったマットレスを使うことで毎日意識せずに、睡眠の質を高められるという点です。
「睡眠をとる」それだけで自然と体が休めることができるなんて、気軽に続けられますよね

マットレスが快適な睡眠を助ける理由とは

「寝ても寝ても疲れが取れない」「ぐっすり眠れない」そうお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

マットレスが快適な睡眠を助ける理由は、正しい寝姿勢と寝返りをサポートすることで睡眠の質を高めることができるからです。睡眠の質を高めることは、体の調子を整えることだけでなく、頭の回転が上がったり、気持ちに余裕ができたりと、毎日を快適に過ごしやすい体づくりを作ることにも繋がるのです。

マットレスの種類

マットレスといってもその種類は様々で大きく分けて以下の2つに分かれます。

・スプリングタイプのマットレス
・ウレタンや種子素材のマットレス

最初に、スプリングタイプのマットレスをご説明します。スプリングタイプはさらにボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの2つに分かれます。

ボンネルコイルマットレスは、らせん状に巻いたコイルスプリングを連結させているマットレスです。やや硬めで、強い弾力があり、寝たときに体を面で支えます。柔らかいマットレスが苦手な人にはおすすめです。コイルとコイルの間に隙間があるので通気性がよく、湿気がこもりにくいという特徴があります。デメリットとしては、コイルが連結されているので、動くと揺れやすくなっています。

ポケットコイルマットレスは、コイルスプリングを1つずつポケットに入れて敷き詰めたマットレスです。体を1つ1つの点で支えるので、体にかかる圧を適度に分散することができます。体に沿ったようにフィットするので、寝心地の良さにも定評があります。
デメリットとしては、製造に手間がかかるので価格が高めです。

次に、ウレタンや種子素材のマットレスをご説明します。この素材のマットレスは、よく耳にする高反発と低反発の二つに分かれます。

ウレタンの高反発は、適度な硬さで理想的な寝姿勢を実現でき、寝返りをサポートします。
耐久性も強いです。ウレタンという素材は、通気性は期待できず、寒いと固く、暖かいと柔らかくなる性質により暖かい季節に高反発の機能が落ちてしまうというデメリットがあります。

ウレタンの低反発は、衝撃吸収素材であり、重みや体温に反応して体が沈み、包み込まれるような寝心地が特徴です。体に沿うように沈むので、寝返りの回数が減り、睡眠の質が高まります。

また樹脂タイプの高反発マットレスは、樹脂を水の中に流し込んで網目状に編んだ素材です。適度な硬さがあり通気性が良く、夏は涼しく冬は暖かいのが魅力です。
洗うことができるので高温多湿の日本にあったマットレスです。

マットレスを清潔に保とう

マットレスって毎日使うけどどうやって綺麗にすればいいの?そんなお悩みにお答えします。基本的には、マットレスの上にシーツや敷きパッドなどを敷いておけば、シーツなどの洗濯をこまめに行うことで清潔に保つことができます。

ほこりや髪の毛、フケや皮脂、汗などの汚れはカバーでおおよそ防ぐことが可能です。
最近では、布団やマットレス専用の掃除機などが販売されているので、定期的に使用するとより効果的です。

気になる方にマットレスを清潔に保つ方法をまとめていきます。

まず、上記でも述べましたが、ベッドシーツは週に1〜2回交換しましょう。ベッドシーツを
交換するとき、ベッドシーツの上には剥がれて落ちた皮膚、フケ、埃など目には見えにくい汚れが溜まっている事を意識しましょう。特にタンパク質の汚れはダニの餌食です。急いで乱雑にベッドシーツをめくり上げて撒き散らすのではなく、そーっと丁寧に交換しましょう。

次に、定期的にマットレスを壁に立てかけましょう。マットレスを汚れと湿気から守る方が長持ちになるので、マットレスを壁に立てかけて汚れと除湿対策を頑張りましょう。

次は、ベッドとマットレスに掃除機をかけます。ベッドシーツやパッドを使っていても、やはりベッドとマットレスに汚れは溜まっていきます。月に一度を目安に掃除機がけをするようにしましょう。頭と上半身辺り、キルティングの谷間、ベッドとマットレスの溝、これらの部分の汚れが溜まりやすいので重点的に掃除機をかけるようにしましょう。

次に、マットレスの天日干しについてですが、あまりおすすめできません。稀に定期的にマットレスを日光に晒して殺菌しましょうと言われる事があります。ですが、これはあまりおすすめできません。理由としては、かなり晴れた日でないと効果が薄く、窓越しでなく直射日光でないと効果がないということに加え、生地を傷めるため寿命を縮めてしまう恐れがあるからです。湿気が気になる際は、お部屋の中で壁に立てかけるのが良いでしょう。

また、ベッドを濡れタオルで拭くのは要注意です。ベッドフレームを湿ったタオルで掃除されることもあると思いますが、これは湿気を含ませてカビを発生させてしまわないかの注意が必要です。タオルは硬く絞ったものを使用しましょう。またタオルで拭いたら窓を開けて換気したり、扇風機で風を当てたり、エアコンの風を当てたりベッドがなるべく早く乾くようにしましょう。

このようなお手入れを続ければ、まずダニやカビの問題は避けられます。ただ、それでも問題が起こってしまったら、掃除をしなければなりません。ダニ退治カビ除去について説明するとかなり長くなってしまいます。ダニやカビなどが気になり始めたら、専門の方に相談しましょう。

