• HOME
  • BLOG
  • Lifestyle
  • 【保存版】睡眠の質は寝る前の飲み物で変わる!?オススメ飲み物10選

【保存版】睡眠の質は寝る前の飲み物で変わる!?オススメ飲み物10選

寝具
Lifestyle

最近、寝つきが悪い、眠りが浅くて朝起きても何だか疲れがとれていないなど感じることはありませんか?実は、寝る前に飲めば安眠効果が期待される飲み物があります。

忙しくて睡眠時間が確保できないときこそ質の良い睡眠で心身の疲れをリセットしたいですよね。寝る前に摂取する飲み物を変えるだけなので毎日のことなので面倒なことは3日坊主になりそう…という方にもオススメです。
今回はオススメしたい飲み物10選と期待される効果をまとめてみました。是非ためしてみてください。

睡眠の質にこだわる貴方に。おすすめ記事はこちら👇

寝る前の飲み物次第で睡眠の質が一気によくなる

coffee

寝つきが悪く、長時間寝ている割には朝起きた時に疲労感が残っているということはありませんか?実は睡眠の質が悪いため、朝起きてもスッキリせず疲労感が残っているのです。睡眠の質が良ければ、短時間の睡眠でも身体がスッキリします。

睡眠の質を上げる方法はたくさんあります。今回は気軽に実践できる「寝る前に飲めば睡眠の質があがる飲み物」をご紹介します。

寝る前に飲み物を飲むとどんな効果があるの?

lifestyle

実は寝る前に飲み物を飲むことで睡眠の質を上げることができます。
どのような効果が作用して睡眠の質があがるのでしょうか。3つのポイントを伝えします。

脱水症状を回避できる

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。

汗の量は季節にもよりますが、寝ている間に体内の水分が不足していると血液の濃度が高くなり、血液の流れも悪くなるのです。寝る前に水分補給をすることで脱水症状を回避できるだけでなく血流の流れもよくなります。

質の高い睡眠で美肌へ。おすすめ記事はこちら👇

代謝が良くなり痩せやすい体質を維持できる

また、寝る前に水分をとることにより血流もよくなり代謝もあがります。
そのため、寝ている間も脂肪の燃焼が促されるため痩せやすい体質になるのでダイエット効果も期待されます。

自律神経を整えリラックス効果がある

自律神経のバランスが取れていないと脳が興奮状態のままのため、質の良い睡眠をとることができません。寝る前に白湯などを飲むと、自律神経が整えられる効果があり質の良い睡眠につながります。
また温かいものを飲むことで身体があたたまりリラックス効果もあるのでさらに安眠できるでしょう。

参考:最強のデトックス「白湯」

睡眠の質にこだわる貴方に。シルクパジャマについてのおすすめ記事はこちら👇

寝る前にオススメしたい飲み物10選

時計

寝る前に飲み物を飲むだけで気持ちよく眠りにつけるとしたらとても魅力的だと思いませんか?今回はオススメする飲み物を期待される効果を合わせて10種類ピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

身体も温まりリラックス効果のある白湯

白湯は身体が温まり基礎代謝が向上するため健康的になれるだけでなくダイエット効果もあります。身体が温まることで血流もよくなるため、老廃物をため込まないデトックス効果もあります。

白湯はほかの飲みものに比べ、胃に負担もかかりません。さらに寝る前に飲むことでリラックス効果もあるため寝つきが良くなります。

参考サイト:「白湯ダイエット」もウォーターサーバーがあれば、楽チン

便秘解消やダイエット効果のある炭酸水

食事前に炭酸水を飲むとダイエット効果があると注目されていますが、実は寝る前に飲むのもオススメです。炭酸水にはマグネシウムが含まれており、寝ているときに腸内で作用するため、便通が促進されるので便秘解消につながります。

また、炭酸水には血管を拡張させる作用がありため、血行が良くなり貧血を予防できる効果も期待されます

参考サイト:疲れやストレスを感じたらウォーターサーバーで炭酸水を補給!

