• HOME
  • BLOG
  • Trip
  • 旅行でも持っていきたい!パジャマ・ルームウェアの選び方

旅行でも持っていきたい!パジャマ・ルームウェアの選び方

ルームウェア 旅行
Trip

この記事では、旅行中に役立つパジャマやルームウェアについて、まとめています。
旅行に出かける際に迷いやすいのが、パジャマ・ルームウェアを持参するかどうかという点です。ルームウェアはホテルや旅館に用意してあることも多いので、「わざわざ持っていくのは面倒」だと考えている人も多いでしょう。

ただ大事なのは、ルームウェア・パジャマの選び方です。荷物の量を減らすために、ルームウェアを持参せずに旅行へ出かける人も大勢いますが、ルームウェアは選び方さえ間違わなければ、旅行の邪魔になることはありません。むしろ、ルームウェアがあると様々な面で役立つため、旅行でも持っていくのがベストです。
旅行でも安心できる、ルームウェア・パジャマの選び方のポイントについて紹介します。

ルームウェアに関する人気記事はこちら☟

旅の写真

旅行でもルームウェア・パジャマは必要?

せっかくの旅行を存分に満喫したいなら、ルームウェアやパジャマを持参するのがベストです。これまで旅先にルームウェア・パジャマを持参しなかった人も、少し考え直してみるといいでしょう。

使い慣れている服ならリラックスできる

旅先では浴衣やパジャマなどが用意されていますが、初めて着用する服だと、あまり落ち着かないという人も多いでしょう。旅先でもリラックスしたい、しっかり睡眠時間を確保したいという人は、普段使い慣れているルームウェアを持参しましょう。旅行先でも部屋でリラックスできる洋服があれば、旅の疲れを癒して次の日に備えることができます。

部屋で写真を撮るときに気負いしない

日頃から気に入っているルームウェア・パジャマがあれば、部屋で写真を撮るときもリラックスできます。気負いしなくて済むので、家族や友人とリラックスして楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

知っておきたいルームウェアの専門店はこちら☟

ホテルのルームウェア・パジャマはサイズやデザインが選べない

ホテルや旅館などのルームウェア・パジャマは、サイズやデザインを自由に選ぶことができないデメリットがあります。必ずしも自分の気に入ったデザインがあるわけではないので、ルームウェア・パジャマを持参しないと他に着るものがなくて困ってしまうでしょう。サイズの合わないルームウェア・パジャマだと、ゆっくりリラックスすることもできません。それらの点を考慮すると、旅先には普段自分が着慣れているルームウェア・パジャマを持参するのが望ましいといえます。

軽いものを選べば旅行の邪魔にならない

旅に出かけるときはスムーズに移動できるように、少しでも荷物を減らしたいのが本音です。ルームウェアを持参するとなると、荷物が重くなる可能性もあるので注意しなければなりません。ルームウェアは旅行の邪魔にならないような軽いものを選ぶことが大事です。

バッグを背負った女性の後ろ姿

旅行で便利なルームウェア・パジャマ

ルームウェアは選び方を間違えなければ、旅先で何かと役立つ便利な存在です。旅行で便利なルームウェアのポイントをきちんとおさえておきましょう。

コンパクトにまとまるもの

スーツケースやリュックサックなどにしまう時に、コンパクトにまとまるルームウェアであれば便利です。くるっと丸めることができる服なら、荷造りの手間もかかりません。コンパクトに畳めるルームウェアならスペースも取らないため、旅行中に邪魔だと感じることもないでしょう。

軽いもの

旅先ではスーツケースやリュックサックなどの荷物と一緒に移動する機会が多くなります。移動する際の負担を少しでも抑えるためには、荷物を軽くすることが大事です。軽い素材のルームウェアであれば、移動中に負担がかかることもないので、旅行を快適に楽しむことができるでしょう。

ワンピース

女性のルームウェアとして最適なのはワンピースです。ワンピースは着心地が楽な上に、荷造りする際はくるっと丸めてコンパクトに収納できるため手間がかかりません。ワンピースはコーディネートしやすいアイテムでもあるので、旅行中に1枚あると何かと重宝します。

ルームウェア 家事

画像引用: 高級パジャマ・ルームウェアの”Foo Tokyo”

着回しできるもの

ちょっと外出するときのために、着回ししやすいルームウェアがあれば便利です。他のアイテムとコーディネートしやすいシンプルなデザインのルームウェアであれば、上着を着るだけでそのまま外出することもできます。

洗濯できるもの

部屋で過ごしていると、飲み物をこぼしてしまったりして服が汚れる可能性があります。ルームウェアは洗濯したときに乾きやすく、シワになりにくい素材のものを選びましょう。

