• HOME
  • BLOG
  • Lifestyle
  • 子供部屋におすすめのレイアウトを男女・年齢別でご紹介!選び方の肝は机とベッド?

子供部屋におすすめのレイアウトを男女・年齢別でご紹介!選び方の肝は机とベッド?

子ども部屋
Lifestyle

子供の成長は早いものです。「まだまだ小さい」と思っていたのに、それは少し寂しくなるほどに。「ママ、パパ」と甘えてばかりだった子供も、思春期を迎えるとひとりの部屋を欲しがり、自立心が芽生え始めます。その頃には反抗的になったり、親と距離を置きたくなることも。そんなとき、子供部屋は家族にとってありがたい一面もあるのです。

いつの間にか自分の部屋を欲しがるようになった子供のために、子供部屋について考える保護者は多いです。小学校に上がる前から、大人になるまで使う可能性がある子供部屋。心も体も大きく成長する場所として、そしてなによりも想い出の場所として大切なスペースを作ってあげたい。子供部屋は適切なタイミングで与えれば、子供の成長を促すことができます。

子供部屋のレイアウトは、机やベッドの配置しだいでかなり印象が変わります。子供部屋の大きさを活かしたレイアウトなら、居心地が良く、使いやすい子供部屋になります。こちらの記事では、子供部屋におすすめのレイアウトを、先輩ママやパパの意見を参考に画像付きでご紹介します。

子供部屋を上手にレイアウトするコツ

小さな頃は、机にベッド、それにクローゼットがあれば充分と考えていても、子供はすぐに大きくなり必要な家具がどんどん増えていきます。子供部屋を上手にレイアウトするには、まず、机・ベッド・収納と目的別にエリア分けすることが重要です。まずはじめに、大型家具であるベッドと机の配置から決めていくと、スムーズです。

ベッドは窓や扉などの配置などで決まってきます。机は休憩・就寝エリアなので、勉強する机とは離したほうが集中しやすい環境になります。また、机の配置を決める際に、同時に考えたいのが収納です。必要なものがすぐに出し入れできるように収納家具を置くと、使いやすく片づけやすい子供部屋になります。

普段あまり使わないものは、収納付きのベッドや、ベッド下のスペースにしまうと、子供部屋のスペースを広く確保できるのでおすすめです。

かわいい!小学生の女の子が喜ぶ子供部屋のレイアウト

女の子は小学校高学年になると、「かわいい部屋が欲しい」「友だちを自分の部屋に呼びたい」などと訴えることが多くなります。自分だけのスペースを持ちたがるのも成長の証。喜ばしいことではないでしょうか?

「小さくてもレディ」の気持ちが満足するレイアウト

自分の家に友だちを招き、「自分らしくコーディネートした子供部屋を友達に見せたい」、「学校での 出来事や好きなアイドルの話をしたい」という気持ちを満足させてあげるには、小さくても子供の意見を取り入れることが大切です。とはいえ子供の成長は早いので、
子供っぽいキャラクターやかわいすぎるレイアウトは、いずれ飽きてしまう可能性が高いです。

変更が楽なレイアウトや、シンプルで長く愛用できる家具の購入を子供と一緒に考えてみましょう。ナチュラルな木製家具やホワイト系の家具は、小さな子供に特有のカラフルな持ち物のかわいさを引き立たせてくれる上に、成長しても違和感なく使え、成長しておしゃれなインテリアにしたいときにもピッタリです。

ハンガーや壁掛けフックで子供部屋をスッキリ見せる

頻繁に身に着けるものや、いつも出かけるときに持ち出す物は、すぐに手に取ることができるように収納するのがおすすめです。例えば、通学や外出時に使う帽子やカバンは、ポールハンガーや壁掛けフックにサッと掛けられるようにしておくと、すっきり片付きます。わざわざクローゼットにしまわなくても、きちんとかけておく習慣を付けるレイアウトにするのが賢い方法です。

置き場所が決まっていないと、床やベッドなどにポンと放置しがちになります。散らかった印象になり、親子でイライラの元になります。なるべく床には物を置かないようにすることが、子供部屋をすっきり見せるコツです。

片付けるとスッキリして気持ちがいいことを体感させて、自分で収納する力を身につけさせましょう。親子で「片付けしやすいレイアウトや方法」を話し合うと、子供の主体性も育ちます。

