上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』
上質なプレミアム バスローブ スーピマコットンなら『Foo Tokyo』

プレミアム バスローブ スーピマコットン

新商品

¥ 58,860 税込

加算ポイント:545pt

  • 任意
数量

Foo Tokyoの安心保証

数%しかとれない希少コットン"スーピマ"を使用したバスローブ。

世界のコットンの中でも僅かに数%しかとれない希少価値の高い高級コットンである"スーピマ"を使用。

数々のコレクションブランドを支えてきた熟練のパタンナーが細部のシルエットや仕様にこだわり、欧米有名メゾンを支える世界トップレベルの縫製技術を持つ国内工場で縫製されています。

オールシーズン使えるので、バスローブを初めて使う方にぴったりのアイテムです。

サイズはFreeとなります。

素材: Cotton 100%
Made in Japan
モデル身長: 170cm
着丈 130/ バスト 121/ ヒップ123/ 裾131.4/ ゆき丈83/ 袖口37.5

洗濯表示マーク


今治タオルのコットン今治タオルの工場で働く人今治にある橋

Product Story

【今治産のコットン100%バスローブ】
バスローブの生地は、タオルで有名な愛媛県「今治」で製造されています。 120年間、脈々と受け継がれてきたタオル生地作りの技術が、プレミアムバスローブにはつまっています。 今治には最高の生地を作る条件も多く整っています。 特に水。今治の水は不純物が少ない軟水の水です。 生地作りでは水を多量に使用しますが、この軟水を全工程に使用することができるので、通常の水を使用するよりもより生地が柔らかくなります。 天然の美しい水を使って作られたFoo Tokyoオリジナルの生地は、糸や生地本来の良さが引き出された一品なのです。

【新米ママへのプレゼントにぴったり】
小さなお子さんがいるご家庭だと、お風呂から出てお子さんの体を拭く時って、自分を拭くのはどうしても後回しになってしまいますよね。 結局、ママが風邪を引いてしまう...なんて事もあるかと思います。 そんな時にFoo Tokyoのバスローブがあると、さっと羽織れて、素早く水分を吸収できます。 保温性・保湿性ともにバッチリなので、新米ママへのプレゼントとして非常に喜ばれています。

【デザインへのこだわり】
極上の着心地と、生地が持つ特徴を最大限活かすよう研究された特別仕様を施しています。 肌に固い縫い代があたらないように、縫い代を外に出して心地よさを追求。 また、腕を動かしたときにストレスを感じないよう、脇の下のカーブのつけ方にこだわっています。 アウターコートのようなシルエットで、ちょっとそこまでのワンマイルウェアにも最適です。 「早く着替えたい。1日中くるまっていたい。」 そう思えるようなプレミアムなバスローブを研究し続けたFoo Tokyo自慢の逸品です。

Product Story

今治タオルのコットン

【今治産のコットン100%バスローブ】
バスローブの生地は、タオルで有名な愛媛県「今治」で製造されています。 120年間、脈々と受け継がれてきたタオル生地作りの技術が、プレミアムバスローブにはつまっています。 今治には最高の生地を作る条件も多く整っています。 特に水。今治の水は不純物が少ない軟水の水です。 生地作りでは水を多量に使用しますが、この軟水を全工程に使用することができるので、通常の水を使用するよりもより生地が柔らかくなります。 天然の美しい水を使って作られたFoo Tokyoオリジナルの生地は、糸や生地本来の良さが引き出された一品なのです。

今治タオルの工場で働く人

【新米ママへのプレゼントにぴったり】
小さなお子さんがいるご家庭だと、お風呂から出てお子さんの体を拭く時って、自分を拭くのはどうしても後回しになってしまいますよね。 結局、ママが風邪を引いてしまう...なんて事もあるかと思います。 そんな時にFoo Tokyoのバスローブがあると、さっと羽織れて、素早く水分を吸収できます。 保温性・保湿性ともにバッチリなので、新米ママへのプレゼントとして非常に喜ばれています。

今治にある橋

【デザインへのこだわり】
極上の着心地と、生地が持つ特徴を最大限活かすよう研究された特別仕様を施しています。 肌に固い縫い代があたらないように、縫い代を外に出して心地よさを追求。 また、腕を動かしたときにストレスを感じないよう、脇の下のカーブのつけ方にこだわっています。 アウターコートのようなシルエットで、ちょっとそこまでのワンマイルウェアにも最適です。 「早く着替えたい。1日中くるまっていたい。」 そう思えるようなプレミアムなバスローブを研究し続けたFoo Tokyo自慢の逸品です。

Page Top