散らかりがちなルームウェアの上手な収納方法とは?

ルームウェア 収納
Lifestyle

お家で過ごす時間の気分を上げてくれるルームウェア。可愛いデザインのものも多く、何着も揃えている方も多いのではないでしょうか。しかし、困ってしまうのがその収納。女子の朝は、メイクや朝ごはんの準備など意外とやることがたくさん!忙しく過ごしているうちに、あっという間に出かける時間になってしまう、なんてこともよくありますよね。そんな時は、ついついルームウェアを脱ぎっぱなしにしてしまいがち。また、短時間の着用しかしておらず、まだ洗濯しなくてもいいかな…?と思った時も、どこに置いておくべきか悩んでしまいますよね。そこで、この記事ではそんな悩みを持ったあなたに、ルームウェアの上手な収納方法についてご説明します。

ルームウェアに関する人気記事はこちら☟

ルームウェアを上手にしまうなら収納場所を決める!

過ごし方によって着用時間は様々

そもそもルームウェアは、家で過ごす日には丸一日着たり、午後から出かける日は起床後パジャマからルームウェアに着替えてすぐに外出着に着替えたり、その日の過ごし方によって着用時間が異なります。季節や着用時間によっては、毎回洗濯する必要もないですよね。

ルームウェアの置き場所に悩んでいませんか?

短時間しか着ていないので洗濯はしない、と決めてもそのままクローゼットにしまうのは抵抗のある方もいるのではないでしょうか。その結果、脱ぎっぱなしにしてしまったり、たたんでベッド脇に置いておいたり、目につく場所に置いてしまいがちです。目につく場所に置いておくのは一見便利ですが、どうしても部屋が散らかって見えてしまいます。散らかった部屋では、せっかくのリラックスタイムも気分が下がってしまいます。このような悩みを解決するためには、やはり収納場所を固定して決め、必ずそこに収納するようにするのがとても大切です。

脱いだルームウェアはかけて収納するのがおすすめ

湿気を逃がして清潔に

脱いだルームウェアの収納はどのようにするのが良いのでしょうか?短時間しか着ておらずまだ洗濯しない場合や、洗濯するまでに時間が空いてしまう場合は、ハンガーラックにかけておくのがおすすめです。短時間でも着用したルームウェアには、湿気がたまっている場合も多く、通気性の悪い状態で放置してしまうと、湿気によって生地が傷んでしまうこともあります。ハンガーラックで陰干しをすることで、湿気を逃がし、ルームウェアを清潔かつ上質に保ちましょう。

ハンガーラックはお手軽で種類も豊富

また、ハンガーラックにかけるのは、畳むよりも手間がかからず手軽に収納できる上、散らかって見えることもありません。様々なタイプのハンガーラックが販売されているので、それぞれの部屋の大きさやルームウェアの数によって、最も合うものを選びましょう。

バスローブ かわいい おすすめ パジャマ

高級ルームウェア・パジャマのFoo Tokyo

すぐに洗濯するルームウェアはカゴに収納して

すぐに洗濯しやすいのはカゴ

すぐに洗濯するルームウェアは、カゴに収納するのがおすすめです。スケジュールに余裕があり、ルームウェアをすぐに洗濯できる時は、軽く畳んでランドリーバスケットに入れておきましょう。カゴに入れておけば、そのまま洗濯機に入れて洗濯しやすく楽になります。

ランドリーバスケットはインテリアにも

ルームウェア 意味

高級ルームウェア・パジャマのFoo Tokyo

また、最近ではおしゃれなランドリーバスケットも多いため、インテリアとしても活用できます。素材や色などこだわりを持って、自分の部屋にぴったりなランドリーバスケットを選びましょう。ランドリーバスケットに収納することで、部屋が散らかって見えないだけでなく、部屋のおしゃれにつながるなんて一石二鳥ですよね。もちろん、洗濯までに時間が空く場合はハンガーラックにかけているので、ハンガーラックから外してそのまま洗濯すればOKです。

パジャマに関する人気記事はこちら☟

収納場所は着替えをする場所に作っておくと便利

着替える部屋に収納しよう

洗濯したルームウェアの収納場所は、着替える部屋に作るのがおすすめです。お出掛け着を脱いで、すぐに清潔なルームウェアを手に取れる状況を作れることで、とても快適に過ごすことができます。

