• HOME
  • BLOG
  • Baby & Kids
  • 【医師監修】葉酸はいつからいつまで飲むのが正解?妊娠前から産後までの葉酸効果まとめ |ママデビュー編集部

【医師監修】葉酸はいつからいつまで飲むのが正解?妊娠前から産後までの葉酸効果まとめ |ママデビュー編集部

妊婦 葉酸
Baby & Kids

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

名倉優子(産婦人科医)
久留米大学医学部医学科卒業。初期研修終了後、東京慈恵会医科大学付属病院で、周産期、婦人科腫瘍など産婦人科全般を診療。現在は茅ヶ崎市立病院に勤務しながら、一般産婦人科クリニックや婦人科健診の診療を行なっている。

妊娠中に葉酸が大事なことは、ほとんどの方が知っていると思います。でも実は妊娠判明前から摂取すべきなのは知っていましたか?葉酸は妊娠3ヶ月前から妊娠後の安定期に入るまでのあいだ、普段の食事に加えてサプリメントから400µgの葉酸を摂取することが推奨されています。ここでは、妊娠前や妊娠期間中、更には産後の葉酸の必要性についてご説明します。

そもそも葉酸ってなに?葉酸はいつからいつまで必要?

そもそも葉酸ってなに?

葉酸はビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリー、レバーなどに多く含まれています。ただ、葉酸は過熱によって失われやすかったり、水溶性で水に溶けやすく、尿などで排出されやすかったりと、食事から十分な必要量を摂取するのは難しいといわれています。
実は厚生労働省も胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすために、妊婦さんに食品での葉酸摂取に加えて栄養補助食品(サプリメント)での葉酸400ug摂取を推奨しています。

葉酸などのビタミン

葉酸はいつからいつまで必要?

葉酸は、細胞の増殖や発育に必要なDNAの合成をサポートする働きがあります。
厚生労働省の発表では少なくとも、妊娠3ヶ月前から妊娠3ヶ月まで、食事からだけでなくサプリメントを利用して葉酸が不足しないようにとすすめています。
しかし、葉酸は妊娠初期まで摂れば良いものではありません。妊娠中期以降も、赤ちゃんの身体は日々発育しています。お腹の中の赤ちゃんの病気や障害のリスクを減らすためにも、妊娠中は少なくとも全期にわたって葉酸が不足しないように葉酸サプリを飲み続けましょう。

赤ちゃんの手

葉酸はいつからいつまで?その① 妊娠前、妊活時に葉酸を摂る必要性

妊娠前に葉酸を摂取する重要性

葉酸の摂取が妊娠3ヶ月前からすすめられているのはなぜでしょうか。厚生労働省の通知によると、赤ちゃんの先天性異常のひとつである「神経管閉鎖障害」は、脳や脊髄などの中枢神経系のもととなる神経管が作られる妊娠の4~5週ごろに発生します。妊娠初期までの母体に葉酸を不足なく摂取することで体内の葉酸濃度が高まり、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減少させることがわかっています。

一方で、女性の妊娠が判明するのは妊娠4週目以降が多いです。つまり、特に意識して葉酸を摂っていない場合は妊娠4~5週を過ぎてから、体内の葉酸濃度が低かった、ということが起きえます。そのため、妊娠を希望したときから数か月は毎日葉酸400㎍を摂取することを心がけましょう。

また、葉酸の摂取は妊娠しやすい身体作りにも大切と考えられます。葉酸には細胞の増殖を促す働きがあるため、子宮内膜の強化など、着床しやすい子宮環境を整える大事な栄養素といえるでしょう。

女性妊婦

妊活時の葉酸の摂取量

成人女性の1日の葉酸の摂取目安量は240µgです。また、妊娠初期には、普段の食事からの葉酸摂取に加え、400µgの葉酸をサプリメントから摂取することが推奨されています。

特に妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月は、十分な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させる大事な時期です。妊活をはじめたら妊娠1ヶ月前と考え、葉酸を必要量摂取すると良いでしょう。

葉酸はその名前の通り、葉もの野菜や、緑色の濃い野菜に多く含まれています。枝豆、ほうれん草、ブロッコリーなどです。なお、ブロッコリー1/4株(50g)あたりに含まれる葉酸は105μg、枝豆50gあたりで160μg程度です。なるべく食事から葉酸の摂取を心がけたいですが、サプリメントを利用して無理なく葉酸を摂取しましょう。
また、葉酸だけではなく妊活に向けて様々な栄養素をしっかりと摂ることも必要です。
どのような栄養素が推奨されているかについて以下の記事も参考に見てください。

妊活時に気を付けたいもう一つのこと

最後に、妊活時は特にからだが冷えないように気を付けましょう。からだが冷えると血流の巡りが悪くなり、せっかく摂取した葉酸が体内に廻りにくいことが起きえます。また体が冷えると卵胞の育ちが悪くなり、子宮内膜がふかふかになりにくいため、着床率が下がると言われています。
妊活時は十分量の葉酸に加えて、体内の冷えについても気を付けましょう!