お洒落なタオルギフトに関する人気記事はこちら☟

できればオシャレなもの

ルームウェアは着心地や機能性を重視して選びがちですが、せっかく旅行に出かけるのであれば、オシャレという観点も重視しましょう。ホテルや旅館内で写真を取る時に、普段自宅で着るようなルームウェアだと味気なく感じてしまいます。そこまでオシャレにこだわる必要はありませんが、外に着て行けるようなものであればいいでしょう。

ルームウェア 30代

画像引用: 高級パジャマ・ルームウェアの”Foo Tokyo”

旅行に不向きなルームウェア・パジャマ

旅行に不向きなルームウェアを選んでしまうと、移動する際の邪魔になったりして何かと面倒です。楽しい旅行の邪魔にならないように、ルームウェアは慎重に選びましょう。

厚みがあってかさばるもの

厚みがあってかさばりやすいルームウェアだと、荷造りしたり、スーツケースから出し入れする際に何かと手間がかかります。そのようなルームウェアはスペースを取りやすいので、荷物の量も自ずと増えてしまいます。

重量感があるもの

重たいルームウェアだと荷物の量も重くなるため、移動する際に大きな負担となってしまいます。特にリュックサックで移動する場合、ルームウェアの重量が常に肩にのしかかるため、疲れやすくます。
また、重量感があるルームウェアだと動きにくくなるため、部屋でリラックスするルームウェアとしては不向きだといえるでしょう。旅行中も快適に動き回れるように、ルームウェアは重量のないものを選ぶのがベストです。

高級すぎるもの

自分が気に入っているからと言って、高級すぎるルームウェアを旅行に持っていくのは避けましょう。旅先では何かとトラブルがつきものなので、荷物が汚れてしまったり盗まれる可能性もあります。万が一の場合のことを考えて、高級品を持ち歩くのは避けましょう。

派手な柄のもの

旅行に出かけるときは、着回ししやすい衣類を持っていくのが便利です。派手な柄のものだと、他のアイテムとコーディネートしづらいため、足手まといとなる可能性があります。ルームウェアもなるべく派手な柄を避けて、ちょっとした外出に対応しやすいシンプルなデザインを選びましょう。

ベッドとクッション

旅行でも安心なルームウェア・パジャマの選び方

旅行中のルームウェアは、外出するときのことを考えてデザインを重視することも大事です。きちんとポイントをおさえておけば、旅行でも安心して過ごすことができます。

パッキングしやすいもの

旅行中は何かと時間が限られているため、荷造りなどの手間をなるべく省くことが大事です。衣類の出し入れに手間をかけないためにも、ルームウェアはパッキングしやすいものを選びましょう。そのためには薄手のルームウェアを選ぶのがベストです。薄手の衣類であれば棒状にクルクルと丸めやすく、シワを防止しながらコンパクトに収納できます。
パッキングしやすい衣類は荷造りの時間がかからないため、チェックアウトの時間が迫っている時でも安心です。スーツケースやリュックサックの中身も整理しやすくなるので、長期間の旅行も疲れにくくなるでしょう。

高級すぎないもの

ちょっとオシャレなルームウェアを着たいときでも、高級すぎないものを選びましょう。万が一旅行先でなくした場合に備えて、買い替えしやすい値段のものを選ぶのがベストです。

外出にも対応できるもの

ホテルに滞在していると小腹が空いたり喉が渇いたりして、夜中にコンビニに出かけたくなることもあるでしょう。いちいち別の服に着替えるのはかなり面倒ですが、外出にも対応できるルームウェアがあれば手間がかかりません。上着を羽織るだけでちょっとしたお出掛けができるルームウェアなら、そのまま外出できるため非常に便利です。外出に差し支えのないデザインのルームウェアなら、ホテル周辺の散策や夜の買い出しに使えるだけでなく、飛行機のリラックス着にも活用することができるでしょう。

旅行におすすめルームウェア・パジャマその① Foo Tokyo「スーピマコットン サテン ワンピース」

Foo Tokyo スーピマ サテン ワンピース

画像引用: 高級パジャマ・ルームウェアの”Foo Tokyo”

シンプルなデザインのルームウェアを探している人には、Foo Tokyoの「スーピマコットン サテン ワンピース」がおすすめです。

シンプルでかさばらない

見た目がシンプルなデザインなので、着回しにも対応できます。ワンピースなのでかさばる心配もなく、荷造りや持ち運びも楽チンです。

肌触りがいい

生地には高級コットンであるスーピマを使用し、裏には起毛がかかっているので肌触りも良く、スリープウェアとしての利用にも適しています。慣れないホテルの部屋でも、リラックスして過ごすことができるでしょう。