着用頻度によって使い分け

ルームウェア モコモコ

高級ルームウェア・パジャマのFoo Tokyo

ルームウェアを頻繁に着る場合であれば、洗濯したルームウェアもハンガーラックにかけてしまうのも良いでしょう。逆にあまり頻繁に着ない場合は、洗濯後にクローゼットに畳んでしまっておきましょう。必要ないものは目につかないところにしまっておくことで、部屋が散らかって見えずに済みます。

ルームウェアの着替え場所を決める

更に、洗濯したルームウェアの収納場所とハンガーラック、カゴは全て同じ場所に置いておくのがおすすめです。これから着るルームウェアの収納場所も、脱いだルームウェアの収納場所も同じ場所にまとめておくことで、必然的にその場所がルームウェアを着替える場所になり、その部屋以外の部屋でルームウェアが散らかることはありません。

バスローブについての人気記事はこちら☟

ルームウェアを洗濯機に入れっぱなしにするのはNG

雑菌や湿気に要注意

高級ルームウェア・パジャマのFoo Tokyo

洗濯する予定のルームウェアを洗濯機に長時間入れておくという方はいませんか?実はそれはNG行為です。脱いだルームウェアを洗濯機に入れっぱなしにしておくと、雑菌が繁殖して臭いが出たり、湿気で生地が傷んでしまったりして、せっかくのお気に入りのルームウェアを台無しにしてしまう原因となってしまいます。

湿気を逃がすには

洗濯まで時間が空く場合は、ハンガーラックにかけて陰干しにするか、ランドリーバスケットに入れて湿気がこもらないようにするのがベターです。更に、ランドリーバスケットを洗面所に置いている方は、室内に湿気がこもりやすいので要注意!換気扇をつけて通気性を良くすることで、ルームウェアを清潔に保つことができますよ。

衣替えをするときは必ず洗濯をしてから収納を

季節によって様々なルームウェアが!

お出掛け着と同様に、ルームウェアも季節ごとに様々な種類が販売されています。Foo Tokyoでも夏にぴったりのコットン製のルームウェアや、冬におすすめのホワイトカシミヤ製のルームウェアなど季節にあった様々な上質素材で作られたルームウェアを販売しています。

ルームウェア 店舗

高級ルームウェア・パジャマのFoo Tokyo

黄ばみに要注意

このように季節によって使い分けるルームウェアには衣替えが必要です。しかし、洗濯せずにクローゼットに収納するのは良くありません。短時間だけしか着ておらず、気にならないようであっても、必ずルームウェアには汗が染みこんでいます。この状態で洗濯せずにそのまま収納し長時間放置していると、黄ばみにつながってしまいます。黄ばみを避けるためにも、必ず洗濯をしてから衣替えをするようにしましょう。

かさばるルームウェアは圧縮袋に入れてコンパクトに

圧縮袋が便利

可愛いデザインのルームウェアの中には、かさばる素材のものも多く、収納スペースに困ってしまうこともありますよね。そんなかさばるルームウェアの収納は、圧縮袋を活用するとうまくいきます。女性に人気の可愛いもこもこルームウェアなどは、洗濯後、圧縮袋に入れてからクローゼットにしまうことで、収納スペースを大幅に節約できます。

ルームウェアを厳選しよう

可愛いルームウェアはついつい何着も買ってしまいがちですが、収納スペースを節約するには、数を減らして着回すことも大切です。3着ほどあれば十分に着回せることを知り、特にかさばるタイプの買いすぎには注意しましょう。ルームウェアの数を減らして厳選するなら、やはり上質なもので揃えたいですよね。上質なルームウェアなら、Foo Tokyoがおすすめです。Foo Tokyoでは、デザインにも素材にもこだわったメイドインジャパンのルームウェアを多数販売しています。

Foo Tokyoはこちらから

快適に過ごすならルームウェアはキレイに収納!

ルームウェア 店

高級ルームウェア・パジャマのFoo Tokyo

おしゃれで上質なルームウェアは部屋で快適に過ごすための必須アイテムですよね。部屋でのリラックスタイムは、毎日をイキイキと送るためにもとっても大切です。そんなリラックスタイムの気分を盛り上げる素敵なルームウェアはキレイに収納しておきたいもの。正しい収納をすることで、部屋が綺麗に片付くだけでなく、お気に入りのルームウェアを清潔かつ上質に保つことができます。日々の生活をもっと充実したものにするために、ルームウェアの収納を見直してみませんか?

旅行先でのルームウェアについての人気記事はこちら☟

Foo Style Magazine編集部

492,096 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事