妊活中の方は以下の記事も参考にしてください

 

葉酸はいつからいつまで?その② 妊娠初期に葉酸を摂る必要性

妊娠初期に葉酸を摂取する重要性

妊娠初期は葉酸が多く必要です。これは、妊婦の貧血予防と胎児の正常な発育のためが主な理由です。女性は妊娠すると、赤ちゃんを育てるために体内の血液量が増えますが、個体成分である赤血球などは増加が追い付かないため、赤血球の生成を促す葉酸がより多く必要となります。

また、赤ちゃんの身体の各器官が形成されるときに、タンパク質は必要不可欠です。葉酸はタンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助けるため、妊娠初期にしっかりと葉酸を摂取することが重要です。体内の葉酸濃度が高いと、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させることが知られています。

妊婦

妊娠初期に摂取すべき葉酸の量

成人の1日の葉酸の必要量が240μgなのに対し、妊娠中の葉酸の必要量は480μgとされていています。そのため、妊娠中は普段より多くの葉酸が必要です。食事から摂れる葉酸には限りがあるため、サプリメントから一日400µgの葉酸を摂取することが重要です。

妊娠初期はつわりなどもあり、食事から必要量の葉酸を摂取することは難しいかもしれません。毎日のこととなるとなおさら大変なので、サプリメントを上手に利用してくださいね。

 

葉酸はいつからいつまで?その③ 妊娠中期・後期初期に葉酸を摂る必要性

妊娠中期以降も葉酸は大切な栄養素です。妊娠中期のお母さんのお腹は赤ちゃんの成長にともなってぐんぐん大きくなります。この時期になると同時にママの血液量も急激に増えますが、個体成分である赤血球などは増加が追い付かないため、赤血球の生成を促す葉酸がより多く必要となります。葉酸は造血に関わる大事なビタミンなので、不足すると貧血や妊娠高血圧症候群、子宮内胎児発育遅延を起こすこともあるそうです。

妊婦

葉酸はいつからいつまで?その④ 産後に葉酸を摂る必要性

授乳しているママにとっても、葉酸の摂取は非常に大事です。赤ちゃんに与える母乳は、ママの身体で作られています。母乳は何からできているか知っていますか?実はママの血液が原料となっています

造血効果がある葉酸は血液を作るときに大事なビタミンなので、妊娠中から引き続き、産後も必要な量の葉酸を摂取することが重要です。体内の葉酸濃度が高いと、良質な母乳が作られます。
なお、葉酸は、産後のママの身体の回復を早めたり、ホルモンバランスを整えるうれしい効果もあります。「産後うつ」の予防につながる効果も期待できるため、産後もしばらくは葉酸を飲み続けましょう。

産後の葉酸の必要量

産後の授乳中ママが1日に必要な葉酸は、成人女性240µgのところ、さらに100µg多く摂取することが推奨されています。妊娠中と同様、普段の食事から、葉酸を多く含む葉もの野菜や果物をより多く摂取したいですね。ママと赤ちゃんのために、バランスの良い食生活を心がけましょう。

赤ちゃんと子供

葉酸はいつからいつまで?マメ知識編①:葉酸は食べ物とサプリから

食べ物から摂取する

葉酸はホウレンソウなどの葉もの野菜や果物に多く含まれています。しかし、野菜などに含まれる葉酸は「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれ、熱や光に弱いという特徴があります。ポリグルタミン酸型葉酸は加熱調理などの工程によって減ってしまうため、実際の吸収率は50%程度といわれています。

厚生労働省はサプリでの摂取をおすすめ

食事から摂る天然葉酸では一日に必要な量の葉酸を摂取するのは、なかなか難しいところです。そのため、食事で摂取する葉酸で足りない分は、葉酸サプリでカバーする必要があります。また、サプリメントを選ぶときは「モノグルタミン酸型葉酸」を選ぶように気を付けましょう。モノグルタミン酸型は食事などの天然葉酸のポリグルタミン酸型よりも体内での吸収率は85%と高いことがメリットです。また、サプリメントは手軽なので、毎日無理なく続けられるのではないでしょうか。

