家事をするなら!ルームウェアでストレスなくこなそう!

ルームウェア 家事
Lifestyle

毎日家事をしている主婦の皆さん。楽だと思われがちですが、家事って想像以上に体力を消耗しますよね。料理で重い鍋をもったり、水を含んだ重い洗濯物を干したり、掃除機をかけるのだって全身の筋肉を使います。身動きのとりづらい外出用の服なんて着たくありませんよね。だけど、動きやすいゆるゆるのスウェットとよれよれのTシャツでは、あんまりにもみすぼらしい恰好です。しかも、買い物に行くためにわざわざ着替えないといけないのも面倒です。どうせなら動きやすくてちょっと外に買い物に出られるようなおしゃれな服で一日過ごしたくありませんか。その方が自分のモチベーションも上がって家事も楽しめ、効率に片づけることができるのではないでしょうか。

そんな風に考えている方は、ルームウェアを活用するといいでしょう。この記事では、ルームウェアを着て家事をするメリットや家事に向いているルームウェアの選び方について紹介していきます。

家事は重労働!?

実際のところ家事は重労働なのかどうかについて解説していきます。

家事の基本は、料理・洗濯・掃除の3パターンです。料理はずっと立ちっぱなしで鍋を持ち上げるなどで腕の筋肉を使います。上肢下肢ともに体に負担をかけていることがわかります。洗濯は、水を含んだ重い衣類の固まりを洗濯機から取り出し、洗濯バサミに干していきます。かがんだり立ち上がったりの繰り返しは腰に負担がかかりやすく、腕の上げ下ろしも頻回です。これもまた体にとって大きな負担といえるでしょう。掃除も、掃除機をかけるにあたってモノを片づけたり、家具を動かしたりします。場所によっては掃除機のノズルの口の部分を取り替えながら行うので忙しないものです。掃除では足と腕と腰、体全体を使っているんです。掃除機はかけているだけで汗ばんできますよね。排水溝やトイレの掃除は中腰で行わなければいけないので終わるころには腰と首はバキバキです。

家の中を快適に保つためにはこれだけの家事を毎日こなさなければいけません。このことから 移動距離こそ少ないものの、家事は重労働といえるでしょう。家の中にいるからといってラクなわけではないんですよ。

ルームウェアを着るメリット

ルームウェアときくとどんな印象を持ちますか。ふわふわもこもこのかわいいデザインで若い子が着るものという想像がよぎるのではないでしょうか。大人の女子が着る高品質でシンプル、なおかつ動きやすいルームウェアもあるんです。

しかし、着る習慣のない人にはそもそもルームウェアを着るメリットはなんなのか、と疑問に思うことでしょう。

ルームウェアは室内でくつろぐために作られた衣類です。そのため、体に負担をかけないように、リラックスできるように、ということが考え抜かれた衣類になっています。スウェットとTシャツでも十分リラックスできる、という人ももちろんいるでしょう。しかし、服を着ると肌と生地が擦れますよね。実はその摩擦は肌にとってストレスなんです。きちんとしたルームウェアは肌にかかるストレスを最大限減らす努力をしています。そのため、体全体がリラックスすることができるんです。

家事に疲れて、一休みしたいときなどルームウェアのまま眠ることができるのもルームウェアを着て生活することの利点といえるでしょう。外出用の服だと、横になった時にシワになってしまうのではないかと気になってなかなかリラックスできません。

このように説明するとパジャマとルームウェアの違いはなんだろう、と思う人もいるかもしれません。実際、パジャマとルームウェアを分けないで生活している人もいるでしょう。しかし、パジャマは快適な睡眠をとるために作られたスリープウェアであり、ルームウェアとは作られた目的が少し違うんです。しかし、リラックスするために作られた衣類という点に関しては似ているので、パジャマとルームウェアは同じものを使用していても特に問題ありません。ただ、ルームウェアを着たまま家事をすると汗をかくし、料理の匂いもついてしまいます。そういったことが気になる人はパジャマとルームウェアを別々にした方がいいでしょう。

