知ってる!?ルームウェアの意味とは

ルームウェア 意味
Lifestyle

この記事では、ルームウェアの意味や魅力、選び方などについてまとめています。
睡眠や家でのリラックスタイムを大事にする人にとって、どのようなウェアを着て過ごすかは1つの問題です。体に身につけるアイテムは、精神的な面にも少なからず影響を与えますので、できればデザインだけでなく、肌触りや着心地にもこだわりたいところ。お気に入りのルームウェアは、極上のリラックスタイムを過ごしたい人にもおすすめです。ルームウェアは広く市販されるようになっていますが、どういったときに着るものなのか、またシチュエーションに合った選び方などは余り考えたことがない人が多いかもしれません。ルームウェアの意味がわかると、アイテムをより上手に活用できるでしょう。

ルームウェア専門店についての人気記事はこちら☟

ルームウェアの意味とは

ルームウェアとは部屋着のこと

ルームウェアの意味は、簡単に言えば家の中で着る部屋着のことです。外出先から帰宅した後に身につける洋服や、家でリラックスしたいときに着る洋服もルームウェアと呼べるかもしれません。ルームウェアは、プライベートな空間のなかで身につける洋服なので、外出着とは違った基準で選ぶことができます。仕事に着ていく洋服などはTPOを考えてデザインやカラーを選ぶ必要がありますが、ルームウェアは完全に自分の好みで選べるという特徴があります。

リラックスできる素材や色、デザインを選ぶのが一般的

ルームウェアは、リラックスをするために着る洋服でもあります。したがって、肌触りが良く体に負担をかけない素材や色、デザインを選ぶのが一般的です。リラックスできるルームウェアはその人によって違いますが、体にストレスをかけないかどうかが選ぶときの1つの基準です。気持ちをリセットして、エネルギーを再生できるような素材、色、デザインの洋服は、ルームウェアとしても人気です。ルームウェアに最適な素材として注目されているのが、オーガニックコットンやシルクといった天然素材。実のところ、肌触りの良さや快適な着心地は、ルームウェアの人気を左右する条件と言えます。実際、ファッションブランドのFoo Tokyoが提供しているような上質な素材で作られたルームウェアは、高い人気を得ています。

ルームウェアとパジャマの違い

ルームウェアとパジャマは違う

家に帰るとパジャマに着替えて過ごす人もなかにはいますが、寝るときに着るパジャマとルームウェアは別のアイテムです。ルームウェアは部屋着、パジャマは寝る時に着用するものであり、それぞれ用途が異なります。ちなみに、パジャマの由来についてはいろいろな説があります。例えば、有名なのが「寝る時に着る服」という意味のペルシア語が語源になったという説です。また、パジャマはインドに滞在していたイギリス人が寝る時に身につけていたことがきっかけで、広く普及するようになったとも言われています。

パジャマは、2ピースタイプのものが基本

パジャマの特徴としては、「上下セットの2ピースタイプ」という点が挙げられます。市販されているパジャマには、ボタンで開閉する前開きのタイプや、上からかぶるプルオーバータイプなどがあります。いずれのパジャマもパンツとトップスが別になっており、脱ぎ着がしやすいのが特徴です。男性用、女性用、子供用でとくに大きな違いはなく、パジャマと言えば上下セットになった衣服を指すのが一般的です。

日本では、ルームウェアをパジャマとして使う人も多い

日本の場合、いろいろなタイプのルームウェアをパジャマとして使っている人が少なくありません。ルームウェアは必ずしも上下が別になっているとは限りませんが、着心地が良いことから寝るときに愛用している人も多いです。

パジャマについての人気記事はこちら☟

ネグリジェとは?