葉酸サプリメント

葉酸はいつからいつまで?マメ知識編②:葉酸を過剰摂取した場合

葉酸を過剰摂取した場合

葉酸を一日の摂取限度を超えると、稀に食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがあります。また、発熱やじんましんなどの葉酸過敏症を引き起こすことも考えられます。体調に異変を感じた場合はすぐにかかりつけの医師に相談してくださいね。

目安として、葉酸は一日当たり1mg(1000µg)を超えないように、気を付けて飲むように心がけてください。

食物から摂る分には、過剰摂取の心配はほとんどありません。しかし、サプリメントの葉酸は吸収率が高いうえに手軽なので、きちんと用量を守って服用する必要があります。
また過剰摂取についてはビタミンAが話題によくあがりますが、どのような栄養素も適量を守るようにしましょう。

疲れた女性

葉酸はいつからいつまで?マメ知識編③ おすすめの人気葉酸サプリメント

先輩ママからの口コミや安全性の観点から、妊活中・妊娠初期から飲むのにおすすめな葉酸サプリをいくつかご紹介します!

早速発表です。

★おすすめ葉酸サプリ:「mitas –ミタス 葉酸サプリ」

数ある葉酸サプリの中でも特におすすめなのは、mitas –ミタスです。mitasは、妊娠を望んでいる人や妊婦には大敵である「冷え」にも効果のある、温活もできる葉酸サプリメントです。全部で17種類の素材が含まれており、400㎍の葉酸を摂取できるほか、鉄分、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、これらに加えて、高麗人参、生姜、なつめ、さんざし、などぽかぽかが実感できる和漢素材もぎゅっと凝縮されていて、妊活・妊娠中に必要な栄養補給+ぽかぽか実感で温活効果もあるとのことで最近非常に注目を集めています。

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)

【mitas葉酸サプリ】はこちらから

mitasというサプリメントが開発された理由に、近年の晩婚化に伴う女性の出産年齢の上昇、また、妊娠率の低下があります。妊娠を望む年齢が上昇すれば上昇する程、妊娠率は低くなり、また、胎児が先天性異常を患うリスクが伴います。

更に、近年では女性の社会進出が増え、同じ姿勢での長時間勤務や、冷房の効いた部屋に長時間居るといったことが増えました。その結果、体が冷えて、それが妊娠率の低下・胎児の障害リスクの原因にもなるというデータもあります。また、30代の妊活中・妊婦さんが行っている内容で、「葉酸サプリメントを摂る」の他に、「温活をする」という方が80パーセントを占めていることも明らかになっています。それくらい、体を温めることは妊娠にとって重要なのです。

葉酸をはじめとする各栄養素を摂取しつつ、簡単に温活も出来るmitasというサプリメントは、昨今の日々忙しい女性にとって、とても手軽にできる妊活アイテムであるといえます。
また産婦人科医のお墨付きなので、信頼性も抜群です。いつでも解約できるので安心してお買い求め頂けます。葉酸サプリで迷ったら「mitas(ミタス)」にしましょう。

1袋90粒入り(約1ヶ月分)で通常価格8,618円(税込)です。しかし、今なら先着500名限定で50パーセントオフの4,298円(税込)で購入が可能です。2回目以降は38パーセントオフの5,378円(税込)で購入できます。送料は無料です。しかも、15日間返金保証付きなので、万が一体に合わなくても安心です。

mitas栄養素一覧

毎月お届けコース(30日分)
初回(税込) 4,298円
2回目以降(税込) 5,378円
1日のランニングコスト 約173円(初回139円)
送料 無料
最低利用期間 なし

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)

【mitas葉酸サプリ】はこちらから

 

おすすめ葉酸サプリ:「makana -マカナ-」

お次は「makana -マカナ-」です。
特徴についてご紹介します。

manaka -マナカ- 妊活 葉酸 サプリ

makana -マカナ-は妊活専門の管理栄養士が全面監修している葉酸サプリです。厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を400㎍配合しているのはもちろん、妊活の王様と言われる日本産のマカを配合しているのが特徴です。