制作物はコルクボードにまとめて展示する

子供が描いた絵や、学校や児童館で制作した工作やお気に入りのコレクションなどは、大人にはガラクタに見えることもありますが、子供にとっては宝物です。けれども、部屋のあちこちにあるとごちゃごちゃした印象は否めません。大きめのコルクボードなどを1つ用意し、そこに貼り付けたり、飾るようにすると、あっという間に展示物になります。

しっかり飾れば、子供の心も満足させてあげられます。「見せる収納」で、子供のこだわりを大切にしてあげましょう。制作物を親子で楽しめるようになると、関係も良好になります。

「ボードに飾り切れなくなったら、入れ替えする」というルールにしておけば、いつも新鮮なアートスペースになりますし、1か所に集約することでインテリアとしても格上げされます。

散らからない!小学生の男の子にピッタリの子供部屋のレイアウト

子供部屋をつくるメリットは、なんといっても子供の雑多な物が1カ所にまとめられる点にあります。すぐに小さくなる衣類、成長に伴って増えていくおもちゃ、場所を取る学用品など、子供の物は意外と多いものです。子供部屋があればそれらをまとめて収納できるので、家族団らんのリビングやダイニングが片付いてスッキリします。「片づけなさい!」と怒ることも減るので、平和が保てます。

また、衣類やおもちゃを散らかしがちな男の子には、早いうちから自分で片づける習慣を付けることが重要です。散らからない男の子にピッタリの子供部屋のレイアウトは、将来役に立ちます。

男の子が大好きな隠れ家を安くつくるには?

男の子が大好きな隠れ家は、意外と簡単にリーズナブルにつくれます。ティピーと呼ばれるミニテントなどは数千円から購入でき、使わないときは小さく畳んで収納できるので、非常におすすめです。

遊び心満載で、広げればたっぷりの収納スペースになるので、ごちゃごちゃしたおもちゃ類を目に付かないように片づけるのにもピッタリです。散らかりやすいものは、視界に入らないようにするのも親子でイライラしない秘訣です。

おもちゃは自分でボックスにまとめて収納させる

子供部屋の収納のポイントは、子供が片付けやすいことです。ざっくり片付けられるように、収納場所は1ヵ所にするのがおすすめです。引き出しにラベルを貼ったり、色分けしたり、中に入れる物の写真を貼り付けるのも良い方法です。ゲーム類はここ、ブロックはここなど、どこになにが入っているのか一目瞭然にして、ゲーム感覚で片付けさせるのです。

そのうち、使うものの目的に合わせた収納を、子供自身が考えるようになるメリットもあります。

子供の身長以上の高さに収納させたり、物が多すぎてあふれてしまうという収納はNGです。収納の高さを子供の手の届く場所にすれば、出し入れが楽なので、親の手を借りなくても、きちんと自分で片づけることができるようになります。上手に片づけができたら、しっかりほめてあげることも忘れずに!

怒らないで済む!カーペット・ラグはメリット大

子供が小さいうちは、子供部屋にカーペットやラグを敷くと防音対策になるので、おすすめです。マンションなどの集合住宅の場合、どうしても子供が走り回る音やおもちゃで遊ぶ音などが響いてしまいますが、あまり神経質にならずに済みます。

床に傷を付けたり、汚したりするのも未然に防げます。タイルカーペットは部屋中に敷き詰められて、汚れた部分だけ取り外して洗うことができるので、非常に便利です。

カーペットやラグを敷くと、フローリングよりクッション性があるので、子供のケガ防止にもなります。元気な男の子は、高いところからジャンプしたり、転ぶこともあるので、カーペットやラグを敷いておくと万が一の時にも安心です。裏に滑り止めを付けておけば、さらに良いです。

また、ラグにはスペースの利用目的を自然と意識できる利点もあります。遊ぶ場所、勉強をする場所と、スペースにメリハリが出るのです。片付けを渋る時には、ラグの上だけ、机の上だけと限定して片付けさせると、子供部屋がスッキリした印象になります。ハードルを下げて、片付けの習慣を付けるのにも役立ちます。

壁紙やカーテン、家具の雰囲気に合わせながら、子供の好きなカラーのカーペットやラグを選んでレイアウトするのがおすすめです。

勉強も!趣味も!中学生におすすめの子供部屋のレイアウト

子供部屋に最低限必要なのはベッド・机・収納ですが、中学生の部屋のレイアウトは勉強に集中できる環境作りを意識すると良いでしょう。ベッドは休む場所、机や棚は勉強をする場所と分けておけば、自然と行動できるようになります。時間の使い方も上手になるので、おすすめです。