生理痛やつわりを和らげる効果が期待できる生姜湯

生姜には鎮痛効果や抗炎症効果があるといわれ、昔から親しまれてきた食材です。
そのため、生姜湯を飲むと生理痛が楽になるといわれています。

また、生姜は胃の不調を整える効果もあるため、つわりの胃腸の不快感などをやわらげる作用もあります。身体がポカポカ温まるだけでなく、女性特有のつらい症状も緩和されるのでオススメです。

参考サイト:妊婦さんのつわりには生姜が効く!?妊娠中のおすすめの摂り方
参考サイト:しょうがの驚くべき8つの効能とは?

シミ予防になり美容効果が期待されるオレンジジュース

オレンジジュースや柑橘系の飲み物には、肌のシミを防ぐことのできるビタミンCが豊富に含まれているため、美肌効果が期待されます。

またビタミンCが不足すると些細なことでイライラしてしまいがちになるのです。
ビタミンCが含まれるオレンジジュースを飲むことでストレス軽減にもつながります。

参考サイト:100%オレンジジュースは美容・健康の万能薬?なぜそう言われているの?

睡眠の質にこだわる貴方に。睡眠中の美容について👇

自律神経を整える効果のあるホットミルク

寝る前に飲むとよく眠れるというイメージのあるホットミルク。牛乳に含まれるカルシウムには自律神経を整える効果もあると言われています。つまり日中の疲れやイライラを軽減させることができるのです。

疲れているのになかなか眠れないときは、疲れやストレスにより脳が興奮状態にあるときです。ホットミルクを飲むことで気持ちが落ち着き質の良い睡眠をとることができるでしょう。

参考サイト:ホットミルクの鎮静作用

美肌効果や疲労回復効果のある豆乳

豆乳に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと似た成分のため、美容効果が期待されます。寝る前に飲むと美肌効果が期待されるだけでなく、便通もよくなります。

豆乳には脂肪が含まれているのが気になる…という人もいるかもしれませんが、実はこの脂肪が体内の脂肪を燃やす作用を持っているのです。

疲労回復効果もあり、寝る前に飲むとリラックスすることができます。

参考サイト:疲労回復やダイエットにも!大豆ペプチドの4つの秘密

脳をリラックスさせ疲労回復効果のある甘酒

飲む点滴といわれる甘酒にはたくさんの栄養素が含まれています。リラックス効果や疲労回復効果が期待されるブドウ糖、腸内環境を整えてくれてデトックス効果があるといわれている食物繊維やオリゴ糖、美肌効果を期待できるビタミンB群など女性にはうれしいものばかりです。

甘酒には酒粕と米麹のものがあります。飲む点滴と言われているのは米麹で作られている甘酒です。
酒粕で作られている甘酒には砂糖が加えられていますが、米麹で作られている甘酒は米麹が持っている本来の甘味のみで砂糖は一切入っていません。

参考サイト:甘酒について

胃腸の調子を整え美肌効果のあるカモミールティー

胃の不調になどに効果のあるカモミールは、胃の炎症や食べすぎなどによる胃の不快感を軽減させることができます。

カモミールのもつ抗炎症作用や殺菌作用はニキビなどの肌荒れに効果があると言われています。
他にもアンチエイジングの効果が期待される抗酸化作用もあるのでシミやくすみを抑えることがでるので幅広い効果が期待できます。

参考サイト:ハーブのホームページ

ストレスを軽減させる効果のあるラベンダーティー

ラベンダーにストレスによる、イライラや緊張感を和らげてくれる鎮静効果が期待されます。
落ち込みやすい人や悩み事があって眠れないという人におすすめの飲みものです。
また、緊張してこわばった身体をリラックスさせる効果もあるので偏頭痛の症状にも効果があるといわれています。

参考サイト:ハーブのホームページ

睡眠の質にこだわる貴方に。睡眠前のプロテインについて👇

寝る前にオススメできない飲み物

cup

寝る前に飲むと睡眠の質が上がる飲み物もあれば、睡眠を邪魔してしまう飲み物もあります。質のよい睡眠を確保するためにはどのような飲み物を避ければよいのかご紹介します。

覚醒作用があり安眠を邪魔するカフェインが入った飲み物

眠気覚ましといえばコーヒーと連想する人も多いのではないでしょうか。

コーヒーに含まれるカフェインは脳を覚醒させしまう効果があると言われているため、寝る前にカフェインが含まれた飲み物を飲むと脳が覚醒され興奮状態になるため質のよい睡眠から遠ざかってしまいます。