ちょっとした外出なら問題なし

シンプルなデザインのワンピースなので、カーディガンなどの羽織ものとの相性も良く、いろんなファッションに応用することができます。ちょっと外出したいときは、羽織ものをすればルームウェアとバレることもなく、すぐに出かけていくことができるでしょう。

購入はこちらから

Foo Tokyo LINE@
パジャマに関する人気記事はこちら☟

旅行におすすめルームウェア・パジャマその② MAISON DE REEFUR「ロングベビードール」

MAISON DE REEFUR

画像引用: MAISON DE REEFUR

上品かつ落ち着いたデザインのルームウェアを探している人には、MAISON DE REEFURの「La Boutique Fantasque【Germaine des pres】Long Baby Doll」がおすすめです。

普段着としても使えそうなデザイン

シンプルなカラーとデザインのベビードールなので、いろんなアイテムとの相性がよく、普段着としても活用することができます。

幅広い年代に対応可能

ロング丈のベビードールなので、素足を出すのが恥ずかしいという人も安心です。落ち着いたデザインなので、幅広い年代の女性が着用できるでしょう。

長さ調節が可能

ベビードールのバックがゴムになっている上に、ストラップは長さ調節が可能なので、自分の体型に合わせやすいメリットがあります。

便利な巾着袋付きで旅行に最適

ルームウェアを保管できる便利な巾着袋が付いているので、荷造りする際に手間がかかりません。巾着袋に入れておけばかさばることもないので、持ち運びにも適しています。

画像引用: 高級パジャマ・ルームウェアの”Foo Tokyo”

購入はこちらから

快適に旅行するためのルームウェア等の荷物のポイント

快適に旅行するには、荷造りが大事なポイントになります。旅行の負担を最小限に抑えるために、荷造りのコツを把握しておきましょう。

衣類は全てコンパクトに畳む

衣類は荷物の中で大きなスペースを取るため、すべて綺麗に畳んでコンパクトサイズにおさめるのがポイントです。Tシャツなど薄手のものは、クルクルと丸めれば、コンパクトサイズになるとともにシワにもならず、荷解きも楽になります。

隙間なく丁寧に詰める

衣類は大雑把に詰め込むのではなく、小さなスペースも活用して丁寧に詰めていきましょう。荷物が多い場合でも、詰め方をちょっと工夫するだけでスーツケースに余裕が生まれます。

ルームウェア 意味

画像引用: 高級パジャマ・ルームウェアの”Foo Tokyo”

圧縮袋を活用するのもいい

薄着の季節であれば荷物の量を少なく抑えることができますが、寒い季節はニットなど厚手の服が必要になるため、どうしても荷物の量が多くなりがちです。少しでも量を減らしたいのであれば、圧縮袋を活用してみましょう。圧縮袋に衣類を入れて空気を抜けば、通常よりもコンパクトサイズにおさまるため、荷物がまとめやすくなります。かさばりやすい衣類も圧縮袋があればコンパクトにパッキングできるので、旅行に行く前に何枚か用意しておくといいでしょう。
ただし、圧縮袋を利用しても荷物の重さは変わらないので注意が必要です。一番かさばりやすい服は出発日や帰る日に着用して、荷物を減らす努力をしましょう。

着回しできる服を選ぶ

着回ししやすい服を選べば、荷物の量が減らしやすくなります。シンプルなデザインとカラーの服であれば、いろんなコーディネートが楽しめるため、わざわざ別の服を持っていく必要がありません。特に黒など落ち着いたカラーは、どんなコーディネートにも合わせやすいため、黒のパンツやスカートが1枚あると重宝します。

現地調達を心がける

ヘアアイロンや充電器、アイロンや加湿器などはホテルで借りられる場合が多いので、わざわざ自宅から持ち出す必要はありません。現地調達を心がけると、荷物の量も自然と少なくなります。

旅行先でもルームウェア・パジャマでかわいく!

リネン ルームウェア

画像引用: 高級パジャマ・ルームウェアの”Foo Tokyo”

旅行中は1日中かわいくありたいものです。特に宿泊先で着るルームウェアの存在は大切です。海外旅行の場合、ホテルに必ずルームウェアがあるとは限らないため、自分で持参するのがベストです。仮にルームウェアが備えてあったとしても、自分の気にいるデザインとは限らないため、ルームウェアがないと何かと不便です。

「誰にも会わないからいい」といって手を抜くのではなく、楽しい旅行の思い出を作るためにも、軽めでオシャレなルームウェアを持参しましょう。シンプルなデザインのルームウェアであれば、羽織りものとの相性もいいため、夜間のちょっとした外出もしやすくなります。

お気に入りのルームウェアを持参して最高の旅行にしましょう。

ルームウェアギフトに関する人気記事はこちら☟

Foo Style Magazine編集部

578,659 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事