【makana -マカナ-】はこちらから

葉酸400㎍、日本産マカを中心に、スピルリナ、金時しょうが、GABA、α-リポ酸、DHA・EPA、還元型コエンザイムQ10などをしっかり配合。
また、上記に加え、国産野菜&フルーツを30種類、ファイトケミカルを23種、アミノ酸類を21種類、ビタミン・ミネラル類が29種類と、葉酸サプリとはいえ、とても多くの栄養成分が凝縮されています。
葉酸サプリの他、妊活サプリ、マルチビタミンサプリ、マルニミネラルサプリとしても活躍してくれそうです。
無添加なのも嬉しいですよね。

定期便コース(30日分)
初回(税込) 3,980円
2回目以降(税込) 5,980円
1日のランニングコスト 約199円(初回132円)
送料 無料
最低利用期間 定期縛りなし、いつでも解約OK

makana -マカナ-は他のサプリより価格が高めですが、その分成分がぎっしり詰まっている印象です。夫婦協力コースで毎月に2袋ずつのコースもあり、夫婦そろっての妊活にもおすすめです。

【makana -マカナ-】はこちらから

おすすめ葉酸サプリ:「BELTA ベルタ」

お次は「ベルタ葉酸」です。
特徴についてご紹介します。

ベルタ

ベルタ葉酸は推奨されている葉酸400μgをしっかり摂取できます。妊婦向けに作られたサプリなので安全面への配慮はしっかりしています。さらに葉酸以外の栄養成分も贅沢に配合しています。葉酸サプリ選びで迷ったら、ベルタ葉酸もいい選択肢でしょう。

【ベルタ葉酸サプリ】はこちらから

葉酸400㎍、ビタミン・ミネラル27種、アミノ酸20種、美容成分5種、DHA・EPA、ラクトフェリン、ベビーコラーゲン、乳酸菌などを贅沢に配合。葉酸サプリとはいえ、女性にとって嬉しい栄養成分も凝縮されています。
しかし定期便は6回の継続が条件で、解約までに6回の受け取りが必要なので注意が必要です。近年このような複数回の購入縛りが条件となっているサプリメントが多く、消費者との間で問題がたびたび起きています。その点はお客さんにとってあまり優しくない設定になっており、注意が必要です。気軽にお試しはしにくいですが、配合成分と安全面は非常に高評価だと思います。

毎月お届けコース(30日分)
初回(税込) 1,980円
2回目以降(税込) 3,980円
1日のランニングコスト 約128円(初回66円)
送料 無料
最低利用期間 6回(※6回お受け取りで合計21,880円の前払い制になります)

ベルタ葉酸は価格より栄養成分や安心安全を重視する妊娠向けです。妊娠前〜出産後まで長期間飲むことができるので、定期便で申し込むのが一番お得だと思います。ただし、定期便で申し込むと、自動で6回分の前払いが必要な点は注意が必要です。

【ベルタ葉酸サプリ】はこちらから

おすすめ葉酸サプリ:「Lara Republic(ララリパブリック)」

お次は「Lara Republic(ララリパブリック)」です。
特徴についてご紹介します。

ララリパブリック 葉酸 妊活 サプリ

Lara Republic(ララリパブリック)は国産野菜ミックスパウダー配合の葉酸サプリメントです。モノグルタミン酸型葉酸を1粒あたり100㎍配合し、成人、妊婦、授乳婦とライフスタイルに合わせて摂取量を調整できるようになっています。

【Lara Republic(ララリパブリック)】はこちらから

葉酸と国産野菜ミックスパウダーを中心に、ナイアシン、パントテン酸、V.B1、V.B6、V.B12、VCのビタミン、カルシウム、鉄といったミネラルも配合。
無添加で、且つ残留農薬試験や放射能実験も実施しているようです。美容成分も配合し、厳しい基準をクリアしたものだけを出荷しているとの事。
かおりを抑えてあり、つわり中でも飲みやすい気遣いも嬉しいですよね。

定期便コース(30日分)
初回(税込) 2,980円
2回目以降(税込) 2,980円
1日のランニングコスト 約92円(初回92円)
送料 無料
最低利用期間 継続回数の縛り無し

Lara Republic(ララリパブリック)は他のサプリより価格が安く、取り組みやすいサプリです。毎月に3袋ずつのコースもあり、また、初回限定でサプリメントケースのプレゼントも有るようです。