自分にピッタリの枕を見つけたい方におすすめの記事はこちら☟

自分に合った人気マットレスを選ぶポイント

ベッドで眠る女性

マットレスの種類はたくさんありますが、自分にあったマットレスを選ぶことは、とても重要です。この項目では、自分に合ったマットレスを選ぶポイントをご紹介していきます。

デザイン編

お部屋の面積を大きくとる家具である寝具は他の家具と雰囲気が合う物を選びたいですよね。マットレスは、基本的にカバーをつけて使用するので、ベットカバーやベッドのフレームのカラーやデザインをお部屋と合わせるのがいいでしょう。

素材編

素材は、マットレスの種類に直結します。
通気性や耐久性に注目し、自分の部屋の空気の通り方や日差しなどを気にしながら選ぶのが、失敗しないポイントです。

硬さ編

何より大事なのは、実際に寝てみることです。
最近のマットレス専門店などでは、どんなタイプが自分の体に合うかの診断を行ってくれるお店が増えてきているので参考にするといいでしょう。
一番は、実際に寝てみてリラックスできるかどうかを肌で感じることが大切です。
睡眠の質を高める布団をお探しの方におすすめの記事はこちら☟

人気マットレス4選

ベッドインテリア

この項目では、マットレスにこだわるのは初めて!という貴方におすすめの人気マットレスをご紹介していきます。

【最初に選ぶなら】シングルマットレス

シングルマットレス

シングルマットレス(デュアルP HGシルキー)

シングルマットレス(デュアルP HGシルキー)

購入はこちらから

ブランド:ニトリ
価格:59,900円(税込)
サイズ:シングル

2層のポケットコイルが空にフィット。下段のコイルの硬さと上段のソフトさでハイグレードな寝心地。

【コスパ最強!】キルト高反発マットレス

キルト高反発マットレス

Achillesアキレス キルト高反発マットレス シングル AK-327 寝具 寝装・寝具 ab1-1239617-ak [簡易パッケージ品]

Achillesアキレス キルト高反発マットレス シングル AK-327 寝具 寝装・寝具 ab1-1239617-ak [簡易パッケージ品]

購入はこちらから

ブランド:アキレス
価格:19,600円(税込)
サイズ:シングル

高反発ウレタンフォーム仕様のマットレスです。反発性があり寝返りがスムーズに行えます。床面にプロファイル加工を施すことにより、マット面とフローリング面に空気層を作って湿気を軽減します。

【寝心地を追求】モデル246

モデル246

モデル 246

モデル 246

購入はこちらから

ブランド:マニフレックス
価格:39,204円
サイズ:シングル

マニフレックスを代表するスタンダードマットレスであり、長く愛され続けているロングセラーモデルです。ハリと弾力性に優れたジャガード生地は、多くの日本人が好むしっかりと硬めの寝心地を実現しています。反発性に優れているため、寝返りがうちやすいのも特徴です。立っている時と同じ姿勢のままで眠れる高反発フォームを採用しています。

【省スペース】AIR(エアー)マットレス

AIR(エアー)マットレス

東京西川 [AIR(エアー)] マットレス グレー/ベーシック セミシングル (クイーン対応) 高反発 厚み8cm シングル 硬さベーシック グレー

東京西川 [AIR(エアー)] マットレス グレー/ベーシック セミシングル (クイーン対応) 高反発 厚み8cm シングル 硬さベーシック グレー

購入はこちらから

ブランド:東京西川
価格:41,040円(税込)
サイズ:シングル

こちらの商品は、大谷翔平選手などアスリートの方が愛用していることで有名なマットレスです。体にかかる圧を分散させ、質の高い眠りへと誘います。コンパクトなサイズ感で使いやすい商品です。
質の良い睡眠をとりたい方におすすめの記事はこちら☟

おすすめのマットレス人気ブランド

東京西川

一人一人の「よく眠り、よく生きる」のための、研究に取り組み、最新の技術を取り入れながら、睡眠ソルーションを提供し続けています。
休息の空間をより楽しく心地よいものにする有名ブランド。

マニフレックス

カウンセリグのできる専門スタッフ「マニフレックスマスター販売員」が常駐しているブランド。

エアヴィーヴ

高級寝具の既成概念を超えたエアヴィーヴは、「最高」の睡眠を求める人々の期待にこれkらも答え続けているブランドです。トップアスリートを始め多くの眠りにこだわる人々に愛用されています。

日本ベッド

90年あまりの歴史がある老舗ブランド。よい眠りのためにできる全てを追求すること、機械づくりからこだわったマットレスを提供しています。

シモンズ

創業以来140年の長きにわたり世界で愛され続けるブランド。質の良い睡眠をとることは、暮らしのクオリティ向上に繋がると考え、商品開発を続けています。

フランスベッド

「西洋文化に憧れる若者に、ベッドのある暮らしを届けたい」と考え、華やかな欧風文化の象徴として「フランスベッド」と名付けられました。
寝る前のリラックス方法をお探しの方におすすめの記事はこちら☟

マットレスにこだわって快適な睡眠を手に入れよう

ベッドの上で笑う赤ちゃん

マットレスにこだわるということは、睡眠の質を高めると同時に毎日の生きる力をチャージすると言えます。人生の3分の1は睡眠時間であると言われるほど睡眠は重要なものです。
人それぞれ感じ方は異なりますので、合わないマットレスを購入して逆に不眠になっては、ストレスが溜まってしまいます。

人気ブランドや商品を見て、選ぶべきポイントを押さえ、自分にあった極上のマットレスを選びましょう。
良質な睡眠をとりたい方におすすめの記事はこちら☟

Foo Style Magazine編集部

222,970 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