机を部屋の角に置けば勉強に集中できる

勉強に集中しやすいレイアウト作りをするには、まず机の位置を決めましょう。机の置き場所でベストなのは、部屋の角です。目の前に窓があると外の景色が気になりますし、机の後ろにドアがあると気になるものです。

机のそばを収納スペースにすると、レイアウトはだいたい決まります。勉強のための教科書や参考書の出し入れも楽です。机の上は広々と使うほうが勉強に集中できます。最低限のものだけを置いて、使っていない問題集や参考書などは本棚などにしまうようにしましょう。何度も立ち上がって参考書を取りに行く手間が省けるうえ、他のものに目移りするのを防げます。

勉強に関連したものは机からすぐ見える場所に、趣味や遊びに使うものはなるべく見えない場所が、勉強に集中できる環境作りのコツです。

ベッドは机から見えない位置がベスト

家具の中でも特に大きなベッドの位置は重要です。中学生は机から離した位置にベッドを配置するのがおすすめです。ベッドのそばに机があると、勉強していてもついベッドに寝転んだり、そのまま眠ってしまうことが多くなるからです。試験前や受験シーズンに、ちょっと休憩するつもりが、そのまま朝まで寝入ってしまったなんてことを防げます。

ですから、ベッドの位置は机から見えない場所が理想です。机の位置が決まれば、ベッドの位置もおのずと決まります。

シンプルで飽きのこない家具がおすすめ!

子供の成長に合わせて、何度も家具を買い換えするのは大変ですよね。お金も
使わなくなった家具の処分の手間もかかります。子供が使う家具は、長く使い続けられるものを選びましょう。シンプルで飽きのこない品質の良い家具であれば、用途が変わっても使い回しができて便利です。

サイズを変えたり、組み直しができる家具は、成長しても大人になっても、愛用することができます。素材は、使い始めには木の香りまで楽しめそうなナチュラルでシンプルな家具がおすすめです。子供が成長して、子供部屋で不要になってもリビングにも置きやすく、汎用性が高いからです。

狭い部屋は一台二役以上の家具をフル活用する

子供が2人以上いる、子供部屋の広さ5畳から6畳ほどしかがとれないという場合は、一台二役以上を果たしてくれる家具を選ぶのもおすすめです。下段部分がソファやデスクになっているユニットベッドは省スペースで、広く部屋を使えるので人気です。さらに、階段部分やソファ下にも収納スペースがある家具なら、狭い部屋のレイアウトにもぴったりです。

スペースを有効活用して子供部屋を広く使う

子供が2人や3人いる場合は、初めは共同の子供部屋として6畳から8畳のスペースを確保しておき、子供の成長に合わせて部屋を仕切ったり、個室を作る方法もあります。このような間仕切り方法は、海外でも子供部屋を仕切るレイアウトとして、よく選ばれています。

子供が小さなうちは兄弟で一緒に遊ぶ場所として、寝室も兄弟と一緒なら安心して眠れます。やがて、子供達が成長してひとり部屋を欲しがるようになったときには、6畳から8畳の子供部屋を上手にレイアウトして個室として仕切るのです。子供の成長や生活の変化に合わせてパーツを変えたり増やすことができる収納家具を活用するのもおすすめです。

机や棚は幅のサイズが選べて、組み合わせを自在に変えられるものが重宝します。部屋のレイアウトを変えたいときにも便利です。収納家具も収納力のあるものを選んでおけば、棚などを買い足さなくても済みます。

いつまでも心に残る素敵な子供部屋をつくろう!

小さかった子供たちも、やがて自分の部屋が必要となるときがきます。いずれ巣立っていく日まで、一生の思い出になる大切な部屋を作ってあげたいと思いませんか?子供部屋として与えてあげられる部屋のサイズはさまざまですが、子供にとって使いやすく、居心地の良いスペースにしたいですよね。

その際、最初に決めなくてはならないのが家具のレイアウトです。何をどこに置くかのレイアウトで、部屋の使い勝手や印象は変わります。いつまでも心の中に残る子供部屋をつくるために、レイアウトに悩んだ時は、今回の記事を参考にしてください。

Foo Style Magazine編集部

423,195 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事