ルームウェアで家事をするメリットとは

ルームウェアを着て家事をするメリットとは何なのでしょうか。
家事の時間はリラックスタイムではありません。しかし、家事を行っているときにリラックスしてはいけないわけでもありません。できるだけストレスなく家事を片づけたいですよね。

ルームウェアを着ると体がラクというのが一番のポイントです。リラックスするために作られた衣類なのでリラックスしながら家事を行えます。体調や気分が優れない時の家事はダラダラやって効率が悪くなってしまいませんか。時間もかかっていつもより体力も消費して、さらに家事が憂鬱になることも。しかし、体がラクということは、無駄なストレスを感じなくて済みます。そうすると心にも余裕が生まれていきます。心身ともに負担が減ると家事の効率も上がり、かかる時間も短縮できるでしょう。家事にあてる時間が減ればその分を自分の時間に充てることができます。テレビを見たり、紅茶を飲んで一息いれたり、おでかけしたり、自由に過ごすことができます。自分の時間を使って上手にストレス発散できれば、毎日の生活にハリが生まれますよね。

また、最近のルームウェアはおしゃれなものが多く、わざわざ着替えなくても、ちょっとした買い物ならそのまま行くことが可能です。おしゃれなものを着ていると気持ちも明るくなりますし、肌触りがいいものは純粋に触っていて気分がいいものです。

家事をするなら避けたいルームウェア

全てのルームウェアが家事に向いているわけではありません。家事をするなら避けるべきルームウェアの特徴があるのです。

大前提として動きにくいものはあたりまえですが家事には向いていません。
例えば、料理・洗濯・掃除すべてに水仕事はありますよね。その時に袖が長いものだと捲ります。でも家事をしている間にずり落ちてきて捲りなおすこともしばしば。それが何度かあるとイライラしてしまいませんか。そのため袖が長いものは家事にはあまり向いていません。似たような理由で袖口が広がっているものも、捲りづらいのでおすすめしません。

また、丈が長すぎるものは床とずれてごみが付きやすいですし、裾を踏んでしまう可能性もあり危ないので家事を行う衣服としては不向きです。

  • 動きにくいもの
  • 袖が長いもの
  • 袖口が広がっているもの
  • 丈が長すぎるもの

以上の特徴があるルームウェアは家事するときには避けた方がいいでしょう。

家事に向くルームウェアの選び方

次は、この記事の肝といえる家事に向くルームウェアの選び方について説明していきます。

もちろん自分が動きやすいタイプのものを選ぶのが一番いいです。ここで上げる選び方は一例にすぎませんので、参考程度にしてください。

重視する点は人それぞれです。今回は、リラックスして家事を行うことに焦点を当てています。汚れてしまうから安さを重視する、という人とは視点が異なります。自分が重視したい点を考えておきましょう。

家事の効率をあげるためにもリラックスすることは大切ですのでこの部分にはこだわって選びましょう。動きやすくてリラックスできるルームウェアとしては、体を締め付けないものを選ぶといいでしょう。お腹まわりや足、腕まわりなどゆったりとしたデザインのものを探してみましょう。しかし、だぼだぼすぎるものも動きづらいのでおすすめしません。自分のサイズに合ったルームウェアを着てください。
また、家事は運動といっても過言ではないほど体全体を使います。体操服やジャージなど運動するときに着るものでふわっと広がるデザインのものはあまり見かけませんよね。広がるデザインだと動きづらくてうっとうしいものです。あまり広がらないデザインのものを選んだ方が動きやすいでしょう。

  • 動きやすいもの
  • 体を締め付けないもの
  • あまり広がらないデザインのもの

以上の点に注意しながら家事に向いているルームウェアを選びましょう。

家事に向いているルームウェアブランド

家事に向いているルームウェアその① Foo Tokyo「スビンコットン ロング ワンピース」

Foo Tokyo スビンコットン ワンピース グレー

家事に最適なルームウェアとして、Foo Tokyoの「スビンコットン ロング ワンピース グレー」を紹介します。

Foo Tokyoとは

情報過多で目まぐるしく、SNSで常に誰かと繋がっている現代では、心の底からリラックスできる時間が減っています。休む時間が少ないとなかなか調子は上がらないものです。少ないその時間の質を高めることで人々を元気にしていきたい、そんな思いから誕生したブランドが「Foo Tokyo」です。Fooというのは、人がリラックスした時に「ふぅ」と息をはきだす音からきています。なんだか素敵な名前の由来ですよね。