眠る4~5時間前からカフェイン摂取は控えた方がよいでしょう。

血行が悪くなり身体を冷やしてしまう冷たい飲み物

寝る前に冷たい飲み物を飲むと身体が一気に冷えて血行が悪くなるだけでなく、睡眠時に必要な副交感神経のはたらきが鈍くなります。冷たい飲み物ではなく、身体に負担がかからずリラックス効果のある常温やあたたかい飲み物を飲みましょう。

血糖値を急上昇させてしまう糖分がたくさん含まれた飲み物

寝る前に甘い飲み物を飲むと、糖分により血糖値が上がってしまい、身体が活動モードになってしまいます。そのため、脳も身体も十分に休息をすることができません。糖分により肥満の原因にもなりうるので、寝る前は控えた方がよいでしょう。

睡眠の質にこだわる貴方に。アロマディフューザーについて纏めました👇

深い眠りを妨げて睡眠を妨害するアルコール類

寝る前にお酒を飲むとよく眠れるという人も多いですが、寝酒の効果はほんの少ししか持続しません。効果がなくなると深い眠りにつけなくなります。

また寝ている間にアルコールを分解しようとして肝臓にかなりの負担がかかるためオススメできません。アルコール摂取は寝る3時間ほど前を目安に調整しましょう。

寝る前の飲み物+寝る1時間前の○○で更に睡眠の質があがる

lifestyle

質のよい睡眠を覚悟するためにオススメする飲み物と避けた方がいい飲み物をお伝えしました。
これに、さらにひと手間を加えるだけで睡眠の質はグッとあがります。
寝る1時間前に実践できることなので是非試してみてください!

寝る1時間前にストレッチなどで身体をほぐす

寝る前のストレッチは、一日の身体の疲れをリセットすることができます。
適度に身体を動かし筋肉を伸ばすことで、緊張状態にあった身体がほぐれ気持ちもリラックスできます。

寝る1時間程前に10分ストレッチをする習慣をつけてみましょう。安眠だけでなく、朝すっきりと起きられるようになるのでおすすめです。

睡眠の質にこだわる貴方に。優しい音楽で癒されてみては..?👇

寝る1時間前にスマホを触るのをやめる

スマホの画面からはブルーライトが発せられています。
このブルーライトの光が目に入ることで交感神経が刺激され、睡眠を妨げる原因となるのです。

また、インターネット検索などの情報で脳が興奮状態になり、さらに安眠から遠ざかってしまいます。寝る1時間前は本を読んだり音楽を聴いたりリラックスした時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

寝る1時間前に湯船につかって身体を温める

38~40度のお風呂に浸かって身体を温めることもオススメです。
身体を温めることで血流がよくなり、スムーズに睡眠をとることができます。

さらには、バスオイルの心地いい香りで癒されるのも入眠に向けてとても良いですよね。
Foo Tokyoのバスオイルはラグジュアリーな香りをバスタイムを素敵に演出してくれます。
Foo Tokyo バスオイル 写真

Foo Tokyoのバスオイルはこちら
湯舟には15分~1時間を目安に浸かるのがベストです。
長く浸かりすぎるとお湯の温度も下がってくるためせっかく温まった身体の温度も下がってしまうので注意が必要です。

Foo Tokyo公式サイトはこちら

睡眠の質にこだわる貴方に。バスオイルについてのおすすめ記事はこちら👇

寝る前に飲み物を飲んで質の良い睡眠をとり充実した毎日を

ハーブティー

忙しい日々が続くと睡眠時間が削られてしまうこともあります。
そんなときこそ効率よく質の良い睡眠をとって身体をリフレッシュさせたいですよね。
今回お伝えした寝る前に飲み物を飲む方法は気軽にできます。気分によって飲み物を変えてみるのも楽しいのでオススメです。

是非、寝る前にお気に入りの飲み物を飲みながら今日あった1日を振り返ってみたり読書をしたり、リラックスした時間を過ごしてみてくださいね!

おすすめ記事はこちら👇

Foo Style Magazine編集部

222,967 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