ネグリジェはワンピースタイプの寝間着

パジャマと似たアイテムとしては、ネグリジェも有名です。ネグリジェは、ワンピースタイプになっているスリープウェアで、パジャマとは少しデザインが違います。ネグリジェは17世紀にフランスで誕生したと言われており、エレガントでファンシーな寝間着として有名。レースやフリルなどが使われていることが多く、装飾性が高い商品が目立ちます。

ルームウェアとしても使えるのがネグリジェ

海外ではネグリジェを寝間着として愛用している人も少なくありません。日本の場合は、むしろルームウェアとしてネグリジェを活用するケースが多く、デザインや色などにこだわって選んでいる人も見られます。ネグリジェは、本来スリープウェアとしてデザインされているものであるため、着心地が良いのが魅力。実のところ、こういったアイテムは家でリラックスするときのルームウェアとしても使えます。ワンピースになったネグリジェは、ウエストの部分に切り替えがなく、リラックス感が高いのも特徴といえるでしょう。

ネグリジェは女性向けのスリープウェア

ワンピースタイプのネグリジェには、一般的に女性好みのフェミニンなデザインが起用されています。レースやフリルを使ったファンシーなデザインは、女性にとっても1つの憧れと言えるかもしれません。外国映画などを見てネグリジェに憧れる女性も多く、パジャマとはまた違った魅力を持つスリープウェアです。

ルームウェアを着ない人も多い?

日本ではルームウェアを着ない人も多い

ルームウェアとパジャマをわけて使う人が多いのが海外の傾向。一方、日本の場合は専用のルームウェアを用意して、自宅で使用している人は少ないのが現実です。Foo Tokyoのように上質なルームウェアを提供しているファッションブランドも国内には少なく、こだわりを持ってルームウェアを選んでいる人は、海外ほど多くはありません。

家ではルームウェアを着ずに普段着で過ごす人が多い

ルームウェアを意識してそろえる習慣がない日本では、家に帰ると普段着で過ごしている人も多く見られます。こういった場合によく利用されているのが、外に着ていくにはちょっと気が引ける着古したアイテムです。例えば、少し古くなったTシャツやカットソー、スウェット素材のパンツなどは、ルームウェアとして活用されることが多いアイテムと言えます。ジーンズなどのデニムのパンツをルームウェアとして活用している人も多く、カジュアルウエアをルームウェアにしている人が目立ちます。特別なアイテムを用意する代わりに、古い外出着を使い回したり、リーズナブルなカジュアルアイテムを家専用の服として使ったりするのが日本の場合です。

ルームウェアの魅力

実のところ、ルームウェアにはいろいろな魅力があります。例えば、次のような点はルームウェアならではの魅力です。

  • デザインによっては外出着としても利用できる
  • 家で過ごすときにもおしゃれなスタイルいられる
  • 友人や恋人を迎えたときにオシャレな自分を演出できる

ルームウェアは基本的に家の中で着るものですが、デザインによってはちょっとした外出にも使えることがあります。例えば、カーディガンなどの羽織ものを1枚プラスすれば、問題なく外に着ていけるルームウェアも多いです。実際、Foo Tokyoの上質なルームウェアのなかには、ちょっとした買い物や犬の散歩の際に利用しやすいデザインも見られます。家で過ごすときにおしゃれでかわいくいられる点は、ルームウェアを活用するメリットです。メイクやヘアスタイルを工夫すれば、プライベートな時間をより楽しめるようになるかもしれません。自分のためにとっておきのルームウェアを用意することは、自分をいたわることにも繋がります。心底リラックスできるようになれば、プライベートな時間が楽しみになるでしょう。リラックスできる時間を持つと、仕事にも良い影響を与えるかもしれません。ルームウェアは、気持ちの切り替えをスムーズにするためにも活用してみる価値があります。また、友人や恋人が来たときにおしゃれな自分を演出できるのも、大きなメリットです。ルームウェアには外出着のような制約がありませんので、自由にデザインを選んで自分の個性をアピールすることができます。

旅行先でのルームウェアについての人気記事はこちら☟

ルームウェアの選び方

ルームウェアはプライベートな空間で着るものなので、選び方にもとくにこれといった決まりはありません。しかしながら、自分に合った1着を選ぶためにはやはり意識しておきたいことがあります。例えば、以下のようなポイントを意識すると、ベストなルームウェアと出会えるかもしれません。