【Lara Republic(ララリパブリック)】はこちらから

おすすめ葉酸サプリ:「VEGEMAMA ベジママ」

次は「VEGEMAMA ベジママ」です。
特徴についてご紹介します。

ベジママ

「VEGEMAMA ベジママ」には1日に必要な葉酸400μgとビタミン各種がしっかりと入っています。それに加え、他の妊活サプリには入っていないピニトールが配合されているのが特徴です。
「なかなかママ活がうまくいかない」と悩んでいる方は、カイロイノシトールが足りていない可能性があります。ピニトールが体内に入るとカイロイノシトールが生成されるので、なかなか妊活がうまくいかない方は試してみてもいいかもしれません。

【VEGEMAMA-ベジママ】はこちらから

また昨今流行りのルイボスティーの原料であるルイボスも配合されております。
ルイボスは内側から体をキレイしてくれるでしょう。
そして最低利用期間がなく、無期限の返金保証もついているので安心して購入できます。

毎月お届けコース(30日分)
価格(税込) 5,054円
初回(税込) 2,970円
1日のランニングコスト 約168円(初回99円)
送料 無料
最低利用期間 なし

「VEGEMAMA ベジママ」の目玉はピニトールです。
ピニトールは不妊症に良いとされ、海外では医療機関でも処方されています。
価格もお求めやすく、最低利用期間がないのも嬉しいポイントです。
しかし「VEGEMAMA ベジママ」は「mitas(ミタス)」と「ベルタ」に比べて、妊娠期に必要な栄養素や成分がやや少ないです。妊活時期にはいいのですが、妊娠時期になると少し物足りないかもしれません。妊活時期の方には妊娠前に不可欠なモノグルタミン酸型の葉酸が含まれているのでおすすめできます。

【VEGEMAMA-ベジママ】はこちらから

おすすめ葉酸サプリ:「ママニック めぐみのサプリ」

最後におすすめするのは「ママニック めぐみのサプリ」です。
特徴は以下の通りです。

ママニック

ママニックは「めぐみ成分」16種類配合で、高吸収型イソフラボン、高品質マカ、GABA(ギャバ)、ヴィネアトロール、金時しょうが、ハワイアンスピルリナ、モリンガ、アマランサス、キヌア、クコの実、チアシード、バオバブフルーツ、麻の実、ビタミンC、ビタミンE、鉄、などが含まれています。

【ママニック葉酸サプリ】はこちらから

いつでも解約可能で1日2粒で十分です。成分の原産国〜最終加工国まで全て公開しており、品質もとても高いです。
「ママニック めぐみのサプリ」は妊活サプリとして特におすすめできます。妊活成分のイソフラボンとマカが同時に配合されているサプリも他にないからです。
しかし妊娠前に不可欠な葉酸が入っていないため、葉酸は別のもので摂取する必要があります。

毎月お届けコース(30日分)
価格(税込) 4,860円
1日のランニングコスト 約157円
送料 無料
最低利用期間 なし

【ママニック葉酸サプリ】はこちらから

葉酸はいつからいつまで?まとめ:妊活をはじめたら葉酸サプリを摂取しよう

赤ちゃんがほしいと思ったら、健やかな妊娠・出産を目指し、食生活や生活習慣を見直すだけでなく、正しい葉酸サプリを選びましょう。バランスの良い食事をとり、不足しがちな葉酸をサプリで補い、規則正しい生活リズムを作ることで、ホルモンバランスも良好になることでしょう。

妊娠初期から必要な栄養素である葉酸は、造血作用やタンパク質合成に関わる大事なビタミンです。さらに、精神状態にも良い影響が確認されています。妊娠を希望したときから産後まで、ときにはサプリに頼りながら、葉酸が不足しないよう気を付けてくださいね。

記事監修:名倉優子(産婦人科医)

名倉優子(産婦人科医)
久留米大学医学部医学科卒業。初期研修終了後、東京慈恵会医科大学付属病院で、周産期、婦人科腫瘍など産婦人科全般を診療。現在は茅ヶ崎市立病院に勤務しながら、一般産婦人科クリニックや婦人科健診の診療を行なっている。

※1 参考文献:厚生労働省 神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について
※2 参考文献:日本二分脊椎症協会 二分脊椎症について
※3 参考文献:独立行政法人国民生活センター 胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品
※4 参考文献:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)

 

mitas温活もできる葉酸サプリ

ママ デビュー編集部

180,975 views

『ママデビュー』 ~新婚・妊活・プレママ情報特集~ 【ママデビュー】です🤱💕 . 新婚・妊活・妊婦さん向けの情報発信などを中心に投稿していきます♪Faceb...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