Foo Tokyoは極上のリラックスタイムを提供するために肌へのストレスを徹底的に排除した生地と縫製にこだわっています。さらに、生地の仕入れ、生産などすべて日本国内で行っているのもこだわりの一つです。現在の主なラインナップはタオルやルームウェアで、価格は安くはありませんが確かな品質で注目されているブランドです。

スビンコットン ロング ワンピース

世界で0.1%しかとることのできない最高級コットンのスビンを使用した一着です。スビンは宝石の綿とも呼ばれるほど貴重なモノで、油分が豊富に含まれているのでまるで肌に吸い付くような肌触りなんです。編み方にもこだわり、更に柔らかい肌触りの生地に仕上がっています。デザインは、体を締め付けないワンピースタイプで、極上の肌触りと相まってリラックスして過ごすことができるでしょう。生地、デザイン共に最高の着心地を実現しています。袖や裾がすぼまっているのでほどよく体にフィットし、動きやすいので家事をするのにも最適なルームウェアです。

家事に向いているルームウェアその② nanadecor「アマリリスドレス」

次に紹介するのが、nanadecorの「アマリリスドレス」です。

nanadecorとは

2005年、ファッションエディターの神田恵美さんによりスタートしたブランドです。
nanadecorでは、オーガニックコットンを使用した優しい肌触りにこだわり、タオル、ナイトドレス、ランジェリー、インナーなどを展開しています。「女性らしさ、優しさを大切に」そんな願いがこめられたオーガニックコットンのアイテムたちは、ほとんどが日本の工場で作られており安心して顔をうずめることができます。

nanadecorのホームページにある神田恵美さんからのメッセージの冒頭に「いつも一緒に寝ていた、やわらかくなったピンクのまくらが大好きでした」という一文には共感する方も多いのではないでしょうか。誰もが持っている「お気に入りの記憶」をよびおこしてくれるようなそんな製品のブランドです。

アマリリスドレス

ウェディングドレスでも使われている、バスト下に切り返しがあり、そこから直線的に落ちていくエンパイアラインのデザインで上品な印象のナイトドレスです。胸元のレースがとても愛らしく、かわいさと上品さを兼ね備えた清楚な一着となっています。生地には、パイル地を使用しており、吸収力にすぐれ、肌触りも柔らかく、ブランケットに包まれているような着心地に仕上げています。脱ぎ着しやすいように前開きのデザインになっているので、授乳中の方にもおすすめです。お母さんの服は赤ちゃんの肌に触れるので柔らかい生地の方が安心して抱っこできますよね。
さらに、デザインも洋服に近く、おしゃれなのでちょっとした外出も問題なく行けます。スカートの丈はふくらはぎくらいで長すぎないので動きやすく、家事に向いています。

ルームウェアでノンストレスな家事を!

ルームウェア 家事

ルームウェアで家事をするメリットと家事に向いているルームウェアを紹介しました。

今回おすすめした2着は、日本製で高品質なものにこだわっているブランドのものです。そのため、価格も少し高めの設定になっています。しかし、長く使うことができるので買って損ということはありません。毎日のことだからこそ、体も気持ちもリラックスして家事をしたくありませんか。肌触りが良くておしゃれなルームウェアは家事だけでなく、リラックスタイムにも必要なものです。ワンピースタイプではないズボンタイプのものももちろんあります。ホームページを覗くだけでも楽しい気持ちになりますよ。

また、女性向けのルームウェアをおすすめに上げましましたが、女性も働きに出て、男性も少しずつですが家事に参加している、もしくはしなければいけない時代です。また、専業主夫という選択もめずらしくなくなってきました。先ほど紹介した「Foo Tokyo」では、男性向けのルームウェアも展開しています。カップル、ご夫婦で着て、リラックスしながらさっさと家事を片づけて、無駄なストレスはたまらないような生活を送りましょう。

Foo Style Magazine編集部

9,501 views

Foo Style Magazineは、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間に、明日を輝かせるためのアイデアなど、各分...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