  • 季節感のある素材を選ぶ
  • 肌にやさしい素材を選ぶ
  • ライフスタイルに合ったデザインを選ぶ

ルームウェアの場合にも、季節感のある素材はおしゃれに見えます。例えば、冬であればモコモコとした起毛素材のルームウェアなどが候補に挙がってくるでしょう。春から夏にかけて着る場合は、涼しげなコットンやリネンのルームウェアも適しています。綿やシルクのルームウェアは、季節を問わず活用しやすいのが良い点。ただ、デザインによって適した季節が多少変わってくることもあるので、1点1点の特徴を見て選んでいくのがおすすめです。また、肌にやさしい素材を選ぶのも大切なポイントの1つです。長い時間身につけるルームウェアは、着ていてストレスを感じないことも重要になってきます。緊張した気持ちを解きほぐし、明日への活力を養えるような素材なら、プライベートな時間を過ごすのにも相応しい選択になるでしょう。自分のライフスタイルに合ったデザインを選ぶことも、少し意識しておきたいポイントです。例えば、ソファなどでくつろぐ時間が長い人は、締め付け感がなく、そのまま昼寝をしてしまってもストレスを感じないデザインを選ぶといいかもしれません。また、休日に来客が多い人は、そのまま人前に出られるようなワンピースタイプを選ぶのも1つの方法です。

ガウンやバスローブもおしゃれ

家で着るアイテムにこだわる人からは、ガウンやバスローブもよく利用されています。どちらもおしゃれなアイテムとして注目されていますので、ワードローブに加えておくと家での生活の質が上がるかもしれません。

ルームウェアやパジャマの上に羽織るのがガウン

ガウンは、ルームウェアやパジャマなどの上に羽織るアイテムです。防寒対策に活用されるケースも多く、いろいろな素材が使用されるようになっています。例えば、春から夏にかけての比較的気温が高いシーズンには、コットンなどの軽めの素材が人気です。また、気温が下がる冬には、ウールやカシミヤといった素材のガウンが増えてきます。ルームウェアやスリープウェアを販売するFoo Tokyoは、スーピマコットンやホワイトカシミヤなどのガウンを発売しており、素材にこだわる人からも注目されているブランドです。Foo Tokyoのナイトガウンは、体のサイズに合わせて作ってもらえるのが特徴になっています。身長はもちろん、バストやヒップ、ウエストのサイズを指定して、オーダーメイドのスタイルでデザインをしてもらえるので、自分の体形に合った1着が手に入ります。イニシャルなどの好きな文字を、刺繍で生地にプラスできるのも魅力です。

お風呂上りに身につけるバスローブ

バスローブは、お風呂上りに体を拭くためのアイテムです。形はガウンに似ていますが、バスローブの場合は水分を吸収しやすい生地が素材になっていることが多いです。海外では、こういったバスローブがバスタオルの代わりに使用されてきました。日本でも一部のホテルなどではこの手のバスローブを用意していることがあり、おしゃれな人から人気です。バスローブは、もっぱらお風呂上りに身につけるものであるため、ガウンのように寝起きに着るアイテムとは少し用途が異なります。

バスローブについての人気記事はこちら☟

購入はこちらから

ルームウェアで家でもおしゃれを楽しもう!

ルームウェア 意味

お気に入りのルームウェアがあると、家でもおしゃれを楽しむことができます。 疲れを感じたときや、何となく気分が優れないときにも、おしゃれなルームウェアを着れば、気持ちをリセットしやすくなるでしょう。突然の来客にも慌てることがなくなり、落ち着いてプライベートタイムを過ごせるようになるのもルームウェアを用意しておくメリットです。Foo Tokyoが発売しているようなルームウェアは、体にストレスを与えないような素材、縫製の技術で仕上げられています。安らげるルームウェアを探しているときには、ブランドにこだわってみるのも良い方法になるでしょう。シンプルなデザインのFoo Tokyoのルームウェアは、手持ちのアイテムとも組み合わせやすく、いろいろなおしゃれが楽しめるのが良いところ。上質なルームウェアを取り入れて、プライベートな時間を思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

購入はこちらから

ルームウェアギフトについての人気記事はこちら☟

タオルギフトについての人気記事はこちら☟

Foo Style Magazine編集部

328,100 views

Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